○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

那須千里

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦

201208_sugokowa1-kutisake

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
制作:三上真弘、田坂公章
脚本、監督:白石晃士
収録時間:71分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 大迫茂生
  • 久保山智夏
  • 白石晃士
  • 那須千里

【総括】

当初封印映像10にしようと思っていたが、残念なことにまだ手元に届かないので本作を紹介。その封印映像シリーズの初期作を手掛けた白石監督の作品。(*2012.8.16:赤面しつつ訂正。封印映像初期は児玉監督です。僕の思い違いでした。白石監督作品は「バチアタリ暴力人間」「ノロイ」などです。すみません。)カテゴリは迷った末に、エンドクレジットされることからフィクション(フェイクドキュメント)とした。

物語りは1本の投稿映像の検証過程がドキュメント形式で進行してゆく。お題目はタイトル通りオカルト「口裂け女」。そんなわけで心霊っぽさはない。グロは流血シーン(モザイクあり)や気持ち悪い映像があるものの軽め。似たような作品として「怨霊塔」「怨霊ノ家」が挙げられると思う。

最近FILE-02がリリースされたがまだ未視聴。本作がいい感じなので観てみようと思っている。

【ストーリー】

映像制作会社(?)に届いた1本のビデオテープ。ディレクター:工藤(♂)に促されて収録映像を確認するアシスタント:市川(♀)。
昼間。住宅街の路上で白い(ベージュ?)のコートを着た髪の長い女が俯いている。カメラに気付いたのかコチラを向く。顔には大きな白いマスク。唐突にコチラ(投稿者達)に向かって走ってくる。驚いて逃げる投稿者達。一旦撒いたと思われたが、女は別の道から現れる。再び逃げる投稿者達。
映像が終わり、工藤は女が「口裂け女」であり捕獲すると告げる。

※「続き」にネタばれ

【感想】

かなり面白かったです。

口裂け女は最初から最後まで姿を現している。「探す」フェーズは無く、存在ありきのストーリー展開。最初の投稿映像シーンでカメラに向かって走ってくるのだが、判っていても(訳も判らず)追いかけられるのは怖い。

デフォルトの口裂け女の特徴(口が裂けている、足が速いなど)だけでなく、いろいろ色づけされているが違和感はあまり感じない。また、主題が「口裂け女」というオカルト=虚構であるものの、観ているとリアルとフィクションの境界が曖昧になってくる。ここら辺は白石監督の腕といったところなのか。

思えば子供の頃流行ったな。走っている車を追い抜くとか、「あたし、きれい?」と問われて決められた回答をしないと殺されるとかだったか。どうも記憶が曖昧だ。

いくつかモヤモヤが晴れないエンディング。続編がありそうな終わり方なんで少し期待したい。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

心霊どうでしょう 四国八十八箇所、逆打ち地獄!

201112_sinreidodesyo

制作年:2011年(日)
企画、脚本:山本正
演出:いまだゆきやす
収録時間:88分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

笑える心霊DVD。なんだろうな。山本正Pと、前作あたりから表だって行動を共にするようになった那須千里女史の二人が四国の心霊スポットを案内する。勿論お遍路姿。

まずは「逆打ち」の説明。愛する者を失った人が死者の歳の数だけ、四国八十八箇所霊場を逆に廻る禁断の儀式。目的は死者を蘇らせるとか。本作では逆打ちを実行するとともに、通過地点にある心霊スポットを訪れる内容だ。今回「愛する者」を失ったとされるのは那須さん。半年ほど前に最愛のパートナーであるニーナとケンを亡くしたそうだ。悲痛を胸に逆打ちを敢行する。

ニーナ&ケンは金魚ですけど。ご遺体は現在も冷凍庫に保存されているとかw

訪れる心霊スポットは6か所。

  1. 中村トンネル(香川県木田郡)
  2. 弥谷寺(香川県三豊市)
  3. 青木地蔵堂(愛媛県今治市)
  4. 大谷池(愛媛県伊予市)
  5. 足摺岬(高知県土佐清水市)
  6. 大坂峠(徳島県板野郡)

逆とはいえ八十八箇所をキッチリ廻っている。チョット驚き。適当に間をはしょいでいるんじゃとか思ったが失礼な考えだった。まあ車で移動してますけど。またオフィシャルグッズとしてキャップとTシャツを紹介。
やだ。ちょっと欲しいかもwww

作品としてはおふざけもあるが映像はガチっぽい。山本Pと那須さん、たまに会話に入ってくる演出さんのトークが面白い類い。ただ全体的に山本Pのキレが悪くなってきている。
前作「ほんとにあった!怖い心霊スポット 3」あたりから演出さんが変わったことが影響しているのだろう。それでも那須さんを加えることで、前作よりお笑い要素はマシになっているかと。

前置きが長くなりましたが、以下心霊スポットをネタばれで紹介。なお訪れた霊場一覧は多いので「続き」に記載。

【心霊スポット】

  1. 中村トンネル(香川県木田郡)
    建設に使役された牛がトンネル中に祀られており、その地蔵を見つけるとこの場所から戻れないと噂される。
    夜。なかなかトンネルに辿り着かない。一旦撤収し霊場巡りに戻る。コンビニで場所を聞いて再訪。ほぼ車一台が通れるくらいの山道の先に手彫りのトンネル。電燈もない。歩いてトンネルを踏破(往復)。特に何もなし。
    ⇒雰囲気あるなあ。キチンとトンネルに入っている点は高評価。
    呪場MAPでも訪れている場所。呪場では山本Pは同行していなかったと思う。また明るい時間にもかかわらず、怖すぎて車から降りられなかった場所と記憶している。
  2. 弥谷寺(香川県三豊市)
    心霊番組で怪奇現象が起きたとされる場所。
    まずは昼。境内へ続く階段がスゴイ。最初に108段。そこからも階段が続く。
    夜再訪。岩肌一面に貼り付けられた(?)1円玉が不気味。お堂の階段に並べられたキューピー人形。「撮らなくていいから行こうや!」と山本P。「ハァァァー」と声のような音が入る。「イナッフ」(十分です)と言いながら遁走。追いかけるように再び声。撤退。
    ⇒昼間でも他のお遍路さんが見受けられない寂れた感じがいい。
  3. 青木地蔵堂(愛媛県今治市)
    お遍路さん用に簡易宿泊施設があるが、決して泊まってはいけないとされる場所。過去に惨殺された大勢のキリシタンが出るとされる。
    夜。音声ノイズが酷い。ノイズなのかなんらかの現象なのかは不明。当日の宿泊者はいない。置かれた日記帳を見るに、数日おきに泊まる方はいるようだ。当初はここに宿泊するつもりの山本Pだったが、いざ場所につくと翻意。その場を後にする。
  4. 大谷池(愛媛県伊予市)
    過去に数百人の女性が生き埋めにされたとされる場所。近くに百人地蔵があり、真夜中に訪れると白い服の女に憑かれるとされる。
    昼。百人地蔵を探すが見つからず。諦めて立ち去ろうとするが、突然動けなくなる山本P。見ると足首を掴む手。
    ⇒ネタとして既出。
    ⇒明るい時刻のためか清々しさを感じる場所だ。
  5. 足摺岬(高知県土佐清水市)
    自殺の名所。
    夜。土砂降り。近くに幽霊の出るホテルがある。廃ホテルのようだが部屋に灯りがついているw特に異常無し。
    取材の翌朝。山本Pの髭が綺麗に剃り落とされていた。どうやら取材中に何かに髭を切られ、ホテルで綺麗に剃り落としたようだ。
    ⇒天候が最悪。映像がよく判らない。
  6. 大坂峠(徳島県板野郡)
    カーブミラーに写る老人など。
    夜。山本Pがカーブミラーを撮影。峠の展望台から観る夜景が綺麗。ただ街灯が一切ないので真っ暗。声が聞こえて逃走。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!怖い心霊スポット 3

201105_sinreispot3

制作年:2010年(日)
収録時間:88分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

笑える心霊DVD第三弾ですwww
個人的にツボってる本シリーズ。嫌がおうにも期待が高まります。
あー。「廃墟霊」で行方不明になっているはずの一色亜莉紗女史が出演していますが、これはスルーということで。

【シリーズ過去ログ】

【総括】

まずは、シリアスな心霊作品ではありません。
心霊バラエティ、笑える心霊DVDなので、シリアスを期待しないように(笑)

第一作はプロデューサー山本氏(以下、山本P)がサイコロにより心霊スポットを決める。第二作は山本Pを騙し、バスガイド付きで心霊スポットを巡る。さて。第三弾である本作はというと、これまでにない切り口で心霊バラエティ(笑)なる演出を施している。
冒頭は映画ルポライターの那須千里女史が、本作の制作会社に乗り込むところから開始。那須女史が本シリーズの一作目、二作目を視聴し、あまりにも酷い出来にクレームを山本Pにあげるのだ。女史曰く、

  • 判っていたつもりだが、あそこまでやる気のないビデオも珍しい
  • ある程度は予想していたが、黙っていることが出来ないほど明らかにウソですよね
  • 業界の事情は知っているつもり。なので全てが本物でなければいけないとは言わない。しかーし。商品として最低限の努力?誠意?が見えない

とまあ、山本Pを前にしてもバッサバサのめった切りである。

一方山本Pからは、那須女史に対しジャブを打つ。

  • ライターとして文章が固い⇒個性であると応酬

さらに山本Pが出なければ良いと那須女史。
No!!!!!!!
このシリーズは、山本Pのヘタレ具合も肝なんです。そこいらのヘタレ芸人では、ここまで迫真のビビりはできないのではないか?真面目な話し、芸人ではないところが親近感を持ち、心霊スポットに対する恐怖を共感できるのではないかと思ったりする。

白熱した議論の末、山本Pから提案。那須女史も撮影に同行し、現場の臨場感を体感してみてはいかがか。ということで早速山本Pと那須女史にてロケーション開始。

ところで、本作のサブタイトルは「最後の霊戦?!」。なんのこっちゃ?
やっぱり笑える心霊DVD(心霊バラエティとも言う)を語っているのは伊達じゃない(笑)。

【概要】

今回は総括にあるように山本Pと那須女史が心霊スポットを巡る。詳細はネタばれとして「続き」とします。参考までに異変が確認できた場所には「」を記しています。

  • 1日目:神流湖(埼玉県)
  • 2日目:鈴ヶ森刑場跡(東京都)
  • 2日目:宮道踏切(埼玉県)
  • 2日目:八幡の藪知らず(千葉県)
  • 2日目:将門の首塚(東京都)
  • 3日目:49トンネル(長野県)

【所感】

もはや前作を含めてどこまでガチなのか判らなくなりました。
全部フェイクなのか、少しでもガチな部分があるのか。
ただ一つ言えることがあるとすれば、出演者とスタッフが心霊スポットと呼ばれる地に赴いているという点だけはガチである。ただでさえ不気味であろう心霊スポット。収録の多くは日没後であることから、例え全ての怪異映像がフェイクであったとしても、その地から感じ取れる不気味さは信頼できると思う。

また監督・演出(ディレクター)が前作から変わったようです。都市伝説シリーズや前作までに感じられた、山本Pと当時のディレクターとのテンポの良いボケツッコミは精彩を欠いた感が否めません。キレが無いというか…やはり演出(監督)の影響って大きいのだと感じました。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN