○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

一色亜莉紗

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ほんとにあった!怖い心霊スポット 3

201105_sinreispot3

制作年:2010年(日)
収録時間:88分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

笑える心霊DVD第三弾ですwww
個人的にツボってる本シリーズ。嫌がおうにも期待が高まります。
あー。「廃墟霊」で行方不明になっているはずの一色亜莉紗女史が出演していますが、これはスルーということで。

【シリーズ過去ログ】

【総括】

まずは、シリアスな心霊作品ではありません。
心霊バラエティ、笑える心霊DVDなので、シリアスを期待しないように(笑)

第一作はプロデューサー山本氏(以下、山本P)がサイコロにより心霊スポットを決める。第二作は山本Pを騙し、バスガイド付きで心霊スポットを巡る。さて。第三弾である本作はというと、これまでにない切り口で心霊バラエティ(笑)なる演出を施している。
冒頭は映画ルポライターの那須千里女史が、本作の制作会社に乗り込むところから開始。那須女史が本シリーズの一作目、二作目を視聴し、あまりにも酷い出来にクレームを山本Pにあげるのだ。女史曰く、

  • 判っていたつもりだが、あそこまでやる気のないビデオも珍しい
  • ある程度は予想していたが、黙っていることが出来ないほど明らかにウソですよね
  • 業界の事情は知っているつもり。なので全てが本物でなければいけないとは言わない。しかーし。商品として最低限の努力?誠意?が見えない

とまあ、山本Pを前にしてもバッサバサのめった切りである。

一方山本Pからは、那須女史に対しジャブを打つ。

  • ライターとして文章が固い⇒個性であると応酬

さらに山本Pが出なければ良いと那須女史。
No!!!!!!!
このシリーズは、山本Pのヘタレ具合も肝なんです。そこいらのヘタレ芸人では、ここまで迫真のビビりはできないのではないか?真面目な話し、芸人ではないところが親近感を持ち、心霊スポットに対する恐怖を共感できるのではないかと思ったりする。

白熱した議論の末、山本Pから提案。那須女史も撮影に同行し、現場の臨場感を体感してみてはいかがか。ということで早速山本Pと那須女史にてロケーション開始。

ところで、本作のサブタイトルは「最後の霊戦?!」。なんのこっちゃ?
やっぱり笑える心霊DVD(心霊バラエティとも言う)を語っているのは伊達じゃない(笑)。

【概要】

今回は総括にあるように山本Pと那須女史が心霊スポットを巡る。詳細はネタばれとして「続き」とします。参考までに異変が確認できた場所には「」を記しています。

  • 1日目:神流湖(埼玉県)
  • 2日目:鈴ヶ森刑場跡(東京都)
  • 2日目:宮道踏切(埼玉県)
  • 2日目:八幡の藪知らず(千葉県)
  • 2日目:将門の首塚(東京都)
  • 3日目:49トンネル(長野県)

【所感】

もはや前作を含めてどこまでガチなのか判らなくなりました。
全部フェイクなのか、少しでもガチな部分があるのか。
ただ一つ言えることがあるとすれば、出演者とスタッフが心霊スポットと呼ばれる地に赴いているという点だけはガチである。ただでさえ不気味であろう心霊スポット。収録の多くは日没後であることから、例え全ての怪異映像がフェイクであったとしても、その地から感じ取れる不気味さは信頼できると思う。

また監督・演出(ディレクター)が前作から変わったようです。都市伝説シリーズや前作までに感じられた、山本Pと当時のディレクターとのテンポの良いボケツッコミは精彩を欠いた感が否めません。キレが無いというか…やはり演出(監督)の影響って大きいのだと感じました。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

廃墟霊

haikyorei

【制作年】2011年(日)
【収録時間】81分

レンタルサイトの説明文...

>廃墟で撮影された心霊映像を収録したホラードキュメンタリー。フリーのディレクターを名乗る男から持ち込まれた奇妙なDVD。「本物の幽霊が収録されている」と告げて去って行った男の話は本当なのか?その映像をプレビューすると、奇妙な映像が…。

さて、いかがなものでしょうか?
早速観てみましょう。

冒頭はおなじみのテロップが出されます。

「ある制作プロダクションのディレクターを名乗る男から持ち込まれた映像素材の一部始終」
「肝心のディレクター(持ち込んだ人のこと?)が体調不良のため、不在のまま敢行された心霊スポット取材で、3名の女性が行方不明になった。」

とのこと。
普通に「通報しなきゃ」ですね。

「事件は闇に葬り去られたが、撮影された取材テープは密かに残された。それをこれからご覧いただく。」

って、いやいやw
行方不明になったんなら通報しなきゃだめでしょ。
闇に葬られる理由ってわからないしww
「密かに」ってどゆことwww

と、この時点でフェイクドキュメント濃厚。
続いて、

「内容の真偽については、皆さんのご判断にお任せしたい。」

出た。決め台詞。

どうやら投稿集ではなく、単独のドキュメントっぽいです。
もうこの時点で作っているなぁと思いつつの視聴となりますた(笑)

 

【ストーリー】

今回の登場人物は3人の女性。
突撃レポーターなる「小田ゆかり」ちゃん、「春矢つばさ」ちゃん。
カメラマン兼ADの「一色亜莉紗」女史(面倒なので以下AD)。

心霊スポットのレポートとのことで、八王子にあるいわく付の廃墟を訪れます。
八王子駅で待ち合わせた3人。5番乗り場からバスに乗って現地に向かいます。あいにくの雨模様です。
時刻はまだ昼間です。明るいうちに現場をロケハンして、日が暮れてから突撃という流れ。

現地に到着した3人。
バスの時刻表で終バス発車時刻を確認します。「21:13」。

この条件である程度場所は特定できるかな。

まずはロケハンです。
樹木に覆われた小道を進むと、木々の合間に結構な御屋敷が見えてきました。
現場です。

扉には紙が貼られています。
「ここはガチ」とか「入ると死ぬ」とか。
怯える2人のレポーターを尻目に、貼られた紙を剥がして進むADさん。
おっとこまえですぅ。

昼間でも薄暗い部屋を見て回ります。
されど「いわくの部屋」は見つかりません。
見つからないと困るADさん。これでは仕事になりません。

と。ここでつばさちゃんがお手柄です。
ベランダから下に続く階段を見つけました。
嫌がる2人のレポーターを急かして下に降りてゆくと、そこには赤いビニールテープが張られたドアがありました。

歓ぶAD。これでお仕事が出来ると。

平気の平左で赤いビニールテープを乱暴に剥がすAD。
レポーターの2人が止めても聞く耳を持ちません。
かっちょええですぅ。
されどドアノブは固く閉ざされて、どうにもこうにも開きません。

~ちなみに、ここまで怖いと思える映像は皆無です~

どうにも扉が開かないので、一旦引き返し作戦会議となりました。

果たして日が暮れて再度訪問する3人を待ちうけるのは

続きはネタばれとします。

 

普段、この手のDVDレビューはネタばれ進行していた僕ですが、今回は続きとさせていただきます。

 

......だって、どう見ても作ってるし...

 

【所感】

序盤、というより残り10分くらいまでは眠くなる映像です。
全然怖くないです。
でもって女子3人がきゃあきゃあ言っていいるだけなので、正直イラッとします。肝心の「怖い映像出せよ」と。

ラスト10分が肝なんでしょうから、そこにフォーカスして感想を述べると、「ありきたりな映像(演出)」「ありきたりな結末」でガッカリ感が残りました。

すでにドキュメントとして観ていませんね。僕。

ネタばれ含みですが、序盤はADさんおっとこ前進行ですが、終盤はゆかりちゃん惚れてしまいそうです。逆にADさんのヘタレっぷりがものすごい違和感として残りました。

ゆかりちゃん。
結構可愛いっす(*´ェ`*)

収穫はこれですかねw

前述の通り、僕の中では既にフィクション扱いなので評価します。

 

総合評価:☆☆☆

  • 面白さ:
    ★☆☆☆☆
  • ホラー度:
    ★★☆☆☆
  • グロ度:
    ★☆☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:
    ☆☆☆☆☆
  • アクション度:
    ☆☆☆☆☆

 

続きはネタばれです。

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN