○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

愛葉るび

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

実録!心霊スポット

201110_sinreispot

制作年:2011年(日)
収録時間:64分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

「実録!心霊三部作」の2作目に該当する作品。1作目は『実録!心霊写真館』。3作目は『実録!呪いの動画』で11末レンタルリリース予定。制作に大橋孝史氏。「ほん呪」手掛けた方ですよね。

でもって観てみると。。。

あのー。。。これって笑っていい作品なの?そうなの??

訪れる場所は3か所。それぞれ別の女性レポーターを引き連れて検証する。極端にショッキングな映像はないものの、何れも夜間の撮影でそれなりに雰囲気のある出来だと思う。
しかーし。いかんせん作りました感はバリバリw
後述するが、ワザとやっているとしか思えない。そう考えると、やっぱり。。。

笑っていい作品でイインデスヨネ???

でもあれだ。セリフが字幕で出てくれるのは大変助かる。ドキュメント系は音声が聞き取りにくいことがままある。視覚的に補ってもらえるとその分映像に集中できる感じだ。

ともあれネタばれ進行で紹介。

【各話紹介】

  1. File1:樹海の電話ボックス
    レポーターは南寧々さん。場所は青木ヶ原樹海だ。午前2時頃に幼女の霊が現れるといわれる電話ボックスが目的地。レポーターの承諾なしに連れてゆくw
    日も落ちた時刻に到着。ディレクター:葦戸健氏と(カメラさんと)一緒に暗くなった樹海を歩いてゆくと、道脇にピーナッツ人形が落ちている。
    ⇒人形の表情が不気味。にしてもピーナッツwww
    次に落ちていたものは子供の手押しぐるま。
    ⇒これは確かに気持ち悪いね。まー、やけに新しく、いかにもって感じで道のど真ん中に放置しているのはいかがかと思うが。
    ここまでで一旦撤収。
    取材車に戻り、噂の電話ボックスの前で定点カメラを設置して午前2時を待つ。
    気付くといつの間にか南さんが居なくなっている。定点カメラを確認すると、ふらふらと何処かへあるいてゆく南さんの姿が。スタッフは樹海の中を探す。
    途中、風穴発見。入り口に南さんのキャップが落ちている。風穴内を探索すると南さんが気絶していた⇒救出⇒取材中止。
    後ほど、南さんのハンディカメラをチェックすると、まるで誰かと話しているような独り言を話す南さんの姿。また定点カメラには、取材車から出てゆく南さんの姿と共に、電話ボックスに子供の姿が浮かび上がる。
  2. File2:奥多摩廃墟探訪
    女性レポーターは韓国人タレントのイ・アルムさん。
    夜。最初に向かった廃墟は立ち入り禁止。さらに奥の社宅廃墟へ向かう。到着。
    社宅内を順番に入ってゆく。探索していると、イさんの携帯に電話がかかってくる。(撮影しているにもかかわらず)普通に電話に出る彼女。葦戸氏「電話すんなよ」。
    ⇒ごもっとも(笑)
    ⇒しかしなんだ。なんかここらへんから変な方向に進み出すな。それまでも観ていて「チョット違うな」と感じる場面があったのだが、本格的に心霊とズレてくる感じ。
    メインの自殺のあった部屋到着。イさん単独潜入。
    ⇒彼女度胸あるね。
    しばらくして彼女が部屋から出てくるが、そのまま取材車まで逃走。スタッフが追いかけてゆくと、彼女の手にはカセットテープ。どうやら持ち出してきてしまったようだ。葦戸氏が一人で返してこいと指示。キレてテープを投げつけるイさん⇒取材中止。
    イさんが撮影した室内の映像。ラップ音が入り、慌てて部屋から脱出する彼女。また持ち出したカセットテープには意味不明な音声が混入。
  3. File3:K湖畔探訪
    オカルトタレント:愛葉るびさんが、スタッフルームに押し掛け心霊スポットに連れてゆけと要求する。スタッフはなんとか断ろうとするが彼女の押しに負け、また、最終的にプロデューサーのおkをもらって行くことに。
    ⇒愛葉るびさん。どっかで聞いたことあるなぁ。たぶん稲淳の恐怖の現場に出ていたような気がする。
    場所は埼玉県K湖。まあ神流(カンナ)湖ですね。金毘羅橋(作中は赤い橋と表現)や荒井さん宅(作中はAさんと表現)も出てくるし。
    夜。神流湖到着。まずはトンネル。
    ⇒このトンネルは初見だ。
    次に金毘羅橋。
    最後は荒井さん家。その場から何かを持ち帰ると、後日「返せ」と電話が来る噂がある。1960年代の新聞発見。妙に新しい新聞。愛葉さんお持ち帰り。
    ⇒どう見ても50年前の新聞じゃないだろうw
    床(地中?)から木箱発見。臍の緒のようだ。これも愛葉さんお持ち帰り。
    ⇒なにか異変があったら報告するそうだ。
    他に特段異常はないまま撤収。最後に愛葉が撮影した写真を紹介。顔のようなモノが映っている。
    ⇒そうみえなくもない。

【感想】

前半2作はスタッフ主導。つか嫌がる女性レポーターを半ば無理やり連れてゆく。実際の撮影現場って判らないのだけど、仕事とはいえディレクター横柄な態度が鼻につく。
しかし後半は真逆。女性レポーターがイケイケで、渋る(嫌がる)スタッフに構わず突っ走る。前半の攻守が逆転している感じだ。
そういったスタッフの態度のギャップが見所の一つなんだろう。思いかえすと葦戸氏は結構適役かと思った。暗視カメラの映像では氏の姿が心霊っぽく見えたw

また全体的に作った感が目につく。樹海内の落とし物や廃墟の残留品が真新しかったり。(バレバレなコトを)判ってやっているとしか思えない。反面、人形とか玩具とかテープとか臍の緒等の小ネタは別として、映像そのものはガチなんだろうと思った。特にFile3はね。

踏まえて俯瞰すると「笑える心霊DVD」としか思えないのだがw
そう観た方が楽しめる作品だった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

霊界交信 心霊メッセンジャー 賀大峰誠(がだいほうせい)

【工事中】

reikaikousin

霊界交信/心霊メッセンジャー 賀大峰誠(がだいほうせい) [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:94分

カテゴリ:ホラー

心霊メッセンジャーの賀大峰誠氏による、心霊スポット検証DVD。

恥ずかしながら(?)、僕は氏の存在を知りませんでした。
このDVDが初見となります。

DVD映像特典として「WEB限定エピソード“雨の日に海から現れる霊”(約30分)」を収録。これを入れると約123分になります。

賀大峰誠氏。

氏曰く「霊は何かを伝えたがっている。私はそれを伝える」とのこと。

氏の体験した3つのエピソード(特典映像含む)、を再現映像で紹介。その後、氏とレポーター:愛葉るびさんが現場を訪れ、霊との交信を試みる映像といった内容。

レビューに当たって、まず再現映像ですが、基本的には実話に基づいたお話だとしても、再現映像=フィクションですね。カテゴリはドキュメントですが、スタンスとしてはフィクションとしてレビューしようと思います。つまり映像として怖いか否か。原則ネタばれ進行です。
検証部分ドキュメントとしてレビュー、そして、「続き」に記載します。
なお検証時は、全編通してほぼ暗視カメラの映像となります。

冒頭に書いたとおり、僕は本DVD視聴まで氏を存じ上げませんでした。
先に失礼を承知で感じたままを正直に書きとめますと、見た目は胡散臭そうな感じを受けます。
作務衣、長い数珠、金髪(?)を後ろに束ねた頭。
いかにもって感じを受けます。

ちょっと異なりますが、織田無道氏を思い出しました。

まぁレビューにあたっては、霊能力者としての氏の能力を否定しません。
稲淳とかと一緒で、否定するとレビュー以前の問題になってしまいます。

だから検証部分はガチ前提です。

前置きが長くなりました。
早速本編から観てみましょう。

 

【本編1:ホテルに彷徨う女の霊】

7年ほど前に氏のところに相談に来た女性のお話です。

==再現映像==

相談者の女性が当時付き合っていた男性は二股をかけていました。
男性は相談者の女性に対し、煮え切らない様子。
そんな男女が旅行(?)で泊まったホテル(ラブホ)でのお話。
最初に断っておきますが、二股かけているとかは全然関係ありません。

あいにくホテルを予約していなかった二人。
夜道を車で走りながら、道すがらのラブホを探しますが、どこもかしこも満室です。
そんな中、やっと空室のあるラブホを見つけて泊まることになりました。

あてがわれた部屋に入るなり、女性は嫌な空気に戸惑います。
そこで心霊現象があるわけですが、怖いシーンを箇条書きに紹介します。

  • 部屋の入り口で女性がブーツを脱いで部屋に入りますが、二人は気付きませんが天井から血が滴ります。
  • 女性がシャワーを浴びに脱衣所に入りますが、鏡に映る女性の後。黒髪の青白い女が腹部を血に染めて佇んでいます。視線はねめあげるように女性を睨んでいます。女性は気付かず服を脱いでシャワールームへ。
  • 男性がシャワーを浴びている間、ガウンを纏いベットでTVを観ようとリモコンを手にする女性。その液晶画面には、女性の背後に先ほどの黒髪の女の姿が映っていました。
    ぎょっとして振り返るも、そこには誰もいません。再び画面を見ると、さらに近づいてくる黒髪の女。男性がシャワーから戻ってくると消えてしまいました。
  • やることやって(笑)寝入る二人ですが、深夜女性が目を覚ます(眠れない?)と、布団の中から何者かが這いずり寄ってきます。
    声を出せずに驚愕する女性。隣の男性はすやすやお休み中です。
    やがて布団の中の何かが女性の首元まで来ると、青白い手がにゅっと出てきて女性の首を絞めます
    突然鳴り出す目覚まし時計。
    男性が起きると同時に首を絞めていた手は消えてしまいます。
    しかし咳き込む女性の首にはくっきりと手の跡がついていました。
  • これには男性もビックリ。二人してラブホを後にします。車の中。手を握る男。うつろな女性の顔。
    誰もいなくなったラブホの部屋に忘れてきた携帯。どこからかお札が枚落ちてきます。

個人的には怖いツボでしたね。
何が怖いかというと、後ろに立っているお化けです。

結構「呪怨」の階段を這い下りてくる女とか、「リング」のテレビ画面からでてくる貞子とか平気だったリするのですが、背後に佇まれるのは苦手です。

個人的な話で恐縮ですが、鏡モノも怖かったりします。

例えばですね。
お風呂に入っていて、頭を洗っているとします。
シャンプーハットは使いませんw
普通目を閉じて洗いますよね。
もし自分以外の「手」が一緒に頭を洗ってくれたら
もし頭を洗っている手が3本あったら
そして目を開けると鏡越しに背後に何者かが立っていたら、
と考えると怖くてたまりません。

って、コレ小説(当然怖い話)にあった話なんですけどね。

評価:★★★★☆です。


【本編2:峠に消えた少女の霊】

2年前観光スポットで起きた不思議な話しです。

==再現映像==

女性二人で旅行した時の体験だそうです。

観光名所を巡る二人の女性。
一通り観終わって宿に向かいます。
どうやらナビも無く、道に迷った模様。
道すがらに現れたトンネル前で停車して、改めて地図を確認する二人。
どうやら道は間違っていないようです。
トンネルは車一台が通れるくらいの狭さです。

さて怖いシーンを箇条書きにします。

  • トンネルで対向車を待っていると、後部座席に口元に血を付けたセーラー服を着た少女が乗っています。
  • 唖然としてサイドミラー越しに車を見ていると、その車が忽然と消えてしまいます。
  • 宿に到着し、二人は先ほどの消えた車について、見た見ないの押し問答となります。結局見た女性が、お守りを枕元に置いて就寝。
    ふと夜中に目覚めると、部屋の隅に先ほどのセーラー服を着た少女が手招きしています。ふらふらとトンネルまでついて行く女性。いつの間にか普段着です。
    振り向き手招きしながら笑う少女。口元には血が付いています。
  • 朝になり目が覚めた二人は、お守りと一緒に枯れ枝を掴んでいるのに気付いて驚愕します。

あまり怖くありませんでした。
なんでですかね?
そうですねぇ。例えば運転中にその少女が後部座席からいきなり首を絞めてきたら怖さ倍増なんですが。

評価:★です。

 

【DVD特典:雨の日に海から現れる霊】

5年前関東地方の海辺(港町)で起きた話し。

==再現映像==

浜辺でキャンプする男女4人。
夜になり酒を飲んで浜辺に座る二人の男女。

男の方が女の子を口説きにかかるのですが...
なぜか固まっている女性。

で、怖い所箇条書き。

  • 海からずぶ寝れの着物着た人が近づいてくる(女性のみに見える)
  • 男が「そんなのいない」と言ってテントに戻ろうとするが、振り向いた女性には、海から這い出てくる男の姿
  • 浜辺に建てられているトイレへ向かう男。トイレに向かう途中、背後から「コツン、コツン」と足音が聞こえてくる。振り返るとだれもおらず、足音も消える。
  • トイレの個室は、深夜にもかかわらず最奥しか空いていない。最奥の個室に入る男。
    すると再び足音が。「コツン。コツン。」
    足音はトイレの中に入ってくると、入口側の個室を「コンコン」とノック。続いてぎぃぃーと扉を開ける音
    2つめ。「コンコン」とノック、ぎぃぃーと開ける音
    3つめ。やっぱりノック、ぎぃぃーと開ける音
    4つめ。ノック、ぎぃぃーと開ける音
    5つめ。ノック、ぎぃぃー
    とうとう男の入っている個室へ。何者かがドアの隙間から伺える。
    しかしノックをしないで立ち去る足音
  • そろりと個室を出る男。他の個室の扉は全部閉まったまま。
    トイレの外を除くと、外にある屋敷に吸い込まれるように消える男の影が。急いでテントに戻る男。残りの3人に「軍人がいた」と訴える。「海軍の軍人だ」と

カウントダウンは定番ですね。

チョット不自然感が残り、再現映像としても拙いと思いました。

  1. 浜辺に建てられているトイレは、どう見ても6つも個室があるような大きさではない
  2. トイレに入った映像では個室が4つしか確認できない
  3. ドアの隙間からちょろっと袖口だけが見えたにもかかわらず「海軍」と断定できるスキルを持ってるように見えない

上記踏まえ評価:です。

 

基本的に今回のような心霊スポットを実地検証する作品(稲淳の「恐怖の現場」シリーズもそう)は嫌いじゃないです。
つか好きな部類です。

なんどいうか、リアルなドキドキ感がいいんですよね。

この際、出演者の霊能力が本物かどうかなんて、僕にとってはあまり重要ではありません。まぁ前回blogでレビューした「廃墟霊」は、あまりに露骨過ぎてチト頂けませんが。

映像として不思議現象が捉えられていれば文句はありませんが、それが無くても不気味な雰囲気を味わえれば、結構満足しちゃいます。

次回作があるのか不明ですが、出たら借りると思います(笑)

 

続きは各エピソードの交霊検証編です。
あえて続きにする意味は無いのですが、あまりに長くなりそうなんで分割しました。

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN