○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

マンガ・アニメ

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ニコイチ

ニコイチ 8 (ヤングガンガンコミックス)ニコイチ 8 (ヤングガンガンコミックス)
著者:金田一 蓮十郎
スクウェア・エニックス(2010-11-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

昨年11月に発売されていて、部屋に積まれていた「ニコイチ」8巻。
読みましたん\(^o^)/
ヤング・ガンガンに連載中の漫画です。

作家は金田一蓮十郎さん(♀)。
金田一さんもお気に入りの作家さんです。

カテゴリはラブコメなんでしょうね。
やっぱり。

「ニコイチ」をご存じない方に概要を...

須田真琴(♂)は普通のサラリーマン。
大学時代に彼女を亡くし、彼女の子供である赤ちゃん:崇(たかし)を引き取りますが、崇は真琴がいくらあやしても泣きやんでくれません。
そんな真琴が当時思いついたのは、亡き彼女になりきることでした。

化粧、服装、体格...まぁ女装ですね。

コトが奏して赤ちゃんは真琴に懐いてくれるようになります。
しかして真琴の二重生活が始まりました。
家では若くて綺麗なお母さん(女装)
外では平凡なサラリーマン(当然男装)

数年後...
小学生となり物心がつき始めた崇。
真琴は相変わらず崇の前では母親になりきり、崇も母親(女性)であることに疑いを持ちません。
今までバレないことが奇跡であるように、真琴は崇に「男=お父さん」であることをカミングアウトする機会を伺ってます。
が、元々ヘタレな真琴。ずるずるとカムアウトを先延ばしにしながら、途中で事情を知った今の彼女、藤本菜摘(♀)と一緒にお話は進みます。

 

物語の核心は「崇へのカミングアウト」です。

8巻で、真琴はついにカムアウトします。

崇の反応は...

ぬるっ」(原文ママ)

でした。

さて、崇は理解しているのでしょうか?
続きは読んでみてください。
カムアウトで終わるかと思い、ちょっと寂しかったのですが、なんだかお話は続いていきそうです。

 

全巻通しての見所は、
女装時の真琴はしっかり者
男に戻った真琴はヘタレ
といったギャップでしょうか
よく真琴の脳内会議を描かれていますが、男真琴に女真琴が厳しく指導する場面があり面白いです。

金田一さんの漫画に共通してあることなんですが.....
「会話の間」っていうんですかね...
これが僕的に笑いの波長が合っているんですよ。

また、結構ネタとしては重い話なのですが、コメディタッチで気持ちよく読むことが出来ます。
ストーリーも面白いのですが、個人的に好きなタイプの「絵」です。

 

他には「チキン・パーティー」「ハレグゥ」「アストロベリー」等々。
結構描かれています。

個人的には「チキパ」がいい感じですね。
ギャグ漫画なんですが、正義感あふれすぎで周りからウザかられながらも魅かれてしまう主人公「トリ」。
すでに3巻完結されてしまってますが、こちらも好きです

また新しく始まった「ライアー×ライアー」も1巻が出ています。
こちらも「ニコイチ」とはチョット異なる二重生活のラブコメですね。
ちょっとニコイチと被る内容なので、今後の展開に期待しています。

と、今日はこの辺で。

 

例によってコチラもよろしくお願いしますm(__)m
お気に入りの一冊を見つけてください。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

それでも町は廻っている8

え~。世間ではクリスマスイブですね。
リア充の方々。それこそ充実した一日をお送りのことと思います。
心よりお祝い申し上げますw

まぁ当ブログではあまり関係ないのでスルーしますがw

「ハンニバル」のレビューが思いの外はかどらないので、先に「それ町」新刊です

それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス)

それでも町は廻っている 8 (ヤングキングコミックス)
クチコミを見る

出ましたね\(^o^)/

8巻

冒頭に評価は★★★★★でした。

中弛みする頃かと思いきや、全話大満足です。

漫画内の時間進行は不明ですが、今回のヒロイン歩鳥は少し大人びた感じです。故意なのかたまたまなのか判断できませんが、石黒ワールド的にはモーマンタイです。

その中でも個人的に一番好きなキャラ。

「ユキコ」が活躍(?)するお話を紹介します。

「ユキコ」は歩鳥の妹で、その破天荒ぶりは歩鳥をはるかに凌駕します。
歩鳥の弟の「タケル」は、年の割に歩鳥以上に理知的なんですがね。

ちなみに8巻ではユキコが巻頭(表紙の次ページ)を飾ってます。

 

田舎に帰った嵐山一家。
歩鳥ではなく、タケルとユキコのお話。

 

【1発目】

タケルとユキコが「ルービック・キューブを得意とする河童」(笑)を探しに出かけます。
しばらく歩くと小川がありました。
タケルが沢ガニを見つけます。

ユキコ:「ユキコの攻撃

と、いきなり沢ガニを踏みつぶします。(沢ガニは避けます)

いや。普通いきなり踏みつぶそうとしないからw
でも子供の頃ってそうだったっけ?

【2発目】

8巻で一番のお気に入り場面です。
これこそ石黒漫画の真骨頂といった感じと共に爆笑してしまいました。

小川の畔でペットのジョセフィーヌ(たぬき)らしき動物を見かけ、追いかけた先での一言。

ユキコ:「ゴチだ」

タケル:「墓地だ」

著作権とかで画像を掲載していいのか判らないので、お見せすることはできないのが残念ですが、当巻のマイベストでした(゚∀゚)アヒャヒャ

どうしたら「墓地だ」を「ゴチだ」なんて間違うセリフを吐かせるようなことを思いつくのか
爆笑の後に素直に尊敬します。

 

それにしても、

ユキコ...

あなどれないやつ。


今回は紺先輩はあまり出てきませんでした。すこし残念。

紺先輩と飼い猫(?)コバンとのお話です。
面白いながらも、歩鳥も紺先輩もキャラ的にごく自然な言動で、かつ、しんみりとさせてくれることろが凄いです。

う~ん。

うちのぬこさんも、コバンくらい懐いてくれても良いと思うのだが....

 

少し前(11/30?)に短編集#2「ポジティブ先生」も出ました。
当然読みました。とこちらは★★★★☆といったところでしょうか。

時間があればご紹介しようかなと.....

と、今日はこれくらいで。

よろしければ「クリック」をお願いします。
他にお気に入りの漫画がみつかるかもしれません。
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

最後に一応....
メリーヤリスマス

続きを読む

ネムルバカ

F1000038

今日の「2号」

お気に入りのお隣の車の上。
いつもここから塀越しに我が家をみてにゃあにゃあ鳴く(´∀`*)
塀越しだとちょうど顔の部分だけが見えて...

....和む.....(*´Д`*)

ただ最近「1号」を見かけない
「2号」との力関係なのだろうか?

 

今日は漫画の話などを...

最近、、、
ではなく以前からのお気に入りは「石黒正数」さん

現在放映しているアニメ「それでも町は廻っている」の原作者。
オフィシャルサイトをみると原作に忠実なキャラデザのようで、
また個人的に好きなシャフト&新房監督なので、
かな~り期待していたりします。

が、TV放映は観ていませんwww
アニメはDVD化してから観ようと思っています。
レンタルですけど(笑)

で、その石黒さんの作品で一番のお気に入りが「ネムルバカ」です。

nemurubaka-web

石黒さん曰く「大学生の日常を描いたファンタジー」とのこと。

ミュージシャンを目指す先輩と漠然と日々を過ごす後輩、二人の女子大生のドタバタした日常を語ったお話。
目的に向かって精進するグータラな先輩と、目的もなくだらだらと過ごすしっかりしたいと思っている後輩。
これといったエピソードもなく、淡々とした日常ストーリーなのだが、ありそうでなさそうな設定が好きです(まさにファンタジーですね)。
残念ながら1巻完結。

ただこの先輩。
石黒さんがかなり気に入っているキャラらしく、それ町など他作品に似たようなキャラが出てきます。

・それでも町は廻っている⇒紺先輩
・ネムルバカ⇒鯨井先輩
・響子と父さん⇒失踪中の岩崎家妹
・木曜日のフルット⇒やっぱり鯨井先輩

特に「響子と父さん」⇒「ネムルバカ」なので興味がある方は両方読むことをお勧めします。(^∀^)

あ。
ちなみに「ネムルバカ」のamazonレビューは★★★★★です。

ネムルバカ (リュウコミックス)
クチコミを見る

是非「ネムルバカ」も映像化(アニメ・実写どちらでも)して欲しいですね

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN