○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

稲川淳二

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

稲川淳二 恐怖の現場 2

201109 ijgenba2

稲川淳二 恐怖の現場 2 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2002年(日)
収録時間:94分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

稲淳恐怖の現場2です。2002年の作品。稲淳がまだ若いです。

稲淳と女性アシスタントが心霊スポットに訪れて、そこで起こる事象を検証するシリーズ。心霊スポットの雰囲気とその地に纏わる怪談が楽しめる。今作では全国3か所を訪れている。

女性アシスタントは星ひとみさんと城麻衣子さんのお2人。多分に漏れず女性陣はきゃぁきゃぁ言います(笑)。正直結構ウザい。

シリーズ全体を通して観ると大人しい仕上がり。派手な心霊現象はない。

では各話ネタばれで紹介します。

【概要】(敬称略)

  1. 地獄へ誘う呪いの手
    山梨県、小淵沢(コブチサワ)。
    以前稲淳が霊に襲われた場所。いろいろ「手」に纏わる話が多い場所らしい。
    深夜零時。すずらん池。観光用に整備されているためか映像から怖さはさほど感じられない。池のほとりにテント設営。稲淳の怪談に続いて検証開始。女の声⇒アシ悲鳴。映像越しにざわついた感じは受ける。検証続行。背後に動く影→らしいが映像では確認できない。息苦しいと嘔吐する星→リタイヤ。映像異常無し。
    ⇒相変わらず稲淳の話しが怖いし、何より語りが上手い。つか稲淳の語り口が僕の中でスタンダードになっている。他の怪談語り部は、どうしても稲淳を基準に比較してしまう。
    ⇒学生時代に深夜に訪れた栃木の貯水池(小山あたりだったと記憶している)のほうが怖かったかも。別に心霊スポットとして行ったワケではないが、暗闇と同化した黒い水面を今も憶えている。
  2. 狂気の殺人トンネル
    福岡県、犬鳴峠。
    日のあるうちに犬鳴ダム。あいにくの雨天。綺麗だが淋しい場所だ。
    旧犬鳴トンネルへ。幹線道路には犬鳴トンネル。側道に入るとスグにフェンスで閉鎖。フェンスの脇から侵入。殺人事件やら自殺やらが多い場所だ。
    トンネル到着。入り口がコンクリートブロックで塞がれている。入り口前にテントを設営。その背後で声が入る。トンネル内に明滅する光点。検証開始。不可解な声が入る。
    ⇒犬鳴トンネル来たー。と思ったが微妙に地味な現象だけ。音声が入ったとされるが、二度目の声は良く聞きとれない。
    ⇒見慣れた映像だが、いつ見てもブロックで塞がれた入り口は不気味。
  3. 戦慄!!怨霊の巣喰う島
    東京都、新島。
    まずは十三神社。神社自体も大きく立派な社を構えている。収録を終えて神社を後にする。星の様子がおかしい。稲淳曰く「連れてきた」とのこと。さして突っ込むことなく次の場所に。
    海軍墓地。稲淳の背後に発光体。海軍墓地で検証しようとするが、稲淳が道をはさんだ反対側へ。樹木に囲まれた石碑発見。コレラで死亡した鎮魂碑らしい。さらに奥へ。いくつもの小さなペットの墓。リアルペットセメタリーだ。進んでゆくとコレラ患者の焼き場(らしい)に出た。ここで検証開始。
    早々にヘタレる星。取り乱し始めてリタイヤ。
    稲淳と城であたりを探索。木々に囲まれた空き地で検証再開。特に映像に異常は無く、稲淳から「一人で来るべきではない」と締めの言葉。
    ⇒ゴウゴウと吹く風が雰囲気を出している。
    ⇒しっかし。。。うっさい星。もう引っ込めていいよ。
  4. 心霊写真
    現地で撮影した写真を稲淳が解説する。
    -小淵沢、すずらん池。テントの脇に光点が写る。
    -犬鳴トンネル。スタッフが携帯で撮影した写真。白い顔のような姿と靄。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

稲川淳二 恐怖の現場

201108_2002kyoufu1

稲川淳二 恐怖の現場 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2002年(日)
収録時間:91分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

今更感は否めませんが、ホラー新作DVDの視聴に若干間が開いてしまうこともあり、あらためて僕の好きなシリーズの一つである稲淳「恐怖の現場」を観ました。稲淳とっておきの心霊スポットを女性アシスタントと一緒に検証する本シリーズの1作目。当ブログでは以前「四国巡礼・恐怖の現場~本当にあった“死国”88霊場~ vol.1」を簡単に紹介した。今年は新作リリースされないみたいで少し残念。

シリーズ通して構成は以下の感じ。

  1. 昼間の現地確認
  2. 夜になりスポット探索
  3. 稲淳のその地に纏わる怪談
  4. アシスタントだけによる検証(稲淳は離れてモニタリング)

稲淳が実際に心霊スポットを訪れて、その地に纏わる因縁を検証してゆく映像だ。氏の語りパートもあり、トーク含めて現地の不気味さ、不思議さを見せてくれる。

本作の女性アシスタントは3人。霊感の強い星ひとみ、心霊体験がない城麻衣子、霊感がある瀧ケ崎友香。訪れるスポットは3か所。

本作では特にアシスタントの声が結構耳に付く。特に星。気になる方は我慢ならないくらいだと思う(笑)。なお映像特典は今回訪れたスポットで稲淳が語った怪談のノーカット版を収録している。

早速ネタばれ含みで簡単に紹介。

【概要】

  1. テントを覗く無数の眼
    静岡県天城峠、旧天城トンネル。アシは星+瀧ケ崎ペア。まずは旧天城トンネル。レンガ造りのトンネルは時代を感じさせる作りだ。暗視カメラはトンネルの先に白い人の姿を捉える。しかし稲淳の今回の目的はトンネルの上。天城峠の頂。トンネルから脇に逸れて細い山道を昇り現場へ。テントを設営して検証開始。スグにまわりを徘徊する足音。そして暗闇にいくつも明滅する発光体が捕えられる。
  2. 廃ラブホテル 怨念の集い
    宮崎県青島、ホテルアイランド(廃ラブホ)。アシは星+城ペア。サナトリウム跡地に建設されたとのこと。木々に囲まれた暗闇に浮かぶホテル外観は不気味。荒らされているがかなり大きな建物。ホテルの看板が道路と逆に向いているのに違和感。噂となっている螺旋階段の部屋を発見。ここでは不可解な音声が収録される。
  3. 霊界の入り口 死霊の吊り橋
    埼玉県秩父湖に架かる吊り橋。アシは同じく星+城ペア。まだ雪の残る山道。寒そう。吊り橋の入り口にテントを設営して検証開始。吊り橋を写している定点(暗視)カメラに黒い影。また複数の発光体は撮られる。橋の反対から黒い影の女性が来るという3人。しかし映像には映らない。それにしても星うるさい。
  4. 心霊写真
    稲淳が今回訪れたスポットで撮影された写真を紹介
  5. 音声解析
    天城トンネルで採られた音声、および、ホテルアイランドの2つの音声を専門家が解析する。

参考にシリーズを紹介します。

  • 2002年 恐怖の現場 ※本作
  • 2002年 恐怖の現場2
  • 2006年 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.1
  • 2006年 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.2
  • 2006年 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.3
  • 2007年 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.4
  • 2007年 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.5
  • 2007年 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.6
  • 2008年 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.1
  • 2008年 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.2
  • 2008年 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.3
  • 2010年 四国巡礼・恐怖の現場~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.1
  • 2010年 四国巡礼・恐怖の現場~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.2
  • 2010年 四国巡礼・恐怖の現場~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.3

全て視聴済みですが、時間が開いたときなど順番に紹介しようと思います。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

稲川淳二「四国巡礼・恐怖の現場」~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.1

ij-sikoku1

さて、今日は稲淳です。

あれこれ言われているようですが、僕はこのシリーズが好きだったりします。

何が好きかというと、コトの真偽はともかく、日本の「実在する」場所へ行って撮影されている点です。簡単にいうと「怖いけど行ってみたい」と思わせてくれるところですね。

シリーズとしては以下の通り。
2002年 稲川淳二 恐怖の現場
2002年 稲川淳二 恐怖の現場2
2006年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.1
2006年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.2
2006年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~禁断の地、再び~ VOL.3
2007年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.4
2007年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.5
2007年 稲川淳二 真相・恐怖の現場 ~恐怖の検証~ VOL.6
2008年 稲川淳二 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.1
2008年 稲川淳二 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.2
2008年 稲川淳二 解明・恐怖の現場 ~終わらない最恐伝説~ VOL.3
2010年 稲川淳二「四国巡礼・恐怖の現場」~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.1
2010年 稲川淳二「四国巡礼・恐怖の現場」~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.2
2010年 稲川淳二「四国巡礼・恐怖の現場」~本当にあった“死国”88霊場~ VOL.3

シリーズ共通として、日本各地にある稲淳の気になる心霊スポットをアシスタントの女の子2名で巡ります。

深夜になってから、
まず稲淳+女の子×2名でスポットを全体的に散策(笑)
次に稲淳がその地にまつわる怖い話を語る。
最後に女の子×2名だけ残して霊現象の有無を「検証」する。この時稲淳は少し離れた処に待機してカメラ越しに状況をみる。
女の子を一人づつ別々の場所に配置して「検証」する場合もあり(四国シリーズのvol.1&3)。

シリーズを通して「音(声)」が入ったり、「影」や「オーブ」が映り込んだり、出演者(誤解を招きそうな表現だが)が「見た」り「聞いた」り「触れられた」りします。

そのたんびにアシスタントの女の子がキャアキャア云って、これが「うるさい!」と敬遠される方もいるようですけど...

ただ四国シリーズ以前は決定的な映像、音声はありませんでした(個人的に)。

今回はシリーズの中でも僕が一番怖いと感じたやつです。

場所は四国、徳島県にある廃ドライブイン。
ドライブインといってもかなり大きくホテルを兼ねた作りになっている。
これにシリーズでは初と思いますが、決定的(大げさか?)なあるモノが一番最後に写り込んでます。

それがかな~り怖いです。

まぢリアルです。

僕は仕事の関係もあり、ホラーだろうがなんだろうが、DVDを観るのはほとんど深夜に一人で観ます。当シリーズの他作品も深夜に観ました。怖いことは間違いありませんが、我慢できる怖さです。

ただこの「四国vol1」のラストを観た直後、この映像だけは「二度と一人で夜中に観ないぞ」と心に誓いました。

余談ですけど、ブログ記事「もう一つ、不思議体験」でも書きましたが、この手の「怖い話に「霊」が寄ってくる」と言われますよね。実際このシリーズやホラー映画などを観ていると、怖くなって何度も部屋を見渡してしまうことも多々あります。当然霊感ゼロの僕には何も見えないんですけどねぇ(笑)

また、この手の映像はフィクション、フェイクドキュメントと捉えられがちです。実際視聴者はフェイクなのか本当なのかを見分ける手段が無いわけですが、個人的にはこのシリーズは本当だと思っています。(つか思いたい)

このシリーズでは個人的に「四国vol.1」が一番お勧めです。

次点は「四国vol.2」かな。

続きはネタばれです。
「まず映像を」という方は読まないようにしましょう。

 

例によってなんですが、ポチッとしてもらえると嬉しいです。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ続きを読む

れぽ

最近観た怖い系DVDのレポなどを...Σ(´д`;)

今回は日本のルポ系で北野誠もの2本

1.怪談&心霊ルポDVD 北野誠のおまえら行くな。 ~不死鳥編~kitanomakoto-1fusityou

2.怪談&心霊ルポDVD 北野誠のおまえら行くな。 ~飛翔編~kitanomakoto-2hisyou

連続して観ますた

もちろんレンタルで(笑)

内容はネタばれが含まれるのであまり触れません

両編ともいわゆる心霊スポットを女の子と一緒に訪れてレポするパートと、北野誠が語る怖い話のパートがあります。
関西で放映されているTV番組で放映されたものを収録しているようです(探偵ナイトスクープ???間違っていたらスミマセン

まず~不死鳥編~

一番怖かったのは最後の北野誠が語る京都のマンションのお話
TV放映されなかった後日談が最後にあるのですが、北野が話していると後で笑い声や足音が聞こえます(((( ;゚д゚)))
あとおまけ映像のファンキー中村さんの怖い話
深夜に首が後ろに向いた女の幽霊に追いかけられる話

次に~飛翔編~

こちらも京都の廃ホテルの映像で、松竹芸人が一人ずつハンディカムを持ってホテル内を肝試しするのですが、肝試ししている中で自分の顔を撮っている後ろに女の顔が写り込んだやつ。
結構有名らしいのですが、僕は初見でした。

 

まぁ全体的に「稲川淳二の恐怖の現場」シリーズとおんなじ感じです。

ただどうしても語りは稲淳と比べてしまいますね。

個人的に語り手として慣れているせいか、淡々と話す稲淳の語り口が好きです。

北野さんの語りは、視聴者を怖がらせようとする感じがして逆にしらけるように感じました(北野さんごめんなさい)。

「稲川淳二の恐怖の現場」シリーズは、また別の機会にレビューしてみたいと思います。

 

総括ですが、結構この手の映像もあまり怖いと感じない方ですが、それでもまずまず怖いかなといったところです。特にファンキーさんの話はそれなりに怖かった∑( ̄ロ ̄|||)

でも......

 

 

 

一番見たいのは

「北野誠はナゼ謹慎処分になったか?」

なんですけどね(笑)

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN