○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

足立かりん

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

屍國 禁じられた遊び 2 西関東編

201207_sikoku2-2

屍國 禁じられた遊び2 西関東編 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
演出:阿部裕樹、梅沢圭
ナレーション:梅沢圭
収録時間:80分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

前作視聴後リリースされないまま何時の間にかレンタルサイトから消えてしまった本作。その後当blogに寄せられた「(*^^*)さん」のコメントによりその存在を知り、かつ、足立かりん嬢が出演していると聞きなんとか入手しました(笑)。「(*^^*)さん」ありがとうございます。

いわくつきの心霊スポットを訪れ、女性アシスタントが禁断の遊びをするという企画シリーズ第2弾。前作では栃木、茨城、千葉と関東圏でも東地区に集中。本作では西関東編とのことで埼玉、東京を収録。次作は(あるなし含め)場所不明。今回訪れる場所は5か所。女性アシは松岡亜由美さんと足立かりんさんの2名がそれぞれ担当する。検証系にはお決まりの女性アシ登場。なのでどうしてもキャーキャーしてしまうが、本作のソレは比較的控えめなので、あまり気にならないのではないかと思う。

全体を通して結構イケた。撮影がほぼ夜になっている点が大きい。暗闇に包まれた心霊スポットはそれだけでパワーがある。心霊オンリー。グロなし。ただ個々のチャプターが中途半端感が残るのが残念か。「これ以上は危険と判断」して終わってしまうのだ。いや頑張ってレポートしているのは判るのだけどね。

ではネタばれ進行で紹介。

【概要】「⇒」部分は感想

  1. 行田利根川水門/裏こっくりさん
    埼玉県行田市。レポーターは松岡さん。水難事故が多く、上流で遭難した遺体があがる場所でもある。夜になりデジカメを持った松岡が周辺探索。
    続いて「裏こっくりさん」。準備として松岡さんと演出補の安藤くんが死者の遺留品を探す。松岡さんが河原の草むらでネクタイ発見。そして安藤くんが川の中からメガネを発見。この2つのアイテムで「裏こっくりさん」開始。
    1)紙に書いた六芒星の上で遺留品を燃やす
    2)燃えカスを人形にまぶす
    3)人形の顔に赤い×印を書く
    4)川の水をかける
    5)「おかえりなさい」と3回唱える
    6)人形をこっくりさんの用紙上に置いて一人でこっくりさん開始
    7)終了時に人形を燃やす。
    開始20分。異常無し。電気を消して再開。するとひとりでに人形が動く。続いてコインが動き出す。動揺する松岡とスタッフ。ここで収録終了w
    ちなみにコインが動いた軌跡をたどると「シネ」。後日映像を確認すると、めがねを救いあげた時、川面から手が浮き出していた。
    ⇒「じゃ探してください」ってそう簡単に「遺留品」って見つかるものなのか?
    ⇒ネクタイもめがねも同一人物でしかも死者の遺留品とはとても思えないんですけどwww
    ⇒にしてもせっかく動き出したところでビビって終了とは。。。この企画自体の意味が問われると思うのだが。
  2. 鎌×湖の廃ホテル/ひとりかくれんぼ
    埼玉県入間市。レポーターはかりんさん。昼間。湖のほとりにいくつかの廃ホテルが並ぶ。その中のひとつ。オーナーは廃業後行方不明らしい。早速侵入。昼間でも中はかなり暗い感じだ。背後の暗闇で木の裂けるような音。ある和室に入ると子供が書いたような絵。絵の中の人物には上半身が無い。さらにお札、散らばった数珠、真新しい靴。探索終了。
    「ひとりかくれんぼ」開始。時間はめずらしく昼間。手順は前作レビューを参照ください。
    手順途中でアクシデント。スタッフの1人、安藤くんが包丁で腕を切ってしまう。「なになになに」とかりんさんは軽くパニック。ここで撤収。安藤君の傷は軽くて済んだそうです。
    ⇒映像では伏字にしているが「鎌北湖」でしょう。
    ⇒探索中も背後でごとごと音がしている。なんなの?
    ⇒かりんさんが人形に付けた名前:ミネコwなんつうネーミングセンスww
    ⇒かりんさん変わらず健在。なんだか嬉しい。怖がりながらも手慣れたレポートでした。
    ⇒チャプターの開始と終了時に人の顔が大きく映されるのはなんなの?微妙に怖いんですけど(笑)
  3. 美の山公園/鏡わたり
    埼玉県秩父郡皆野町。レポーターは引き続きかりんさん。数年前起きた殺人事件の遺体が遺棄された場所。その後集団自殺もあったらしい。時刻は深夜。真っ暗な公園内を探索。管理等らしき建物の脇に電話ボックス。ボックスの中に小さな顔のようなものが映る。
    ワゴン車に戻り「鏡わたり」開始。こちらも手順は前作を参照ください。
    開始後しばらくすると外から車を叩くような音。驚くかりんさん。鏡には異常なく続行。しばらくすると車外に視線を移して「煙!」「煙!」と騒ぎ出すかりんさん。車外のスタッフには「煙」など見えなかった。後に探索映像を調べると、展望台から何者かが顔を出しているシーンが映される。
    ⇒真っ暗な公園はそれだけで不気味。
    ⇒電話ボックスの顔は光の反射のような感じだ。
    ⇒かりんさんが「煙」と騒ぐシーンでは彼女のコメントが欲しいところ。
  4. 秩父湖の吊り橋/おめめ
    埼玉県秩父市。レポーターは松岡さん。時刻は深夜。有名な自殺の名所であり心霊スポットである場所。吊り橋を渡り始める。途中で足が進まなくなる松岡。突然何か大きなものが湖面に落ちたような音(もしくは鳥よけの銃声)。
    「おめめ」を開始しようとするが松岡さんが激しく拒否⇒リタイヤ。そこで安藤くん登場。
    1)「ソシソワカミニツクモノ」と3回唱える
    2)塩水を口に含む(そのまま吐かない)
    3)蝋燭に火を点ける
    4)以降まばたき禁止
    5)霊が見えたら塩水で蝋燭の火を消す
    蝋燭を片手に吊り橋を進んでゆく安藤くん。途中まで来たところで安藤くんが塩水を吐いてしまう。女の悲鳴が聞こえたと安藤くん。映像には入っていない。試しに吊り橋中央に固定カメラ設置。2時間ほど経ったとき、ゴトリとカメラが倒れる。
    ⇒雰囲気はさすがといった場所
    ⇒安藤くん大活躍w
  5. 旧小峰トンネル/九十九さんがころんだ
    東京都あきるの市=八王子市。宮崎勤事件の遺体が遺棄された場所。まずはロケハン。かの事件の遺体が発見された滝が近くにあるとのこと。山道を歩いてゆくと綺麗な滝が姿を現す。
    当日。レポーターはかりんさん。時刻は夜。移動中の車内で事件の概要を聞いてテンション下がりまくりなかりんさん。新小峰トンネルの近くの側道に入る。途中で車両通行止め。徒歩で現地へ。旧小峰トンネル到着。常夜灯がついており、荒れた様子もなくトンネル内部も綺麗。レポートしながらトンネル内を歩くかりんさん。カメラが壁から前方を映したとき、トンネルの壁際に黒い人影が映る。次に映された時には黒い人影は消えていた。しかし映像ではスルー。
    「九十九さんがさんがころんだ」を始めようとした時、かりんさんが激しく拒絶⇒泣き崩れてリタイヤ。4度(たび)安藤くんの出番です。安藤くんがトンネル中央まで進み開始。
    1)「九十九さんおそびましょ」と3回唱える
    2)「九十九さんがころんだ」と唱えて振り返る
    3)2の繰り返し
    振り返り1回目。振り返った映像のピンが合わない。
    振り返り2回目。振り返った映像にノイズ。
    4)「九十九さんいたら返事してください」
    突然安藤くんが逃げ帰ってきた。安藤くんのハンディカムを確認すると、「返事してください」と言った直後画面が乱れ、耳元で奇妙なノイズ。安藤くんはこのノイズに驚いて戻ってきたようだ。スタッフがこれ以上は危険と判断して撤収。後日、前述した黒い人影が確認される。
    ⇒滝が綺麗だ。とても事件があった場所とは思えない。
    ⇒暗闇の中ぽつんと現れるトンネルは気持ちが良いものではない。
    ⇒安藤くん君フル回転だね。美の山公園以外全出演。もう彼メインでいいじゃないの。いやマジで。

エンドロールでスタッフが御祓いを行うため霊媒師の元を訪れる。安藤くんと演出さんかな?

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

  • 屍國 禁じられた遊び 1 [2011.8.31]
    -惨殺屋敷(千葉県)
    -西洋館(茨城県)
    -ブルースカイ(栃木県)
    -小川脳病院(茨城県)
    -油井(ゆい)グランドホテル(千葉県)

放送禁止検証動画FILE Vol.12 完結編 恐怖の現場、その裏側に隠されていた本当の話とは…

201110_kinsidouga12

放送禁止検証動画FILE Vol.12 完結編 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

シリーズ12作目にして完結編&総集編。
ついに終わってしまうようです。最初の頃の印象と逆転して、最もリリースを期待していたシリーズなので非常に残念。ガチ映像のみを提供するポリシーと、健気に突撃する足立かりんさんのレポートがツボだった作品。前作Vol.11に続いて総集編なので実質Vol.10でお終いということか。まあDVD-BOX(放送禁止検証動画FILE 完全版 10枚組BOX [DVD])リリースも控え、終わりそうな予感はしていたが。

早速内容ですが、まんま総集編ですw

未公開オフショット映像もチョットだけありますが、大勢に影響のない範囲。従ってvol.10まで視聴済みの方は、あえて観るまでもないかと。個人的にはもう少し進展やら未公開映像やらを期待したのですがorz

全12巻を振り返ると、やっぱりVol.1の紙垂(シデ)が印象に残っているかなあ。あれは不思議だった。あとはVol.7の「忘れられた場所」の俯き加減な男かな。こちらも総集編に収録されてもいいと思うのに入っていない。なにかの意図が働いているのだろうか。
あと足立かりんさんの起用はヒットだったか。嫌みを感じさせないキャラは好感度高かったです。それと忘れてはいけないのがディレクター氏。彼の「現場は頑張っているんだぞ」みたいなコメントは観ていて笑える、気持ちよかったです。

以下に各チャプターを紹介。ただし、ほぼ映像をそのまま流用しているだけなので1行コメントのみとさせてもらいまつ。手抜きですみません。※タイトルに過去ログへのリンクを貼ってあります。

【各話紹介】

冒頭を除きチャプター間に心霊写真を紹介しているがここでは割愛。未確認だがどこかで観たことのあるような写真ばかりなので既出だと思います。

  1. [初出?]撮影中の不思議な写真
    撮影現場のスチール写真を6枚紹介。
  2. [Vol.7]戦慄のCハウス
    レポーターの小林さん(♀)とスタッフのロケ後オフショット映像で感想を言っている。
    [Vol.10]でも再検証している。
  3. [Vol.8]関東最凶の吊橋
    自殺の名所でコックリさんをしてみた。
  4. [Vol.9]泣く子も黙る最凶の心霊トンネル
    石川県、Uトンネル。
    ⇒このシリーズって北陸方面が多かったような気がする。なにか事務所やスタッフに関係あるのだろうか。
  5. [Vol.10]蔵出しロケハン心霊スポット
    ロケハン映像。地中に落ちる黒い影。
    ⇒これ結構好き。
  6. [Vol.10]バブル期リゾート開発の成れの果て
    廃ホテルでこっくりさん。
    [Vol.7]で反響があり再度訪れた場所。

【シリーズまとめ】

当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンのまとめ。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声
  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男
  • [vol.8]こっくりさんで映った顔
  • [vol.10]地中に落ちる人影
  • [vol.10]壁に浮かび上がる顔

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

放送禁止検証動画FILE Vol.11 あの現場の恐怖再び…

201109_kinsidouga11

放送禁止検証動画FILE Vol.11 あの現場の恐怖再び・・・ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

シリーズ11作目。vol.6に続いて総集編だす。

レビューに入る前に。DVD-BOXがリリースされるようです。このシリーズ。

↓amazonにリンク↓
放送禁止検証動画FILE 完全版 10枚組BOX [DVD]
クチコミを見る

「完全版」とな!?
しかも10枚組!!
発売予定日はチョット先の2011年11月25日。amazonでの価格は約3マン(現時点)。中身の違いは具体的に触れられていない。「問題映像」も収めた「豪華版」としか書いていないし。気にはなるけど、まあお金ないから買えないしねーwww。全編視聴していれば概ね問題ないと思うことにする。

さてVol.11。総集編なのだが後日譚が付加されていることを期待しつつ視聴。

したのだが、残念ながら真新しい事実は出てこない。既出映像の編集版といったところ。今回は当作品でクローズアップされた(?)廃病院メインだ。総集編というより廃病院特集といった感じ。この「廃病院」。シリーズでは次のように紹介されている。

  • Vol.2で初出。ロケハン映像。
  • Vol.4で青山&かりんペア突入
  • Vol.5で高橋さん単独突撃

と、計3回取り上げられていのだが、決定的な映像は取れていない(と思っている)。
Vol.5でも書いたが、「撮影は10人体制で。。。」と高橋さんのコメント。建物が物理的に(10人の体重に)耐えられないと思わないではないが、企画としては面白い。数で勝負はアリだと思う。是非今後のリベンジを期待したい。

では内容を紹介。ネタばれです。

【各話紹介】

  1. [Vol.4]悪霊の棲む病院廃墟
    Vol.4に収録された、レポーターの青山愛子さんが取り憑かれたとされる前後の比較映像だ。
    始めに訪れた場所は廃美術館。時刻は昼。普通に笑顔で撮影。
    続いて廃病院へ。こちらは夜。かりんさんも一緒にレポート。入り口ではまだ笑顔が出る。一階探索もまあまあ。二階への階段前。かるく映像にノイズが入る。二階へ。青山さんの表情が強張ってくる。青山さんの目つきは、ゴミを見るようなソレだ。
    ポラ撮影。フラッシュで浮かび上がった背景の中に何かいるような気がした。
    ⇒憑いたというか、その場の思い空気に飲まれたような感じだ。表情が強張っている。
    ⇒かりん嬢が健気にマイペースなところが微笑ましい。
    ⇒ここまで約30分超。ちょっと時間かけ過ぎ。
    ★2011/12/26更新★
    「雷神」さんのご指摘(コメント)を受け、問題箇所の画像をキャプチャして「続き」に掲載しました。うーん。怖い。
  2. 投稿心霊写真
    3枚紹介。全てシリーズで既出。何巻で紹介されたかは不明。
  3. [Vol.5]巨大廃墟ロケハン
    ロケハンにかりんさんが同行する映像。昼間だが中は真っ暗。長い廊下を映す映像に人の姿が浮かんで消える。スチールカメラ故障&カメラトラブル。
    ⇒真新しいコトなし
  4. [Vol.5]戦慄の廃病院再び
    高橋莉江さんによるレポート。病室を映すシーンで一瞬フラッシュのような光の筋が走ったのだがカメラのフラッシュだろうか?病室を撮影しようとすると、入り口のドアが動く→悲鳴をあげて退却。「風」ということでリトライ。
    ⇒莉江嬢も結構頑張る。好印象。
    再び同じドアが動く。当然撤退。「どゆこと」とスタッフ。ここでも一瞬であるがかすかに光が過る。映像はスルー。「地味だなぁー」とスタッフの本音。
    ロケ車で緊急会議。議題はかりん嬢単独突入の是非(笑)。もちろんかりん嬢は激しく拒絶。その内メインカメラが故障し撤収。編集時に確認された謎の音声。
    ⇒うーん。未だに病院内の間取りが良く判らない。リベンジきぼん。

【シリーズまとめ】

当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンのまとめ。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声
  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男
  • [vol.8]こっくりさんで映った顔
  • [vol.10]地中に落ちる人影
  • [vol.10]壁に浮かび上がる顔

次作(Vol.12)はリリースされるのかな。まあ出たら観ます。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

放送禁止検証動画FILE Vol.10 そして事件は起こった…

201108_kinsi10

放送禁止検証動画FILE Vol.10 そして事件は起こった・・ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:66分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

シリーズ10作目!
すげーな。正直ここまで続くとは思わなかった。そして。今回のサブタイ。期待できるのか?そうなのか?

出演者はレギュラーの足立かりん嬢。前回に続き、今回も彼女一人のレポートとなる。彼女の紹介テロップで「行けと言われればどこへでも行く根性」とある。無意味にきゃぁきゃぁ騒がずに、それでいて心底怖がりながらも突撃する姿勢は非常に好感が持てる。万一演技だったとしても、それはそれで感服してしまう。

今回訪れるスポットは6か所。ただ3か所は以前紹介した場所の再訪となる。新しい3か所の内、1か所は検証と言うより、シリーズ共通したネタ振り。1か所はロケハン映像。残りの1か所は偶然地元の噂を聞いて訪れた場所。シリーズ共通で場所の特定は出来ないように編集している。

そして。今作は不思議映像あります。

そうそう。

今回は何気にかりん嬢のローアングルが多いのだがw
制作側の意図が働いているのかしら?
「カ、カリンたん、カワイイヨハァハァ」って、僕の中では彼女のキャラではないし、特に嫌味じゃない程度なのでアリかなと思う(笑)。

では早速ネタばれ進行で紹介します。

【概要】

  1. 呪いの桜
    場所不明。夜の公園。園内に芝生に囲まれて大きな桜の木が立っている。恐怖要素は全く感じないとかりん嬢。カメラマン兼ディレクター氏(以下D氏)に促されて桜に寄り添うかりん嬢。わりとセクシーw
    一通り撮影が終わるとD氏がネタばれ。どうやらこの桜の木。夜になって触ると呪われるという噂があるらしい。ということでのっけからダウナーなかりん嬢の表情を映してvol.10がスタート。
  2. ハリボテHOTEL廃墟 再検証
    vol.7『戦慄のCハウス』で紹介した場所。その回では地下ホールで不可解な音声が収録された。当時のレポーターはかりん嬢ではなかったため、彼女は当地お初となる。なお今回も外観はほぼモザイクで場所の特定は出来ない。
    時刻は昼。廃墟の割には落書きも少なく、かなり綺麗だと思う。まずは階上の客室。客室の窓が開いていて、落ち葉が散らかっているのが微妙にリアル。ここでは全く心霊的なモノを感じないとかりん嬢。続いてホテル内のバー。カウンターに簡素に組まれたシャンパンタワーがある。廃墟の中のシャンパンタワー。なんかシュールだ。
    さて。問題の地下ホールへ。
    ここでかりん嬢が単独でこっくりさん実施。なんとしてもかりん嬢に心霊体系させて映像に収めたいスタッフ。スタッフの見る中、一人でこっくりさんを呼ぶが降臨していただけなかった(動かなかった)。かりん嬢の結論は「この場所はいない」で、評価は「中の上」くらいとのこと。特に異常無し。
    疑問に思ったのだが、こっくりさんって一人で出来るものなのか?複数人でやるものだと思っていた。
  3. 神社の裏に建つ小さな祠
    場所不明。ロケ中に地元の噂を聞いて取材。時刻は昼。映像はほとんどモザイク処理。
    田んぼのあぜ道を塞ぐような形で立っている杉の木。かりん嬢だけでなく何故かD氏のテンションも急上昇。結構なパワースポットのようだ。杉の木を通り過ぎると木々に隠れるように神社が現れる。かりん嬢曰く「今まで回ったパワースポットの中でも一番好き」とのこと。杉の木と神社自体はかなりのパワースポットらしい。一通りお参りして神社の裏地に。
    モザイク処理越しの映像で祠らしきモノが立っている。祠は封印されていて、見ざる(猿)言わざる(猿)聞かざる(猿)が掘られているとのこと(モザイク越しで視聴者は確認できない)。今までどんな心霊スポットでも冷静だったD氏が興奮して喋ること喋ること。
    最後に祠の静止画。祠本体のモザイクが除外されている。何やら丸で囲まれているのだが意味不明。見ようによってはゴリラのような姿が見えるが、岩肌なんじゃないのか??
    一応不思議事象無しということで。
  4. 蔵出しロケハン心霊スポット
    場所不明。時刻は昼。ロケハン映像なのでかりん嬢は出てこない。
    小川を左手にしたレンガ造りの短いトンネル。トンネルを抜けて進んでゆくと突き当たりにお墓。周りの景観を撮影するため、カメラが周囲をぐるっと写す。その映像で通ってきたトンネルをカメラがよぎった一瞬。トンネル内に黒い影が地面に吸い込まれてゆく。まるで人影が落ちる感じ。
    これは初見で確認するのは不可能だろう。スロー再生でやっとわかる感じ。それでも結構気持ち悪い。シリーズの不思議リストに追加。
  5. 伝説の神社 再び
    シリーズで一番(当社比w)の不思議映像。vol.1でロケハン映像として紹介された独りでに舞う紙垂(シデ)の場所。今回はレポーターとしてかりん嬢を従えて訪れる。時刻は昼。場所は北陸地方の某県とまでしか紹介されない。今もって場所不明。
    紙垂の部分の映像なし。おそらく不自然に舞っていることはなかったのだろう。その先にある鳥居まみれの場所へ。良く観ると土に埋まって屋根だけがちょこっと地面から出ている祠もある。撮影途中にD氏が金縛り状態で突然カメラの電源が落ちたとテロップされる。
    天気の所為もあるだろうが、映像からさほど怖さは伝わらなかった。心霊というより信仰、幽霊というより妖怪が似合う場所。相変わらず意味が判らないことによる気持ち悪さの残る場所だ。
    ラストのテロップで「是非訪れて欲しい」と〆ているが、場所が判らな過ぎる。制作会社に問い合わせたら教えてくれるのかしら?
  6. バブル期リゾート開発の成れの果て
    これもvol.7『りゾートホテルの成れの果て』で紹介された場所。DVDリリース後、視聴者から「ヤバイ」などの反響が多かったため、今回再訪問(再検証)することになった。当時もレポーターはかりん嬢が担当しており、今回2回目の突撃となる。
    以前より確実に荒れている。前回同様、部屋の中の配置が不自然で気持ち悪い。比較的荒れていない3階の一室で再びこっくりさん実施。今度は固定カメラを設置してかりん嬢一人部屋に残ってこっくりさんするというもの。これは普通に怖いかな。怖がりながらも健気にレポートするかりん嬢。やっぱ度胸あるわ。彼女。
    って。あれ?
    こっくりさんを行うかりん嬢の背後の壁に顔のような模様が浮かび上がったように見えたのだが。。。スグにかりん嬢の身体で隠されてしまう。壁紙の模様がライトに反射してそう見えただけなのかな?映像ではそのままスルー。でもって、やっぱりこっくりさんは動かなかった。
    「Don't Disturb」のプレート発見。しかし扉はドアノブ方式(ハンドルを捻って開けるタイプ)じゃないためプレートを掛けることが出来ない。意味不明な不気味さだ。ちなみにこのプレート。ドンディス・カードと呼ぶそうだ。
    かりん嬢のまとめ。「前回よりも怖かったが、こっくりさんで何も無かったので、ここには心霊はない。」
    でお終い。

    とラストで例のこっくりさん映像がリプレイされる。壁紙の模様と明らかに異なる顔が浮かび上がる。やっぱねー。
    うーん。正直作ろうと思えば比較的簡単に作れそうな構図でもある。逆にこういったさりげない出方も自然か。だが、本シリーズのコンセプト。ガチ映像を尊重して、シリーズの不思議リストに追加する。
  7. 心霊写真紹介
    河原の写真が不気味。

【シリーズまとめ】

当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンのまとめ。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声
  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男
  • [vol.8]こっくりさんで映った顔  
  • [vol.10]地中に落ちる人影 NEW!
  • [vol.10]壁に浮かび上がる顔 NEW!

次作vol.11も既にリリース予定されている。ただしどうやら総集編のようだ。その後の進展(視聴者からの指摘とか)も期待できるのでレンタル予定。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

放送禁止検証動画FILE Vol.9 怖すぎて震えが止まらない…

201107_kinsi9

放送禁止検証動画FILE Vol.9 怖すぎて震えが止まらない・・・ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

シリーズ9作目。始めにvol.8までのおさらい。当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンのまとめ。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声
  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男
  • [vol.8]こっくりさんで映った顔

今作ではレポーターは足立かりん嬢だけ。個人的には彼女だけでおk(笑)
「北陸」地方特集らしい。恒例(?)のパワースポットは無し。昼間ながら最初から心霊スポット突撃。

全体として当初のコンセプトに戻ったような印象を受けた。即ち心霊事象の有無は置いておき、その場の雰囲気を伝えることに主眼を置いているように感じる。結果、通り一遍視聴したが異常は見られなかった。何らかの異常事象を捕えた映像(怖い映像)を期待すると失敗します。

なお前作(vol.8)で宿題となった「神流湖こっくりさん」のその後。「実験した二人にしか解らない事実が隠されており、次作品で再検証して明らかにしたい」とあったのだが、今作で触れることは無かった。なんかこのまま忘れ去られてしまうような予感。

以下ネタばれ進行で紹介します。

【概要】

  1. 湖畔の廃モーテル
    某県最強と呼ばれる廃モーテル。北陸地方であるが場所の詳細は不明。
    時間は昼間。さすが晴れ女。すがすがしい初夏の昼下がりといった感じ。新緑の木々と廃屋とのコントラストがある意味異様。屋内、屋外共にかなり荒らされている。ガラスの破片が散乱していて物理的に危険。付近に大きな道があるようで道を走る車の音が大きい。
    ほとんどの部屋に妊婦の裸画が描かれている(イラスト、一部モザイクあり)。こんな場所でこういった画を描く人間の不気味さはある。壁紙等で真っ赤な部屋がある。長時間いると精神に異常をきたしちゃいそうだ。
    異常事象無し。
  2. 地元の若者が恐れる謎の神社
    地元の取材を通して話題となったスポット。場所不明。映像で社に「白山神社」とある。
    天気は曇りのようだが日中帯で明るい。境内は人が掃除していない程度に荒れている。神主不在なのだろうか?かりん嬢が言うほど怖さ、不気味さは感じられなかった。彼女も余裕のレポート。なお取材の内容は明らかにされない。どういった噂なのかだけでも知りたいところ。
    異常事象無し。
  3. 恐怖の心霊廃山荘
    VTR史上初公開らしい。場所不明。レストランを兼ねた宿泊施設。
    日中帯のロケハン映像。モザイク越しに見えるのは鳥居だろうか?
    屋内はモノが散乱しているものの、そんなに荒らされていない様子。「霊が出る」といった雰囲気は感じる。人の気配(物音)を感じて早々に退散。どうやら毎回ロケハンスタッフが人の気配を感じて撤収しており、事務所NGでお蔵入りしている場所らしい。
    異常事象無し。
  4. 北陸最古の廃墟
    北陸地方で有名な場所(らしい)。場所不明。廃モーテル。
    時間は昼間。木々がトンネルになったような山道を登った場所に現れる。外観は雰囲気あるかな。屋内に入り壊れたダイヤル式チャンネルTV。時代的に1970年代か?荒れ果てているが落書きなどは少ない。
    異常事象無し。
  5. 最凶の心霊トンネル
    石川県、Uトンネル。詳細不明。
    時間は夜となり、それっぽい雰囲気が出てきた。山間を歩いていくと突然現れるコンクリートトンネルの姿が異様。トンネル自体はそんなに大きくない。車一台が通れる程度。トンネル内は照明が無くて真っ暗。中央に地蔵がある。ロケ後運転手が体調不良でダウンしたそうだ。
    霊感無しのかりん嬢をもって、今までで一番怖かった「廃病院」と同等の怖さらしい。
    異常事象無し。
  6. エンディング
    投稿心霊写真紹介。なんか全部外国のような感じがする。

【所感】

全体を通して怖さ控えめ。つか怖いとか不思議な映像はなかった。その分(?)理解不能な不気味さが散見され、「こういう心霊スポットもあるんだよー」といった感じのまま終わる。ガチ映像かつ収録時間も短いこともあり、個人的には好きな部類。夜でも食事中でも安心して観ることが出来るかな。とはいっても物足りなさは感じる。できればアクシデントがあって欲しいし、そろそろかりん嬢にも体験して欲しい(そのリアクションを観たい)と思ってしまう。
次作は10作目。次回こそかりん嬢は体験できるのか?期待して待つ。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN