○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

怨霊映像

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

投稿 怨霊映像 怖篇

201310_onryo-fu
制作年:2013年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
演出:ナベタマサユキ
収録時間:64分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
今月レンタルリリースされたシリーズ最新作。通算16作目(オリジナルのみカウント)。「怖」篇かあ。なんて読むんだろ?普通に「ふへん」でよいのかしら?
全13話収録。投稿映像×12本、再現映像×1本の構成は現行シリーズ共通。心霊映像のみ。グロ系・エロ系映像無し。
フェイク度高めの映像が多かった。心霊映像は派手すぎだったり地味すぎだったりと両極端な感じ。気に入った映像はいくつかあった。「夏死」とかかなり好きな部類(特に映像面)。映像表現は目新しい効果があった。その点ではいろいろ考えてるんだなと思えた。
【チャプター紹介】

  1. 巨大こっくりさん
    [概要]路上の落書きを映した映像。
    夜。路上に大きく落書きされたこっくりさんで使われる紙の文字列。投稿者が俯瞰するようにカメラで舐めた後。見上げた先に佇む首の無い白い服の女。専門家曰くこの落書きが霊を呼び寄せたらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]落書きがワザとらしいかな。素足の女はちょっとだけ怖いかも。
  2. 出品者
    [概要]オークションに出品する商品を映した映像。
    会社の倉庫で出品商品を物色する投稿者達。脚立や長机、扇風機など。カメラが脚立を映すと、階段部分に現れる3つの手。ここは戦時中の防空壕を利用して作られた倉庫らしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんか笑ってしまった。一番下の手がリアル。
  3. 山小屋
    [概要]山小屋の監視カメラ映像。
    誰もいない小屋の中を映すカメラ。画面にノイズが混じり、木箱の中のバール?が独りでに倒れる。やがて映像が白っぽくなると、唐突に真上を向いた半透明の女が現れ身悶える。ノイズと共に女が消えると今度は髪の長い女が現れる。さらに画面が乱れ、血の涙?を流した女のアップが一瞬映る。翌朝小屋を訪れた投稿者は、床一面濡れていたそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]割りと良かった。のだが、途中の女が悶えるのが嘘くさいのが余計(フェイク度+1)。最後の女は下着姿なのか?洋ピン(洋物ポルノ)映像みたい。

  4. [概要]パワースポットと言われる沼の映像。
    山道を歩く投稿者と女性。小さい橋の上から干上がった沼を見下ろして映すと、雑草に混じって振り返る小さい女の子の姿。戦国時代に戦に敗れた幼い姫様が入水自殺した場所らしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]初見判らず。精霊さんかしら?心霊はともかく、投稿者と同行した女性(顔出しが無い!)を映した映像が、AVでよくある女優さんの自己紹介みたいだ。。。。以上、欲求不満の家主がお送りしましたw
  5. 植物採集
    [概要]植物採集の映像。
    深夜の森の中を徘徊する投稿者達。ライトを灯りを頼りに散策。カメラが木を写すと、透けた女がカメラに向かって飛んできた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]飛んでくる女の仕草がガララニョロロに見えたwしかし植物採集って夜やるものなの?
  6. 水鉄砲
    [概要]自宅の浴室で息子が水鉄砲で遊ぶ映像。
    湯船に水をためて遊ぶ息子。湯船の中。水底に横たわる女の姿。専門家曰く水で死亡した霊らしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]微妙だなー。嫌いじゃないんだけど。沈んでいる女は雑誌のグラビアなどでアイドルがポーズとっている姿に見える。やる気を感じさせない専門家のコメントに不満。
  7. 姉の運転
    [概要]姉(投稿者の彼女)が車を運転している映像。
    街の中を走る彼女。走る車の窓の外に灰色でモザイクがかったような人影が横切る。気付かない投稿者達。さらに先に進むと、再び似たような人影が車内を覗くように現れる。この付近は交通事故が多いらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]フェイク臭いながらもノイズまみれの人影は不気味。特に覗き込んでくるような仕草は、ドアを開けようとしているように見えて気持ち悪い。
  8. メンコ遊び
    [概要]息子とメンコで遊ぶ映像。
    自宅の室内でメンコに興じる親子。床に置かれたメンコで出来た輪の中に現れる人の顔。映像を観た息子がこの顔に見覚えがあるとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]今時メンコとは珍しい。前段長いし霊体はフェイク臭い。
  9. 夏死
    [概要]友人のマンションの屋上でバーベキューを楽しむ映像。
    夜。バーベキューの後、お酒を手に話が盛り上がる女性達。屋上の柵の外。ぼーっと光りながら現れる2つの人影。成人女性と、彼女と手をつないだ少女らしき姿。付近では無理心中した親子の霊が現れるとの噂があるらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ノスタルジックな映像でなんか切なくなる。
  10. トイレの詩人
    [概要]公衆トイレの落書き映像。
    壁にかかれた恋愛の落書き。それを起点に矢印でコメントが続く。コメントを追ってゆくカメラ。やがて矢印は沢山の「死」の文字を映すと、「死」の文字がざわめくように蠢く。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]心霊モノのオープニング映像みたい。矢印でコメントが続く割には全部同じような筆跡に見えるんですけどwでも趣味が「トイレの落書き撮影」ってなんか凄いな。お見合いとかで「ご趣味は?」とか聞かれたら、「トイレの落書き収集です!」って答えるんだろうな。
  11. 深夜カップル
    [概要]夜の公園でカップルを盗撮した映像。
    草むらから公園内を映す投稿者。1組のカップルが現れ、石垣に座って話し出す。そのカップルを映していると、突然彼等の目の前に黒い服の女が現れる。投稿者が驚いてフレームアウト。戻すと女の姿は消えている。カップルには見えていないようで普通に会話を継続。映像にノイズ。投稿者が間近を映すとカメラの直前に女。映像がジャムって終了。この公園で行方不明になった女性がいるらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]カップルの目の前に佇む黒服の女は気持ち悪いな。2番目の女のアップは山下達郎さんみたいだwしかし盗撮っていうシチュエーションが嘘くさいんだよな。
  12. シェアハウス
    [概要]新しく住むことになったシェアハウスの中を映した映像。
    カメラを手に家の中を説明して回る投稿者。映像を家族に送るそうだ。キッチンの説明。コンロ、水場に続き冷蔵庫。冷蔵庫の中段の庫内を映したその奥に人の胸元あたりが映る。投稿者は気付かない。そこへ同居人の男性が登場。彼もカメラを手にしている。彼は新しく入った入居者を撮影しているとのこと。男性のカメラの視点に切り替わる。冷蔵庫を開けた投稿者が映る。同居人も冷蔵庫の上段を開ける。閉める直前に今度は女の顔が映る。ここでは深夜出かけたまま帰ってこなかった女性がいるとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]目新しい映像。冷蔵庫の上段と中段、別々のカメラで撮影した映像を合わせると1つの絵になる感じ。しかしあまり怖さは感じない。
  13. 再現映像:訪問者
    [概要]投稿を元に映像化した再現映像。
    部屋に佇む女性の姿。玄関のチャイムが鳴る。女性が出ると見知らぬ若い男女。不審がる女性に男はお祈りをさせてもらっていると告げる。女性は断るが「金銭は要求しない」「すぐ終わる」としつこい。ついに「玄関までなら」と女性が折れて許可。男女は分厚い本を開けてぼそぼそ何か唱える。終了。
    お祈りを終えた女が男に耳打ち。男はまだ悪い気が漂っていて放っておくと大変なことになると言う。女は女性に親友と喧嘩しなかったか?と質問。「した」と女性。その親友は殺したいくらい怒っていなかったか?と女。いいかげん怒り出す女性。2人を追い出す。女性の背後を横切る人影。
    女性が部屋に1人となる。床には倒れた彼女の親友。女性が電話をする。「今親友の家にいる」と家族?(もしくは彼氏?)に電話しているようだ。電話を切る。彼女の背後に親友が彼女を見上げている姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [感想]前半でオチが判っちゃうな。それでもお祈り男女は気持ち悪かったか。訪問販売とかでリアルにありそうなやり取りだった。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 膿篇

201309_onryou-umi
制作年:2013年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
演出:ナベタマサユキ
収録時間:63分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
オリジナル15作目。いやぁ。ずいぶんと長いシリーズになったな。ここまで続くとは思いませんでした。次作は来月初旬に「怖篇」がリリースされるようだ。
63分で13話。投稿映像×12本、再現映像×1本で標準構成。全て心霊映像。グロ系・エロ系映像無し。
相変わらず王道というかオーソドックスというか。ストレートな心霊映像を収録している。また映像オンリーで検証が無いのも潔いし好印象。映像は前作と比較するとやや派手か。ド派手なシーンは無いモノの、いい感じで怖さ・不気味さを感じる映像があった。
【チャプター紹介】

  1. イッキ飲み
    [概要]友人達と路上で栄養ドリンク?をイッキ飲みする映像。
    夜。3人の男性がドリンク片手にイッキ飲み。1人の男性の背後から、横向きに突き出る顔。撮影場所にお供え物があったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]髪の毛が重力で垂れていて、妙にリアリティのある顔だな。
  2. 父の悪戯
    [概要]自宅で息子に悪戯を仕掛けた映像。
    部屋を暗くして寝たフリをする投稿者の父親。母親に勧められて息子が起こしにくる。暗闇の中父親を呼ぶ声。父親がカメラを振ると、机の下に床に埋まった顔。驚く父親と驚いた父親に驚いて泣き出す息子。数年前に仲良かった隣りの女の子が病死しているらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]どんな悪戯なのか判らない。なんで、直前にチキチキと音がするが、それが心霊によるモノなのか、悪戯によるモノなのか判断付かない。
  3. ワタシモイレテ
    [概要]バトミントンで遊ぶ映像。
    昼の公園。バトミントンで1人羽根つきする彼氏を映す投稿者の女性。彼氏の背後、遠くに佇む透けた黒い服の女が現れる。一旦フレームアウトし、再び映ると彼氏の背後に迫っていた。2人とも気付かない。専門家曰く地縛霊だそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]洋画のゴーストみたい。女の足が消えており、単に佇んでいるだけなんだけど割りと怖かったな。
  4. 変態兄貴
    [概要]動画サイトで妹の下着を生中継した映像。
    自室でテーブルの上に下着を広げて撮影する兄。突然妹が部屋に乱入。激怒しながら下着を奪い取る。半狂乱なまま妹が部屋を出ようとした時、天井から逆さ吊りになった女性らしき姿。その存在に兄妹は気付いていない。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これも妙に質感のある映像だな。女の表情が読み取れないのが残念。
  5. 朽ちた廃バス
    [概要]路上に放置されたバスの映像。
    路肩に遺棄されたバス。古い作りで破壊と落書きが酷い。先頭に回り込むと、バスの中で動く真っ黒な人影。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]異様に映像が粗い。古いテープなのか?バスの中に黒い影とあったが、フロントガラスに写り込んでいるようにも見える。
  6. ユニットバス
    [概要]彼氏の部屋を映した映像。
    彼氏が不在のうちに、カメラを手に浮気の証拠を探して物色する女性。ユニットバスに血痕。気持ち悪いと出る直前。鏡に写る女の顔。当日上の階の女性がユニットバスで自殺していたとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]部屋を物色する撮影者が「これは私のじゃない」と呟く方が怖いんですけど。
  7. 闇かくれんぼ
    [概要]深夜の公園でかくれんぼをする映像。
    鬼の撮影者が友人を捜して公園内の男子トイレへ。トイレの奥に佇む黒い服の女。女がコチラを振り返ると驚いて逃げる撮影者。別の男性が確認しに行くが既に誰もいない。この公園の近所の小学校で女教師の霊が出るとの噂があるらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]ありがち。
  8. ちゃんばら
    [概要]自宅で息子と遊ぶ映像。
    おもちゃの刀を手にカメラの前でポーズを取る男の子。男の子が通路影に身を隠す。母親に呼ばれ身体を出す男の子の足下に、カメラを覗くように現れた子供らしき顔。その顔はさらに突き出てきた手によって引きずり込まれる。過去に息子が壁に向かって話しかけていたことがあるとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]直前に水音みたいな音が入っているけど関係無いのかな。突き出た子供の顔を引っ込める手は大人のソレだ。
  9. 入会案内
    [概要]大学のサークル活動を説明している映像。
    夜。懐中電灯を手に暗い道を歩きながら案内するサークルメンバ。新入会員?の女性の股間に浮かぶ顔。過去サークルメンバが自殺したらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]夜道を歩きながらの説明って何のサークルだ?歴史研究会?
    心霊映像は「兄貴動画」みたいw顔が赤さんだとなお良しwww
  10. 解雇通告
    [概要]会社に仕掛けた隠しカメラ映像。
    会社の一室。ソファーに腰掛けた女性が担当者から解雇を通告されている。突然お腹を押さえて苦しみ出す女性。すぐに落ち着いて退出する時、壁に浮かび上がって消える女の姿。女は解雇された女性に似ており、彼女は自殺してしまったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]怖さはあまり無いが、レトロ感のある女の姿は良かったな。ただシチュエーションが不自然なのが残念。隠しカメラを仕掛けたのは解雇された女性のようだが、その後どうやってカメラを回収したのだろう。そしてこの映像は誰によって投稿されたのか?
  11. 野鳥の怪
    [概要]池のほとりで野鳥観察している映像。
    昼。池のほとりの草木に留まる野鳥。誰もいないのに湖面に手をつないだ2人の子供らしき人影が浮かび上がる。その頭部が膨らんでゆく。この場所では幼い兄弟が行方不明になっているらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]子供の頭部が大きく膨らんでゆくのに脱力。浦安鉄筋家族か?
  12. バラバラの森
    [概要]殺人事件現場の森で撮影した映像。
    夜。同僚の男性と2人で薄暗い森を懐中電灯を手に歩く撮影者の女性。先を歩く男性の片足、膝から下が消える。次に消えた足の部分に顔が出てくる。驚いてカメラを取り落とす女性。落ちたカメラに男の子の姿。男の子は片手に足を持ち戦利品のように掲げている。この地はバラバラ事件のあった場所らしい。なおこの後投稿者は耳元で子供の泣き声が聞こえていたとのこと。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]短時間に3つの異変を取り込んでいてイイネ。ラストの足を振っている映像につきオマケで怖さ+1。
  13. 再現映像:ベビーベッド
    [概要]投稿を元に映像化した再現映像。
    子供部屋に設えたベビーベッド。妻はベビーベッドに縋り子供に対する贖罪と後悔を口にする。妻の背後に立つ夫は、彼女を擁護し過去を払拭するように諭す。どうやら妻が原因で生まれてくる子供を失ったように聞こえる。
    10年経過したんだぞと夫。今も子供の声が聞こえると妻は、訝しむ夫へ逆に「聞こえないのか?」と責める。言葉に詰まる夫。さらに「あの日、私にしたこと。。。」と妻が言いかけると、背後から女の子の声。
    小学生位の娘が立っていた。部屋に佇む父に向かい「部屋に勝手に入るな」と不満を訴え、「何やっているのか」と問いただす。「ベビーベッドが。。。」と言いかける父。そのベビーベッドを片付けて欲しいと父に対して言うが、「母親が駄目だと言っている」と返す父。父が言っていることが理解出来ない娘は、母は自分が幼い頃死んでいると言う。ベッドに縋る妻の姿が消えている。絶対ベビーベッドを撤去しないと言う父に、怒った娘は部屋から出て行ってしまう。
    夫の背後に俯く妻。佇む夫は妻に向かい「もう死んだんだ」と告げる。「違う。あなたに殺されたんだ」と妻。夫はノイローゼになり幼い娘の首を絞めた彼女を制止しようとしたが、妻が刃物を持って暴れたため仕方なく殺したと反論。笑う妻。彼女はノイローゼではなく邪魔だから殺そうとしたことを告げる。そして「あなたも邪魔」と背後から夫の首を絞める。部屋には1人で首を押さえて倒れ落ちる夫だけが居た。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [感想]展開読めちゃってイマイチかな。夫役と妻役の演技がワザとらしい。対して子役の演技は良かった。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 祟篇

201309_onryo-tatari
制作年:2013年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
演出:鍋田雅之
収録時間:57分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
総集編、スピンオフを除いてシリーズ14作目となる「祟篇」です。「たたりへん」で良いのかな?シリーズとしては既に「膿篇」が出ており、10月には「怖篇」がリリース予定。しかしサブタイの「XX篇」とか、結構忌まわしい漢字ってあるもんだな。
57分で13話収録。投稿映像×12本、再現映像×1本。シリーズとしてスタンダードな構成。短時間の割に作品数が多い。サクサク進むので退屈することは無かった。オカルト(都市伝説)っぽいのが1本あるが残りは心霊。エログロ系はほぼ無し。
シリーズ共通だと思うけど地味系映像中心 。しかし個人的には好みな映像が多くて満足。内容には直接関係ないけど、各チャプターのタイトルの付け方が特徴的。もう少し内容に沿う適切な表現もあるんじゃないか?と思いつつ、実は解っててやっているんだと思うけど。
以下にネタバレで紹介。
【チャプター紹介】

  1. 高額バイト取材
    [概要]特殊清掃(事故や事件の現場を清掃する仕事)の現場を撮影した映像。
    血溜まりの残る浴室を清掃する2人の業者。背後のシャワールームに佇む俯いた女性の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]オープニングとしてはいい感じ。
  2. 操作ミス
    [概要]夜の車両基地を映した映像。
    車内から車両基地を撮影する投稿者たち。思うように動かないカメラ。カメラが一瞬横に動いた時、車内を覗く歪んだ人の顔。顔はすぐに引っ込む。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]表情とかフェイクっぽいかな。後から加工したようにも見えるし。
  3. 豪雪パニック
    [概要]雪の積もった街を歩きながら撮影した映像。
    路上駐輪された自転車の脇に横たわる半透明に透けた人。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]初見判らず。つかスローでフォーカスされるまで判らなかったほど地味。
  4. 地デジ化
    [概要]テレビ録画映像。
    投稿者がアナログ終了記念として録画。アナログ番組が終了し画面が砂嵐状態となる。さらにしばらく経過すると唐突にモノクロ映像が現れた。暗い工場のような建物の中を映した映像。屋内に数人の人らしき姿。やがて元の砂嵐に戻り終わる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]都市伝説的な映像。不気味さはあるが怖さまでは感じない。
  5. 闇夜のお迎え
    [概要]帰宅途中を携帯で撮影した映像。
    夜。墓地の脇を歩く投稿者。正面に髪を振り乱した女のような人影が現れ、投稿者の身体を通り抜けるようにすれ違う。投稿者は何も気付いていない。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]地味ながら好きなタイプの映像。特に女性の表情が不気味。ゾンビ顔でニタリと笑っているように見える。
  6. クレーンゲーム
    [概要]ゲームセンターで遊ぶ映像。
    クレーンゲームに興じる投稿者達。ゲーム機の奥に浮かぶ彼らを見つめる顔。数年前に事故死した投稿者の友人に似ているらしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]初見判らず。浮かんだ顔の大きな白目が気持ち悪い。
  7. 布団
    [概要]子供が布団を敷いている映像。
    母親と一緒に布団を敷く男の子。掛け布団を敷いた一瞬、布団の中に座る老女の姿。丁度1年前にこの部屋で祖母が亡くなっているそうだ。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ラストで布団を仕舞っていた物置の中に向かって手を振る男の子が意味深。
  8. 昼の公園
    [概要]友人たちと公園に遊びに行った時の映像。
    ベンチで談笑する投稿者達。バックからお弁当を取り出そうとすると、バックの中に人の顔が一瞬映り込む。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]初見判らず。何度かリプレイされたが良く判らなかった。ギョロ目が本作のマスコット?みたい。
  9. 線香花火
    [概要]自宅で花火を映した映像。
    座って線香花火を楽しむ女の子。彼女の背後。家の壁に隠れるように女の子をジッと見つめる女の姿。この後女の子は交通事故に遭ったらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]リアルにだれか座ってるみたい。ゾンビ顔の表情は不気味。
  10. ひこうき
    [概要]自宅で息子と遊ぶ映像。
    息子を抱えて「高い高い」する男性。男の子の背後。横たわり、カメラを見つめる生首。近所に江戸時代の刑場があるらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ちょっとフェイク臭いけど無表情に見つめる顔は恐い。
  11. 炭酸噴水
    [概要]路上でたむろする友人達の映像。
    炭酸飲料に何か(メントス?)を入れて噴水。はしゃぐ女性の背後に佇む白い服の女。近所で殺人事件があったらしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]貞子現るwww
    タイトルにはあまり意味は無いみたい。
  12. 食の主張
    [概要]自宅の台所を映した映像。
    カメラを動かして母親に文句を言う女の子。テーブルの下に現れる顔。撮影されていることに気付いた母親は、カメラを移動させてテーブルの上を映す。そこには父親のためのピザを乗せたお皿の上で、不気味に動き苦悶の表情を浮かべる男の生首。やがてノイズとともに終わる。この後、母は高熱を出し、また、娘はこの時のことを一切覚えていないとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]自らの不遇を訴える女の子が可愛い。
  13. 再現映像:姉
    [概要]投稿を元に映像化した再現映像。
    シャワーを終えて脱衣所で髪を乾かす女性。彼女は鏡越しに背後に佇む女を見つけハッとする。肩に手をかけられると彼女の妹に変わる。姉にお金を貸してとねだる妹は、姉の首の痣を見つける。「不倫相手に付けられたんじゃないの?」とちゃかす妹。そこに姉の不倫相手から、彼の妻子が行方不明とメール。さらに妹は姉の手や足にある痣を指摘。黙る姉。突然妹が息をのむ。姉の身体にしがみ付く女の子の姿。姉が呟く。「妻子が居なければ一緒になる」と不倫相手に言われたと。今度は姉にしがみ付く女の姿。にやりと笑う姉。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [感想]冒頭サービスカットかとオモタw
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 厄篇

201302_onryo-yaku
制作年:2013年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
演出:鍋田雅之
収録時間:76分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
ハッピー・バレンタイン!
いや。言ってみただけです。すみません。
ナビゲーターのキャラクターにもずいぶん見慣れた今日この頃。シリーズ最新作の厄篇でございます。割と安定した作品を紹介していると思う。大当たりも無いがヒドイ外れも多くない感じ。
本作では76分で全13話。投稿映像×12本、再現映像×1本。投稿映像を観せた後、ラストに再現映像を持ってくる構成は最近のシリーズ共通。心霊オンリー。グロ映像は無しだけど1作だけグロ評価を付けている。これは「ゲテモノ喰い」ネタ含みだから。エロ系もなし。
総じて地味系の投稿動画を収録している。そのためガチ高めな作品がいくつか入っている。やっぱり大当たりは無かったけど、まあ酷い作品も無かったというところかな。従ってなのか怖さ面も弱い。印象に残る作品は無かった。
ではネタバレ進行で紹介。
【チャプター紹介】

  1. 和式トイレ
    [概要]自宅のトイレを映した映像。
    和式トイレを珍しがる子供。背後の磨りガラス越しに中を覗くような顔。さらに洗面台の鏡に写る壁にも顔。この子の母親はこの子が生まれてすぐに亡くなっているとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]地味な分ありそうな映像。ガラス越しの顔だけなら単なる覗きともとれるところを、2発目の壁の顔で心霊映像と印象付ける感じ。
  2. 緑のトンネル
    [概要]心霊スポットのトンネルの映像。
    夜。カメラを手にトンネルに入る投稿者。トンネルの壁に浮かび上がるいくつもの顔。このトンネル工事の際に人柱となった方たちの慰霊碑が近くにあるそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なんか切り貼りした写真みたいで現実感が無い。
  3. 降霊術遊び
    [概要]友人たちと降霊術で遊んでいる映像。
    こっくりさんの亜流なのか?キッチンで文字の書かれた紙の上に数人のげんこつを重ねている。霊が呼び出しに応じたのかげんこつが動き出す。はしゃぎながら質問する投稿者たち。突然停電。数秒後に復電すると背後のキッチンシンクに生首。さらに生首がごろりと落ちる。取り乱す投稿者たち。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]わろた。なにかに引っ張られるように落ちる生首は、霊体とは思えない妙な存在感がある。
  4. 花火大会
    [概要]花火大会を河原で観戦している映像。
    人ごみにまぎれて突然現れる顔が透けた女性の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]初見判らず。単純に切り貼りしたような感じではない。あと花火がきれいです。
  5. 育ちざかり
    [概要]家で娘を映した映像。
    母親とボールで遊ぶ女の子。壁に向けてボールを投げていると突然女の子の足が異常に伸びる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]タイトル通り成長期なのかな?wお母さんの太ももがまぶしいです><)bwww
  6. 不審者
    [概要]投稿者宅の監視カメラの映像。
    夜。ガラス戸から自宅の中を伺う男の姿。男の上にガラス戸から生えてくる白い人影のようなもの。男が気付き慌てて逃去ると同時に影も引っ込む。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]今回は何気に意表を突く展開が多いな。不審者に「何してんの?」と聞いているみたいな構図が笑える。あと不審者怖い。
  7. 遊具
    [概要]公園で遊ぶ子供の映像。
    母親と一緒に遊具で遊ぶ子供。遊具の下に現れるぶらぶら揺れる足。専門家曰く病死した子供の霊だそうだ。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]怖さは感じない。遠近感を考えるとかなり大きな足。専門家が子供の霊とかいっているそうだが見た感じ大人の足に見える。足はカメラの前を子供が遮ると現れ、再び遮ると消える。いつも感じるけど手品を見ているみたい。
  8. 闇ソーメン
    [概要]友人たちと闇ソーメンをしている映像。
    参加している男性が食べる背後に浮かぶ顔。1年前に友人が死亡しているそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]目の落ち凹んだ顔は不気味。映像では細かくて何を食べているのか見分けがつかないが、ゴキブリとか虫とか入っているらしい(なんでグロ+2)w食べ物を粗末にしちゃいけませんよ。ちゃんと残さず食べなさいね。
  9. 海底トンネル
    [概要]人気の無いトンネルの映像。
    誰もいない長いトンネルを歩く投稿者。後ろを振り返っても人影がない。何度か振り返ると突然現れたボールで遊ぶ女の子。このトンネルでは過去に女の子が行方不明になっており、未だ見つかっていないそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]若干背景から浮いたような女の子の姿に違和感。身長も頭身が不自然。足が地面にめり込んでる感じ。でもノスタルジックで割と好きなタイプの映像。
  10. 車窓
    [概要]電車内から外の景色を映した映像。
    車窓から流れる夜景を撮影する投稿者。寝ているのか舟を漕いでいる前席の女性。彼女の後頭部が顔になる。専門家曰く寝ている女性に怨みを抱いた生霊らしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]表情は気持ち悪い。
  11. 合宿の夜
    [概要]合宿の夜に屋外で花火をする映像。
    手にした花火を掲げる男性。その背後の暗闇から駆け寄ってくる首の無い子供の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]妙に鮮明な子供の姿だけど、あってもおかしくないかも。
  12. すっぴん
    [概要]彼女がメイクを落としている姿を映した映像。
    メイクを落とし終わり振り返る彼女。その背後の洗面台?から伸び出す人影。驚く彼氏。彼女の祖母が火事で亡くなっているそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]洗面台から生えてくるのは斬新。しかしあまり記憶に残らない映像。
  13. 再現映像:ドア
    [概要]投稿されてきた体験を映像化した再現映像。
    自宅でくつろいでいる女性。すると2階でドアを叩く音。2階では彼女の姉のキリコ?が部屋の中でへたり込んでいる。廊下にはキリコの彼氏であるショウタが立っている。キリコに向かいドア越しに「明けてくれ」とドアを叩くショウタ。キリコは泣きながらショウタが交通事故で死んでいる事を告げる。
    妹(投稿者)が2階に上がってくる。
    キリコに向かって謝るショウタ。ショウタは彼が死んでいると言うキリコに対して、彼自身が起こした事故によりキリコを死なせてしまったという。(自分が死んでいる事を)否定するキリコに彼女が事故後の記憶を持たないことを指摘するショウタ。それでも(死んでいる事を)認めないキリコにドアを開ければ全て判ると言うショウタ。キリコはドアを開ける事を決意する。キリコの手がおそるおそるドアノブを掴む。
    思い切ってドアを開けると。。。
    「妹」が誰もいない部屋に入ってくる。彼女(妹)の背後に足。振り向くが誰もいない。時々この部屋から話し声が聞こえると独白する妹。姉(キリコ)と姉の彼氏(ショウタ)の2人が共に交通事故で死んでしまったと語る。やがてドアを閉める妹。廊下には透けたショウタ。部屋の中にはドアの影に立ちすくむキリコの姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [感想]軽くデジャブ。生きていると思わせて実は生者と死者が逆だったってパターン。このシリーズの他の再現映像でも紹介している。本作ではそれに捻りを加えて両方死んでましたというオチ。最初から2人とも死んでいるんだろうなと思っていたらその通りだった。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

投稿 怨霊映像 裂篇

201211_onryo-retu
制作年:2012年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
監督:鍋田雅之
収録時間:72分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
えーと。シリーズ12作目かな(女子会除く)。思い返すとずいぶん続いており、ほぼ3ヶ月ごとに安定してリリースされている。このペースなら次作は年明け2月だろう。
収録時間は72分。投稿映像12本+再現映像1本の構成は前回同様。タイトル通り心霊オンリー。グロ映像は無し。
観ると72分を感じさせない仕上がり。本シリーズの中ではなかなかまとまった投稿作品が多くてアタリの部類だろう。投稿映像は適度な演出(としておく)で適度な怖さ。作品ごとのバランスが良いと感じた。またラストの再現映像も結構ドキドキ感があって楽しめた。
それではネタバレ進行で紹介。

【チャプター紹介】

  1. 磯遊び
    [概要]河原で遊ぶ子供の映像。
    「手があった」と言う子供の指差す方向を映すと岩に取り付く青白い手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]平べったい手は手袋のようにも見える。オープニングにしては地味で、正直後の作品に期待が持てないと感じた。あとササッと敏捷な動きをするフナムシが気持ち悪いのでグロ+1w
  2. カエル中継
    [概要]水槽に置かれた回転しながら口を開くカエルのおもちゃを映した映像。
    背後の窓の外。落下する人の首。自殺者の霊らしい。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]生首よりカエルのおもちゃの方が気になってしまった。
  3. 蜘蛛ノ巣
    [概要]心霊スポットの映像。
    夜。山道?を歩く投稿者たち。脇の林の中。暗闇の中うごめく白い腕。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これはいい感じ。最初はタイトルである「蜘蛛ノ巣」に引っかかったゴミに見えた。投稿者たちに掴み掛かろうとしているような、暗闇からニョキっと突き出た手の動きは不気味。
  4. 覗く白顔
    [概要]ドライブの映像。
    夜。走る車中。運転席のサイドウィンドウから車内を伺うような白い顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前段長く初見判らず。フォーカスされて認識。白い顔は髑髏のようにも見える。
  5. エレベーターにいたのは
    [概要]エレベーターに設置された監視カメラの映像。
    2人の男性がエレベーターを降りると、背後に透けた女性の姿。その女性の首だけが切り離され、降りた男性の後に続いてエレベーターを降りる。このビルで女性が殺された過去があるらしい。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これも良いな。首だけが切り離されるところが斬新。普通に存在しているような女性の表情もgood。
  6. 線香
    [概要]心霊スポットであるトンネルの映像。
    トンネル内で線香に火をつける投稿者たち。ライターを手にした男性の腕の下から覗く白い顔。この地で過去女性が交通事故で亡くなったとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]のっぺりと崩れた表情でじっとコチラを見つめる眼が気持ち悪い。しかしナゼに線香?
  7. アプリケーション
    [概要]商品のプロモーション映像。
    カメラを前に製品(イヤホンか?)を紹介する女性。その右腕に手形のような痣。メイクさんが腕の痣を確認する際、手にした鏡に写る天井から見つめる男の顔。モデルの女性は連絡が取れなくなっているとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]初見判らず。小ワザ使ってくるな(笑)。痣に気を取られていたら思わぬところから本命が来た感じ。でもこれも悪くない。
  8. 闇トイレ
    [概要]深夜の公園のトイレの映像。
    公園で酒を飲む3人の男性。1人がトイレに入る。トイレ内を撮影。背後に白い服を着た女性が現れて立ち去る。過去この公園で女性の殺人事件があったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]映像が暗くて判りにくい。トイレの窓?それとも鏡に写っている?まあ鏡に写っていると考える方が数段怖い。なんか普通に女性が居るような感じなんでフェイク+1。
  9. ブランドリサイクル
    [概要]買い取りショップの監視カメラの映像。
    査定に訪れた女性。査定対象のバッグをテーブルに置いて店員が席を外す。バッグの中から女性とおぼしき生首が飛び出してテーブルの下に隠れる。その後、椅子の下で何か蠢いている(フォーカスされない)。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]1人目の客の映像は不要。意表を突く設定は面白い。なんか生首=ペットを思わせる動き。この女性が飼っているんじゃないの?w
  10. 雨音
    [概要]自宅の部屋に設置した監視カメラの映像。
    雨音のする無人のリビング。窓際に浮かび上がる透けた子供の姿。この家では雨の日に死亡した親戚の子供がいるそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]長靴が妙に鮮明。なぜに室内に監視カメラを設置することになったのか?軽く説明が欲しいところ。
  11. 祭りの参加者
    [概要]祭りの様子を撮影した映像。
    通り過ぎる御神輿。背後のビルの柱に身悶え何か叫ぶような表情をした巨大な女性の姿が浮かぶ。一旦消えるがカメラが動くと再び鮮明に姿を現す。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]本作では一番印象に残った映像。この世の全てを呪ってやると言いたげな様子が不気味だ。
  12. 余興練習
    [概要]社員旅行で披露する余興の練習風景を撮影した映像。
    うめき声と共に右ひざに浮かび上がる顔。さらにカメラが動いて部屋の様子を映す一瞬。部屋の壁に頭を突き刺した黒い男性の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前段長杉でブレる映像に軽い吐き気。壁に突き刺さった男性が滑稽。単にこういうインテリアじゃないのか?w
  13. 再現映像:404
    [概要]暗闇の中から浮かび上がり迫ってくる不気味な顔。飛び起きる女性アユム。夢。
    同時に携帯が鳴る。友人ヨーコからだ。ヨーコは自分が飛び降りる夢を見たと電話してきた。自分も別の怖い夢を見たと話すアユム。「部屋に何かいるんじゃない?」とヨーコ。このマンションではアユムの隣人も行方不明になったと噂される。携帯で会話するアユムの顔の横から伸びる手。はっとして横を見るが何も無い。
    ヨーコの指摘でネットで事故物件を調べると、このマンションの404号室で女性の殺人事件があったことがわかる。アユムは402号室。怯えるアユム。夜が明けるまで我慢するように諭すヨーコ。電話にノイズが混じる。アユムの背後から伸びる手。振り向くとアユムを見上げる顔があった。
    携帯を残してアユムはそのまま失踪。数日後アユムは近くの公園で保護されるが、彼女の人格は陰気なソレに変わってしまっていた。
    [怖さ]★★★★☆
    [感想]ドキドキ感があっていい感じに仕上がっている。演出自体はシンプルだが、その分ダイレクトに感覚に訴えてくる感じた。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN