○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

ほんとにあった!呪いのビデオ

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ほんとにあった!呪いのビデオ special 2

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_noroisp2

制作年:2001年(日)
収録時間:85分

【シリーズ過去ログ】(日付はblog投稿日)

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ [2011.2.9]
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE [2011.4.3]
  3. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2 [2011.4.6]
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ special [2011.4.8]

【総括】

本作では13のエピソード(投稿)を収録しています。各話の概要は「続き」とします。

総じて面白くなかったです。そう感じる原因はいろいろあるので整理してみます。

  • 検証が中途半端
  • テンポが悪い
  • ネタを引っ張りすぎ
  • 僕が集中的に観過ぎている

本作では前編で85分。13episode。少し長いかとは思うが、エピソード数としてはまずまず。なのに内容が薄い。85分ではなく45分で十分な内容だと感じた。vol.1~5位やTHE MOVIEに比べて、明らかに構成が劣化してしまっている。ネタが無いためなのか、無駄に時間を費やしているように思えてならない。もう少し徹底検証して欲しい。って、同じようなコトspecialでも書いたな。

13話の内2話は、vol.1に出てきた白い服の女の話。ビデオを観た者の間で移動するという内容。この話しも引っ張りすぎ。後日譚として後からエピソードが追加されることは仕方無いにしても、もう少しやりようがあると思う。こんだけ小出しにされると、当初の恐怖が薄らいでしまう。いっそこのエピソードだけに集中して、整理した作品を作って欲しい。

またテンポが悪いと感じるのも構成によるものだと思う。
背景を伝えたいのだろうと思うのだが、肝心の映像までが長いのだ。投稿者のインタビューとか現場検証とかがほぼ各話前段に配置されている。個人的には、まず問題のビデオを見せて欲しい。その後に投稿者インタビューや現場検証、専門家による検証を盛り込めばいいし、新たな発見といった広がりが持たせられればベストだろう。specialなんだしね。
もう一つ。問題の映像をリプレイしてクローズアップするのであるが、リプレイポイントも無駄に長い。前後5秒程度で十分でしょ。

さて怖い映像としてみた場合はどうか。主観だが怖いと感じる映像は残念ながら無かった。

このシリーズを集中的に観ている所為か、この手の映像に食傷気味で、感覚が麻痺してきました。本編はvol.10まで観ているのですが、回を追うごとに内容が薄くなってきて怖いとは思えなくなってきています。special3はレンタル済みなのですが、少し観るのを控えようか悩み中です。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

 ↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ special

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★ 

201104_noroisp1

制作年:2000年(日)
収録時間:90分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

【シリーズ過去ログ】(日付はblog投稿日)

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ [2011.2.9]
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE [2011.4.3]
  3. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2 [2011.4.6]

【総括】

本作でレビュー4作目となる当シリーズ。タイトルの通り観たものに呪いがかかる、といった内容を含んでいる。そのため後日譚がいくつも出てくる。今回もその後日譚(検証の掘り下げ)がメインとなっています。
ただ順番に観ないと話が判らない訳ではなく、後日譚と共に簡単に元の映像を説明しています(当然問題の映像含む)。

詳細は「続き」としますが、項目だけあげておきます(順不同)。

  1. 本編vol.2:坊主頭の作業服を着た男の話
    ⇒反響を紹介
  2. NEW!:ストーカー調査映像の話
  3. 本編vol.5:小学校で遊ぶ子供に入り込んだ音声の話
    進展:背後の廃屋に映る人影
    進展廃屋に纏わる殺人事件
  4. 本編vol.1:ブラウン管に移り込む白い服を着た女性の話
    進展:ビデオを媒介に移動する霊?
  5. 本編vol.5:ビデオレターで歪む顔の話
    進展:本人の所在といじめの事実
  6. NEW!:ニュースに移り込んだ顔の話

【所感】

今回のメインはvol.5の背景となった廃屋であろう。ここで他作品にもでてくる霊媒師の方が登場する。ニュースに移り込んだ顔の話も、霊媒師と接触した背景を語っているだけのようにとれる。

全体的に検証経過を記しているのであろうが、結論が出ている話が無かった。尤も結論のある話か否かという前提もあるのだが、いかんせんこの単体だけ観ると消化不良感は否めない。
どれも中途半端な映像に留まってしまっているように感じた。
未見のシリーズにて完結するか不明であるが、もう少し話を絞って掘り下げても良かったのではないか。

肝心の「怖い映像」の新作は無かった。新作投稿は2つ。どちらも心霊的な怖さは少なめ。ただストーカー映像はリアルホラーな恐怖(不気味さ)を感じたが。
ビデオレターの顔が歪む話も進展したのだが、これはスタッフがどのように話を持って行きたいのか意味不明であった。不謹慎かもしれないが、完全な傍観者としてドキドキ感はありましたけど。
メインと思われる廃屋の検証映像は、映像こそ怖いものは無い(実はこの映像にも映り込んでいるのであるが別の話となる)が、何より現場の異様な雰囲気は伝わってくる。足音や食器の落ちた音とかバンバン入っているし。

混乱するため、一旦リリース時期を整理しておく。なお時期は制作年とDVDレンタルリリース日付であり、実際のVHSビデオレンタルリリースではないので注意してください。

【リリース時期】※本編とは「ほんとにあった!呪いのビデオ」を指し、またとりあえずvol.10までとします

  • [1999年制作]本編vol.1 2003/8/22
  • [1999年制作]本編vol.2 2003/8/22
  • [1999年制作]本編vol.3 2003/9/26
  • [1999年制作]本編vol.4 2003/9/26
  • [2000年制作]本編vol.5 2003/10/24
  • [2000年制作]本編vol.6 2003/10/24
  • [2000年制作]本編vol.7 2003/11/21
  • [2000年制作]本編vol.8 2003/11/21
  • [2000年制作]special#1 2004/2/6
  • [2001年制作]本編vol.9 2003/12/26
  • [2001年制作]本編vol.10 2003/12/26
  • [2001年制作]special#2 2004/2/6
  • [2002年制作]special#3 2004/2/6
  • [2003年制作]special#4 2003/8/22
  • [2003年制作]THE MOVIE#1 2003/4/25
  • [2003年制作]THE MOVIE#2 2003/11/21
  • [2004年制作]special#5 2004/7/2

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_noroimv2

制作年:2003年(日)
収録時間:85分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

【シリーズ過去ログ】

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ [2011.2.9]
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE [2011.4.3]

>大人気の心霊ドキュメンタリーシリーズの映画版第2弾。旅先で友人たちの写真を携帯で撮影した女子校生N。その日の深夜に、発信不明の電話が鳴ったが相手は不気味なノイズ音。そしてそれ以後彼女の周りでは奇妙な事が次々と起きていく・・・。

【総括】

観る者に災いを及ぼすとされる映像を紹介、検証する当シリーズ。THE MOVIE(以下MV1)が面白かったので、連続して視聴しました。
MV1同様に検証過程を明らかにしており、それが話自体にリアリティを持たせることが出来ていて面白かったです。MV1との比較で言うと、本作(以下MV2)の方が若干怖さに欠ける点があるかと感じました。具体的劣る点としては、所謂「霊障」とされる災いが局所的であり、また、話自体の出来すぎ感も頭のどこかで「んな偶然あるわけないじゃん」みたいな想いを抱かせたからかもしれません。

ガチなんでしょうけど、あえてフィクションだとしても及第点はとれる作品だと思いました。

以下ネタばれ進行で紹介します。

【概要】

本作では3つの投稿が紹介されるのですが、内2つの投稿に類似性が確認され、検証を進めるうちに共通項が増えてゆきます。そして話はとある廃村に収束されてゆきます。

  1. 旅行先で撮られた携帯動画に映り込んだ黒い人影
  2. 首なし地蔵への肝試し動画に映り込んだ人影
  3. 偶然居合わせた事故現場の動画に入った意味不明の

この中で「1」と「3」が関係してきます。

今回の重要アイテムは「言葉」です。

中でも「1」は後日譚を含めると、いろいろ不自然な事象が明らかになってきます。

まず「1」に関する異常事象。
女性3人で滝を前にはしゃいでいる映像。

  • 動画に映った黒い人影
  • 非通知で携帯に入ったFAX送信音とそれに混じる
  • 同行した友人1の体調不良(原因不明の熱)
  • 同行した友人2の階段で捻挫
  • 撮影前に見知らぬ老人に意味不明な言葉をかけられた
  • 友人1宅に電話すると、再びFAX音と共に意味不明な

次に「3」に関する異常事象。
事故現場に居合わせた男性2人が別々に撮影した映像。

  • 別々に撮影した内の1つに意味不明の
  • その映像を撮った男性が謎の音声を解明した後行方不明
  • 行方不明になる直前に、事故で亡くなった老人宅へ突撃取材した映像に映る黒い人影

スタッフに寄せられた「1」「3」の共通性を発見し、投稿者を引き合わせたり、意味不明な音声に対して街頭で100人に「何と言っているのか」確認させたり、亡くなった老人宅へ正式に取材したりします。浮かび上がってきたのは一つの廃村。その廃村にまつわる伝承を確認し、導かれるように廃村を訪れます。

「2」は単発の話のようなので続きで簡単に触れます。

【所感】

正直出来すぎ感が否めません。
その分、直観的に怖さが半減したのだと思います。
また映像そのものも、さほど怖いと感じませんでした。

全く関係の見られない二つの心霊現象が一つの原因で発生しているストーリー展開は良くできていると感心しました。いや。ドキュメントなんでしょうけどね。

謎の音声について、街頭インタビューで統計を撮るのは面白い企画だとは思ったのだが、例によって音声研究所(?)のようなところでキチンと解析して欲しかった。その方がより信憑性が出るだろうし、何より「何を言っているのか」がハッキリしたと思う。逆に言うと、いつものように使っているそういった機関を使用していない点が、リアルさを半減させ不自然に感じられる。

結局、廃村の奥にある大きな屋敷の中にあった牛の頭蓋骨二対の刀を、さらに村の奥にある祠へ祀ることで霊障は無くなります。実際に体験しなければ絶対理解できない感覚だと思うが、発見する過程はオカルトそのものでした。

さて。終わるのですが疑問が残ります。

  1. 行方不明になった男性はどうなったのか
  2. ラストに元気になった女性3人の背後に映る黒い影

とまあ、粗を探すといろいろツッコミ所があるかとは思います。ただ、シリーズ一貫してそれなりに検証をしっかりやっている点は評価が高く、個人的には好きな作風です。
動画だけ紹介している作品に比べると、断然信憑性が高くなります。またスタッフが顔だししている点も高評価ですね。

MV1を上回ることは出来ていないと感じますが、別の視点で面白く見ることが出来ました。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_hontonoroi_mv

制作年:2003年(日)
収録時間:75分

カテゴリ:ホラー

【シリーズレビュー過去ログ】

実は本編vol.7まで視聴済みなのですが、個々のレビューに手がまわりません。ヘタレですみません。

でもって今回は「THE MOVIE」一作目のレビューです。

しかしこのシリーズは息が長くスゴイですね。
しっかりと検証もしているので、僕好みの内容となっています。
スタッフさんも顔だししてるので、内容の信憑性(所謂ガチ)が格段とアップし、リアルな恐怖を感じさせてくれるシリーズですね。

早速内容です。例によってネタばれです。

【概要】

話しは大きく2つに分かれます。

  1. vol.2に収録された、"観る者に災いをなす"とされる映像の調査
  2. その調査過程で浮き上がってきた、別の"観る者に災いをなす"ビデオテープの存在。

vol.2に収録された、"観る者に災いをなす"とされる映像が収録されており、本作ではその映像の後日譚を契機に、内容を掘り下げる形となっています。後日譚とは、vol.2を見た男性が後日突然死したことが話のスタートです。

死亡した男性について調べてゆくうちに、別の"不気味な映像"の存在が判明します。その映像の出自は不明。死亡した男性が学生時代に拾ったビデオテープです。当時そのテープを観た人が、最悪翌日に死亡したとされるものです。亡くなられた女性の死因は青壮年突然死症候群との診断が下されています。他にも出来モノが出来たり、無意識に階段を落ちていたり、突然卒倒したり、これも無意識に自動車の前に飛び出したりと、さまざまな身の危険を感じる事象が頻発しています。

当然件のビデオテープに収録されている映像は本作にて紹介されています。

【所感】

結構リアリティが強く(つかドキュメントなので当たり前か)、怖い作品に仕上がっています。

何が怖いって「観た者が祟られる映像」の一点ですね。

その映像と共に、どんな災いが起きたのかが、原則本人のインタビューで紹介されます。映像なので恐怖を煽るような編集は多少なりともありました。しかし紹介される異変には、やっぱり「リアルな怖さ」を感じます。

実際のところvol.2は視聴していなくとも、"観る者に災いをなす"映像は本作に収録されていますので、コチラだけを見ても差し支えないと思います。またvol.2を既に観た方は知っていると思いますが、その映像はビデオのラストに収録されており、直前に「観るか観ないかは視聴者自身の責任において判断するように」といったテロップが流れます。

僕は既にvol.2視聴済みです。レビューしたvol.1の直後に観ました。勿論最後に収録されている"祟る映像"も観ました。かれこれ二ヶ月になろうかという感じですが、僕が鈍感なのか、幸いにも所謂"祟り"のような異常はありません。

そのvol.2に含まれる"祟る映像"というのは、電車の車内で撮影した映像で、窓ガラスに存在しない男の姿が写っているというものです。その男の姿は坊主頭に作業着を着ており、カメラを睨んでいるような映像です。

一方本作で存在が明らかになる、別の"祟るとされる不気味な映像"の内容は全く意味不明なものです。
「廃墟のようなところにドアが並んでおり、一番奥のドアがゆっくり開くと首の無くなったような人影が出る」という映像です。映像そのものよりも、バックに流れる騒音レベルの何かを叩くような音、そして音がハウリングを起こしているように響く点が、一層不気味さを強調させています。『ゴワァァン、ゴワァァン』といった感じです。カメラ位置は固定され、ノイズと共にハッキリと出てきます。
こちらにも直前に観るか観ないかの判断は視聴者に委ねる旨のテロップが流れます。

僕は当然観ました(説明しているんで当たり前ですね)。

エンドロールのあとに「観た方はお祓いを勧める」旨のテロップが流れます。

やっぱり相当怖いレベルの作品だと思います。
前述したように映像が怖いというより、祟られるのではないだろうか、死傷してしまうのではないか、といった恐怖を植えつけられるような作品でした。

今のところ僕の周辺では異常はありません。
何かあったらblogで報告しますね。
尤も。報告できればですが。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

ほんとにあった!呪いのビデオ

noroiv001
ほんとにあった!呪いのビデオ(1) [DVD]
クチコミを見る

制作年:1999年(日)
収録時間:54分

カテゴリ:ホラー

 

すでに41巻まで出ている当シリーズ。
劇場版、スペシャル版入れるともっとかw

いまさらながら1巻から順番に観てみようかと。

何時最新刊まで追いつくか判りませんが、行ける所まで突き進んでみようかと思います。ただ連続レビューはできないので、合間を縫うように(思い出したように)書き込みます。

原則ネタばれ進行となりますのでご注意ください。

・本編映像:約50分
・掲載映像:11本

最初の投稿は本編のメイン。なので一番最後にまとめます。
メインテーマを除いてはサクサク進むので、観ていて退屈はしないだろうと思います。

 

【投稿2:トンネルにて…】

  • [概要]心霊スポットのトンネル(神奈川県、Kトンネル)を走りながらの映像。トンネルの壁に黒く透けたような男の影
    また車のフロントウィンドウ越しにもが映っている。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]壁のしみのようにも見える。あまり怖さはない。

 

【投稿3:墓参りの記録】

  • [概要]昭和58年に撮影された8ミリビデオ。墓参りをする一家を映していると、故人である祖母の笑顔が映し出された。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]怖いというよりも和む映像。ハッキリと映し出された表情は、非常に穏やかで、観て温かい気持ちになった。8ミリというのも時代を感じさせる。好印象な映像で、僕も墓参りしようかなと思わせてくれました。

 

【投稿4:劇団の稽古風景

  • [概要]スタジオで練習風景。大きな鏡にいるはずのない人影が映り込む。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]チョット判りにくい映像。うっすらと女性の顔らしきモノが映り込んでいる。表情は伺えず、あまり怖いとは感じない。

 

【投稿5:結婚パーティーにて

  • [概要]結婚式の二次会のような映像。列席者の黒い服に青白い手が映り込んでいる。
  • [怖さ]★★★☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]そこそ怖い映像。だた手が出ているだけなので、意思が判らない分怖さが少ない。これが首にかかっているとかだと怖さのレベルがアップするかと。

 

【投稿6:事故現場にて

  • [概要]たまたま遭遇した事故現場を車中から撮影。ガードレールに浮かび上がる男の顔
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]これも判りにくい。目元が黒く窪んでおり、表情は読み取れなかった。

 

【投稿7:監視カメラ

  • [概要]カラオケボックスの監視カメラ映像。誰もいない部屋に忽然と浮かび上がる白い少女
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★☆☆☆
  • [所感]監視カメラのせいか、若干映像が乱れる。一瞬であるがハッキリと女性と判る白い姿が確認できる。それだけなので怖さはイマイチ。
    それよりも部屋でいちゃつくカップルが気になったwww
    ボックスとかで変なことすると、流出しちゃうかもしれませんね。

 

【投稿8:生中継番組

  • [概要]東京都中野区の哲学堂公園でTVの生中継映像に、ノイズと共に割り込む男の後ろ姿と、「あき屋」と読める文字
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★★★☆
  • [所感]ホントに生中継された内容か不明。演出がリングと同じで、怖さよりの作った感を強く感じた。

 

【投稿9:大学校舎にて

  • [概要]茨城県T大学(つくば大???)で、肝試しを興じる男女。廊下の壁(?)から浮き出てきた白い顔
  • [怖さ]★★★☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]撮影時に撮影者が気が付いていた唯一の映像。出来過ぎっぽさが感じられた。映像自体はまずまず怖いです。

 

【投稿10:盗撮・試着室

  • [概要]デパートの婦人服売り場にある試着室を盗撮した映像。壁に人の目元がずーと映っており、徐々にハッキリと輪郭を現す。
    見た感じ幼児のような顔。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★★★★☆
  • [所感]徐々にハッキリしてくる過程は怖いが、浮き出た表情は無く、何らかの意思は感じられなかった。
    つか、それ以前にマジ犯罪ですね。スタッフさんは通報したのでしょうか?気になります。

 

【投稿11:スタッフが撮影した心霊スポット映像

  • [概要]東京都の千駄ヶ谷トンネル。「意図して霊は撮影できるのか」をテーマに撮影。トンネルに髪の長い女性のような靄が映されている。
  • [怖さ]★★☆☆☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]これもよく判らない映像。顔のようにも見えるし、形をなしていない靄のようにも取れる。
    スタッフさんを信じてフェイク度は最低にしました。

 

さて、メインテーマです。
タイトルは無かったのですが、いろいろな角度から検証していて、内容としては面白かったですね。

【投稿1:(タイトルなし)

  • [概要]場所は東京都杉並区。内輪の引っ越し祝いを撮影したところ、いろいろな異変を捉えた映像となる。
    -耳鳴りのような音
    -テレビのブラウン管に写る黒髪の長い白い女性
    -うっすらと笑う女性の声
    -再現ビデオに映り込んだ女性の顔
  • [怖さ]★★★★☆
  • [フェイク度]★☆☆☆☆
  • [所感]投稿者のインタビューや識者による調査、以前住んでいた方のインタビューと、力を入れて検証しています。

まず「耳鳴りのような音」。
僕には鈴虫が鳴いているように聞こえました。音声を分析するとハウリングとのこと。しかしこの部屋の広さでは起こり得ない音とのことです。

次に「ブラウン管に映る白い影」。
立ちポーズと座りポーズの2つあります。
こちらも科学的に検証しますが、実際にその場に人がいたとしか考えられないとの結論。画像が編集された形跡はなく、人影は実際に室内に人が立っていなければ発生しえないとのこと。

そして「うっすらと笑う女性の声」。
検証開始時は誰も気付かなかった。この家の前の住人のインタビューにて新たに発覚。
前の住人もこの部屋で怖い体験をしたと言う。夜寝ていると金縛りにあう。耳元で「ウフフ」といった薄い笑い声を聴く。目を覚ますと枕元に白い女性が座っている。
しかして映像には笑い声が入っていることに気付きます。
けっこうハッキリと「ウフフ」といった声が...
早速声紋分析すると、年は15-20歳位、身長は150-156cm位の女性の発する声とのこと。映像に収められている誰にも該当しない人物となりました。またこの部屋では絶対に発生しえない環境で発せられた音のようです(狭い箱の中、空気の薄い場所)。

最後に「再現ビデオに映り込んだ女性の顔」。
エンドロールで紹介されました。
当時の状況を再現し、物理的に説明できるかを検証している中、部屋の天井付近に白い靄のような顔が映されています。

 

こういった現象を科学的に検証する過程って好きですね。
可能性を潰していって、行きついた先は説明できない事象であるといった流れです。
数学でいうと「背理法」でしたっけ?

1999年制作の本作。
全体的にガチな映像が多かったと思います。

僕的に心に残ったのは「墓参りの記録」ですね。
こういった作品に少ない、とても穏やかな気持ちにさせてくれました。

次作以降、劇場版等も見てゆくつもりですが、なんとなくガチな映像は少なくなってゆくような気がしてなりません。商業主義ってやつですか。

ただ此処まで長期にわたり作品を提供しているスタッフには敬意を表します。それだけ支持されているということでしょうね。

今回のレビューはこれまでです。

いろいろ含めて評価は★★★★☆です。

次作も期待します。

 

【おまけのエンドロール

  • [概要]建築現場の井戸(?)の中を撮影。底にたまった水が撮影者を映していますが、その後ろから手が出てきます。
  • [怖さ]★☆☆☆☆
  • [フェイク度]★★★☆☆
  • [所感]作れそうな映像でした。

 

ランキングサイトに登録中です。応援クリックお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN