○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

残念な映画

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

不法侵入

fuhousinnyuu

不法侵入 [DVD]
クチコミを見る

【制作】1992年(米)
【監督】ジョナサン・カプラン
【原題】Unlawful Entry

【カテゴリ】サイコ・サスペンス

気になっている俳優、レイ・リオッタ出演の映画です。
レイがサイコ警官役として出演しています。

ハンニバルアイデンティティ、と何れもサイコ系ヒール役で、存在感を感じた役者さんです。

ホントこういった役どころにはハマる役者さんの一人だと思います。

ということで、レイ・リオッタ繋がりで、期待しての視聴です。

【キャスト】

  • マイケル・カー(カート・ラッセル)
  • ピート・デイビス(レイ・リオッタ)
  • カレン・カー(マデリーン・ストウ)
  • ロイ・クール(ロジャー・E・モズレー)

 

【ストーリー】

冒頭はヘリから撮影された映像です。
警察が現場検証しています。
傍にはプール付の住宅街並んでいます。
つまり背景として、新興の高級住宅街ではあるが、一つ外れれば未だ犯罪が途絶えない場所であることを映像で説明しています。

そこへマイケル、カレン夫妻は越してきました。

マイケルのお仕事は建築家?空間プロデューサー?でしょうか?
ハッキリしませんが、上記のような家に住むことが出来る人種ではあります。

ある夜、夫妻の家に泥棒が侵入します。
マイケルはゴルフクラブを片手に応戦しますが、カレンを人質に取られ、賊に逃げられてしまいます。幸いカレンにけがはありませんでした。

その後、駆けつけた警官。ピートとロイです。
興奮状態のマイケルは拳銃を購入するといいますが、カレンは断固反対します。ピートとロイも素人が拳銃を所持することは否定的です。
そこでピートは最新のセキュリティシステムを導入することを勧めます。

翌日ピートは、非番にも拘らずセキュリティ業者と警察を引き連れ、カー夫妻宅へ訪れます。
そんな「気軽に付き合える警官」ピートに、カー夫妻は気を許してゆきます。

マイケルはピートに打ち明けます。
あの夜、自分は泥棒を捕まえるチャンスはあったと。
しかし動くことが出来なかったと。
そして「今度会ったらただじゃおかない」と。

ある日、ピートはマイケルに夜の巡回を誘います。
警察の巡回に興味を持ったマイケルは誘いを受けます。
ピートとロイのコンビ+マイケルは夜の街を巡回します。
そこにはマイケルの知らない犯罪の匂いが立ち込めていました。

一通り巡回を済ませた3人。
ロイを警察に下ろして、ピートは「もう一か所行くところがある」とマイケルと2人でパトカーに乗りその場所へ向かいます。
そこには、マイケルの家に侵入した泥棒がいました。
ピートは乱暴に泥棒を扱い、さらに、マイケルに向かって警棒で「殴れ」と指示します。
当惑するマイケル。
ただじゃおかないといったいただろう」とピート。
それでもマイケルは殴れませんでした。
代わりにピートがボコボコにします。

そんなピートの姿を目の当たりにしたマイケルは、カレンに二度とピートに会うなと言います。

そこからピートの粘着が始まります。
いや。はじめに駆けつけた時からかもしれません。
ピートのカレンを見る目が尋常ではなくなってきます。

サイコ警官に睨まれた夫妻。

ピートは警官の立場を使い、あらゆる手段でマイケルを追い込みます。
一方でカレンの気持ちを奪おうとします。

結末は...

続きのネタばれとします。

 

【所感】

期待値が高かったためか、今一つの作品でした。

一番の残念感は、ピート(レイ・リオッタ)の異常性があまり感じられなかったことだと思います。 
ネタばれになるので多くは書きませんが、いくつか理由をあげます。

  • ピートがカレンに執着する理由、そこに至る経緯が判然としません。「一目ぼれ」と表現してしまえばそれまでなのですが、期待としては「単なる恋愛」ではなく、「歪で極端な恋愛」があったのですが...
  • ロイの存在感が無い
  • 拳銃の扱いの矛盾
  • 物語の結末として、ストーカーが警官だったらの一言で終わってしまう内容

カート・ラッセルもイマイチしっくりしませんね。
ヘタレ役であれば、徹底してヘタレであって欲しいのですが、、妙な所で男気を出してしまっているような。

記事を書いていて思ったのですが、演出が中途半端だと思いました。
いろいろイベントがあるのですが、背景や行動理由が判然としないように感じます。
そこらへんも面白みに欠けた作品になった理由かと思います。

それでもレイ・リオッタはサイコ役がハマっていますね。
あの表情の無い瞳。
白眼の中に黒目が点のような目。
爬虫類を思わせます。

個人的評価は★★☆☆☆です。

  • 面白さ:
    ★★☆☆☆
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★★★☆☆
  • ミステリー度:
    ☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★☆☆☆
  • アクション度:
    ★★☆☆☆

B級作品であると思いますが、それでも残念感が残る作品でした。

続きはネタばれです。

ランキングサイトへ登録しています。
お手すきでしたら「クリック」をお願いいたします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

恐怖

恐怖 [DVD]
恐怖 [DVD]
クチコミを見る

 

今日は日本のホラー映画「恐怖」です。

最近レンタル解禁になって視聴しました。

 

吊り書きに「『リング』の高橋洋『呪怨』の一瀬隆重が贈る狂気ホラー。」とあって期待していた映画です。
ただ、口コミ評価が悪かったので半信半疑での視聴。

結果。

観終わった感想は、大変残念なものでした。

ぶっちゃけ視聴した時間を返して欲しいとも思った位です

 

一番残念なのは、何が怖いのかサッパリ判らないところですかね。

ホラー映画と語るのであれば、その作品のウリってやつがありますよね。

例えば「映像が怖い」「クリーチャーが怖い」「音楽が怖い」「物語が怖い」「心理描写が怖い」等々...

でもこの作品には、そういったウリとなる怖さを全く感じません。

 

一体制作側は何を提供したかったのでしょうか?

言ってみれば、これが最大のミステリーですかね。

 

期待値が大きかった分の落差だけとは思えない作品でした。

  • 制作年 : 2009年(日本)
  • 制作 : 一瀬隆重
  • 監督・脚本 : 高橋洋

物語です。

 

冒頭、古臭い映画のシーンカット。

どうやら第二次世界大戦中の日本軍の人体実験の様子を写したものらしいです。

被験者の頭を切り開き、脳みそに電流を流すことで、通常体験できない幻覚を見る実験映像。

見ているのは医師の夫婦。

彼ら夫婦の研究が、旧日本軍で既に行われていたことを知ったようです。

図らずも二人の子供(姉妹)がその映像を見てしまいます。

そこには画面いっぱいの光に満ちた映像でした。

 

17年後。

成人した姉妹。

 

姉(中村ゆり)は自殺サイトで知り合った5人の男女で集団自殺を図ります。

彼女が自殺する理由は判りません。

しかしその自殺は彼女の母親(片平なぎさ)による企てで、自殺を企画した男が母親の助手だったのです。

企画した男を除き、仮死状態となった4人の男女が拉致られます。

彼らは母親の被験者として病院のような場所に運ばれます。

 

一方、姉が失踪した主人公の妹(藤井美菜)は、姉の恋人と一緒に彼女を探します。

姉のパソコンを警察も調査しますが、ログが消されていて手がかりが無いとのこと。

DISK上の磁気データを物理的に消去しない限り、普通にOS上でログを消したくらいでは無くならないし、警察もデータサルベージくらいはすると思うんですが.....

大したことない事件と思われているんですかね?

まぁ、そこはスルーしてあげましたw

 

と、ストーリーは妹が姉を探す過程で母親の行っている研究を知り恐怖する、といった内容です。

 

 

背景、設定も判りにくく、だいたいの全体像が見えてくるのが、終盤30分くらいでしょうか。

設定自体(所謂霊魂は脳が生み出す物質)も目新しい所なく、冒頭にも書きましたが、全然楽しめませんでした。

 

総合評価★☆☆☆☆

  • 面白さ:
    ★☆☆☆☆
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★☆☆☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆
 

あんまり気乗りしないのですが、続きはネタばれです。

といっても、何をバラしていいのかも判りませんwww


非常に酷評となり、申し訳なく思ってしまうくらいです。

面白い作品はこちらで探します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN