○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

小池壮彦

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

学校の怪談 めちゃ怖 「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント

201110_mecha1
めちゃ怖 [DVD] (「呪われた心霊フィルム」驚愕のドキュメント)
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
制作:那須千里
監督:山下敦弘
収録時間:70分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

笑える心霊DVDと聞きまして(笑)

正直、『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズのようなおバカな笑いを期待(制作も那須さんだし)していたのだが、あっさりとそれは肩透かしをくらった感じ。シニカルな笑い要素はあるとは思うが、大笑いするような展開では無かった。

内容は、前半を「会談」、中盤にメインの「ドキュメント」、後半で「怪談語り」&「投稿映像」というごちゃ混ぜ形式。メインは一応ドキュメント形式だが、やっぱりフェイクですよね。悩ましいところだが、前半とラストの映像もあってblogカテゴリはドキュメント扱いにしよう。

サブタイで「呪われた心霊フィルム」と掲げられているが、どちらかというと他のパートの方が面白かった。前半の怪談談義では「心霊」や「恐怖」に対するいろいろな考え方が聞けて興味深い。また小池氏による「心霊写真」に纏わる話しも、淡々と語る氏の口調にも慣れ(?)面白かった。ラストには住倉氏の元に寄せられた投稿映像。作ったのかどうかは別としてかなり気持ち悪い(寒気がするという意味で)作品が寄せられていた。

以下、ネタばれ進行だす。

【各話紹介】

  1. 心霊会議(約10分)
    山下敦弘氏(本作監督)、森達也氏(映画監督)、住倉カオス氏、小池壮彦氏による心霊討論(作中紹介順)。恐怖とはなにか、幽霊の存在は、といった心霊に対する想いをマジメに語り合う。
  2. 呪われた心霊フィルム(約45分)
    超常現象噂調査隊(SUPERNATURAL RUMOR INVESTIGATORS:略してSRI)なる組織が、心霊に関する噂の検証をする。隊長は山下氏、隊員は野嵜好美さん、という2人だけの構成。
    本作では隊長の母校にあると噂される、心霊現象を納めたフィルムを調査する。噂とは大学の7号館の屋上で3:23に「誘蛾灯(ユウガトウ)」と唱えながらカメラを回すと何かが起こるというもの。過去にその事象を納めたとされるフィルムを探す。
    母校でのインタビューやサークル取材を進めてゆくと、噂のフィルムとは別に「カイワレ」さんと呼ばれるOBの存在が明らかになる。カイワレさんの元を訪れる調査隊は、彼の案内で過去に女優が自殺を図ったとされる「白い」場所に辿りつく。その場で再現開始。「誘蛾灯」と唱える野嵜さんを暗視カメラが映すと、顔(?)のような光が、フィルムのコマに割り込む。
    ⇒実は初見で寝落ちしてしまった。
  3. 「心霊写真」を語る小池氏(約17分)
    小池氏による怪談。
    ある運動会のリレー風景を父兄が映した写真。走者は5人のはずなのに、6人目の女の子が映っている。写した当人も少女が生徒も誰だか判らない。しかし当時の父兄は「6人いたよね」と証言もしていた。
    古い先生の話で、昔、足の速い女の子が運動会の前日に火事で亡くなったことが判る。そして当の写真の存在を確認したところ、撮影した父兄は火事(不審火)で亡くなっていた。延焼した状況は不思議なことに、当の写真をしまっていたとされる本棚だけが焼けていたというもの。
    ⇒面白い。一枚の不思議な写真を掘り下げてゆくと、その周りで不可解なことが起きている。問題の写真が無いのは残念か。
  4. 投稿映像
    住倉カオス氏の元に寄せられた投稿映像から3本紹介。
    ≪ ホームビデオ ≫
    25年前の映像。1歳の長女を映す。長女の顔に黒い影が映る。
    ⇒何度か繰り返しても判らず。
    ⇒これ良く見つけたなぁ。スロー再生でフォーカスされて判った感じ。
    ≪仏壇≫
    仏壇のお供え物が時々無くなることがある。ということで寝る前に仏壇をビデオで撮影したもの。観音開きの扉の影から覗く人の姿。
    ⇒うわっ。気持ち悪っ。仏壇の前の黒い影が気になって初見で気付かず。フォーカスされて判ったのだが気持ち悪い映像。
    ⇒そも映像そのものが不気味。壁に掛けられた遺影が白く光っているようで気になった。
    ≪ドライブ≫
    深夜のドライブ。道路上に暗闇ヘッドライトに浮かぶ白い何か。不審に思い車を降りて近づく。それは白いドレスを着た女だった。女はゆっくりと近づいてきて。
    ⇒ドッキリものですね。不覚にもドッキリしてしまいましたがw

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

恐い動画 投稿&心霊地帯スペシャル2

201106_kowaidouga2

制作年:2011年(日)
収録時間:74分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

前作は個人的に評価が散々だったシリーズの続編。「リベンジなるか」なんて期待もせずに視聴。そのせいか視聴後の感想は前作よりもマトモだった。過分な期待はしない方が良いのかもしれない。

一応カテゴリは「投稿系」としたが、大きく投稿パートと心霊スポット紹介パートの2部構成に分かれている。また投稿映像と紹介される心霊スポットには全然関係なし(当然ジャケ写も関係ない)。

結構ネタを盛り込んでいるので退屈することは無いと思う。ただ浅く広い内容であるので、映像以上の怖さはあまり感じられなかった。

【概要】

全体の構成。

  • 投稿映像(約25分)
  • 心霊スポット紹介(約30分)
  • 小池氏による心霊スポット解説(約15分)

各パート詳細は続きにネタばれとして記録。ここではタイトルのみ抜粋する(映像順)。

  1. 投稿#1:悪夢を映し出した携帯カメラ
  2. 投稿#2:祭りに誘われた生首
  3. 投稿#3:闇夜の同乗者
  4. 投稿#4:恨めしそうに皆を見つめる複数の男
  5. 投稿#5:実録・ひとりかくれんぼ
  6. 投稿#6:都内某所・トンネルに響く死者の声
  7. 投稿#7:カメラに映った地縛霊の姿
  8. 紹介#1:鬼の首が埋まる聖域(京都府)
  9. 紹介#2:有名怪談"山の牧場"の現在(兵庫県)
  10. 紹介#3:あの世に一番近い場所"死国"(四国各県)
    ホテルニュー鳴門、繁藤駅・慰霊塔、見返り橋、室戸岬、御厨人窟(みくろど)、眉山(びざん)
  11. 紹介#4:九州最強・伝説の犬鳴トンネル(福岡県)
  12. 紹介#5:南国に伝わる奇習"死者を置く島"(鹿児島県)
  13. 紹介#6:怨霊がさまようダンスホール(沖縄県)
  14. 小池壮彦氏による心霊スポット紹介場所の解説

【所感】

前回よりは多少見ごたえがあった。内容的には変わりない感じだが、編集が良くなっているのかもしれない。

投稿系で変わった映像は「実録・ひとりかくれんぼ」だろう。視聴者による「ひとりかくれんぼ」の実践記録映像。『ほんとにあった怖い都市伝説Ⅱ』で企画として実践しているが、コチラは投稿者個人によるもの。「都市伝説」と若干手順が異なっていた。残念ながら映像としての異常は記録されていなかった。

個人的には心霊スポット紹介が多くて満足。各場所も夜間の撮影となっており、現場の持つ暗い雰囲気が伝わってくる。不思議な映像が無いのは多少なりとも物足りなさを感じるが、ガチ前提のルポであれば仕方なしと割り切る。個人的には各場所に時間をかけて紹介して欲しいと思った。

不満点は心霊スポットの紹介と、前回から引き続き出演している"心霊探偵"小池壮彦氏の語りが分かれていること。一通り映像の後にまとめて小池氏による解説を収録している。時刻は昼間。どこか判らない場所で、映像で紹介された心霊スポットに纏わる話を語るのだ。この際氏のファッションは目を瞑ろう。しかし探偵であればその場で解説して欲しいと思う。柴田(ケイゾク参照)も「現場百回」と言っているんだしね。無意味に時間をかけているだけと感じた。

裏話となるが、このレビューは結構難産だった。実は3回に分けての視聴となった。1回目は投稿チャプターで寝落ち。2回目は所要があって心霊スポット紹介後に中断。3回目にラストまで観た。まぁどうでもいいですよね。すみません。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

恐い動画 投稿&心霊地帯スペシャル

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★ 

201104_kowaidougasp

制作年:2011年(日)
収録時間:65分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

>有名心霊研究家たちが、恐いと有名な投稿動画7本と日本各地の心霊スポットを検証するホラー。「吊り橋に写り込んだ手」ほか、新作を含む恐怖映像7本と、北海道にある謎の教団施設、埼玉県の某殺人現場、山梨県の樹海ほか全7地区を収録する。

僕の好きな「検証系」DVDとのことでレンタルしたのですが、期待外れでした。ハッキリ言って失敗です。久しぶりに外れた作品だと感じました。
あとDVDのジャケ写も全く関係ないです。

【所感】

前半は投稿メインの動画(一部静止画)や検証があります。
それも大体15分程度。残りの50分は心霊スポットの紹介レベルでお茶を濁しています。
前半が強烈。とかであればまだましなのですが、そんなに怖い映像もなかったです。
僕は知りませんが"心霊探偵"なる方も出てくるのですけど、単に紹介と氏の見解を述べるだけで、少しも怖かったり不思議だったりしませんでした。

今回は内容を「続き」に記載します。
興味がありましたらご覧くださいませ。

なにしろ内容が薄いです。
この中身で1時間以上費やすのはいかがなものかと思います。
ナレーションも怖く感じるように煽っているのが見え見えで、ハッキリ言って不快でした。

【おまけの所感(最近思うこと)】

DVDの内容が薄いので、最近感じていることを書きます。

SPECのレビューで量子論について触れました。シュレディンガーの猫の話です。

実は前から思っていたのですが、「心霊現象って物理事象なのではないか」と。

「霊」というとオカルトそのものなんですが、実は人(有機体でも構いません)の「気持ち」とか「想い」(以下「感情」とします)なのだと考えています(前提条件ですね)。昔何かで読んだかしたのですが、人が死ぬと何グラムか体重が減るとのこと。それが「感情」なのではないでしょうか?

そこで量子論なのですが、量子論では以下の2点の指摘があります。

  1. 素粒子(物質を構成している最小単位としてください)は波の性質を持っている
  2. 素粒子は観察しなければ存在が曖昧である

「霊」、ここでは「感情」としますが微妙に一致すると思っています。

  • 「感情」を構成する素粒子があるから死ぬと重量が減る。
  • 「感情」は素粒子レベルで波の性質を持つため、音波や可視光線として認識することが出来るが、波長の微妙な違いから出来る人と出来ない人がいる。
  • 「感情」は観察者(霊能者、霊体験者もしくは撮影機器)があって初めて存在が確認される。

これだけの歴史の中で、しかも全世界で生き残っている「心霊」ですので、物理的な存在もあってしかるべきだと感じています。

所謂「幽霊」も、そこに生きている人間(観察者)がいなければ、そこに存在しないのではないかと考えています。
だって、いろいろ心霊動画がありますが、誰もいないところで「幽霊」が同じような行動をしているとは思えないんですよね。
それってなんか間抜けじゃないですか。

この年になってもう少し物理を勉強してみたいとも思ってます。


ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓ 
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN