201106_7fusigi

制作年:2011年(日)
監督:市瀬裕士
脚本:佐野宜志
収録時間:70分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【キャスト】

  • 川崎裕菜
  • 高山智恵美
  • 江口千夏
  • 萩原イッキ

【総括】

なんなんだろう。
それなりに怖い仕上がりになっていると思うが、観終わった後にまだ燻っている感じが残ってしまう。
まあ短時間(70分)でホラー要素を詰め込んでいるので、観ていて中弛みのような飽きることは無かった。同様に失敗感も無い。これが90分を超える作品だと、もう少し違った印象(ネガティブに)を受けたかもしれない。

時間相応に標準的な仕上がりになっている作品だと思う。映像面でも怖い描写が次々出てくるので、その点の不満は感じなかった。

【ストーリー】

今は使われていない小学校、つまり廃校が舞台。最後の卒業生である5人の男女が、5年後の校舎を訪れてタイムカプセルを開ける所から始まる。主人公なつき(♀)、喜一(♂)、うらら(♀)、なおすけ(♂)、むぎこ(♀)。中から出てきた当時の交換日記に、見覚えのない「ナナフシギ」というタイトルの文章があった。誰もいない校内を探索する5人だが.....

※「続き」にネタばれを記載します

【所感】

テーマ自体は使い古された「学校の七不思議」。
クローズドサークルで暗号のような文章(ナナフシギ)に沿って、一人、また一人と殺されてゆく展開も普通。ただ総括にあるように、短時間で怖さを詰め込んでいるので退屈はしない。
ラストは意外性こそ無いが、まずは及第点か。欲を言えば、5人の人間関係にもう一捻り欲しい。「ナナフシギ」と5人との関係もイマイチパンチ不足。単に廃校となった母校を訪れた5人が巻き込まれただけの作品になってしまっているのは残念。
全体を通して漂うチープ感は仕方ない(?)が、追い詰められる人間特有の緊迫感や切迫感といった感覚が伝わってこないのだ。同様に後を引くような怖さも感じられなかった。

失敗とは言わないが、「もう一度観るか?」と聞かれると、答えは「No」かな。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★★☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★★★☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む