えと。
どうやら50記事目らしいです。
このblog。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

いやいや。

ひとえに読んで下さる読者様の賜です。
本当にありがとうございます。
気力の続く限り続けますので、引き続きご贔屓にしていただけると大変嬉しいです。

記念として宿題だった「オーメン」やります。

オーメン (特別編) [DVD]オーメン (特別編) [DVD]
出演:グレゴリー・ペック
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン(2007-05-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

bolg「[HEAVY METAL]IRON MAIDEN」でも一部触れました。

獣の番号666

公開当時はこの映画により「666」「ダミアン」が流行りました。
学校でも似ている奴に「ダミアン」ってあだ名付けたりしたっけ。
思い返すと髪型だけで、顔はちっとも似ていなかったのに。

あ。決してイジメじゃないですよ。

社会現象にまでなったとの話です。

 

ストーリーです。

物語はローマ駐在の米外交官ロバート・ソーン(グレゴリー・ペック)の視点で進みます。
第一子を授かるも、妻キャサリン(リー・レミック)はカトリックの病院で流産してしまいます。
悲嘆にくれるロバートに神父は養子をとることを勧めます。
ちょうど病院で同時刻に生まれた男の子。
産んだ母親は死亡したとのこと。
ロバートは、自身、そして何よりキャサリンの悲しみを考え、神父の勧めるままに養子縁組を行い、ダミアン(ハーヴィー・スティーヴンス)と名づけます。

ほどなくロバートはイギリス大使に任官され、キャサリン、ダミアンとイギリスに住むことになります。順風満帆な人生を送るロバート一家。

最初の悲劇はダミアンの誕生日パーティーでした。
パーティー会場でダミアンの乳母が自殺します。
そして、その日を堺にロバートの周りで異変が始まります。

新しい乳母ベイロック(ビリー・ホワイトロー)
執拗にロバートに警告するブレナン神父(パトリック・トラフトン)
ロバートと行動を共にする新聞記者ジェニングス(デビッド・ワーナー)
次第にダミアンに恐怖を覚えるキャサリン。

物語は澱んだ空気をはらませて淡々と進みます。

異変はロバートを駆り立て、ついに真実を知ることとなります。

真実に向き合った末に取ったロバートの行動は?

そして「悪魔の子」ダミアンは?

 

続きはネタばれです。

 

一世を風靡したホラー映画。
35年たった今でもその怖さは失いません。
今時のホラーと一線を画した作品で、是非視聴いただきたい作品です。

オーメンⅡ、Ⅲ、Ⅳ、そしてオーメン666、と連作されたようですが、口コミを見る限りではⅡ~Ⅳはイマイチらしいですね。
実はすでに借りているのですが、面白くないとの評判からズルズル見送っています。Ⅳではダミアンですらないようですし。

ちなみにⅡでダミアンが成人し、Ⅲではアメリカ大統領になるようです。

ただリメイクの「オーメン666」は観ました。

感想を一言で言うと「つまらない」でした。
ストーリーはオリジナルをほぼ踏襲しているのですが、観終わった後に残るものがありません。

なんででしょう?
自分でもハッキリしないでモヤモヤしているんですが...
オリジナル「オーメン」の全編を通じた暗~い雰囲気っていうんですかね...
リメイクでは伝わってこないんですよ。
まぁ僕の個人的感想なんですけどね。

オリジナルはもう音楽だけで怖いです。
アレ。なんつうんですか?
讃美歌みたいな?
荘厳な暗黒?みたいな雰囲気?
うまく表現できずにスミマセン

あと首ちょんぱシーンは、ずっと頭から離れませんでした。
改めて観返すと、当時の特撮技術が稚拙だったと伺えます。
逆に言うと稚拙でも十分印象に残っているということですが...

 

総合評価★★★★☆

  • 面白さ:
    ★★★★☆
  • ホラー度:
    ★★☆☆☆
  • グロ度:
    ★★☆☆☆
  • サイコ度:
    ★☆☆☆☆
  • ミステリー度:
    ★★☆☆☆
  • サスペンス度:
    ★★★☆☆
  • アクション度:
    ★☆☆☆☆

ホラーシーン、グロいシーンは、今時のホラーに通じている方は物足りないと感じるでしょう。それでも怖い作品の一つには変わりません。

 

【戯言です】

悪魔」を主題にした映画を観るといつも思うんですが、生粋のキリスト教徒(スミマセン。適切な表現が見つかりませんでした)が視聴するのと、僕みたいな仏教徒(といっても普通に生活してますが)が観るのとでは感じるモノが全然異なると思っています。

僕も「悪魔」は確かに「怖い」と感じますが、それは悪魔の容姿、所業と手段であって、「悪魔=邪悪、あるいは、」だから「怖い」という感覚がありません。

尤も、この映画には悪魔の姿は出てきませんが...
ダミアンの無邪気さの中にある邪悪さ、そして音楽や背景、全編を通した悲壮感、いや悲痛感を漂わせた雰囲気。

えと。
オーメン繋がりで何が言いたいかというと...

醜悪なクリーチャーや血まみれのグログロ映像はありませんが、しっかりと怖い映画だと感じています。

でも...
普通に夜部屋で一人で観ることは出来ますし、観ている最中に怖くて部屋を見渡したりしませんし、観終わった後普通にトイレにも行けます。
稲淳のDVDの方がよっぽど夜一人で観ることができませんw

なんなんですねぇ。この感覚。

 

えー。続きはネタばれです。
今更かもしれませんが(笑)

お終いは冒頭に触れたIRON MAIDENです。
本来ならオーメン繋がりの"The number of beast"といきたいところですが、すでに先のblogで転載済みのため別タイトルを。
つべから"INVADERS"です。
Lyricsで面白いMAD仕上げになっています。
んがっ
パンチの効いたビートはカッコいいです

よろしければ「クリック」をお願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

しかしよく50記事も書いたな。俺w

続きを読む