○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

ジェイソン・ステイサム

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ロシアン・ルーレット

201111_rrt

ロシアン・ルーレット [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米)
原題:13
制作:ジャネット・ビュアリング、リック・シュウォーツ
脚本:ゲラ・バブルアニ、グレッグ・プルス
監督:ゲラ・バブルアニ
収録時間:97分

カテゴリ:サスペンス

【キャスト】

  • サム・ライリー
  • ジェイソン・ステイサム
  • ミッキー・ローク
  • レイ・ウィンストン

【総括】

サスペンスモノ。ホラーではありません。でもある意味ホラー(つかオカルト?)っぽいかも。

ジェイソン・ステイサム出演作もあり視聴。主演はサム・ライリー。他はミッキー・ローク、マイケル・シャノンなど。

雰囲気は一貫してグレー。ガチガチのサスペンスというよりは人間ドラマ的な感じを受ける。ジェイソンSのアクションは無し。まあ無いだろうと思いつつチョットだけ期待して観たが。。。やっぱり無かった。

【ストーリー】

電気工のヴィンス(サム・ライリー)は父親が仕事中の事故で入院中。母親もパートに出ているが家計は苦しい。そんなおりヴィンスは仕事先で家主がトラ模様の手紙を手に「大金を手にする」話を聞くともなしに聞いてしまう。後日その客先へ赴くと、件の主が死んでしまった(麻薬による中毒死と思われ)。ヴィンスの頭に大金の話しがよぎる。彼は躊躇しつつもその手紙を盗んでしまう。
ヴィンスは持ち主に成りすまして手紙の指示に従う。行きついた先は郊外の大きな屋敷。高級車が次々と乗り付ける。そこは高額の裏カジノだった。

※「続き」はネタばれです。

【感想】

特に大きな山場を感じることなく、やるせない結末を迎えて終わる。だが退屈することは無かった。一応クライマックスがあるにはあるのだが、あえて淡々と描いているように感じた。

映像的な見所はどうしてもロシアン・ルーレットシーンに絞られる。弾装に弾を込めてシャッフル。銃口を頭に当ててトリガーを引くまでの間(マ)は、演出も含めて緊迫感が充満する。

レフリー役のマイケル・シャノンがいい感じだ。緊迫感を煽りながらも冷静かつ荘厳に進行してゲームを盛り上げてゆく。
一方ジェイソン・ステイサムは大人しい印象だった。外道な汚れ役に違和感はあまり感じないものの、どうしてもアクション系のイメージがあってイマイチ消化不良感が否めない。なんか奥歯にモノが詰まったような感じか。

にしてもミッキー・ロークは(容姿が)劣化したなぁ。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ローグ アサシン

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_rouge

ローグ アサシン [DVD]
クチコミを見る

制作年:2007年(米)
原題:WAR
監督:フィリップ・G・アトウェル
脚本:グレゴリー・J・ブラッドリー
収録時間:103分

カテゴリ:アクション/サスペンス

【キャスト】

  • ジェット・リー
  • ジェイソン・ステイサム
  • ジョン・ローン
  • 石橋凌

>ジェット・リーとジェイソン・ステイサム共演によるサスペンスアクション。FBI捜査官のジャックとトムは伝説の殺し屋・ローグを銃撃するが、数日後トムと彼の家族は惨殺される。3年後、ジャックの前にローグが現れ…。

【所感】

アクションが一杯盛り込まれているので、ラストまで飽きることなく観ることが出来ました。サスペンス要素もあるのですが、ジェイソン・ステイサムとジェット・リーとなると、メインはどうしてもアクションになりますね。

そのアクションはガンアクションが大目。
また日本の"ヤクザ"が出てくることもあり刀剣アクションも盛り込まれています。当然のごとくバイク、カースタントも用意されていて豪華絢爛です。

ジェイソンは、いろいろ観ましたがチョット汚れている役柄の方が似合いますね。イメージで言うとトランスポーターやアドレナリン系。セルラーでも汚れ役でしたが、わき役に徹しているところもあって、個人的には不満の残る作品でした。

もう一つ。ジェイソンの日本語もたどたどしい所が好印象です。何言っているのか判らない所もありましたけど。
しかし欧米から見た日本って、やっぱりイメージ先行ですね。日本人から見ると、どうしても滑稽に映ってしまいます。「こんなこと言わないし、やらないでしょ」と突っ込みたくなる場面も沢山あります。演出に日本人を使うとかできないものか?それとも、あえて「判りやすい日本人」表現を意識した演出なのか?

本作でヤクザの親分、ヤナガワを石橋凌氏が演じています。ア・ホーマス以降、すっかり役者になっている氏。僕のイメージでは未だにARB(アレキサンダー・ラグタイム・バンド)のボーカルなんですがね。あ。決して演技が下手とかじゃないですよ。逆に上手く演じていると思います。

観ていて感じたのですが、ヤナガワ役を故松田優作氏だったらどうなったのかと思いました。どうしても石橋凌⇒松田優作のイメージがあるもので、ブラック・レインで主役を喰ってしまうような鬼気迫る演技が頭から離れない僕としては、本作の彼が観てみたいと思ってしまうのです。叶わぬ話ですがね。

お終いに用意されたどんでん返しも良かったです。正直、想定範囲内であることは否めないですがラストは「続き」とします。

ジェイソンが好きな僕としては、「繰り返し観てもいいかな」といった感じで、評点としては★4.2といった感じでしょう。
個人的好みですが、
セルラー<ローグアサシン(本作)<アドレナリン<トランスポーター
でしょうかね。

総合評価:★★★★☆

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:☆☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★★★★☆
  • アクション度:★★★★★

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

セルラー

celler

セルラー [DVD]
クチコミを見る

制作年:2004年(米)
原題:CELLULAR
収録時間:95分

カテゴリ:サスペンス/アクション

監督:デヴィッド・R・エリス
脚本:クリス・モーガン

今回はホラーではありません。
ちょっと最近ホラー系ばかり観ていて食傷ぎみですので、ここらでスカッとするような映画をと思ってのレビューです。
結構前の映画ですが、僕の好きなジェイソン・ステイサムが出演している映画です。

【キャスト】

  • キム・ベイシンガー (ジェシカ)
  • クリス・エヴァンス (ライアン)
  • ジェイソン・ステイサム (イーサン)
  • ウィリアム・H・メイシー (ボブ巡査部長)

 

【ストーリー】

ある朝、生物教師のジェシカは息子を学校に送り出し家に戻ると、何者かにより誘拐されてしまう。誘拐先で壊れた(ジェイソン・ステイサムにより壊された)電話を使って外部との連絡を試みる。やっとのことで繋がった先は、ナンパな若者ライアンの携帯(Cellular Telephone)だった。

ライアンは電話先で助けを求めるジェシカにいぶかしむが、彼女の必死さにいつしか信じるようになり、彼女を助ける行動を起こす。

なぜジェシカは誘拐されたのか?
誘拐したのは何者で目的は何なのか?

物語が進むにつれ、徐々に明らかになってきます。

 

【所感】

壊された電話
切れたら繋がる保証が無い
携帯電話を切らないようにして助ける
といった制限下での救出劇となります。

この条件が物語を面白くしています。
電波の弱い所には行けなかったり、途中で混線したり、トンネルに入る直前で思いとどまったりとライアンを苦しめます。

観終わった感想は、シチュエーションを変えた「ダイハード」のような印象を受けました。主人公(ライアン)の「四面楚歌」「孤軍奮闘」「獅子奮迅」「乾坤一擲」etc...
置き換えてみると、

  • ジェシカ⇒ホリー・マクレーン (ボニー・ベデリア)
  • ライアン⇒ジョン・マクレーン (ブルース・ウィリス)
  • イーサン⇒ハンス・グルーバー (アラン・リックマン)
  • ボブ⇒アル・パウエル巡査 (レジナルド・ベルジョンソン)

といったところでしょうか。

ライアンはジョンのように疲れた中年オヤジではなく、ナンパな若者ですが、ヘタレなりに一生懸命助けようとする行動は、ジョンと共通の好感が持てます。
またボブの置かれた立場もパウエル巡査と被りますね。根っこは異なりますが、警察内では隠遁したような役職ではあるものの、正義感が強く正直なところがです。
一方イーサンはハンスに置き換えましたが、知的なテロリストであるハンスと対照的に、イーサンはバリバリの現場指揮官といった感じです。

個人的な見所としては、まずジェイソン・ステイサムの登場シーンですね。あとから考えると大したことはないのかもしれませんが、掴みはオーケーといった登場シーンです。思わず笑ってしまいました。
次はライアンの携帯が電池切れになるシーン。充電しなくてはなりませんが、あいにく充電器はなく、車は工事渋滞に嵌って身動きがとれません。と、近くに「CELLULAR」の看板が。ライアンのとった行動は...

ちなみに携帯はノキアでした。

詳細は続きのネタばれに譲ります。

ジェイソン・ステイサムが好きな僕としては、どうしても彼中心に観てしまいました。また彼のヒール役は初めて見ました。
「アドレナリン」「アドレナリン:ハイ・ボルテージ」の印象が強い僕としては、シリアスな役どころにもかかわらず観ていて楽しかったです。近々「バンク・ジョブ」「エクスペンダブルス」も借りてみようと思っています。

 

【評価】★★★★☆

全体的に大きな中弛みもなく面白く観ることが出来ました。
惜しむらくは観終わった感じが薄っぺらいところでしょうか。
なにがそう思わせているのか自分でも判りませんが、印象深く残る作品とまでは感じませんでした。
ダイハードと被らせてしまったからかもしれませんね。


ランキングサイトに登録中です応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN