○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

山下敦弘

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

霊魂との交信 めちゃ怖 3 「霊能力を持つ男」驚愕のドキュメント

201111_mecha3

めちゃ怖 3 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
制作:那須千里
監督:山下敦弘
収録時間:88分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

シリーズ3作目。元々笑える心霊DVDと聞いて視聴を開始した作品。ゲラゲラとまではいかないまでもいい感じで笑えた。

構成はシリーズ共通。
第一部は心霊会議。パネラーはこれもシリーズ共通(つかまとめて収録しているんでしょ)で、山下敦弘氏、森達也氏、住倉カオス氏、小池壮彦氏(紹介順)の4名。
第二部はSRI(超常現象噂調査隊:Supernatural Rumor Investgators)による検証映像。今回は霊能者を呼んで霊を映像に収めようとする。
第三部に小池氏の怪談。
最終部は住倉氏提供の投稿映像。

メインはSRIが体当たりで検証する「霊能力を持つ男」。超能力(霊能力)実験とか。懐かしいなぁ。でもって興味をくすぐる。ネタ振りから意外な方向へ進む過程はGOOD。山下監督は前回ラストの失踪から無事帰還した模様。唯一の隊員、野嵜さんも回復したみたい。
まあ全編ガチ映像でないことは間違いない。どこまでフェイクなのか?全部なのか?とかあまり考えずにネタとして観るのが吉でしょう。

ではネタばれ進行で紹介。

【#1:心霊会議】

◆樹海の恐怖
山下氏が樹海に行ったことが無いと語る。
⇒前作で住倉氏案内の元行っているのにね。まあ収録時点では行っていないんだろう。

◆謎の心霊写真
住倉氏が樹海で撮影した、生肉を掴む手が映っている写真の話し。
⇒コレ別の作品で観たな。小池氏とのやり取りが笑えた。
小池>アレ、ホントに起こったの?
住倉>ホント

◆霊能者とシャーマン
森氏の体験談。ブリヤート共和国でシャーマンをロケハンした時の話し。
⇒「ブリヤート共和国」を知らないので軽くググる。wikiによると「ロシア連邦を構成する共和国の一つ。東シベリアのバイカル湖の南東部に位置する。」。

◆透視と霊能力
高知の霊能者が殺人事件の死体遺棄現場を当てたとの話し。

【#2:霊能力を持つ男】

今回SRIが訪れるのは青木ヶ原樹海。霊能力者:出口平源氏の案内で、自殺者の遺体捜索、および、死者との交信を目的とする。
。。。と、書きだしたのはいいが、思いのほか長文になってしまった。ここでは概要だけ触れて、詳細は「続き」に書きます。

[概要]
樹海収録後、スタッフの元に出口氏の出演料の請求書が届く。しかしその金額は法外なソレだった。スタッフは出口氏の能力の真贋を図るためトラップを仕掛けるのだが。。。

[感想]
語弊があるかもしれないが、「間抜け」なコトを「真面目」に取り組むアホらしさが笑えるといった感じだ。話しはダラダラした感じも少なく飽きることは無いと思う。

【#3:小池壮彦の怪事件簿「霊能力者」】

読者から「家で不思議なコトが起きるので見に来て欲しい」とのメールで取材した時の体験談。

関東地方で近くに大きな川がある旧家で、家で変なモノを見るとのこと。例えば、投稿者の兄が深夜2階の自室で勉強していると、窓の外に青い女の子の顔が浮かんでいるのを目撃する。また投稿者も寝ていると、小さい女の子が机の上に立っているのを見たという。その他にも大雨でも絶対に濡れない庭の祠に掲げられた注連縄(しめなわ)や、必ず事故が起こる道もあるという。小池氏が取材に訪れた時も、早速事故が起きたそうだ。

現場に到着すると大きな蔵があり、その裏手にいわくありげな古くて小さな祠があった。

家族に話を聞くと母親は全く不思議なコトを経験していない。そして祖母の話しの中で過去人身売買の風習があり、蔵の裏手の水路に身投げした子供がいたことが判る。祖母も兄達が見た女の子は身投げした娘なんだろうと語る。

小池氏は往々にして霊体験をしていない「母親」がキーマンとなる場合が多いと話す。そして、霊体験をしていない=霊感が無いことではないと。媒体として霊障を起こしているケースもあるというお話し。

取材後、母の運転で送ってもらう途中、後から車に突っ込まれたそうだ。どうやら事故は母親ばかりが起こすらしい。

【#4:解禁!!恐怖投稿映像】

住倉氏の元に寄せられた投稿映像を紹介。

  1. コンビニ
    コンビニの監視カメラ映像。店内をうろつく黒いモヤ。
    ⇒じわっとくるかな。
  2. 人形供養
    心霊スポットマニアから提供された映像。人形供養を行っている東北の神社。祠に祭られている人形をカメラが映していると突然人形が倒れる。次に吹き飛ぶ。
    ⇒人形の表情が強烈に不気味。これだけでお腹いっぱい。
    ⇒飛ぶシーンは何かに引っ張られているようにも見えるが。
  3. ガールフレンド
    彼女と二人で部屋飲みしている映像。彼氏が席を外した隙に彼女の姿が消える。後で映像を見ると、彼氏の携帯電話が鳴りクローゼットを開けて音源を辿る彼女。突然クロゼットの中から人影が出てきて中に引きずり込まれる。クローゼットが閉まり、部屋には誰も居なくなった。
    ⇒んまあそれもありかなと。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

死霊との遭遇 めちゃ怖 2 「恐怖!心霊スポット十連発」驚愕のドキュメント

201110_mecha2

めちゃ怖 2 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
制作:那須千里
監督:山下敦弘
収録時間:93分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

笑える心霊DVDと聞きまして(笑)

シリーズ2作目~。
構成は前回同様。
第一部が心霊会議。パネラーは山下敦弘氏、森達也氏、住倉カオス氏、小池壮彦氏(紹介順)の4名で前作と同じ。
第二部がドキュメント。SRI(超常現象噂調査隊:Supernatural Rumor Investgators)が心霊スポットを訪れる。本作のメイン部(だと思っている)。ちなみに隊長は山下氏、隊員は野嵜好美さんの2名構成でコチラも変化なし。全国10か所を訪れる。
第三部に小池氏の怪談。
最終部は住倉氏提供の投稿映像。

観終えてみると、前作より笑える要素が判り易かった。ガチ映像にちょこちょこっとフェイクを交えている感じ。なにより心霊スポットを観るのが好きな僕的には前作より満足度が高い。今回は野嵜隊員があまり話さない。というか不機嫌そうなそぶり。その原因は後半で明らかになる。

ネタばれ進行で紹介。

【#1:心霊会議】

◆幽霊のイメージ
口裂け女の話しになる。
⇒懐かしす。時速80キロで走る口裂け女。今だにシュールな設定だ。
◆霊体験と金縛り
森氏の体験談。
◆霊能者が見るもの
普通の人と同じように見えるらしい。つまりパッと見では区別できない。
◆霊が現れる場所
小池氏が札幌のホテルでの体験談。
⇒「見たければ数打ゃ当たる」のコメントが印象深い。

【#2:恐怖!心霊スポット十連発】

SRIが10か所の心霊スポットを訪れる。

  1. 墓場山の首なし地蔵
    大阪府・T市。夕方。山全体が墓地となっており、深夜になると電車へ飛び込み自殺した両親の首を求めて男の子が徘徊する噂がある場所。首無し地蔵を探すが見つからず。撤収しようとしたところ駐車している車の脇に件の地蔵を発見。他に異常無し。
    ⇒山一面の墓場はある意味壮観。
  2. Tダムの幽霊トンネル
    大阪府・K市。夜になると第三トンネル(xxx隧道)付近で水死した女性の声が聞こえると噂される場所。暗い山道を車で登ってゆくとトンネルが姿を現す。映像に奇妙な音が入る。
    ⇒雰囲気はある。まあ音は風の所為じゃないかと思うが。
  3. 青木ヶ原樹海
    山梨県、富士。案内人として住倉氏が同行。時刻は夕方から夜。樹海を歩く3人。カメラさんが転倒⇒負傷(複雑骨折らしい)して撮影終了。カメラさん曰く「何者かに踵を掴まれた」そうだ。他に異常無し。
    ⇒映像からは樹海の不穏さ(?)が良く判らなかった。
  4. 廃墟ホテル
    千葉県・T市(T市=東金市だと思う)。Tインターを降りてすぐ左にある。時刻は昼。同じく住倉氏同行。2005年に不良グループによる女子高生殺人事件があった場所。入り口はバリケードで強固に塞がれており内部潜入不可。撤収。
    ネット上にあった内部の動画を紹介(コチラも昼の映像)。
    ⇒日差しが穏やか。明るい所為かあまり気持ち悪さはなかった。
    ⇒ここまで野嵜隊員がほとんど話さないのが気になる。
  5. 雄蛇ヶ池
    千葉県、東金市。夜になると女性の霊を目撃したり、すすり泣く声が聞こえると噂される場所。時刻は夜。同じく住倉氏同行。
    野嵜隊員を映した写真に光のようなものが!
    住倉氏(ボソッ)「山下さん、今煙草吸ってませんでした?」www
    しかし写真に写る野嵜隊員の肩口に手のようなものが映っていた。
    ⇒雰囲気は悪くない。もうひと押しが欲しいか。
  6. 道了堂跡
    東京都、八王子市。大塚山公園にあるお堂の跡地。お堂の守をしていた老婆殺害事件があり、以降老婆とおぼしき幽霊が噂される。ここから小池氏が案内。時刻は夕方。特に異常無し。
    ⇒小池氏が道了堂に纏わる歴史的背景を丁寧に説明しているのが助かる。心霊スポットたるいわくがインプットされると、その場所の見方が変わるのが判る。
  7. 千駄ヶ谷トンネル
    東京都、渋谷区。引き続き小池氏同行。時刻は夜。トンネルの上に墓地。いや墓場の下を通るようにトンネルを作ったのいうのが正解か。特に異常無し。
    ⇒交通量が多いためかさほど雰囲気は感じない。
    ⇒相変わらず野嵜隊員が話さない。つか不機嫌そう。
  8. 将門の首塚
    東京都、大手町。小池氏同行。夜。首塚に向かう車内から外を映した映像の左隅に一瞬ノイズ(カラーパターン)が入る。特に触れないことから単なる処理ミスか?
    特に異常なことも無く3人で手を合わせてお終い。綺麗にまとめようとする山下隊長。
    。。。と、ここで野嵜隊員がキレる。
    これでいいのかと。
    心霊を撮るのではなかったのかと。
    こんな映像で満足なのかと。
    あげくこれから「旧々吹上トンネル」に行きたいと言い出す。どうやらテスト撮影で一度訪れており、トンネルに入る前で挫折したようだ。野嵜隊員に押される形でトンネルに向かうSRI。
    ⇒ごもっともなご意見、ならびに男前な野嵜さん。「惚れてまう。。。」ことはないか。
    ⇒千駄ヶ谷→将門と近場で済ませようとしたのか?
  9. 旧旧吹上トンネル
    東京都、青梅市。時刻は夜。同行者なし。倒木がトンネルへの道を遮っている。トンネル内で写真を撮る野嵜隊員。フラッシュに浮かび上がる髪の長い女の姿。悲鳴をあげて逃げる野嵜隊員。追う隊長。取り乱す野嵜隊員。
    ⇒相変わらずスペック高いな。このトンネルは。
    ⇒山下隊長のヘタレ具合と野嵜隊員のツッコミがいい感じ。んまあ、写真は作っているのだろうが、それでも深夜にこのトンネルを訪れる度胸はスゴイか。
  10. 辻堂海岸
    神奈川県、藤沢市。夕方の海岸。綺麗だ。
    しかし旧旧吹上トンネルの出来事により、野嵜隊員が精神的ショックにより入院。隊長は「探さないでください」と置き手紙を残して失踪www
    なもんで夕方の海岸風景のみの映像でお終い。
    ⇒わろす。と、実はこれが引きで、次の怪談に繋がる。

【#3:小池壮彦の怪事件簿「霊の憑く場所」】

小池氏が若いころ辻堂海岸で体験したお話。
当時友人と3人で並んで辻堂海岸に続く道を歩いていると人の気配を感じる。小池氏は友人1人を置き去りにして逃げてしまう。探しに戻るとその友人はうずくまっておりそのまま入院。事情は判らずじまい。

十数年後、その友人を訪れる氏。辻堂海岸の話題に移ると、友人はその時から何かに憑かれたようだと話す。身近でしょっちゅう不思議なコトがおきるそうだ。それを確認するため氏は友人宅に泊まることに。

深夜、氏がソファで寝ていると、友人の子供が歩きまわる姿。他に何事もなくその夜は過ぎ、翌日氏は帰宅。

後日、再び友人と再会。友人の子供が原因不明の不治の病で入院していることを知る。前回泊まった時の話しをするが、当時からトコトコ歩ける状態ではなかった。友人曰く「お別れをしたのだろう」と。

【#4:解禁!!恐怖投稿映像】

住倉氏の元に寄せられた投稿映像を紹介。

  1. 同窓会
    同窓会後に海岸で飲み直している映像。海岸から手のようなものが生えている。
    ⇒判りにくい。手だとしたら巨大な手だ。
  2. 踏切
    幽霊が出ると噂される近所の踏み切りを映した映像。電車が通ると地面から人の顔が出てくる。
    ⇒表情は気持ち悪いがフォーカスして判る程度の大きさ。インパクトは小さいか。
    ⇒あとモヒカン?
  3. インターフォン
    カメラ付きインターフォンの映像。チャイムが鳴って出ると誰もいない。ドアを開けてあたりを確認するがやはり誰もいない。不審に思いつつドアを閉めた後、壁際に赤い服を着た女が立っている。しばらくしてチャイムも鳴らずにビデオが回りだし、女が顔を覗かせる。
    ⇒笑っていいんですよね?

【エンドロール】

スタッフが御祓いを受けている風景。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

学校の怪談 めちゃ怖 「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント

201110_mecha1
めちゃ怖 [DVD] (「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント)
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
制作:那須千里
監督:山下敦弘
収録時間:70分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

笑える心霊DVDと聞きまして(笑)

正直、『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズのようなおバカな笑いを期待(制作も那須さんだし)していたのだが、あっさりとそれは肩透かしをくらった感じ。シニカルな笑い要素はあるとは思うが、大笑いするような展開では無かった。

内容は、前半を「会談」、中盤にメインの「ドキュメント」、後半で「怪談語り」&「投稿映像」というごちゃ混ぜ形式。メインは一応ドキュメント形式だが、やっぱりフェイクですよね。悩ましいところだが、前半とラストの映像もあってblogカテゴリはドキュメント扱いにしよう。

サブタイで「呪われた心霊フィルム」と掲げられているが、どちらかというと他のパートの方が面白かった。前半の怪談談義では「心霊」や「恐怖」に対するいろいろな考え方が聞けて興味深い。また小池氏による「心霊写真」に纏わる話しも、淡々と語る氏の口調にも慣れ(?)面白かった。ラストには住倉氏の元に寄せられた投稿映像。作ったのかどうかは別としてかなり気持ち悪い(寒気がするという意味で)作品が寄せられていた。

以下、ネタばれ進行だす。

【各話紹介】

  1. 心霊会議(約10分)
    山下敦弘氏(本作監督)、森達也氏(映画監督)、住倉カオス氏、小池壮彦氏による心霊討論(作中紹介順)。恐怖とはなにか、幽霊の存在は、といった心霊に対する想いをマジメに語り合う。
  2. 呪われた心霊フィルム(約45分)
    超常現象噂調査隊(SUPERNATURAL RUMOR INVESTIGATORS:略してSRI)なる組織が、心霊に関する噂の検証をする。隊長は山下氏、隊員は野嵜好美さん、という2人だけの構成。
    本作では隊長の母校にあると噂される、心霊現象を納めたフィルムを調査する。噂とは大学の7号館の屋上で3:23に「誘蛾灯(ユウガトウ)」と唱えながらカメラを回すと何かが起こるというもの。過去にその事象を納めたとされるフィルムを探す。
    母校でのインタビューやサークル取材を進めてゆくと、噂のフィルムとは別に「カイワレ」さんと呼ばれるOBの存在が明らかになる。カイワレさんの元を訪れる調査隊は、彼の案内で過去に女優が自殺を図ったとされる「白い」場所に辿りつく。その場で再現開始。「誘蛾灯」と唱える野嵜さんを暗視カメラが映すと、顔(?)のような光が、フィルムのコマに割り込む。
    ⇒実は初見で寝落ちしてしまった。
  3. 「心霊写真」を語る小池氏(約17分)
    小池氏による怪談。
    ある運動会のリレー風景を父兄が映した写真。走者は5人のはずなのに、6人目の女の子が映っている。写した当人も少女が生徒も誰だか判らない。しかし当時の父兄は「6人いたよね」と証言もしていた。
    古い先生の話で、昔、足の速い女の子が運動会の前日に火事で亡くなったことが判る。そして当の写真の存在を確認したところ、撮影した父兄は火事(不審火)で亡くなっていた。延焼した状況は不思議なことに、当の写真をしまっていたとされる本棚だけが焼けていたというもの。
    ⇒面白い。一枚の不思議な写真を掘り下げてゆくと、その周りで不可解なことが起きている。問題の写真が無いのは残念か。
  4. 投稿映像
    住倉カオス氏の元に寄せられた投稿映像から3本紹介。
    ≪ ホームビデオ ≫
    25年前の映像。1歳の長女を映す。長女の顔に黒い影が映る。
    ⇒何度か繰り返しても判らず。
    ⇒これ良く見つけたなぁ。スロー再生でフォーカスされて判った感じ。
    ≪仏壇≫
    仏壇のお供え物が時々無くなることがある。ということで寝る前に仏壇をビデオで撮影したもの。観音開きの扉の影から覗く人の姿。
    ⇒うわっ。気持ち悪っ。仏壇の前の黒い影が気になって初見で気付かず。フォーカスされて判ったのだが気持ち悪い映像。
    ⇒そも映像そのものが不気味。壁に掛けられた遺影が白く光っているようで気になった。
    ≪ドライブ≫
    深夜のドライブ。道路上に暗闇ヘッドライトに浮かぶ白い何か。不審に思い車を降りて近づく。それは白いドレスを着た女だった。女はゆっくりと近づいてきて。
    ⇒ドッキリものですね。不覚にもドッキリしてしまいましたがw

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN