○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

屍國

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

屍國 禁じられた遊び 2 西関東編

201207_sikoku2-2

屍國 禁じられた遊び2 西関東編 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
演出:阿部裕樹、梅沢圭
ナレーション:梅沢圭
収録時間:80分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

前作視聴後リリースされないまま何時の間にかレンタルサイトから消えてしまった本作。その後当blogに寄せられた「(*^^*)さん」のコメントによりその存在を知り、かつ、足立かりん嬢が出演していると聞きなんとか入手しました(笑)。「(*^^*)さん」ありがとうございます。

いわくつきの心霊スポットを訪れ、女性アシスタントが禁断の遊びをするという企画シリーズ第2弾。前作では栃木、茨城、千葉と関東圏でも東地区に集中。本作では西関東編とのことで埼玉、東京を収録。次作は(あるなし含め)場所不明。今回訪れる場所は5か所。女性アシは松岡亜由美さんと足立かりんさんの2名がそれぞれ担当する。検証系にはお決まりの女性アシ登場。なのでどうしてもキャーキャーしてしまうが、本作のソレは比較的控えめなので、あまり気にならないのではないかと思う。

全体を通して結構イケた。撮影がほぼ夜になっている点が大きい。暗闇に包まれた心霊スポットはそれだけでパワーがある。心霊オンリー。グロなし。ただ個々のチャプターが中途半端感が残るのが残念か。「これ以上は危険と判断」して終わってしまうのだ。いや頑張ってレポートしているのは判るのだけどね。

ではネタばれ進行で紹介。

【概要】「⇒」部分は感想

  1. 行田利根川水門/裏こっくりさん
    埼玉県行田市。レポーターは松岡さん。水難事故が多く、上流で遭難した遺体があがる場所でもある。夜になりデジカメを持った松岡が周辺探索。
    続いて「裏こっくりさん」。準備として松岡さんと演出補の安藤くんが死者の遺留品を探す。松岡さんが河原の草むらでネクタイ発見。そして安藤くんが川の中からメガネを発見。この2つのアイテムで「裏こっくりさん」開始。
    1)紙に書いた六芒星の上で遺留品を燃やす
    2)燃えカスを人形にまぶす
    3)人形の顔に赤い×印を書く
    4)川の水をかける
    5)「おかえりなさい」と3回唱える
    6)人形をこっくりさんの用紙上に置いて一人でこっくりさん開始
    7)終了時に人形を燃やす。
    開始20分。異常無し。電気を消して再開。するとひとりでに人形が動く。続いてコインが動き出す。動揺する松岡とスタッフ。ここで収録終了w
    ちなみにコインが動いた軌跡をたどると「シネ」。後日映像を確認すると、めがねを救いあげた時、川面から手が浮き出していた。
    ⇒「じゃ探してください」ってそう簡単に「遺留品」って見つかるものなのか?
    ⇒ネクタイもめがねも同一人物でしかも死者の遺留品とはとても思えないんですけどwww
    ⇒にしてもせっかく動き出したところでビビって終了とは。。。この企画自体の意味が問われると思うのだが。
  2. 鎌×湖の廃ホテル/ひとりかくれんぼ
    埼玉県入間市。レポーターはかりんさん。昼間。湖のほとりにいくつかの廃ホテルが並ぶ。その中のひとつ。オーナーは廃業後行方不明らしい。早速侵入。昼間でも中はかなり暗い感じだ。背後の暗闇で木の裂けるような音。ある和室に入ると子供が書いたような絵。絵の中の人物には上半身が無い。さらにお札、散らばった数珠、真新しい靴。探索終了。
    「ひとりかくれんぼ」開始。時間はめずらしく昼間。手順は前作レビューを参照ください。
    手順途中でアクシデント。スタッフの1人、安藤くんが包丁で腕を切ってしまう。「なになになに」とかりんさんは軽くパニック。ここで撤収。安藤君の傷は軽くて済んだそうです。
    ⇒映像では伏字にしているが「鎌北湖」でしょう。
    ⇒探索中も背後でごとごと音がしている。なんなの?
    ⇒かりんさんが人形に付けた名前:ミネコwなんつうネーミングセンスww
    ⇒かりんさん変わらず健在。なんだか嬉しい。怖がりながらも手慣れたレポートでした。
    ⇒チャプターの開始と終了時に人の顔が大きく映されるのはなんなの?微妙に怖いんですけど(笑)
  3. 美の山公園/鏡わたり
    埼玉県秩父郡皆野町。レポーターは引き続きかりんさん。数年前起きた殺人事件の遺体が遺棄された場所。その後集団自殺もあったらしい。時刻は深夜。真っ暗な公園内を探索。管理等らしき建物の脇に電話ボックス。ボックスの中に小さな顔のようなものが映る。
    ワゴン車に戻り「鏡わたり」開始。こちらも手順は前作を参照ください。
    開始後しばらくすると外から車を叩くような音。驚くかりんさん。鏡には異常なく続行。しばらくすると車外に視線を移して「煙!」「煙!」と騒ぎ出すかりんさん。車外のスタッフには「煙」など見えなかった。後に探索映像を調べると、展望台から何者かが顔を出しているシーンが映される。
    ⇒真っ暗な公園はそれだけで不気味。
    ⇒電話ボックスの顔は光の反射のような感じだ。
    ⇒かりんさんが「煙」と騒ぐシーンでは彼女のコメントが欲しいところ。
  4. 秩父湖の吊り橋/おめめ
    埼玉県秩父市。レポーターは松岡さん。時刻は深夜。有名な自殺の名所であり心霊スポットである場所。吊り橋を渡り始める。途中で足が進まなくなる松岡。突然何か大きなものが湖面に落ちたような音(もしくは鳥よけの銃声)。
    「おめめ」を開始しようとするが松岡さんが激しく拒否⇒リタイヤ。そこで安藤くん登場。
    1)「ソシソワカミニツクモノ」と3回唱える
    2)塩水を口に含む(そのまま吐かない)
    3)蝋燭に火を点ける
    4)以降まばたき禁止
    5)霊が見えたら塩水で蝋燭の火を消す
    蝋燭を片手に吊り橋を進んでゆく安藤くん。途中まで来たところで安藤くんが塩水を吐いてしまう。女の悲鳴が聞こえたと安藤くん。映像には入っていない。試しに吊り橋中央に固定カメラ設置。2時間ほど経ったとき、ゴトリとカメラが倒れる。
    ⇒雰囲気はさすがといった場所
    ⇒安藤くん大活躍w
  5. 旧小峰トンネル/九十九さんがころんだ
    東京都あきるの市=八王子市。宮崎勤事件の遺体が遺棄された場所。まずはロケハン。かの事件の遺体が発見された滝が近くにあるとのこと。山道を歩いてゆくと綺麗な滝が姿を現す。
    当日。レポーターはかりんさん。時刻は夜。移動中の車内で事件の概要を聞いてテンション下がりまくりなかりんさん。新小峰トンネルの近くの側道に入る。途中で車両通行止め。徒歩で現地へ。旧小峰トンネル到着。常夜灯がついており、荒れた様子もなくトンネル内部も綺麗。レポートしながらトンネル内を歩くかりんさん。カメラが壁から前方を映したとき、トンネルの壁際に黒い人影が映る。次に映された時には黒い人影は消えていた。しかし映像ではスルー。
    「九十九さんがさんがころんだ」を始めようとした時、かりんさんが激しく拒絶⇒泣き崩れてリタイヤ。4度(たび)安藤くんの出番です。安藤くんがトンネル中央まで進み開始。
    1)「九十九さんおそびましょ」と3回唱える
    2)「九十九さんがころんだ」と唱えて振り返る
    3)2の繰り返し
    振り返り1回目。振り返った映像のピンが合わない。
    振り返り2回目。振り返った映像にノイズ。
    4)「九十九さんいたら返事してください」
    突然安藤くんが逃げ帰ってきた。安藤くんのハンディカムを確認すると、「返事してください」と言った直後画面が乱れ、耳元で奇妙なノイズ。安藤くんはこのノイズに驚いて戻ってきたようだ。スタッフがこれ以上は危険と判断して撤収。後日、前述した黒い人影が確認される。
    ⇒滝が綺麗だ。とても事件があった場所とは思えない。
    ⇒暗闇の中ぽつんと現れるトンネルは気持ちが良いものではない。
    ⇒安藤くん君フル回転だね。美の山公園以外全出演。もう彼メインでいいじゃないの。いやマジで。

エンドロールでスタッフが御祓いを行うため霊媒師の元を訪れる。安藤くんと演出さんかな?

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

  • 屍國 禁じられた遊び 1 [2011.8.31]
    -惨殺屋敷(千葉県)
    -西洋館(茨城県)
    -ブルースカイ(栃木県)
    -小川脳病院(茨城県)
    -油井(ゆい)グランドホテル(千葉県)

屍國 禁じられた遊び 1

201108_sikoku1

屍國 禁じられた遊び1 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:78分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

えー吊り書きに釣られて視聴。なんでも心霊スポットで「やってはいけないコト」を「やってみた」といった内容らしい(コレ書いているトキはまだ観ていない)。それだけだと「殴り込み」シリーズを連想させられる。チョットだけ期待してみる。

主に女性レポーターがハンディカメラを持って心霊スポットを探索する。勿論レポーターの他にカメラマン等のスタッフが同伴する形式。訪れるスポットは全て廃屋系。時刻は夜。なので夜の廃屋と言うこともあり、映像としての怖さはまあまあある。
女性レポーターは2名。鳥飼愛美さんと工藤ちあきさん。一緒にレポートすることはなく、場所ごとにどちらか1名が担当する。そして彼女らが禁断の「遊び」を行ってどうなるのかを検証するのだ。コンセプトは「殴り込み」シリーズを似た感じ。実行者が女性一人であるところがミソなんだろう。

本作では5か所の心霊スポットを訪れる。場所の詳細は明かされていないが、茨城県と千葉県が各2か所、栃木県が1か所と、関東圏での撮影となっている。
女性レポーターということもあり、本作もご多分に漏れず結構煩い。イヤ。差別する意図は全くないのだが。鳥飼さんはまあ許容範囲であるが、工藤さんはチョット耳触りな感じだ。また小ネタを結構仕込んでいると感じた。全体的には作った感が強く出ていて、女性レポーターによる肝試し映像といった印象を受ける。そんな中でも「小川脳病院」は結構面白かった。詳細は後述するが、ガチっぽさを感じた。

それではいつものようにネタばれ進行で紹介。

【概要】「⇒」部分は感想

  1. 惨殺屋敷-火だるまにされた家族の霊が今も棲む-
    千葉県某市。以前一家惨殺のあった廃墟。
    レポーターは鳥飼さん。時刻は1:20AM。
    屋内には血の付いたワンピースや血痕の残ったトイレや蛇の死骸がある。
    一番奥の部屋で行う遊びは「鏡わたり」。呼び出した霊と目が合うと不幸になるというもの。手順は以下の通り。
    1)鏡の前に座る
    2)蝋燭に火をつける
    3)片手に塩を持って目を閉じる
    4)呪文を唱える
     「ワタリさんワタリさん後ろにいる人を映してください」
    5)ゆっくり目を開ける
    6)鏡に霊が映る
    結果>人の顔らしき姿が突然映る。また、後ろに人の頭のような黒い影が現れる。
    ⇒まあ掴みはおkといったところかな。地味な映像だけにこれもありかと思える。ただカメラアングルからノーカット映像じゃ無いように思える。ここら辺は改善きぼんw
  2. 西洋館-殺された西洋人の地縛霊が棲みつく館-
    茨城県某市。住人の西洋人が赤ワインを飲んでいる姿を見た地元民が生き血を飲んでいると誤解して西洋人を殺害。地下室に埋めた。といわれる廃墟。
    レポーターは工藤さん。時刻は2:00AM。
    館まで林の中を進む。途中に墓場があり雰囲気は十分。さらに林を分け入るように獣道を進むと洋館が姿を現す。
    鳥の死骸や眼帯や櫛に巻き付いた血みどろの髪の毛がある。
    ⇒小ネタ振りすぎなのでは?逆にリアリティが無くなってくると思うのだが。
    地下室?で行う遊びは「あめふり三番」。童謡「あめふり」。「あんめあんめふれふれかあさんぐぁ」ってやつだ。その歌には3番があって、それ歌うと霊が集まってくるという話し。
    カメラを前に歌うレポーター。
    結果>映像が乱れ、逆さになった顔が映る。
    ⇒まさに肝試し映像。ハンディカメラの画像ブレ杉。レポーターが一々きゃぁきゃぁ言ってイラッとする。
  3. ブルースカイ-自殺者の霊が巣食う廃レストラン-
    ⇒ブルースカイってどっかで聞いたな。思い出せん。
    栃木県某市、従業員がイジメを苦に自殺。数年後オーナーも自殺したとされる廃レストラン。
    レポーターは引き続き工藤さん。時刻は2:30AM 。
    屋内には動物の血、天井からぶら下がったロープ、同じく天井に吊されたエプロン、男の顔だけが潰されたカップルの写真。うめき声が入る。
    母屋(レストラン)の裏に小道発見。突き当たりに小屋。ドアを開けた瞬間顔のようなモノが映り、スッと消えた。ライトの加減か???映像ではスルー。同じくうめき声が入る。
    レストランへ戻る。スチール写真に顔に見えるモヤが映る。テープの入ったラジカセ発見。電池を新しくしてテープを再生。小屋と同じうめき声が入っている。
    最奥の部屋で行う遊びは「ひとりにらめっこ」。鏡に霊が映るという降霊術。手順は以下。
    1)鏡を用意する
    2)桶(洗面器)に水を入れる
    3)呪文を書いた紙を桶に入れる
    4)呪文は「ソシソアカ ミクニツクモ」
    5)紙を取り出す
    6)人差指で文字をなぞりながら呪文を唱える
    7)人差指でおでこから鼻の先までなぞる
    8)鏡の自分に向かってにらめっこを唱える「にらめっこしましょ笑うと負けよあっぷっぷ」
    結果>目を閉じたレポーターの鏡に映る顔が歪み、顔の位置に他の顔が浮かび上がる。
    ⇒あー。この娘ダメだ。チョットうるさすぎ。怖い怖いいいながら、なにかあったらキャー。少し進んでキャー。場所的には結構迫力あるだけに残念。
  4. 小川脳病院-幻の心霊スポット-
    茨城県K市。ホームレスで人体実験していた噂のある廃病院。ただし場所が特定できない幻の心霊スポットらしい。
    ⇒場所的に興味をそそられる。
    レポーターは工藤さん。日中帯で地元での聞き込み。ようやく知っている人が見つかり、竹林に入って捜索。途中、工藤さんが体調不良を訴えて一旦打ち切り。
    2日後、スタッフオンリーで再突入。時刻は昼。いい天気。捜索すること数時間?。竹やぶまみれの中に半壊状態の建物が現れる。壊れかけの屋内に落書きなどはない。
    ⇒天気の所為もアリ、不気味さはあまり感じられない。
    遺体をホルマリン漬けにしたとされる浴槽の部屋で行う遊びは。。。
    ここで映像が乱れる。機器故障⇒撮影不可能⇒中止。
    、、、、、
    ⇒って、ええー。中途半端過ぎる。結構面白くなってきたのに、これは納得いかないかな。是非後日リベンジしていただきたい。
  5. 油井(ゆい)グランドホテル-真夜中に少女の怨念が渦巻く廃ホテル-
    千葉県某市。女子高生殺人事件のあった廃ホテル。
    レポーターは鳥飼さん。時刻は1:30AM。
    屋内は相当荒れている。2階へ行くと手形の付いた扉などがある。ある部屋の扉を開けた映像に一瞬人の顔が映り込む。
    2階の一室で行う遊びは「ひとりかくれんぼ」。結構扱っている作品はあるが、本作では結構手間をとっている。手順は以下の通り。
    1)浴槽などに水をためる
    2)自分の髪の毛を一本抜く
    3)人形の腹を割く
    4)中の綿を取り除く
    5)米と髪の毛を入れる
    6)赤い糸で縫ってぐるぐる巻きにする
    7)ぬいぐるみに名前をつける
    8)ぬいぐるみに向かって自分が鬼であることを告げる。「最初の鬼はxxxだから」*3
    9)ぬいぐるみを水へ浸す
    10)別の部屋へ逃げる
    11)部屋にテレビを置く
    12)テレビの電源を入れる(砂嵐状態の画面)
    13)目をつむり10秒数える
    14)ぬいぐるみの部屋へ行く
    15)ぬいぐるみは居た
    16)ぬいぐるみの腹を刃物で刺す
    17)次はぬいぐるみが鬼の番であると告げる。「次はzzzが鬼」*3
    18)塩水を持って急いで隠れる
    ※ここで隠れたレポーターを映す定点カメラセット
    途中経過>隠れて30分後、定点カメラに黒い影。またつけっぱなしのテレビが消える。
    19)塩水含んで終わる
    20)ぬいぐるみを置いた部屋へ
    途中経過>ぬいぐるみはいない
    21)ぬいぐるみを探して他の部屋へ
    22)別の部屋でぬいぐるみ発見、傍らに刃物
    23)含んだ塩水をぬいぐるみにかける
    24)勝ちを宣誓する。「私の勝ち」*3
    25)ぬいぐるみを燃やす
    結果>炎の中に女の顔
    ⇒他作品でもいろいろな形で取り扱っている「ひとりかくれんぼ」。いろいろなやり方があると思った。場所としては普通レベルの廃墟。

「1」と銘打っているので次作があるのだろう。前述したが怖がらようとする意図が見えてしまい、逆に興ざめする印象だ。おのおの場所としてのスペックはあると思うので、小ネタに頼らずガチで勝負して欲しいと思った。また「殴り込み」で扱って欲しいとも思いますた。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN