○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

呪いのサイト

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

呪いのサイト 2

201110_noroinosaito2

呪いのサイト2 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:張江肇、鈴木ワタル
監督:岩澤宏樹
収録時間:61分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

シリーズ2作目。前作ではいささか消化不良感が残った。「くだん」とか「緑の光」とか「フロッピー」とか「12日」とか、いろいろ問題となっていたコトは解決するのだろうか?解決しないまでも前作との繋がりはあるのだろうか?
なんて考えつつ観てみると、これが全くといっていいほど関係なかった。

投稿を元に再現したオムニバス作品で全5話を収録している。1回観た感じで各話の繋がりは読み取れなかった。また「呪いのサイト」自体も直接的に取り扱っていない。1作目の話の続きとして観てはいけないのだろう。

実は初見では3話目で寝落ちしてしまった。確かに寝不足で眠かったこともあるのだが。。。
えー。つまるところ退屈?
ドッキリや怖い絵はある。しかしストーリー性が希薄で、結局何の話をしているのかよく判らないため怖さが伝わってこない感じ。これは短編作品ではある程度仕方ないと思うが、それにしてもチョットいただけない内容だった。久しぶり?に「二作目は駄作」と思ってしまった。

【ストーリー】

敬称略。タイトルのカッコ内は投稿者名。一応各話ごとのラストは「続き」に記載する。

  1. サナエ(仮名:篠崎有里)
    OLの有里は1人でバーで飲んでいると、偶然中学校の同級生ヒロミに声をかけられる。懐かしい話しをしていると、ヒロミは有里に「ヤスカワサナエ」を憶えているかと訊く。有里には覚えのない名前。当時「呪いのサイトのチェーンメール」が流行っており、呪いのサイトを見るか他の人に送るかしないと死んでいしまうといったものだ。サイトを見たサナエは1週間後自殺してしまったという。
  2. 死者のブログ(仮名:藤井真由子)
    女子大生の真由子は友人の長谷川志穂を交通事故(投身自殺)で亡くした。真由子は自室で志穂の残したblogに「トモキ」と一言だけ書かれた1年前の記事を見つける。智樹は真由子の彼氏の名前だ。そんな真由子の背後に黒服を着た女(志穂?)の姿があった。
  3. 深海の鳥居(仮名:大島沙智)
    沙智の高校時代の友人、鈴子が行方不明になる。沙智は鈴子から失踪直前に「変なサイト見た」のメールを受け取っていた。沙智と鈴子の兄は2人で鈴子の行方を追う。ある日鈴子の兄が鈴子の部屋で「鳥居の写真」を見つける。それは鈴子の兄の見覚えのある鳥居だった。鳥居に向かう2人。鈴子の兄はあるサイトの話しを思い出す。サイトには鳥居の画像があり、2週間以内に同じ鳥居を見ないと死ぬというものだった。
  4. 呪いのサイト作成者(仮名:西山なぎさ)
    なぎさはバイト先の先輩であるヨシダの家を訪れる。どこか疲れているヨシダは、なぎさにパソコンを見せる。ヨシダの言うままにクリックすると、画面一面に「死」の文字。そして女の顔。ヨシダの作った呪いのサイトらしい。なぎさが理由を問うと「おもしろいから」。後日、なぎさはバイト先に現れなくなったヨシダを心配し、彼の家を訪れると。。。
  5. 黒手帳(仮名:影山俊之)
    会社で残業する影山とコイデ(♀)。コイデを残して帰宅する影山。
    翌日コイデは休み。再び残業している影山はコイデの机の下に黒い手帳(つかノート)を見つける。手帳をコイデの机に戻す影山。事務所で煙草を吸っていると女の姿と何かが落ちた音。見ると黒い手帳がまた落ちている。何んともなしに手帳の中を見ると。。。

【感想】

ネタばれ要素もあるが触れずにはいられない。

なにこれ。

凄く不満の残る作品。呪いのサイトそのものではなくサイドストーリー的な作品を集めている。まあそれは許せる。そういったスパイスもアリだろう。しかし全話<つづく>で終わるってどういうこと?その<つづき>を観るとき、今までのストーリーを思い出せってか?再視聴するのが苦痛なんですけどwだいたい本当に「つづく」のかもわからん。

各話共に「呪いのサイト」を見た者に災いが起きていること、同じ(だと思うが)女の姿が現れていることだけが共通している。これらが1つの「呪いのサイト」として収束するとは思えない。逆に次の作品で1作目と併せて収束させることができたら高評価なんだが。。。難しいんではないの?

はぁー。っと溜息をつきたくなるように60分が長く感じた作品だった。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.0)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

呪いのサイト

201108_noroisite1

呪いのサイト [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(日)
監督:久本樹
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー

【総括】

「ほんとうにあった!呪いのビデオ」スタッフによる作品。近々「2」が出るようなので視聴しました。
フィクションにしようかドキュメントにしようかで一瞬迷ったが、主観的にフェイクドキュメント(=フィクション)としてカテゴリした。ネット上にあると噂される「呪いのサイト」を閲覧した人物が行方不明になり、その調査過程を映像化したお話。怖い映像はまずまず押さえているかと思う。グロ映像はほぼ無し。

【概要】

スタッフの元に来た相談が物語の発端となる。相談者は阿部裕樹さん。阿部さんは劇団を主宰しており、劇団員の宮間一樹(仮名)さんの様子がおかしいと相談してきた。数日後、宮間さんは行方不明となってしまう。スタッフは宮間さんの行方を調べるうちに「呪いのサイト」に突き当たるのだが。

※「続き」にネタばれ

【感想】

あまり期待していなかったからか、さほど残念感は無かった。

映像そのものが怖いというよりは、シチュエーションが気持ち悪い類の作品。その点で「鬼秩父」と似た感じを受けた。「鬼秩父」は主にサイコ、カルト系に重点を置いていたと思う。一方コチラのベースは心霊だと感じた。心霊⇒呪いといった流れで話しが進む。

行方不明者を追跡調査してゆくと、さまざまな不可解な事象に突き当たる。のだが、なんにせよ提示された謎に対する回答が何もない中途半端な終わり方だ。いろいろ気持ち悪ネタ(証拠)を撒いた挙句、収拾がつかなくなった感じを受ける。要は調査過程で明かされる気持ち悪い映像を、「呪いのサイト」の背景を通して楽しむ(?)作品だと感じた。こういうのもアリなんだろうが、いかんせん消化不良感は否めない。

近々リリースのパート2はオリジナルのようで、本作の続編ではないようだ。

【評価】

総合評価:★★☆☆☆(2.0)

  • 面白さ:★★☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★★★☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN