○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

ルトガー・ハウアー

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ホーボー・ウィズ・ショットガン

201204_hobo

ホーボー・ウィズ・ショットガン [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(カナダ)
原題:HOBO WITH A SHOTGUN
制作:ニヴ・フィッチマン
脚本、監督:ジェイソン・アイズナ
収録時間:86分

カテゴリ:バイオレンス

【キャスト】

  • ルトガー・ハウアー
  • グレゴリー・スミス
  • モリー・ダンズワース
  • ニック・ベイトマン

【総括】

好きな俳優さんであるルトガー・ハウアーの最新作。予告編を観てからリリースを心待ちにしていた作品。ブログカテゴリにちょっと迷ったが、スプラッタ要素を考慮して「ホラー」とした。どちらにしてもB級テイスト。

話は単純。ルトガー・ハウアー扮するホーボーがショットガンを手に街の悪党たちを殺しまくるという勧善懲悪もの。殺戮シーンがメインなのでグロは高めだが、若干コメディタッチであり、また、どこかカラッとしていて気持ち悪さはあまり感じなかった。まあ流血まみれなので苦手な方は控えた方がよろしいかと(R18+だし)。なおwikiによると「ホーボー(Hobo)」とは「渡り鳥労働者」とあった。=「ホームレス」ではない。また「ショットガン」は「散弾銃」とは別に「車の助手席」という意味もあるようだ。

【ストーリー】

主人公:ホーボーが汽車のコンテナに乗り舞台であるシン・シティに降り立つところから始まる。そこはドレイク親子が支配し、白昼堂々強盗、暴行、誘拐、殺人が横行する無法地帯。

最初は見て見ぬふりをしていたホーボー(名無し)だったが、アビーを助けたことを契機にショットガンを手にドレイク達に立ち向かう。

※「続き」にネタばれ

【感想】

前半は悪党による残虐シーンで後半はホーボーによる悪党殲滅シーンといった構成。不謹慎であるが、まあとにかくいろんな手段で殺しまくる。ストーリーは後半に移るにつれてコメディ要素が濃くなってくる。勧善懲悪なのでスカッとする反面、手段がグログロなところをどう感じるかがポイントか。個人的にはスッキリ感の方が強かった。

ヒール役がモヒカンだったり鋲付きジャケットを着てたりして「何時の時代だよw」と笑ってしまう。判り易いだろうが安易すぎるのでは。極めつけは地獄の使者(笑)。「これってコメディなんだ」と思った。スリックとアイバンの爽やかさもクレイジーなんだけどインパクトはイマイチかな。ドレイクはまずまずな感じだった。
ルトガー・ハウアーが好きなんで観た部分が多分にある。役どころのハマり具合はちょっと残念か。これはブレードランナーやナイトホークなどの知的なヒールってイメージの所為だと思う。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★★★★★
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★★☆☆

⇒採点甘めです。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

75 セブンティファイブ

201202_75

75 ~セブンティファイブ~ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2007年(米)
原題:7eventy 5ive
制作:ワイクリフ・ジョン
脚本、監督:ブライアン・フックス、デオン・テイラー
収録時間:95分

カテゴリ:ホラー/サスペンス

【キャスト】

  • ルトガー・ハウアー
  • ジャド・タイラー
  • ブライアン・フックス

【総括】

スプラッターホラー作品。ルトガー・ハウアー繋がりで観てみた。

凶器は主に斧。所々映像表現がチープな場面もあるが、サスペンス要素もあって楽しめた。まあこの手の作品にはありがちなように、当然のごとく次から次へと殺されまくります。犠牲者のの名前もイチイチ覚えてられません。

主演はルトガー・ハウアーみたいだが露出は極端に少ない。いや。コレ普通に主演じゃないでしょ(笑)。彼の新作『ホーボー・ウィズ・ショットガン』(4/13レンタルリリース予定)はチョット楽しみにしているんですけど。

【ストーリー】

「75」とは無作為に電話した相手と75秒以上繋がっていればおkと言うゲーム。
このゲームをやっていた子供たちの家に殺人鬼が現れ両親たちを惨殺される。犯人は捕まっていない。
10年後。大学生となった彼らは、パーティの余興として「75」をやる。偶然かけた電話はお仕事中の殺人鬼にかかってしまう。

※「続き」にネタばれ

【感想】

ホラーとしてそれなりに楽しめた作品。

趣旨は「犯人は誰?」なんだろう。クローズドサークルで次々に起きる殺人。斧を手にした殺人鬼に怯えて逃げるが、むなしくも捕まり殺される。

視聴者に対し一応の手掛かりは少しずつ提示されるのだが、やっぱり判りにくい。登場人物の把握が難しく、それによりミステリアスな感じを出しているようにも感じる。少し狡いかも。特に少年期と現在との人物の一致が困難。スプラッターでもありザクザク殺されてゆくのだけれど、何故彼が殺されるのかが判らないまま進んでしまう。理由なく殺されているのか否かが判らないのだ。ここら辺がイマイチ盛り上がりに欠ける部分かもしれない。

またルトガー・ハウアーの役どころに不満。叩き上げの刑事役で事件に執着するが、犯人に出し抜かれるだけの間抜けな役回りに終始する。彼特有のサイコな面も控えめで、いろんなレビューに書かれている通り単なる一脇役でしかない。これが非常に残念。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

ザ・ライト エクソシストの真実

201108_light

ザ・ライト エクソシストの真実 Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
クチコミを見る

制作年:2011年(米)
原題:THE RITE
原作:マット・バグリオ
制作:リチャード・ブレナー
脚本:マイケル・ペトローニ
監督:ミカエル・ハフストローム
収録時間:114分

カテゴリ:ホラー/サスペンス

【キャスト】

  • アンソニー・ホプキンス
  • コリン・オドナヒュー
  • ルトガー・ハウアー
  • アリシー・ブラガ

【総括】

羊たちの沈黙』『ハンニバル』『レッド・ドラゴン』で、ハンニバル・レクター博士の印象が強烈に焼きついているアンソニー・ホプキンス主演の新作ホラー映画。またマイフェバであるルトガー・ハウアー(コチラの代表作は『ヒッチャー』『ブレード・ランナー』)も出演しているので、嫌でも期待値が高い。

でもって観てみると。。。

当たりでした。

まあお気に入りの俳優さんが出演していることもあるのですが、かなーり面白かった。2時間近くの映画でも飽きることは無かった。
ホラーだぜっ!というような派手な演出は無い。むしろ地味な感じでラストまで行くのだが、どんよりとした曇り空を思わせる暗い背徳感のような感じが続くのだ。流血もほぼ無し。グロ映像も控えめ。でもってまさに悪魔祓いを描いた作品。派手な映像を期待してはダメ。オーメンやエクソシストといった、精神的な暗さを期待して吉というところです。

【ストーリー】

葬儀屋の息子マイケルは、さしたる信仰心があるわけでもなく、家を出たい一心で神学校へ入学する。4年後。卒業を控えたマイケルは自らが信仰に欠けるとして司祭への道を辞退する。しかしマシュー神父からエクソシストへの道を勧められる。かくしてマイケルは二ヶ月間の講座を受けるべくローマに留学し、そこでエクソシストを営むルーカス神父と知り合うのであった。

※「続き」はネタばれです。

【感想】

全体的に大きな盛り上がりがあるわけでもない。ゆっくりとひたすらラストに向けて盛り上がってゆく感じ。信仰心も無く悪魔の存在も否定する主人公マイケル(主演はA.ホプキンスだけど)が直面する、理解できない現象。なんとか無理やり論理的に解釈しようとするが、そんな自分自身の戸惑いが表現できていて感情移入し易かった。

さて。A.ホプキンス。
強烈にインプットされたレクター博士のインテリジェンス(≒サイコでもある)が今作では感じられない。確かにエクソシストに対する知識は持っているが、叩き上げの無骨な仕事人といった感じ。しかし当初感じた違和感(レクター博士とのギャップ)もすぐに解消される。ここら辺はさすがというか。

次にルトガー・ハウアー。
老けたなぁ。ただ口をすぼめる仕草は若いころのままだ。うーん。カッコイイ。そして少し安心してしまう。ジョン・ライダー(ヒッチャー)やロイ・バディ(ブレードランナー)のような目に見える異常性こそ無いものの、暗い何かを抱えているような演技は地味ながらもハマっている。

個人的にはこの二人が出ているというだけで満足なんですけどね。
そういえばアンジェリーナ役のアリシー・ブラガ。「ハンニバル」のクラリス(ジョディー・フォスター)と面影が似ているような気がするのは気のせいかな。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.5)

  • 面白さ:★★★★★
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

どうしても贔屓目の評価になってしまうのはご容赦を。あとグロ度に関しては「痛い」のと「虫」がちょっとだけ出ているので★+1としました。そんなにグロくないです。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ヒッチャー

201208_hitcher

ヒッチャー [DVD]
クチコミを見る


ヒッチャーです。

制作:1986年
カテゴリ:サイコ・サスペンス


レンタル・視聴したのは「ヒッチャー(PALマスター版)」です。


一応B級なのでしょう。


僕の★★★★★作品の内の一つです。
理由はルトガー・ハウアーが大好きだからです


元々は「ハンニバル」の監督、リドリー・スコット作品「ブレード・ランナー(1982年公開)」にて彼を知りました。
ハリソン・フォードの敵役として、レプリカントの親分「ロイ・バディ」を演じています。
当時その存在感に戦慄(鳥肌)を覚え、以降繰り返し観る作品となりました。
完全に主役を喰ってしまっています。


ブレード・ランナーもレビューしたいところですが、好きすぎて長文になるのが目に見えています。
なので、レビューは何時になるかわかりません(笑)
「ブレード・ランナー」をまだ観ていない方は、是非お勧めしたい映画です。
カテゴリはホラーではなくSFなんですけどね。


ということで、どうしても贔屓目に偏ったレビューになると思います。
その点ご容赦くださいな。

 

ヒッチャーに戻ります。

【キャスト】

  • ジョン・ライダー(ルトガー・ハウアー)
  • ジム・ハルジー(C・トーマス・ハウエル)
  • ナッシュ(ジェニファー・ジェイソン・リー)

物語は、車の配送会社に勤めているジムの視点で進みます。

ジムはシカゴからサンディエゴまで、お客に納車する車を走らせています。

時刻は深夜。
単調な一本道。
変化のない砂漠地帯の景色。
のんびり走る彼の車(お客様の車です)を、勢いよく追い越して行く空色のビートル。
ジムは苦笑いで見送ります。
単調な道は続きます。

と、ついウトウトしてしまい、
危うくタンクローリーに激突するところでした。

時刻は明け方の4時ごろ。
しばらくすると雲行きが怪しくなり、雨模様となります。
激しくフロントガラスをたたく雨。

豪雨のなかに一人の人影を見つけます。
雨の中、道路わきで親指を立ててます。

ヒッチ・ハイカー(ヒッチャー)です。

 

ジムは車を路肩に寄せ、びしょぬれのハイカーを車に迎えます。

退屈で一人で運転していることがしんどかったジムは、一緒にいてくれる相棒が欲しかったのです。

ジムは陽気に語りかけますが、乗ってきた男は会話に乗ってきません。

 

男の名は「ジョン・ライダー」。

取って付けたような名前です。

会話がすれ違ってばかりの男。
次第に不審に思い始めるジム。
豪雨となった車外をジョンを載せながら走らせていると、先ほど追い越して行った空色ビートルが路肩に停められているのを発見します。
いぶかしむジムに気付いたジョンは、いきなりジムの右足を押し下げます。
自然アクセルを踏み込むことになり、ビートルを横目にやり過ごします。

 

「なんだコイツ」「ヤバイやつを乗せちまった」「よし、降りてもらおう」
ジムの表情から伺えます。

ジムは車を止めると、雨の中ジョンを車から降りるように促します。
ジョンは一度はドアを開けて煙草を捨てると、再び閉めてジムにナイフを突き付けます。

凍りつくジム。
ジョンはナイフを突き付けたまま車を走らせるように命令します。

ナイフを突き付けたまま、ジムに「死にたい」と言わせようとするジョン。
まるで拾った玩具を壊すのが楽しいといった表情です。

一瞬の隙をついてジョンを車から振り落としたジムは車内で狂喜します。

後ろに離れていくジョンに「ざまぁみろ」と言いながら....

 

残念ながらこれで終わりません。
恐怖と悲劇の始まりです。

 

再びジムの前にジョンが現れます。

ジョンは着きつ離れつジョンの前に姿を現します。
ジムの行動を先回りするかのように動き、後手になると周りの人を殺します。
そしてジムを孤立させてゆきます。

ジョンの行為に合理的な理由が見つけられません。 
理由の判らないことの恐怖。

ジムの行きつく先はどんなエンディングなのか?

物語は中弛みすることなく最後まで魅せてくれます。

 

当作品はスピルバーグ監督の「激突」と比較されているのをよく見受けます。

超法規的な得体の知れない「何か」に「必然性が無く」追われるストーリーをみると背景は同じといえますね。
僕は両方見ていますが、「激突」にはない「狂人の不気味さ」がリアルに感じました。

  • 激突は無機物の不気味さ
  • ヒッチャーは狂人の不気味さ

といったところでしょうか。

主演のルトガー・ハウアーが見事に狂人を演じています。
セリフ、表情、アイテムの使い方、どれを取っても怖いです。
「狂人」というより、言葉・文化・生態系等々、全てが異なり、全く意思疎通ができない「異人=宇宙人」といったほうが適切かと。

残念なことに「良い作品」に恵まれていないようで、有名どころは当「ヒッチャー」と「ブレード・ランナー」くらいでしょうかねぇ?

「ウォンテッド」も結構好きです。
「ブラインド・フューリー」はちょっといただけませんでつがw

総合評価は冒頭の通り★★★★★

  • 面白さ:
    ★★★★★
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★★☆☆
  • サイコ度:
    ★★★★★
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★★★★
  • アクション度:
    ★★★☆☆

 

いつも通り続きはネタばれになります。

と以下のリンクもよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN