羊たちの沈黙〈特別編〉 [DVD]
羊たちの沈黙〈特別編〉 [DVD]
クチコミを見る

カテゴリ:サイコ・スリラー

制作:1990年(米)
監督:ジョナサン・デミ

原題:THE Silence of the Lambs

今回はハンニバル・レクター博士を3回に分けてレビューしてみようかと...

1回目のレビューは「羊たちの沈黙」です。

原題とは異なり、今回視聴したのはDVDの「特別編」です。
恥ずかしながら初見となる僕には何が「特別」なのかは判りません。

全3章からなる「羊たちの沈黙」シリーズ。
まずは映像化された歴史から(wikiを参考にさせてもらいました)。

  1. 1986年:レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙
  2. 1990年:羊たちの沈黙
  3. 2001年:ハンニバル
  4. 2002年:レッド・ドラゴン

1986年版ではAホプキンスは出演してません。
まだ観ていないので誰がレクター博士役なのか判りませんが、この初代「レッド・ドラゴン/レクター博士の沈黙」は最後に時間をおいて視聴しようと思います(観る気があればですが)。

2001年の「ハンニバル」の監督はリドリー・スコット。
ブレードランナー大好きです。
ルトガー・ハウアーが.....

えー。
と語りだすと止まらないので、物語の年代順は以下の通り。

  1.  レッド・ドラゴン
  2. 羊たちの沈黙
  3. ハンニバル

うーん。

レッド・ドラゴンから視聴するべきだったか?

なにしろ「羊(ry」⇒「ハンニバル」は知っていたのですが、「レッド・ドラゴン」の存在は知りませんでした。

とりあえず映像化された順(「~博士の沈黙」除く)に行きます。

前置きが長くなりましたね。

「羊たちの沈黙」です。

【キャスト】

  • クラリス・スターリング(ジョディ・フォスター)
  • ハンニバル・レクター(アンソニー・ホプキンス)
  • クロフォード主任捜査官(スコット・グレン)
  • バッファロー・ビル(テッド・レヴィン)
  • フレデリック・チルトン医師(アンソニー・ヒールド)
  • アーディリア・マップ(ケイシー・レモンズ)

グロやショッキングなシーンは少なめ。
サイコ色が濃いです(僕好み)。
ホラー、スリラーというよりサスペンスですかね。

物語はFBI訓練生のクラリスが、連続猟奇殺人事件の犯人、バッファロービルを捕まえるというもの。バッファロービルは女性ばかりを狙い、監禁、殺害後、生皮を剥いで川に遺棄する殺人犯の呼称。

バッファロービルを中心としたストーリーでも十分なスペックを持っていますが、メインはレクター博士VSクラリスです。
クラリスはバッファロービルを捕まえる手がかりを、多くは語らないレクターからなんとか引き出すといった闘いですね。

本編にはレクター博士が投獄されるに至る物語(人肉事件)は語られてません。レッド・ドラゴンで語られているのでしょうか?
楽しみです。

 

ある日FBI訓練生のクラリスはクロフォード捜査官に呼び出されます。
クロフォードはクラリスにバッファロービルのプロファイリングの助けとして、投獄中のレクター博士の観察を命じます。この段階でクラリスがクロフォードを慕って(恋愛感情では無く)いて、優秀な訓練生であることが判ります。

ハンニバル・レクター博士。
有名な人肉事件の犯人。
正真正銘の精神異常者。
そして高度の知能を備えた、元精神科医。

レクターに面会すべく病院を訪れるクラリス。
レクターの担当医チルトンに案内された場所は、何重ものゲートを備えた強固な監獄でした。獄卒もレクターに近づかないように注意します。

レクター博士とクラリスの初対面シーンです。

早速クラリスはレクターにより容姿、服装、持ち物などからのプロファイリングの洗礼を受けます。面会は完全にレクターペース。
一通り言葉を交わし、どうやらクラリスを気にいった(?)レクターは、手助けの交換条件としてクラリス自身を語ることとします。

レクターもおとなしく獄中に留まってません。
この期に脱獄を企てようとしています。

歯を食い縛って前に進むクラリス。
冷笑を浮かべ多くを語らないレクター。

少しずつバッファロービルに迫ってゆくクラリスは、どのようにしてバッファロービルを捕まえるのでしょう?

 

レクターVSクラリスの構図と共に、女性蔑視に対するメッセージ性を感じました。

J・フォスター演じるクラリスが、上司であるクロフォードをはじめ、医師や囚人、保安官などから、セクハラと取れるシーンが多いことに強い印象を受けました。
物語に女性上院議員が出てくることも意識されているのでしょう。

ただクラリスは強いです。
強い女性です。

セクハラに涙しながら歯を食いしばって前進するクラリスを、J・フォスターがうまく演じています。

 

評価は★★★☆☆としました。

  • 面白さ:
    ★★★★☆
  • ホラー度:
    ★☆☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★★★★★
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★★★☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆
まぁ個人的嗜好に偏った評価ですので参考程度にしてください。

 

また、ハンニバル以降を観て評価が変わるかもしれません。
なにしろ初見のためか、頭が悪いのか、いくつか腑に落ちない点もありましたが、繰り返し観たいといった気にはさせてくれました。
あまりにも有名なAホプキンス演ずるレクター博士。J・フォスターが脚本を見て、あまりにもグロいから降板したと聞いています。リドリー・スコットにより、どんなクラリス、レクターが見られるのか楽しみです。

 

特別編とされたDVDには、レクター博士による留守電メッセージが付いてました。どうやらメッセージを残さないと肝臓を食べられてしまうらしい
当然英語。

 

......自宅の電話に使ってみようかと思います。

続きは「ネタばれ」です。

他にもホラー映画などが紹介されています。
よろしければ「クリック」をお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ続きを読む