○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

ほんとにあった!怖い心霊スポット

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ほんとにあった怖い都市伝説 II

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_tosidensetu2

制作年:2008年(日)
収録時間:77分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

『ほんとにあった!怖い心霊スポット』シリーズのスタッフが作成したとのことで、遡って視聴しますた。出来れば本シリーズもvol.1から観たかったのだが、最初にレンタル出来たのがvol.2で、しかも内容が面白かったので紹介します。

【総括】

全体は二部構成。桜金造氏による怪談パートと、都市伝説「ひとりかくれんぼ」やってみたパート

まず桜金造氏による怪談語り。
樹海をバックに地べたに座ってパソコンを見ながら語ります。
淡々と機械的に読み上げる氏独特の語り口は、なかなか怖い話向きだと思う。

全50話の紹介。短い話は10秒程度、長くても3分くらいでテンポよく進みます。途中で「ひとりかくれんぼ」の状況が割り込むのですが、割り込むタイミングも良かったのでしょう。飽きることなく終わりまで観ることが出来ます。
なお各話のタイトルのみ続きで紹介します。50話紹介する気力がありません。タイトルだけで勘弁してください。

次に「ひとりかくれんぼ」を実践してみた。
これが結構面白い。当然ガチ前提なんですが、見事に異変が起きています。手順も紹介されており、その手順に則って女性レポーター宮崎瑠依さんが実践します。ただし、僕自身が手順を知っているわけではないので、紹介された手順が正しいかは不明。真似されないように一部省略されてる可能性もある。

【ひとりかくれんぼ】

手順については割愛させていただきます。興味がある方はDVDをご覧ください。

マンションの一室(7階らしい)。
準備を整え午前3:00スタート。なお
スタッフは屋外のロケ車に待機
人形を水を貼った湯船に入れてかくれんぼ開始。

瑠依さんは客間の押入れに隠れます。

開始から20分。

異変が始まります

と。経過はネタばれとして「続き」に書きます。

【所感】

まあ見せどころは「ひとりかくれんぼ」なんでしょうね。でもってしっかり異変が起きていることがスゴイ。仮に"やらせ"だとしても、やらせ感を感じさせない所がGOOD!!
惜しむらくは隠れている最中の各部屋の映像が無いこと。
これほど「なんで定点カメラ付けないの」と思ったことはない。

語り部の桜金造氏ですが、僕の好きな「ケイゾク」でも客演で出ています。確か「氷の死刑台」だったかと。前述しましたが、氏の語り口は好きです。

個人的にはですがこのスタッフ作成モノは今のところ外れが無いですね。映像の肝となる部分の波長が合っているのでしょう。vol.1とvol.3も借りる予定です。


ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!怖い心霊スポット 2 絶叫!心霊バスツアー!!

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_sinreispot2

制作年:2010年(日)
収録時間:67分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(心霊スポット系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

笑える心霊DVD第二弾www

映像内でスタッフが言ってました。
まさにその通り
前作が面白かったので連続して視聴。
コンセプトが明確で潔いと思います。

ディレクター兼カメラ(以下D)が、嫌がるプロデューサー(以下P)を、宥めて賺して、時には騙して無理やり心霊スポットにつれてゆき、突撃レポートするという企画。今回はタイトルが示す通りツアーを組んでおり、リアルバスガイドとしてタカギ観光さんから高橋千晶さんが同行します。

仮に脚本・演出だとしても、PとDのボケツッコミは笑えました。不謹慎と言われればそれまでですが、ともすれば退屈になるインターミッションを埋めてくれています。

前回は「腹切りやぐら」くらいでしたが、今回はそこそこ不思議な現象を捉えています。ネタだけ挙げると「それだけ」なんですが、映像と共にその場の嫌な雰囲気を上手く伝えていると思います。

【概要】

詳細は「続き」でネタばれとします。

今回は以下のスポットに突撃しています。
前回のように賽の目で行先を決めたりはしません。

冒頭に第一弾の後日譚としてPが体験した再現映像を紹介。Pが体験した再現映像。ありがちなんですが、リアルで体験したら怖いと感じる話が入ってます。

  1. 1日目:腹切りやぐら(神奈川県)
  2. 1日目:首無し地蔵(東京都)
  3. 1日目:人穴(静岡県)
  4. 2日目:華厳の滝(栃木県)
  5. 2日目:須花トンネル(栃木県)

【所感】

怖さを笑いで誤魔化そうとする気持ちは共感できます(笑)

前作でも書きましたがスタッフが悪ノリしています。
あいや、彼らは至って真面目なのかもしれませんが、肝試しレベルのノリで撮影していると取られても仕方の無いはしゃぎっぷりです。これを面白いと観れるか、くだらないと観るかで本作の印象が正反対になります。僕は前者なので、言葉通りに面白く観ることが出来ます。それなりの不思議映像も入っていますし、何より怖い雰囲気が伝わってくるので満足です。

あとバスガイドさん。さすがに良く知ってます。Pの無意味な質問に対しても、澱みなく受け答えできるところはプロですね。

これは第三弾も借りねば、と思いました。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!怖い心霊スポット

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_sinreispot1

制作年:2010年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラードキュメント

>「ほんとにあった怖い都市伝説」シリーズのスタッフが放つホラードキュメンタリー。インターネットや書籍などでその実在が語られる恐怖の心霊スポットをピックアップし現地調査した「たっちゃん池」「旧吹上トンネル」ほか、全4スポットを紹介する。

【総括】

心霊スポット現地検証ビデオ。時間は60分とお手頃なので軽く視聴。ぶっちゃけ肝試しのノリなので、鼻につく方もいると思う。視聴者を選ぶ作品と思うが、個人的には面白かったです。

本作では以下の四つのスポットが紹介される。これもスタッフでサイコロにより場所を決めるといった、ごく軽いノリである。

  1. たっちゃん池(東京都)
    都立狭山公園の宅部池(やけべいけ)
  2. 旧吹上トンネル(東京都/埼玉県)
  3. 笠間城跡(茨城県)
  4. 腹切り櫓(神奈川県)

【スポット紹介】※ネタばれ含む

撮影は全て夜。時間は不明。「笠間城跡」から女性レポーター(安西シエル)が入るが、それまでは野郎4人のロケ。

「たっちゃん池」は特に何もなし。

「旧吹上トンネル」も有名どころだが映像としては特になし。トンネル内で「ヤッホー」叫ぶ(不謹慎ですねw)。スタッフがビビっている姿が撮られているだけ。まあ場所が場所なだけに怖さは伝わってきましたが。
ヒトごとなんで言いますが、どうせ叫ぶなら山頂にいるつもりで思いっきり叫んで欲しかった。プロデューサー曰く「野郎が叫んでも絵にならない」。ごもっとも。

「笠間城跡」から安西シエルが合流。
収録中に叫び声が聞こえるとスタッフ。確かに声らしき音が、かすかに聞こえたような気がしました。

「腹切り櫓」は本作のメインディッシュ。
背後で仏具の鈴(リン)のような音(チーンってやつ)がずっと入ってる。そして階段の上に白い人影を捉えている。その他に撮影用のライトが切れたりする。

【所感】

稲淳の「恐怖の現場」や「放送禁止動画FILE」、北野誠の「おまえら行くな」と同系列の作品。心霊スポットにカメラを持って行き、その場の雰囲気を伝えることが出来れば上出来、異変が撮影できればラッキーといった感じです。
個人的には好きなジャンルですが、異変が起きてナンボといった方にはつまらない内容だと思う。

ディレクターに文句を言いながらも進行するプロデューサー。キレキャラなんですかね。嫌いじゃないですけどね。

同じスタッフ制作による「ほんとにあった怖い都市伝説」は観ていません。本作が面白かったので、本作続編と共に後で観てみようと思います。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN