onair

ON AIR(オンエア)脳・内・感・染 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2008年(カナダ)
監督:ブルース・マクドナルド
原作:トニー・バージェス
原題:Pontypool
収録時間:97分

レンタルサイトの説明文

>謎のウイルスに感染した田舎町のラジオ局を舞台に描いたシチュエーションホラー。雪深い田舎町で謎のウイルスが発生。ウイルスは言葉を媒体として町中に広がり、感染した住民は凶暴化。そんな中、ラジオ局に取り残されたDJ・マジーとスタッフは…。

アウトブレイクのような展開か?
と疑問に思いつつ視聴。

と、早々とのめり込みました(笑)
僕的にはかなり面白く、最後まで観ることが出来ました。
タイトルに釣られて借りてみたのですが、これがなかなか当たりでした。

【キャスト】

  • スティーヴン・マクハティ
  • リサ・フール
  • ジョルジーナ・ライリー
  • フラント・アリアナック

 

【ストーリー】

カナダのオンタリオ州のポンティプール(原題のPontypool)を舞台にしたホラー映画。

雪の降る早朝(まだ暗いうち)、地元ラジオ局のDJ:マジーがスタジオに入ります。場所は教会の地下(を借りている?)、スタッフは女性2人。プロデューサーであるシドニーとエンジニアのアンだけといった、こじんまりとしたラジオ局です。

いつも通り(?)の番組進行。DJマジーは現状に不満を持っているようで、シドニーと揉めながらもリスナーに向かってメッセージを発信しています。
異変が起きたのは、街(ポイントプール)の状況を伝えるリポーターでした。リポーターは音声越し(テレビでは無いので当然声だけです)に、町医者の家に群衆が集まりつつあるとレポートします。
そしてその群衆は暴徒と化し、人を襲いながらなおも集まっていると。

局内の3人はレポーターの言葉を良く理解できません。
そんな暴動が起きるような街ではないからです。
疑心が確信に変わるのは、BBC(英、原文ママ)からの状況問合せでした。BBCが「暴動が起きている」「レポートして欲しい」と割り込んできました。

騒然とする3人。やがて件の町医者ジョンがスタジオに逃げてきて、未知のウィルスにより人々がおかしくなったと語ります。そのウィルスは、人の声(言葉)により感染し、声を脳が理解することで発症するといいます。

そうしている中にもアンが発症しました。
いち早く発症に気付いたジョンが、スタジオ内(防音されている)に逃げ込みます。外ではラジオ放送につられ(ローカルラジオで街中にスピーカーを設置しているようです)、スタジオにも感染者が続々と集結してきます。

マジーたちは助かることが出来るのでしょうか?

 

【所感】

突然発生した未知のウィルスがアウトブレイクしたことで起きるパニックホラーといった部類ではないかと...

音を媒介にウイルスが感染、増殖する設定は面白いと思いました。
オカルトとしては呪術、呪文、言霊などと、発声そのものが人に影響を及ぼす設定はママありますが、それをウィルスとして設定したところが新鮮でした。

舞台もほぼ全部ラジオスタジオ(教会内)で、話しが拡散せず最後まで面白く魅せることが出来た作品だと思います。

ゾンビ映画ではありませんが、感染者はゾンビのような振舞いをします。音を発する人間に反応して攻撃するようになります。
ゾンビでは無いので致命傷で死んで(動かなくなって)しまいますが、俊敏な動作をする場面もあります。

物語はウィルス発生の原因には言及されていません。
その点は残念でありますが、観ていてあまり気になりませんでした。
逆に語られるとつまらない作品になったかもしれません。

ただ「ホラー」にカテゴライズされるのはチョット違和感がありました。
映像は感染者がゾンビっぽいので「ホラー」色もあるのですが、「ウィルス」と判った時点で「サスペンス」色を感じてしまったのかもしれません。

ラストを含めて続きはネタばれです。

総じて予想外に面白かったです。
観て損はしない作品だと思います。

 

総合評価:

  • 面白さ:
    ★★★★★
  • ホラー度:
    ★★★☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★★★☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む