○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

マンガ・アニメ

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

BLOOD-C

201204_BLOODC

BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
キャラデザ:CLAMP
監督:水島努

カテゴリ:ホラー/アニメ

【総括】

今回はチョット毛色が異なりホラー系のアニメです。
カテゴリ的にどうなの?うーん、まあホラー系なのでいいでしょう。

1クールのTVシリーズで全12話。続編(つか解決編か?)が夏に劇場公開される模様。

アニメ「BLOOD」シリーズのおさらいとして、2000年に「BLOOD The Last Vampire」が劇場公開。2005年から2006年で「BLOOD+」がTV放映(4クール、全50話)。そして本作が2011年にTV放映された。

「小夜(サヤ)」の名を持つ少女が主人公で、タイトルから連想されるように、彼女がバンパイア(バケモノ)を退治する展開は共通している。ただしバンパイアの呼び名は異なっている。劇場版ではバンパイア(たしか)、BLOOD+では「翼手(ヨクシュ)」、本作では「古きもの(フルキモノ)」と呼ばれており、ストーリ的な繋がりは無い。

【ストーリー】

主人公:更衣小夜(キサラギサヤ)は神主を父に持つ神社の巫女。メガネっ娘。昼間はかなり天然な女子高生だが、夜は父の八卦に従い「御神刀」で「古きもの」を退治する。詳細はネタばれになるので「続き」に記載。あと「古きもの」は勝手に命名した。

【感想】

実のところ本作をここで紹介するつもりはなかった。まあアニメという理由もあるが、なんせ「退屈」だったから。キャラデザはclamp氏。氏の10等身キャラとストーリーとのギャップもあって、DVD2巻目くらいで失敗だったかと後悔。惰性で毎月リリースされるDVDを観ていた感じ。しかしその「退屈」もラスト2話で帳消し。今までの「退屈」な伏線が最後に最大の盛り上がりを見せてくれる。驚くようなどんでん返しとかは無いけれど、謎解きと一緒にキャラのドロドロした内面がいい感じだ。始めの退屈感に耐えられればラストは満足いくかと思う。

小夜が手にした日本刀でバケモノを切り裂くシーンや、バケモノが人を捕食するシーンがある。シリーズを通して観ると本作が一番あざとくてグロい感じだ。特に人が襲われるシーンは流血ドバドバ、手は千切れる首はもげるで、いっそ清々しさを感じるくらい。clamp氏のキャラのためか、グロシーンほどに気持ち悪さは感じなかった。

観ていると大体2話くらいで設定環境に違和感を感じると思う。山。湖。人通りの極端に少ない道。そんな緑の多い小さな田舎町に異物でも放り込んだような高校の制服。異様に少ない生徒。綺麗に舗装された大きな道。でも車は通らない。造られたような違和感。勿論その辺りもラストへの伏線となるのだが、あたりまえのようにスルーされて進行する。
個人的には「BLOOD+」の小夜が一番しっくりくるかな。全50話っつうのが長いんだけれどw

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

ライアー×ライアー

ライアー×ライアー(2) (デザートコミックス)

ライアー×ライアー(2) (デザートコミックス)
クチコミを見る

今回はホラーじゃありません。コミックです。

以前紹介した『ニコイチ』の作者、金田一蓮十郎さんの作品。少し前に『ニコイチ9巻』と共にリリースされた『ライアー×ライアー2巻』です。

潔癖症の女子大生:高槻湊が主人公。友人:真樹ちゃんにそそのかされて女子高生「みな」に扮したところ、家では犬猿だった義弟:透に一目ぼれされてしまう。女子大生であり義姉の湊と、女子高生の湊(=みな)の二重生活を送るといった、ニコイチと似たようなドタバタ系ラブコメストーリー。
1巻では透の押しの強さに一方的に流されて付き合いだす湊(=みな)。
2巻では透の「みな」へのアプローチがさらに加速してくる。貞操の危機(笑)を感じる湊。一方で湊は大学のサークルで知り合って、好意を抱いていた烏丸くんに告白される。「このままじゃ(なにかと)いけない!」。湊(=みな)は一念発起して透に別れ話を持ち出すのだった。

透の直情的なアプローチがギリギリの線で心地よい。また2巻でチョイ出の塚口先輩(♂:湊のサークルの先輩)が波乱を呼びそうな気配を感じ、まだまだ二転三転する感じだ。今のところ湊の潔癖症は、小ネタとしてアチコチに表現されている程度。今後の関係を決定づける重要な属性になるのか?

ニコイチは設定は重いが展開は軽妙。ライアー(ryは設定こそ軽いが展開がチョットヘヴィー。ここら辺は好みの分かれるところだと思う。個人的にはニコイチのノリの方が好み。

ちなみに『ニコイチ9巻』は真琴がカミングアウトしまくる展開。さらに菜摘の両親にも血痕、、、結婚の了解を取り付ける。(ホラー記事ばかり書いていたので「ケッコン」の変換第一候補が「血痕」とでてしまう。我ながら苦笑。)

ニコイチ(9) (ヤングガンガンコミックス)

ニコイチ(9) (ヤングガンガンコミックス)
クチコミを見る

見所は菜摘の母親(義理)と、菜摘の親友:なおちゃんへのカミングアウトか。特に母親へのカミングアウトから親しくなる過程はニコイチならではかと。いろいろ問題はありつつも順風満帆な真琴だが、元カノと同窓会で出会ったことで前途に暗雲が立ち込めてきて続くとなる。

コミックの発売周期は年2冊程度で長め。ゆっくり次巻を待ちます。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

げんしけん

げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)
クチコミを見る

久しぶりに漫画のお話。いつの間にか「げんしけん」って再開していたんですね。漫画雑誌は一切購読していないので、単行本が書店に並ぶまで知りませんでした。ゆるいオタの学生生活をテーマにした作品。正直ビジネスライクな意図を感じずにはいられないが、好きなマンガなのでこの際理由なんてどうでもいい。連載再開は大歓迎である。ちなみに作者は木尾士目さんで、連載はアフタヌーン。

話しは前作の続きとなっている。この10巻を購入したのはいいが、ストーリーを忘れて(どこまで進んでどういった感じで終わっているか)いたので、仕方なくブックオフで8巻と9巻を立ち読み⇒たまらず購入w。当然続きなので前作の主要キャラは全員出席。

9巻までは一応笹原が主人公で、彼の卒業に合わせて連載終了となった。まあ途中から物語の自然な流れとして主人公不在の漫画になったのだが、それはそれですんなりと受け入れられた。あと9巻最終回のラストはスルー推奨なんでしょうな。無理に解釈するなら、1)斑目以前の代の会話、2)さらに数年後の会話とも取ることはできるが野暮な感じがするので。

10巻では、荻上会長の元、新入生として現代視覚文化研究会(以下、現視研:げんしけん)に新しいメンバーが入ってくるところから始まる。前作の終盤で出てきたスー(スザンナ・ホプキンス)が椎応大学に留学⇒入会しているのをはじめ、波戸賢二郎(男の娘)、矢島美怜(女オタ)、吉武莉華(腐女子)の3名が新キャラとなる。結構濃いキャラが追加となった。

前作の流れで主人公は不在なのか?荻上が主役だと順当にいけば残り2年で卒業。荻上のキャラは濃いが時間的にネタの広がりに制限がかかってしまう。新キャラの個々のスペックとしては、
波戸>吉武>矢島、
スーは別次元といった感じか。だが「ゆるいオタ」漫画とするなら、あえて矢島メインもありかなと。

当初は1オタキャラであった斑目の露出度が引き続いて高い。平野耕太氏も書いていたが、げんしけんといえば斑目萌えは納得のいくところ。

なんだかんだで楽しみな漫画が一つ増えました。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

サマーウォーズ

★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_summerwars

サマーウォーズ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(日)
収録時間:115分

監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子

評判(口コミ)が良くて借りてはみたものの、半年以上放置していました。今更感が強く、かつ、ホラーではないのが申し訳ないのですが、視聴して良作であることを実感しましたのでレビューします。

【ストーリー】

長くは語りません。

OZ(オズ)は、全世界のITはもとより衣食住、交通といった社会インフラまでをも統括する巨大ネットワーク。それがAIであるラブマシーンに乗っ取られ大混乱に。立ちあがったのは今では極少数派の大家族である陣内一家。数学オリンピックの日本代表に落選した主人公小磯健二を巻き込み、ラブマシーンによる世界崩壊に立ち向かうのであった。

【所感】

泣けました。

ただただそれだけです。
夏希がラブマシーンとこいこい対決。ベットが足りなくなり進退極まった状態で、世界中からアカウントを夏希に預託するシーンですよ。「僕のアカウントをナツキさんに託します」。その波紋が怒涛のごとくネット上に波及。ネットワーク上の一人一人が立ち上がり、巨大化したラブマシーンをも凌ぐ勢力となって勝つ

今の日本の置かれている現状があったからかもしれませんが、感涙するに足りる内容でした。

と。それだけでは寂しいのでもう少し。

本作の大きなテーマであろう「家族愛」。
家族と言うか人間同士のコミュニケーションの重要性。
それもネット空間だけでなく、face to faceの関係の大切さ。
インフラが混乱する中、頼りにしたのが栄ばあちゃんの手紙。年賀状やら何やら。旧家のコネクションを最大限活用し、しかもヒトの力を鼓舞する姿には、失ってはじめて判る大切なものを感じさせてくれました。

また、たった一つの綻びから全世界が破滅するシステム依存社会。
システムだけでは無いですね。
草薙素子(攻殻機動隊におけるトグサへの語り)も「画一化の果てにはゆるやかな破滅が待っている」と語っています。まぁこれは飛躍しすぎなのかもしれませんが、人類もたった一つのウィルスで滅亡する可能性もあるわけですから。
その意味で統一化分散化。いくつもの生体、意思、人格、思想によりバランスを保つべきなのだと感じました。

僕の泣ける映画の一つに入りました。
泣きたくなったらまた観ようと思います。

そうそう。
サマーウォーズ同様に、ずぅーと棚上げしていたヱヴァ破も最近観ました。時代に乗り切れていなくてスミマセンレビューする予定は無いですが、ラスト10分は延髄をわし掴みされて意識を持っていかれましたね。「こりゃ人気出るわ」と改めて思うとともに、アイパッチしたアスカを早く観たいもんです。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

泣ける漫画とアニメ

数十年ぶりに読みました。
『キャンディキャンディ』です。

candy21

泣けました(ρ゚∩゚) グスン
漫喫なので声を出して泣くことは無かったんですけど...

最近は涙腺が弱っているためか、良く泣いてしまう場面があるのですが、『キャンディキャンディ』は高校時代に読んで泣いたコトを覚えています。

当時はアニメの再放送もやっていたので、アニメ版でも泣いた記憶があります
うちの学校(クラス)では一時ブームだったんです。

原作:水木杏子 さん
原画:いがらしゆみこ さん

初出は1975年。
少女マンガ「なかよし」に連載。
コミック全9巻。

舞台は大戦前のアメリカとイギリス。孤児のキャンディ(キャンディス=ホワイト(=アードレー))が、逆境にあいながらも健気に成長する物語です。詳細はwikiなどに載ってますので、そちらをご覧ください。

どうも自分は「健気さ」ってやつに非常に弱いようです。
自分も苦しいのに他人を思って明るく振舞うとか...
死期を目前にして看病している人に「泣かないで」とほほ笑むとか...

...もうたまりません。

非常に残念なことですが、『キャンディキャンディ』は、水木杏子さん(原作)と、いがらしゆみこさん(原画)との間で、著作権の所在についての裁判があり、その影響でコミック出版、アニメ再放送、DVD化が出来ないようです(前述wikiより)。
当事者には重大事項なんでしょうが、なんとも読者不在の理由により世に出せないのはやるせないですね。

海外版『キャンディキャンディ』は手に入れあるのですが、100話を超える作品なので、なかなか観終えることができていません。

あと。

同様にアニメでは「ローゼンメイデン トロイメント」の『』は絶対泣きますね。
まず100%泣きます。
泣かなかったことは無いです。
何度見ても泣きます。

雛苺の健気さに、泣かざるを得ません

ローザミスティカを失い、真紅からのパワー供給もできなくなる雛苺は、ジュンの計らいで元のマスターである巴の下で最期を迎えます。
次第に動けなくなってゆく雛苺。
雛苺は自分が間もなく"停止"することを判っています。
大好きな巴の膝上で、これも大好きな髪を梳かしてもらう雛苺。
無邪気な行動と、相反する大人の心(?)。
最後まで「悲しまないで」と巴に告げながら"停止"します。

...こう書いているだけでも泣きそうです(><,)

他にもあるのですが、印象強いのは上記2作品ですね。

「めぞん一刻」の最終ページも良かったですね。今までのストーリーが走馬灯のようによぎって、温かい気持ちの涙だったりします。

 

たまに無性に泣きたい気持ちになった時にはお世話になっています(笑)

 

ランキングサイトへの応援クリックをお願いします。
↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN