○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

怨霊映像

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

投稿 怨霊映像 遺篇

201208_onryo-i

制作年:2012年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
監督:鍋田雅之
収録時間:69分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

投稿映像を紹介するシリーズ11作目(女子会除く)。約3カ月ぶりの新作。今年に入ってこのペース(四半期に1作)を維持している。
今作も投稿作品×12本、投稿をもとにした再現映像×1本の構成で全て心霊系だ。シリーズ初期は試行錯誤が伺えたが、ここしばらくはこの構成で固まったようだ。

今作は割とガチっぽさが高いように感じた。映像面の怖さもまずまず。グロは無し。

早速ネタばれ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. ライトオフ
    [概要]友人と深夜のドライブの映像。
    街灯も無く真っ暗な道。走行中ライトを消して盛り上がる投稿者達。何度目かライトを消して点けた瞬間。目前に現れた透けた女性を跳ね飛ばす。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ちょっとビックリ。まさに人を跳ね飛ばしたようなような映像で怖い。トップバッターの役割は果たしたか。
  2. 浮気の真相
    [概要]妻の浮気を疑う夫が寝室に仕掛けた隠しカメラの映像。
    寝室で1人喋る妻の姿。ベットシーツが独りでにめくられる。相変わらず無人の空間に向かって喋る妻。電気を室内灯だけにすると部屋の姿見(鏡)に写る男の姿。「そっちも消して」と妻が言うと、ひとりでに完全に消灯する。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]妻が何を話しているかよくわからん。最初は妻の独り言か電話しているんだと思った。見えざる人との会話なのね。映像としては大人しい部類か。
  3. 工事現場
    [概要]深夜の工事現場の映像。
    道路に小さい人が踊るような人影。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]うわっ!シュールでいーなーこれっ!これがちいさいおじさんなのかwなんかノリノリで踊っているように見えるww
  4. 埠頭
    [概要]彼女と埠頭へ写真撮影した時の映像。
    海上を映していると対岸に着陸する飛行機。三脚にカメラを設置してシャッターチャンスを伺う彼氏。その彼の手とは別に、カメラにかけられる白い手。さらに手は画面をなぞって消える。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]この手の白い手って他の作品でも結構見かけるが、全部似たような感じに見える。ガチってことなのかしらん?
  5. 覗く男
    [概要]言動がおかしい隣人を映した監視カメラの映像。
    夜?帰宅する隣人。ふらふらと足元がおぼつかない。しゃがむとドアのポストに向かって叫ぶ隣人。その時画面を横切る透けた女性の姿。隣人が立ち去った後、廊下に浮かんで消える女性。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]映像はそれっぽい感じだ。
  6. お座敷シューター
    [概要]ガンマニアがネットにうpしたとされる映像。
    部屋でエアガンの試射を映す。的である積み上げた紙コップに人の顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]何か叫んでいるような表情が笑えた。
  7. 見られてる
    [概要]都市伝説のやってみた映像。
    カメラを手に夜のトンネルを歩く男性。手彫りのトンネルみたいだ。トンネルの反対側の出口に着くが特に何も無い。走って戻ると再びトンネル内に。反対側に到着。男性の背後に男性を見つめる顔。
    トンネルを渡り振り返ると上半身だけの老人が映るといわれる都市伝説らしい。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]判りにくい。フォーカスされた表情は怖い。
  8. 家族ドライブ
    [概要]家族でドライブしたときの映像。
    走る車内から雪の残る道を映す。カメラが前を向くとフロントウィンドウの上から女の顔。続いてサイドウィンドウにも車内を覗くような顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]フィルムを切り貼りしたような映像。
  9. カー○○○
    [概要]盗撮映像。
    カップルが集まる場所。車内の男女が消える。いぶかしむ盗撮者のスグ脇に人。驚いてカメラが振られた瞬間。男性の首を絞める女性の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]消えただけでも十分面白い。
  10. 就職祝い
    [概要]友人の就職祝いをする光景。
    部屋で友人を驚かそうと待ち伏せする男女(+投稿者)。フレームの脇に(彼らとは別の)女性の姿。友人が帰宅すると、女性は部屋の外の廊下に移動しておりコチラを振り向く。直後に消える。消えた女性は半年前に死亡した大学の同級生に酷似していた。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]女性がマネキンのように見えるところが不気味。
  11. あっぷっぷ
    [概要]一人遊びする娘の映像。
    「みちおくん」か来ると言って炬燵の中に隠れる子供。炬燵の中から娘の声で「にらめっこしましょ~」。こたつのあちこちから透けた手足が出てくる。さらに投稿者が炬燵布団をめくると顔のようなもの。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]透けた手足の動きに沿って炬燵布団が動くのがリアル。2番目の顔はよく判らなかった。
  12. 呪いの藪
    [概要]夜の心霊スポットでの映像。
    無理心中があったとされる竹藪。石碑に到着すると宙空を漂ういくつもの顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]不覚にもドキッとしてしまったwデスマスクのような無表情な顔が気持ち悪い。
  13. 再現映像:霊能者A
    [概要]霊能力を持つ投稿者の体験。
    公園のベンチに座る2人の女性。霊能者のアイコに謝るサオリ。サオリは幽霊が見えるアイコを遠ざけていたようだ。慣れっこだとアイコはサオリを許す。サオリはアイコに相談を持ちかける。
    相談の内容はサオリの彼氏だったヒロのこと。ヒロは死んでしまっていた。そのヒロの亡霊がサオリの元に現れるというのだ。ただヒロは現れるだけで何も話さない。サオリはなぜヒロが来るのかアイコから聞いて欲しいという内容だ。話し終えるとサオリは頭を抱えて苦しそうな様子。そしてサオリとアイコの間に死んだヒロが現れる。アイコがヒロに問いかけると、ヒロはアイコに耳打ちし消える。
    アイコはヒロの話しをサオリに告げる。ヒロがサオリの前に現れる理由は、ヒロがサオリに殺されたからだとアイコが告げる。サオリが頭を上げ思い出したように話しだす。
    その日サオリがヒロの家へ呼び出されるとヒロから別れ話をされた。他に好きな人が出来たと。パニックになって包丁でヒロを刺し殺したと。
    「これからどうするの?」とサオリを諭すアイコ。さっぱりしたような表情のサオリ。「死んでいるんだもんね」と言うサオリの胸元には包丁が突き刺さっていた。サオリはヒロを刺した後、その包丁で胸を刺して自殺していた。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [感想]うーん。怖くない。冒頭からラストの予想がついてしまった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 忌篇

201205_onryo-ki

制作年:2011年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
監督:鍋田雅之
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

久々のレビュー投稿。ううぅ。放置してしまいすみません。

投稿映像を紹介するシリーズ。今作では投稿作品×12本、再現映像×1本の構成。収録時間はトータルで1時間なので比較的良心的か。全体的にはフェイク臭が強め。その分映像単体での怖さもまずまず。いくつかはやりすぎ(=笑える)なんだかw

それではネタばれ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. ロビン・フッド
    [概要]おもちゃのボウガンで遊ぶ子供の映像。狙いを定める子供の背後からコチラを覗くように女が生えてくる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんかにゅっと生えてくるのだが、映像を切り取って貼り付けたような感じだ。
  2. 豆まき
    [概要]神社における節分の豆まきイベントの映像。参道を歩く投稿者。自然カメラが下を向き、路面を映しだす。横切る排水溝に人の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]妙にハッキリとした生々しい御尊顔。ネタとして豆まきは関係ないですね。
  3. 森のままごと
    [概要]事件現場とされる場所の映像。捨てられた人形発見。画面にノイズが入りだすと人形の頭が人の顔に。そして地面に這いつくばる少女の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]予想がつく範囲だけど映像的にはまあまあかな。
  4. 父・ケイオン
    [概要]父親の部屋でギターを見つける子供達。床の上を仰向けに寝そべる女性の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ギターのヘッド部が切れているように見える方が気になった。こういう仕様のギターなのかしらん?
  5. 超能力
    [概要]透視能力を披露する妹の姿を映した映像。トランプの匂いを嗅いでジョーカーを当てると言うもの。当たり(ジョーカー)カードの匂いを嗅ぐと背後にノイズ。さらに大きな人の顔が現れる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]超能力と心霊のコラボw匂いを嗅いで当てると言うのは斬新かも。
  6. トンネル
    [概要]心霊スポットのトンネルでの映像。トンネル内を歩いていると背後に何かを見つけて逃げ出す。乱れる映像の中、追いかけるように這いつくばる首のない人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]気持ち悪い映像ではある。
  7. エアコン
    [概要]エアコンのリモコンの電池残量を確認する映像。リモコンを操作する男性の背後に女性の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんかタイミングを図って背後で女性が立ち上がっただけとも見えるのだが。オーソドックスな映像だけど、ある意味王道なのかな。じめーっと怖いものがある。
  8. R45
    [概要]実家に向かって道路を歩く映像。歩道橋の下でコチラを覗く人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]直前の右側の黒い塊が気になる。
  9. 秘密調査
    [概要]深夜に怪しい二人組を隠し撮りした映像。浮かび上がる顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]シチュ的にフェイク臭い。
  10. 家族遠足
    [概要]公園で遊ぶ子供の映像。背後の木に人の顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なにか喋っているように見えるところが何気に笑える。
  11. 恵方巻
    [概要]恵方巻を食べる少女の映像。鏡に映る少女の姿に別の女性の姿が重なる。そしてその女性は人の手を食べている。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]シチュとしては怖いのに人の手を食べているのはやりすぎ。
  12. 知人女性
    [概要]幽霊が出ると言う女性のアパートでの映像。カメラ越しに女性の顔が乱れる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]怖いと言うより笑える映像。「顔がおかしい」ってそのままだけど失礼な台詞だな。
  13. 再現映像:卒業旅行
    [概要]卒業旅行で体験した話。ホテルに向かう車の中。非通知の無言電話がかかってくる。また予約したはずのホテルに予約が取れていない(前日に確認しているにもかかわらず)。さらに友人の自宅から妹が帰ってこないとの連絡。などがあり旅行を取りやめる。
    帰路のラジオから事故情報。通る予定の道中で事故があったらしい。旅行を続けていたら巻きこまれた可能性もあった。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [感想]不思議な話レベルで全く怖くない。んでも普通に体験するとしたらこのレベルなんだろうなと思うことにする。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 窮篇

201202_onryo-q

制作年:2011年(日)
制作:庄子圭
監督:鍋田雅之
収録時間:70分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

投稿映像を紹介するシリーズ。スピンオフの「女子会」を除いて9作目。どうやら本作と「女子会」の位置付けがはっきりしたようなので別カウントしようと思う。ちなみに本作シリーズは単純に投稿映像を集めた作品。紹介のみでスタッフレポートは無い。「女子会」は怪談師とアイドルによる怪談語り。「女子会」最新作の「なでしこ云々」は継続して視聴中。前半30分程度観て挫折www長くて気乗りしないので、ここでの紹介はいつのことになるやら(笑)。

本作サブタイは「窮篇」???
「きゅう篇」と読めば良いのかな?
でもって9作目とかけているのかな?

構成は投稿映像×12本と体験談に基づく再現映像×1本。前作同様。全編60分なので良心的か。

全体として怖さ控えめ。「不思議」ではあるが「怖い」と感じる作品は無かった。

ネタばれ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. 寝相
    [概要]昼間の室内。居間で寝ている娘の映像。背後の鏡に女が横切る。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]トップに割りにインパクト弱し。フェイク臭は弱め。
  2. キャンパスライフ
    [概要]昼間の室内(学校)。友人の女生徒を映す背後の窓越しに浮かび上がる男の顔。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]初見判らず。フォーカスしても良く判らん。心霊よりも女生徒を追うカメラがローアングルばかりなのが気になるwww
  3. トランプ
    [概要]昼間の室内。娘とトランプ(神経衰弱)する母親の手による映像。右手でカメラを構えた母親の足に別の右手が映される。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]無駄映像長杉。初見判らず。作ろうと思えば簡単に作れると感じた。それゆえガチなのか?まあ「右手」以上に畳に置かれたぬいぐるみがじーっとカメラと見つめている方が気味悪かった。
  4. パーキング
    [概要]夕方の屋外。海が臨めるパーキングエリアの映像。海を映すカメラ。街灯の下に佇む透けた女性。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]特に可もなく不可もなく。ありがちなシチュでありがちな映像と言った所。
  5. 夜釣り
    [概要]夜の屋外。漁船の停泊する波止場での夜釣り風景。大きな手が現れて消える。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]立体感の無い大きな手。心霊じゃなくUMAとした方がいいのではないか?
  6. 書き初め
    [概要]昼間の屋内。書き初めする息子を撮影。窓の外に人形の姿。次にベットの上に同じような人形が現れて消える。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]真偽はともかく本作では気にいった作品。最初に現れた人形の目から血の涙が出ているような感じが良い。2回目の出現が下からニュッと出てきたように見えるのが残念。浮き上がって消えるパターンの方が効果的と思った。でもこの子習字が結構上手い。

  7. [概要]昼間の屋内?檻の映像に浮かび上がる顔。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まあ顔に見えなくもない。印象に薄い作品。
  8. アロマ女子会
    [概要]おそらく昼の屋内。カーテンを閉めて暗くした中でアロマキャンドルを楽しむ数人の女性。背後に俯いた女の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]画像全体が暗くて良く判らず。また女の表情が伺えないので怖さ半減。これも余計なシーンがたらたら長く続いて集中力が持たない。
  9. 隣人
    [概要]夜の屋外。隣人トラブルに悩む一家が取りつけた庭の監視カメラ映像。隣人が現れてデジカメを撮影している様子。フラッシュに浮き上がる人の顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]良く判ったなコレ。一瞬であるがハッキリと浮き上がっている。ただ心霊写真レベルだけど。この隣人の行動が意図が判らず気持ち悪い。しっかり監視カメラの中央に映っているところにフェイクっぽさを感じる。
  10. 温泉旅行
    [概要]時間不明の屋内。宿でくつろぐカップル。撮影を嫌がる彼女がカメラに布団をかけた瞬間、血の涙を流す女の顔の映像が割り込む。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]リア充乙。無駄映像長杉。前半のいちゃつく映像は一切不要。手ぶれも激しいので酔いそう。不快なのは僕だけかwww
    映像も大したことなし。つか心霊映像なのか光の加減なのか良く判らん。取って付けたような後日譚も意味なし。
  11. 迷走中
    [概要]夜の屋外。山道で迷った男性2人。無人のはずの車内後席に人の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]鉄仮面みたいな姿。シチュとして若干怖いかな。
  12. BL2
    [概要]夜?の屋内。投稿者がネットで拾った映像。寝ている男性の部屋に入るとベットサイドに女の顔。次に映された時には消える。入ってきた男性が寝ている男性に迫ろうとするが、悲鳴を上げて飛び退く。再びベットサイドに女の顔が現れ、カメラに向かって飛び込んでくる。映像にノイズ。台所で膝を抱えて座る女性の映像に切り替わる。ノイズを混じらせながら女性がコチラに手を伸ばしてきて映像が切れる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]怖いと言うより笑ってしまった。前半の女の顔は、まるで顔の部分だけを切って貼ったような感じ。それがそのままカメラ(コチラ)に飛んでくる。後半への切り替わりも、よくある映像効果。あと念のため。タイトルの「BL」はボーイズ・ラブ(Boys Love)です。
  13. 再現映像:ブルーシート
    [概要]夜の屋外。山道を歩く男女(目的不明)。途中道脇にブルーシート。めくると人の足。驚いて逃げる男女。シートをめくった男性がついてこない。探しに戻るとブルーシートはもぬけの空。懐中電燈に浮かぶ見知らぬ男。男が声をあげて追ってくる。逃げる一行。その先に探していた男性。声をかけるが応答しない。後ろからは見知らぬ男が追ってくる。いきなり探していた男性が襲ってくる。追ってきた男性も合流して男女全員襲われた(みたい)。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [感想]よくわからないまま、よくわからない結末。怖さが伝わってこないのは背景が説明されていないせいか???

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】※特別篇含む

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 妖篇

201112_onryoyou

制作年:2011年(日)
制作:庄子圭
監督:鍋田雅之
収録時間:61分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

投稿映像を紹介するシリーズ。えーと、女子会含めると9作目か。

投稿映像12本と体験談に基づいた再現映像1本収録。「ほん呪」のような検証過程は無い。そのため映像に無駄な部分はあるが、他作と比較すると良心的な方だとも思う(無駄短め)。不要な映像によるイラつきはあまり感じなかった。

内容はこの際作っているかは置いておいて、全体として標準的な怖さはあるかと思う。個人的には「窓ノムコウ」と「睡眠不足」が好み。

同時期に怪奇女子会の新作もリリースされている。これから視聴予定だがチョット収録時間が長い。気長に観ようと思う。

ではネタばれ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. 団らん
    [概要]居間でくつろぐ風景。窓に黒い女の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]まあ最初はこんなもんでしょ。ガラステーブルにも反射して写っている。立体感の薄い黒い影は逆にリアルなのか?
  2. バスケットボール
    [概要]小学校の体育館。バスケットを楽しむ成人男女。女性の持つボールが人の頭。ナイスシュート!www
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]初見判らず。チョット違うなー位で観ていたがフォーカスされると人の頭。ちなみにスキンヘッド。マネキンじゃねーの?それよか勝手に小学校に入っているのはどーなのよ。
  3. 廃屋
    [概要]心霊スポットの廃屋。外から外観を撮影。建物の影に複数の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]初見判らず。画面が暗くてフォーカスしても判らん。複数の顔は表情こそ不気味だが、フィルムに貼り付けたような感じ。
  4. オモチャ
    [概要]自宅で遊ぶ子供を写した映像。「痛い痛い」と言いだす子供の足を掴む手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]前段不要。ありがちなシチュ。痛いと訴える子供の口調も棒読みな感じ。
  5. 衣装合わせ
    [概要]劇団員である女性が自宅で衣装合わせしている映像。天井から逆さになった顔がにゅっと覗く。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これも前置き長い。壁の変な絵と押入れの扉が開いたままなところの方が気になった。いっそ絵から顔が出てきた方が面白かったかも。
  6. 窓ノムコウ
    [概要]家の窓からの携帯映像。隣家の女性が何者かに襲われているようだ。どうしようと動揺する女性の背後の鏡に女の姿。さらにコチラを覗く女の顔。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]これは良かった。リアル系か?と気を取られたら一本とられた感じ。コチラの様子を伺い、近づいてくる感じが不気味。ただ携帯映像でみにくいのが残念。
  7. 霊能者
    [概要]霊能者が相談を受ける映像。壁の髑髏のイラストの目が動く。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前置き長いタイプ。背後の髑髏イラストがチープだと思っていたら目が動いたw
  8. シャワー
    [概要]心霊スポット映像。シャワールーム。廃屋ではなさそう。今も日常的に使われているような綺麗さ。カーテン浮かぶ人の顔。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]異音と同時にカメラのレンズに水滴がついたようになる。それも含めて気持ち悪い。
  9. クリスマス
    [概要]娘にプレゼントを渡す映像。暗い部屋の中に逆さ吊りの影。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]もうそんな季節だなぁ。
  10. 睡眠不足
    [概要]寝ている姿の映像。枕元に透けた女の子。そしてベットの上を跳ねる透けた黒い影。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★☆☆☆☆
    [感想]いーなーこれ。パラノーマルアクティビティ的な派手さは無いがジワッとくる。でも効果音はなんなの?ガチっぽさが台無しなんですけど。

  11. [概要]夜の路上の携帯映像。傘を閉じた瞬間、目の前に女性の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]単純な分怖い。
  12. 撮鉄
    [概要]鉄道ファンによる電車の映像。走る電車の窓に人の顔が映り、徐々に近づいてくる。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]まあ迫ってくる人影は怖いけど、口を開けたゾンビ顔はやりすぎか。ちなみに電車は京急とJRっぽい。品川か川崎あたりかな?あと「撮鉄」とは鉄道を撮影することのようだ。
  13. 再現映像:衝突
    [概要]停止中の自動車の車内。口論する男女。絶対(人を)轢いたと訴える助手席の女性。やがて運転手が戻ってきて轢いた形跡はないというが何か歯切れが悪い。運転手は車の下を覗いたら誰もいないのに「目があった」感覚があったと。後席の男性が問いただすと、運転手は後ろを見ながら「丁度その後ろの人だよ」。窓の外には青白い顔が浮かんでいた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [感想]定番。簡潔でよろしいかと。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】※特別篇含む

続きを読む

投稿 怨霊映像 醜篇

201111_onryou7

制作年:2011年(日)
監督:鍋田雅之
収録時間:67分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

久々にリリースされたシリーズ7作目(特別篇除く)。

当初は投稿映像をアイドルと怪談師が観る、そして怪談師による怪談語りといったパート構成だったのだが、どうやら「苦篇」から特別篇なる「怪奇女子会」シリーズを立ち上げて差別化したようだ。

「投稿 怨霊映像」…投稿映像
「特別篇 怪奇女子会」…アイドルと怪談師によるコワバナ
でいいのかしら?

個人的には観ていて意識の切り替えが不要なので助かる。

今作は投稿映像が12本+再現映像1本の計13本収められている。収録時間が約65分なので1本あたり5分換算。こう書くと標準なのかなと思うのだが、実際見てみると妙に長く感じた。

本シリーズを久々に見たこともあるのだろう。余計な映像部分がとても目についてしまうのだ。肝心の映像までがうんざりするくらい長い。やっと問題の箇所が出てきた時には気分的に白けてしまっている。さんざん待たされた揚句「それだけ?」みたいな。
またリピートも長くてしつこい。だいたい1つの投稿につき3回はリピートする。リピート箇所も無駄に長いし。そんなのポイント絞って1回、多くても2回あれば十分でしょ。実質30分で十分な作品だと感じた。
まあね。作品的に尺が必要なのは判らないでもないんだけど。

さて映像はというと。。。
うーん。インパクト薄いかなぁ。作ったのか否かはひとまず置いておくとしても、強烈に印象に残る作品は無かったかな。その分さりげない風景にチョットだけ混じってしまった違和感?みたいな作品が多いと感じた。個人的には「扇風機」「LAなんたら」「地下倉庫」は好きなタイプで良かった。

総じてちょっとネガな感想を持った作品だった。

前置きが長くなりましたね。では多分に漏れずネタばれで紹介します。

【チャプター紹介】

  1. 扇風機
    [概要]扇風機に向かって子供が声を出している映像。背後の仏壇の前に座る喪服姿(?)の老婆。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]怨霊、じゃなくて音量注意www
    子供の声がうっさい。老婆の姿は恐ろしいというより、どこか和やかな感じがする。
  2. ○○物件
    [概要]家の中古物件の撮影映像。サウナの扉に人の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]携帯で撮影しているのだろう。画像が粗く表情がよく判らない。
    前段長杉wキッチンの映像なんて関係ないじゃん。全く不要。それにしても自宅にサウナっていいな。
  3. 地下倉庫
    [概要]地下倉庫に設置された監視カメラの映像。いくつもの人の足(たぶん女性)だけが歩きまわる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]シュールな感じがいいね。モデルさんみたいな歩き方がGOOD。
  4. 階段
    [概要]自宅の階段で遊ぶ子供。撮影者の足元が映されると、足の間に女性の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これも携帯の映像か。そして前段が長い。
  5. クッキング
    [概要]お料理映像。電子レンジに顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]何度か観ても判らず。最後のフォーカスで「ああ。そうなの」みたいな。繰り返しになるが前置きが長杉。ここらへんで飽きてくる。
  6. OLにイタズラ
    [概要]公園のベンチで寝ている女性の足の間から手が生えてくる。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]携帯映像。しかしエロい手だw
  7. 団地
    [概要]心霊スポット?の噂のある団地で、夜道を歩いている映像。カメラが振り向いた瞬間、画面いっぱいに人の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]映像そのものは怖いかな。しかしそれ以前に手ぶれが酷くて画像最悪。酔いそうで途中で観る気が失せた。
  8. 引きこもりの奇行
    [概要]引きこもり問題を取材する制作会社のお蔵入り映像。奇声をあげて二階から下りてくる息子の背後。階段から覗く子供のような頭。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]ネタの割に大人しい。
  9. フクロウ
    [概要]自宅の窓から林を映した映像。フクロウがいると女性が言う先の木々に黒いワンピースを着た女性。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]携帯映像。女性がにゅっと生えてくる様は異様。
  10. LAの幻
    [概要]LA在住の友人宅の監視カメラ映像。壁から透けた少女が横切る。直後廊下の電燈が落下。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]いかにもゴーストといった感じが好き。欧米の心霊はこうあるべきといった感じ。
    しかしなぜにLA?シチュ的にはLAである必要性は皆無だが、んなところもガチっぽい(あるいはガチっぽく見せようとした設定)。
  11. ビデオ鑑賞
    [概要]男女がホラービデオを観ている映像。背後に黒い人の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]背後パターンは気持ち悪い。しかしソファに並んで座っている男女がカップルっぽいが、その場にプラス撮影者がいるシチュってどうなのよ?
  12. ドライブスルー
    [概要]走る車内から外を映した映像。トンネルの天井貼り付くに人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]天井に張り付いている姿が笑える。
    ドライブスルーの意味が判らん。ドライブスルーを使った直後という意味か、それともドライブ中に変なコトがあったのだがスルーしたという意味か?
  13. 再現映像:タカハシ
    [概要]男友達と待ち合わせてしている女性二人。その一人の携帯に、先だっての同窓会で再会したタカハシからメールが届く。学校では存在感ゼロだったタカハシ。彼女の元には1日に30通もタカハシからメールが届き辟易している。やっと男友達が到着。タカハシの話題になるが、男友達は彼が1年前に死んでいることを告げる。
    そこに再びタカハシからメール。それはまさに今話している3人の姿の写真。
    そして女性の背後には。。。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [感想]ありがちではある話しだが、それ以前に演技が稚拙。もうちょっとしっかりやって欲しい。あとタカハシくん役の男性がカワイソス。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】※特別篇含む

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN