○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

トラウマQ

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

放送禁止 劇場版 ~密着68日 復讐執行人

201112_housoukinsi-gk1

放送禁止 劇場版~密着68日 復讐執行人 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2008年(日)
脚本、監督:長江俊和
収録時間:108分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

劇場版です。約108分(本編98分+映像特典10分)。結構大作。
放送禁止6デスリミット」を逆の立場、即ち復讐代行者の視点から映像化したもの。

全体を通してホラー要素、グロ要素は低い。展開も静かで派手な盛り上がりも少なく感じた。しかしつまらないと言うワケでは無く、内面(感情)に訴えてくるような仕上がりだと感じた。ここら辺は邦画特有の演出だなぁと常々思うところ。総じて飽きることなく最後まで観ることができると思う。

また映像特典としてアフターストーリーが収録されている。映像特典は本編エンディングにもう一捻り入れているので視聴を勧めるが、個人的には本編ラストのままの方が好みかな。

【ストーリー】

冒頭は学校の屋上から飛び降り自殺するシーン。
替ってある映像制作会社のディレクターが、復讐専門サイト「シエロ」の管理人にインタビューする所から始まる。サイト管理人:七川ノラム(HN.シチカワノラム)。ディレクターはノラムに強要されて復讐の記録を始める。
最初のターゲットは六本木のクラブに勤めるナンバーワンホステス:メグ。依頼者は彼女にお金を騙し取られた(結婚詐欺っぽい)男性。メグはノラムが彼女に用意したテスト全てが不合格。メグに復讐が執行される。

※「続き」にネタばれ

【感想】

デビル(2010)」を観た直後の所為か物語の進行は緩やかに感じた。「放送禁止」と同様に小ネタを散りばめているが、TVシリーズと比べると若干判りにくくしているように感じた。劇場版たる由縁か。

ラストもどんでん返しな展開で良い。ただストーリーの進行と共にある程度予想がついてしまう。結果その通りの展開だった。

デスリミットを観る前にこちらを観ていたらと考えてみる。やっぱり面白みは半減、つかデスリミットを楽しめないと思う。ここはキチンと順番に観た方が吉だろう。そしてデスリミットを観るときは、ホントに注意深く観ることをお勧めしたい。特に登津雄の行動、些細な仕草も記憶にとどめておくと、本作の面白さがアップするものと思う。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

放送禁止 6 デスリミット

201111_housoukinsi6

放送禁止6 デスリミット [DVD]
クチコミを見る

制作年:2008年(日)
監督:長江俊和
収録時間:48分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

シリーズ6作目。例によってフェイクドキュメント。
シリーズはこの後劇場版と続くのだが、トラウマQシリーズが出た今となっては放送禁止のTVシリーズは打ち止めなのだろうか?確かトラウマの映像特典で、監督が放送禁止で出来なかった表現が出来るようになったとも語っているし。これのDVD-BOXも出ているようだし。まあDVDがリリースされたら観ようと思う。ちなみに劇場版(復讐執行人の方)はレンタル済み。これ観てから着手予定。口コミでは本作と関連があるようなことが書かれていた。

前置きが長くなりました。前評判(口コミ)は上々な本作です。
心霊要素無し。リアル系のホラー(これはシリーズ共通している)。前半部分に多少だらだら感が残るものの、ラストの捻りもまずまずで楽しめる内容でまとまりは良いと思った。ただ怖さの要因が判然としないまま進むので、ストレートな恐怖を感じる場面は少ないかと思う。どちらかというと本人だけが知らないうちに背後に迫っている危機のような印象を受ける作品だった。

【ストーリー】

主婦からあるジャーナリストに宛てられた手紙。夫からの暴行を綴った内容で所謂DV。映像ジャーナリスト:古茂田俊作(コモダシュンサク)氏が、送り主である宋野真津(ソウノマツ)さんのインタビューシーンから始まる。
真津さんは2年ほど前から、突然キレて暴力を振るう夫に悩まされていた。実態の把握が必要であると判断した古茂田氏は、真津さん了解のもとリビングに隠しカメラを設置した。そこには真津さんに理不尽な暴力を振るう夫の姿があったのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

前半の緩い展開が、残り10分程度から加速する。迎えたエンディングは捻りもアリ良かった。まあ勘の良い方なら途中に差し込む映像からターゲットが誰なのか判ると思う。
惜しむらくは前半か。それなりに程よい緊張感でまとめてあるとは思うが、デスリミットが唐突に出てくるのはチト強引か。「デスリミット」の言葉自体がある意味魅力的なキーワードであったので、前半から絡ませて欲しかった。そのためなのか恐怖の対象が判りにくい。何に対して怖さを感じさせたいのかがイマイチ判然としないままラストに入ってしまう。チョット残念。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

放送禁止 5 しじんの村

201111_housoukinsi5

放送禁止5 しじんの村 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2006年(日)
監督:長江俊和
収録時間:46分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

シリーズ5作目。例によってフェイクドキュメント。

まずはサブタイ。借りるまでずーっと「じしん(地震)の村」だと思い込んでいたw
「地震の村?」「なにそれ?」「逆に興味あるんデスケドw」とか勝手に勘違いしていた。まあどうでもいいですね。すみません。

心霊ではなくカルト、サイコ系。このシリーズではコチラ寄りの作品が多い。全体的な印象は大人しすぎ。面白みに欠けると言うか。かといってガチっぽさも弱い。総じて残念な作品だった。

【ストーリー】

長野県某所。うまく社会に溶け込めない人たちが集う「しじんの村」。しじんこと久根仁氏。村人は全員ハンドルネームで呼び合う。ある日村の女性が自殺を図る。しじん含めて村人たちは女性を立ち直らせようとするのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

見所はどこなんだ?

ドキュメント色が濃すぎるのかな。盛り上がりの欠片もなく終わってしまった。直接的に怖いと感じる場面もオーラスまで無し。ラストも「あーそーだよね」といった感じで捻りもない。設定として話しを膨らませる要素がある(リベンジとかね)と思うのだが、そういった起伏も無く終劇となる。むしろあえて淡々と進めているのか?いずれにせよなんかモッタイナイ。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.0)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

放送禁止 4 恐怖の隣人トラブル

201111_housoukinsi4

放送禁止4 恐怖の隣人戦争 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2005年(日)
監督:長江俊和
収録時間:46分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

フェイクドキュメントのシリーズ4作目。諸般の事情により公開されることが無かったフィルムを再編集した、とされるフィクション作品。短時間でまとめられていてお手軽に見ることが出来るシリーズだ。

今作では隣人とのトラブルが取り上げられる。隣人から執拗な嫌がらせを受けている一家の取材過程だ。実際、きっかけはどこにでもころがっているような話なので興味半分。サブタイからも、なんかこうバタバタドロドロ、目には目を、くんずほぐれつといった内容を期待したのだが、割と静かに話が進んでゆく。静かすぎて面白みが欠ける内容だった。

【ストーリー】

2003年9月。舞台は千葉県千葉市郊外。そこに住む森下家は3人家族。
夫:仁志(39)
妻:森下利香子(34)
長男:元気(8)

一家は隣に住むUさんから嫌がらせを受けている。以前は親しかったというUさんとの間に何があったのか?

※「続き」にネタばれ

【感想】

全体としてダラダラ感が残った作品。メリハリも無く緊迫感も感じられない。ラストも直球カルトオチみたいな感じだし。尤も。ラストを除き現実はそんなもんなのかもしれない。その点ではリアリティがあるともいえる。んで「知らぬは旦那だけw」ってところに若干の恐怖を感じずにはいられない。

しかしこのシリーズ記号が好きだな。1作目は「Z」、本作は「X」。記号に何らかの意味を持たせてチラつかせる。おかげで話は判り易くなっている。まとめ映像もあるしね。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

放送禁止 3 ストーカー地獄編

201111_housoukinsi3

放送禁止3 ストーカー地獄篇 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2004年(日)
監督:長江俊和
収録時間:46分

カテゴリ:ホラー/フィクション

【総括】

フェイクドキュメントのTVドラマシリーズ3作目。なんか立て続けに観ているな。なにより短時間というところが嬉しい。以降、ちょこちょこ借りては紹介しようと思います。

今回はストーカー被害を受けている女性を取材した内容。シリーズ共通であるが良くまとまっていると思う。オチは小ネタが比較的判り易く配置されており、また、この類の作品を観ているのであれば容易に想像が付く感じ。しかし展開に無駄が無くラストまで面白く観ることが出来た。お手軽に観ることが出来るシリーズだ。

【ストーリー】

フリージャーナリスト:筒井令子(28)がストーカー被害を受けているというOL:佐久間希美(サクマノゾミ、26歳)を取材する。希美は半年前から無言電話などの被害を受けているようだ。実は筒井自身も以前兄が被害を受けており、女性ストーカーに着き纏われた揚句、死亡してしまった過去を持つ。取材班は希美のマンションに監視カメラを設置してストーカーをつきとめるのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

中盤に差し掛かるあたりでオチが見えてしまうところが残念か。

今回もいろいろ小ネタを仕込んでいる。注意深く、とまではいかない程度に露出しているので容易に察しが付くだろう。それでも飽きることなく見せるのは演出が上手いのだと思う。
ラストは明確にしていない。「視聴者の想像に任せる」形なんだろう。まあこの終わり方もアリか。正直もう一捻り欲しい所であるが、時間が許さないのだろうと思った。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN