○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

戦慄怪奇ファイル

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説

201302_kowasugi3
戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説 [DVD]
制作年:2012年(日)
制作:三上真弘、田坂公章
脚本、監督:白石晃士
収録時間:93分(本編73分、特典映像20分)
カテゴリ:ホラー
【キャスト】

  • 大迫茂生
  • 久保山智夏
  • 白石晃士

【総括】
フェイクドキュメントのシリーズ3作目。本作の映像特典で白石監督自らフェイクドキュメントと語っているのでこの記載でも構わないでしょ。『口裂け女』→『幽霊+α』→『河童』とリリース。ちなみに次作は『トイレの花子さん』。
70分程度の収録時間でグロ映像は少々。そのグロも一部はモザイク処理されているので構えるほどではない。エロ映像はなし。シリーズの醍醐味?でもあるキレキャラ工藤さんはちょっと大人しかったかな。逆にヘタレな場面はあったけど(笑)。テーマが河童=UMAなのでゾクゾクするような霊的な怖さは無い。しかし凶暴なUMAに襲われる恐怖、戦う緊張感(とまではいかないか)、復讐と執着、呪い?、などで退屈することなく楽しめた。まあ白石監督っぽいか。
シリーズ構成は変化無し。スタッフの元に寄せられた投稿映像を調査してゆく過程でさまざまな恐怖を体験するというもの。スタッフ3名も続投。特に前作で病院送りとなった工藤は早い段階で復帰するのでご安心を(笑)。
本作では特典映像が興味深い。白石監督によるコメンタリーが収録されている。題して『コワすぎ!通信FILE-01』。いやまあ普通のタイトルだけど。。。コンセプトなどが語られていて、家主は本シリーズの見方が変わった。ネタバレ要素も含んでいるので、時間が許せば本作視聴後に観た方が良いと思う。なおコメンタリーの内容詳細は「続き」に記載。
次作はトイレの花子さん。3月リリース予定。勿論視聴します。
【ストーリー】
スタッフの元に届いた投稿映像には河童が映されていた。工藤が前作で負傷し入院中であるため、田代と市川の2人で取材を開始。投稿者と共に現場へ赴くと巨大な足跡などが見つかる。また付近には荒らされたキュウリ畑。畑の持ち主に取材を試みるが、頑に取材を拒否する家主の鈴木。そこに工藤の入院先の病院から電話。工藤は病院を抜け出していた。
※「続き」にネタばれ
【感想】
まずまず面白かった。
ただ1作目、2作目同様なにかしらの解決を持った終わり方ではない。ここら辺は特典映像の監督コメンタリーを踏まえるとあまり意味が無いように感じた。最終的に個々の結末が統合(解決)されるかもしれないが、「連続ドラマ」を意識した別のテーマがあり、シリーズ進行はそちらがメインになりそうだ。従って「口裂け女」も「震える幽霊」も本作「河童」も単発で観ると中途半端な終わり方と感じるだろう。
本作で工藤が復帰する。しかし病み上りの所為かキレ方がイマイチだった。ただもう一人頭のおかしい人が出ているので演出として相対的に弱くしたのかもしれない。いずれにせよ工藤さんがいないと始まらないシリーズ。キャストの大迫さんイイなぁ。彼の普段の生活が気になるw意外と社交的で紳士的かもしれないww徹子の部屋とか出ないかしらwww
また佐藤役の河村さんも良かった。特典で監督もコメントしているが、会話や仕草が自然でリアリティがあった。口汚いところとかね。
さて次作は学校怪談、トイレの花子さん。予告映像を見る感じではマジメにドタバタしてそう。便器なのかな?飛び出す花子さん?はびっくり箱みたいで笑いそうになったけど。来月注目タイトルの1つです。
【評価】
総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★★☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊

201208_kowasugi2

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
制作:三上真弘、田坂公章
脚本、監督:白石晃士
収録時間:72分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 大迫茂生
  • 久保山智夏
  • 白石晃士

【総括】

FILE-01「口裂け女捕獲作戦」後、間を置かずリリースされた本作。引き続き白石監督による作品。FILE-01がうさんくさそうなタイトルではあるものの、これがなかなか面白かった。なのでそこそこ期待して本作を視聴する。

結論としては結構楽しめました。

ストーリーはオカルトDVD制作の工藤監督とアシスタント市川、カメラの田代(白石監督)が投稿映像を追跡調査するといった前作同様の展開。POV形式で話が進む。一応FILE-01の設定を引き継いでいるが、本作から観てもFILE-01に関連する場面の映像が挿入されているので戸惑うことは無いと思う。ただFILE-01を通してキャラ設定やアイテムの細部をインプットした後に観た方が楽しめるだろう。グロは無し。あとちょっとだけHシーンあります。モザイク処理されているけど念のため。

次作は未定のようだがストーリー的にアリっぽい。つか色々な意味で観てみたい。

【ストーリー】

口裂け女取材後に工藤の元へ届いた投稿映像。今回は廃墟とのことで映像を市川に見せる。

夜の廃墟(廃校舎?)を訪れる4人の男女。空いていた扉から中に入る。と、かすかに鈴(*)の音が暗い屋内に響く。一行は音の聞こえた階段の方へ。再び鈴の音。女性の1人が泣きだす。また鈴。徐々に音が近くなる。躊躇しながらも階段を昇ると間近で鈴の音。そして階下から大きな足音が。男性が声をかけるが答えは無い。逃げるように奥へと進む。ある部屋の中を懐中電灯で照らすと、部屋の隅に透けた女性の姿。それは小刻みに震えていた。全員逃げ出し、映像がジャムって途絶える。
(*)鈴(リン、輪とも書く)とは、仏壇にある縁を棒で打って「チーン」とか「リーン」とか鳴るアレである。

工藤達の今回のミッションはこの震える幽霊をカメラで捕えることだ。

※「続き」にネタばれ

【感想】

前作同様面白かったです。

面白かったんですけど。。。

。。。えーとコレ収拾つくのかしら?が観終わった直後の素直な感想。

前作と比べてもネタがどんどん増えてくる。口裂け女からと考えるとラストは随分と違った感じ。過程における「謎」もほとんど解決していないし、話しを広げ過ぎなんではないか?逆に白石監督には見事収束させて欲しいと期待してしまう。

話しを盛り上げている大きな要因として工藤のキレキャラが挙げられると思う。本作では前作を上回るキレっぷり。大迫氏もハマり役。工藤がなぜ執着するのか?その謎は今回も明らかになっていない。まあ単なる性格なのかもしれないがw

あと細かいことだが、POV形式を撮るのであれば画面上に日時を表示して欲しいと感じる。なんせ次々にネタが投下されるので時間経過を感じにくいのだ。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦

201208_sugokowa1-kutisake

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-01 口裂け女捕獲作戦 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
制作:三上真弘、田坂公章
脚本、監督:白石晃士
収録時間:71分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 大迫茂生
  • 久保山智夏
  • 白石晃士
  • 那須千里

【総括】

当初封印映像10にしようと思っていたが、残念なことにまだ手元に届かないので本作を紹介。その封印映像シリーズの初期作を手掛けた白石監督の作品。(*2012.8.16:赤面しつつ訂正。封印映像初期は児玉監督です。僕の思い違いでした。白石監督作品は「バチアタリ暴力人間」「ノロイ」などです。すみません。)カテゴリは迷った末に、エンドクレジットされることからフィクション(フェイクドキュメント)とした。

物語りは1本の投稿映像の検証過程がドキュメント形式で進行してゆく。お題目はタイトル通りオカルト「口裂け女」。そんなわけで心霊っぽさはない。グロは流血シーン(モザイクあり)や気持ち悪い映像があるものの軽め。似たような作品として「怨霊塔」「怨霊ノ家」が挙げられると思う。

最近FILE-02がリリースされたがまだ未視聴。本作がいい感じなので観てみようと思っている。

【ストーリー】

映像制作会社(?)に届いた1本のビデオテープ。ディレクター:工藤(♂)に促されて収録映像を確認するアシスタント:市川(♀)。
昼間。住宅街の路上で白い(ベージュ?)のコートを着た髪の長い女が俯いている。カメラに気付いたのかコチラを向く。顔には大きな白いマスク。唐突にコチラ(投稿者達)に向かって走ってくる。驚いて逃げる投稿者達。一旦撒いたと思われたが、女は別の道から現れる。再び逃げる投稿者達。
映像が終わり、工藤は女が「口裂け女」であり捕獲すると告げる。

※「続き」にネタばれ

【感想】

かなり面白かったです。

口裂け女は最初から最後まで姿を現している。「探す」フェーズは無く、存在ありきのストーリー展開。最初の投稿映像シーンでカメラに向かって走ってくるのだが、判っていても(訳も判らず)追いかけられるのは怖い。

デフォルトの口裂け女の特徴(口が裂けている、足が速いなど)だけでなく、いろいろ色づけされているが違和感はあまり感じない。また、主題が「口裂け女」というオカルト=虚構であるものの、観ているとリアルとフィクションの境界が曖昧になってくる。ここら辺は白石監督の腕といったところなのか。

思えば子供の頃流行ったな。走っている車を追い抜くとか、「あたし、きれい?」と問われて決められた回答をしないと殺されるとかだったか。どうも記憶が曖昧だ。

いくつかモヤモヤが晴れないエンディング。続編がありそうな終わり方なんで少し期待したい。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN