○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

桜金造

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

日本全国 呪場MAP

201110_noroibamap

日本全国 呪場MAP [DVD]
クチコミを見る

制作年:2008年(日)
制作:山本正
監督:田川幹太
収録時間:88分

【総括】

『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズ(一部)や『ほんとにあった怖い都市伝説』シリーズを手掛けた、山本正プロデューサーと田川幹太ディレクターのコンビによる心霊作品。またストーリーテラーは『。。。都市伝説』と同じく桜金造さんが担当。山本氏&田川氏なので笑える心霊モノかと思いきや実はそうでもない。結構マジメに心霊スポットを紹介している。『。。。怖い心霊スポット』のような笑える心霊DVDを期待すると物足りなさを感じるだろう。ただ所々に小ネタは仕込んでいるし、特典映像はお二人の怖い話を中心としたトークでノリツッコミは楽しめた。

まずは本編。約88分。「呪場」(「のろいば」と読む)とは心霊スポットではない。その地を訪れた者に災いをもたらす可能性がある場所とのこと。日本全国の「呪場」を紹介する内容だ。なので全部で不思議なコトとか怖いコトとかがあるワケではない。
訪問箇所は12箇所。時間の割に多いと思う。全ての現場には当然(監督である)田川氏が撮影しているが、桜氏、山本氏は全個所を訪れていない。場所の数だけでなく、1か所あたりのスペックも結構高い。映像を通して異様な雰囲気が伝わってきて、満足できるレベルだった。原則、その場所の簡易マップが掲載される。あと本編最後におまけ映像が入っている。これは笑えた。

続いて特典映像。コチラは約43分。結構なボリュームである。内容も結構怖い話が入っていて、長年心霊業界に身を置いているのは伊達では無いと感じた。なんだかんだで全7話。十分楽しめる内容だった。

んではネタばれ進行で簡単に紹介。なお特典映像は「続き」に記載する。

【各話紹介】

  1. 熊本県鹿本郡、田原坂
    西南戦争の最後の戦場。案内役として真勝國之(俳優)氏。実景(作品中の背景)撮影中、暗闇を歩く足(だけ)が映り込む。
    ⇒『怪談&心霊ルポDVD 北野誠のおまえら行くな。 2ndSEASON ~突撃編~』でも取り扱われた場所。
    ⇒そういえば熊本市って最近政令指定都市の指定が内定されましたね。いや、それだけですけど。
  2. 熊本県宇城市、貞子の井戸
    「リング」の御船千鶴子の墓を探す一行。日没後、墓地発見。深夜に訪れると人では無い何かに囲まれると言われる場所。現場へ向かう途中、田川氏の足に引っかかれたような傷跡。地図なし。
    ⇒おおリング。懐かしい。
  3. 千葉県富津市、観音隧道
    山本氏登場。老婆の姿が映るコーナーミラーとか、事故で飛び散った血痕が何度消しても浮かび上がってくるため緑色の塗装を施したガードレールとか。そして観音隧道。トンネル(隧道)の入り口はフェンスで塞がれている。破られた隙間から内部へ侵入。壁面はコンクリが剥がれて劣化が激しい。あちこちに気持ち悪い虫。何故か地面にお金(硬貨)が撒かれている。カーブミラーの映像に人の顔のようなもの。
    ⇒真っ暗な不気味さはあるが、映像から禍々しさは感じられない。しかし「虫」が気持ち悪い。執拗に「虫」を扱いたがる田川氏(?)に、「わーったよ!」「映すなよ!」と山本氏。
    ⇒ミラーに映った顔はイマイチ判りにくい。確かに顔と言われればそう見えるが、光の反射とも思える。
  4. 大阪府貝塚市、公園横の廃墟旅館
    貝塚市水間公園。案内役のY氏の友人が訪れた直後から行方不明。公園内から脇道に入ると右手の木々の向こうに廃墟。侵入する。部屋には天井から輪っかになったロープ?撮影終了後にスタッフが発熱。
    ⇒廃墟としてはまだ綺麗な部類か。しかし映像からも重い空気を感じた。
  5. 大阪府河内長野市、大阪最凶トンネル
    滝畑ダムの近郊にあるトンネル。中でクラクションを3回鳴らす。
    ⇒他作で観たような記憶が。。。
    ⇒綺麗なトンネル。照明もしっかりとしていて、どこにでもあるような感じだ。
  6. 岡山県津山市、殺人鬼の墓
    昭和13年に大量殺人があり、「八つ墓村」の舞台となった場所でもある。土砂降りの中、桜氏が進行。犯人:都井睦雄(当時22歳)の墓地を訪れる。墓地にあるのは地面に埋めたれた小さな墓石。表面には何も書かれていない。
  7. 福島県いわき市、落ち武者が棲む川
    某不動尊。以前訪れたスタッフが、灯篭の前に立つ落ち武者の姿を見た場所。
  8. 福島県いわき市、水子が眠る場所
    沼の内水子観音。通称、賽の河原。地元の若者が案内。洞窟になっている。その中はは異常に広く、壁一面に並ぶ小さな観音像の姿は圧巻。地図なし。
  9. 香川県木田郡三木町、中村トンネルの地蔵
    旧中村トンネル。車で狭い道を進むとトンネルに辿りつく。怖すぎて車を降りることが出来ないスタッフ。手彫りのトンネルで側壁は岩肌。
    ⇒ここは雰囲気あるなぁ。
  10. 静岡県伊豆の国市、必ず何かが起きる火葬場跡
    韮山火葬場跡。霊能者も行くことを拒むらしい。フェンスに囲まれた。。。と思ったらいきなり途切れて出入り自由。中には「淨」の一字を掘った石碑。フェンスの入り口で説明する田川氏。すると背後のフェンスがガチャリと音を立ててひとりでに動く。
    ⇒ドキッとした。
  11. 和歌山県和歌山市、神社に送られた人形
    人形供養で有名らしい淡嶋神社。案内は桜氏。人形を納めている家屋へ。棚一杯に西洋人形もあれば、日本人形もある。髪の毛の伸びる人形もあるようだ。
    ⇒どこを見るでも無い沢山の瞳に囲まれ威圧感を感じる。
  12. 北海道釧路市、雄別炭鉱
    今回のナンバーワンとして紹介。道路は途中で通行止めとなり、山道を歩いてゆくと廃病院が見えてくる。中はかなり破壊されている。外に出て地下室の入り口発見。入ると突然壁が崩れる。外に出て入り口に向かい謝るスタッフ。足早に車まで戻ろうとするが、後ろから追いかけられる気配。
    ⇒廃病院は外観だけでも威圧してくるなぁ。

【おまけ映像】

本編ラストに収録された隠し映像。これが結構笑えたので紹介。

  1. 何かを踏んだ男
    観音隧道の中(ロケハンか?)。隧道の中を散策する取材班一行。
    A:「うんち踏んズケちゃった」
    B:「マジで?」
    。。。
    A:「うんち踏んズケちゃった」
    B:「マジで?(笑)」
    。。。。。
    A:「うんち踏んズケちゃった」
    一同:「www」
    外に出て。。。
    「あんな所でうんこしちゃいけないよね」
  2. 会計の怪
    千鶴子の墓の帰り道に4人で食事。会計伝票には。。。
    ライス11個www
    店員:「こんな伝票打ったのは初めてだ」

※特典映像は「続き」に記載します。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった怖い都市伝説 II

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_tosidensetu2

制作年:2008年(日)
収録時間:77分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズのスタッフが作成したとのことで、遡って視聴しますた。出来れば本シリーズもvol.1から観たかったのだが、最初にレンタル出来たのがvol.2で、しかも内容が面白かったので紹介します。

【総括】

全体は二部構成。桜金造氏による怪談パートと、都市伝説「ひとりかくれんぼ」やってみたパート

まず桜金造氏による怪談語り。
樹海をバックに地べたに座ってパソコンを見ながら語ります。
淡々と機械的に読み上げる氏独特の語り口は、なかなか怖い話向きだと思う。

全50話の紹介。短い話は10秒程度、長くても3分くらいでテンポよく進みます。途中で「ひとりかくれんぼ」の状況が割り込むのですが、割り込むタイミングも良かったのでしょう。飽きることなく終わりまで観ることが出来ます。
なお各話のタイトルのみ続きで紹介します。50話紹介する気力がありません。タイトルだけで勘弁してください。

次に「ひとりかくれんぼ」を実践してみた。
これが結構面白い。当然ガチ前提なんですが、見事に異変が起きています。手順も紹介されており、その手順に則って女性レポーター宮崎瑠依さんが実践します。ただし、僕自身が手順を知っているわけではないので、紹介された手順が正しいかは不明。真似されないように一部省略されてる可能性もある。

【ひとりかくれんぼ】

手順については割愛させていただきます。興味がある方はDVDをご覧ください。

マンションの一室(7階らしい)。
準備を整え午前3:00スタート。なお
スタッフは屋外のロケ車に待機
人形を水を貼った湯船に入れてかくれんぼ開始。

瑠依さんは客間の押入れに隠れます。

開始から20分。

異変が始まります

と。経過はネタばれとして「続き」に書きます。

【所感】

まあ見せどころは「ひとりかくれんぼ」なんでしょうね。でもってしっかり異変が起きていることがスゴイ。仮に"やらせ"だとしても、やらせ感を感じさせない所がGOOD!!
惜しむらくは隠れている最中の各部屋の映像が無いこと。
これほど「なんで定点カメラ付けないの」と思ったことはない。

語り部の桜金造氏ですが、僕の好きな「ケイゾク」でも客演で出ています。確か「氷の死刑台」だったかと。前述しましたが、氏の語り口は好きです。

個人的にはですがこのスタッフ作成モノは今のところ外れが無いですね。映像の肝となる部分の波長が合っているのでしょう。vol.1とvol.3も借りる予定です。


ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN