201302_hondou
制作年:2012年(日)
制作:酒匂暢彦、大橋孝史
演出:福田陽平
ナレーション:細身慎之介
収録時間:77分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
大御所「ほんとにあった!呪いのビデオ」のスタッフによる本作「ほんとにあった!呪いの動画」。本家に対する分家の位置づけなのか「ビデオ」が「動画」に変化。それとも全くの推測だが「ビデオ」のキーワードは古いので今後は「動画」にシフトしてゆく。とでもいうのだろうか。個人的には「~ビデオ」の歴史そのままに続けて欲しいと思うが。
収録時間は77分とちょっと長め。内容は心霊+超能力(+感染症?)と捻りを入れている。エログロ系は無し。構成は投稿メールを起点に、取材過程で判明したか怪異を記録した映像。基本的には「ほん呪(=ほんとにあった!呪いのビデオ)」と同じ作りだと認識する。
【イントロダクション】
スタッフルーム。動画が添付されていない投稿メール。SNSサイトにアップされた動画に髪の長い女の姿が映されている、という内容。
続いて投稿者インタビュー。投稿者は壮年の男性。彼は娘の日記で「恐い動画がある」との記載があり気になって娘に確認したとのこと。その動画はデジカメで撮影した写真と写真の間に割り込んでいた。撮影者は動画を撮った記憶が無く、動画にはノイズに混じって髪の長い女性が映り込んでいた。※ここでは問題の動画は紹介されない
実は投稿者が学生の頃、サークルで似たような状況に陥ったことがあり今回の投稿に至った。投稿者曰く、その状況とは映像を視聴した人が同じ異変に見舞われるという。当時サークルで超能力を扱う少女のビデオを観た。当時でも古い映像で友人が実家から持ち込んだらしい。このビデオを視聴した後、一緒に観た女性が自殺、持ち込んだ友人は失踪してしまう。投稿者は超能力ビデオで少女が念写するシーンがあり、その念写が未来に向けて、つまり娘の見た動画に写されたのではと語る。※コチラの動画もここでは紹介されない
髪の長い女の映像はSNSで知り合った友人が撮影した者で、投稿者の娘は直接連絡が取れないとのこと。スタッフは調査を開始する。
※「続き」にネタバレで紹介
【感想】
77分の作品だが退屈はしなかった。まずは「ほん呪」スタッフ制作といったところか。
本作のシリーズ化前提の話だが、気になるのは本家「ほん呪」との本作との棲み分け。なにかしらの違いを出してゆくと思われるが、なにより(両シリーズ共に)クオリティを落とさないで欲しいと願う。
本作では主として3つのエピソードを追う形で進行する。心霊映像は作った感は強いが怖さはまずまず。まあセオリー通りのポーズとも取れるケド。次の感染症(としておく)映像は不快感を覚える映像。最後の超能力映像はありがちな感じ。ただ超能力を絡められるとどうしても映画「リング」の千鶴子(だったよな)を思い浮かべてしまう。
ストーリー構成(としておく)では、最初の動機となったネット上の動画と投稿者が学生時代に観たビデオで、気持ち悪い映像である以外に関連性は感じられなかった。特に投稿者が主張する「似たような状況」というまでは至っておらず、2本の動画の関連付けに至る説得力は弱いと感じた。あと娘の日記を見る父親ってどうなの?それを許容する娘ってアリなの?
未解決のままラスト。疑問は残るのが、あえて続編を切望するまでには至らず。うーん。それぞれのエピソードとその結果の怖さが感じられなかったからかな。でも続編がリリースしたら観ると思います。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む