○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

邦画(フィクション)

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

パラノーマルサイキック 狂

201202_p-cyc-kyo

パラノーマルサイキック 狂 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:平尾忠信
監督:岡崎喜之
収録時間:62分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • リ・コウジ
  • 工藤修司
  • 山下若菜
  • こんせいそん

【総括】

シリーズ3作目。フェイクドキュメント作品。ある心霊写真の取材中に起きた怪現象を検証する内容。
本作で終結するのかしら?それともまだひっぱるのか?

拝見すると、まだひっぱりますw

つか今回はインターミッションみたいな感じだった。恒例の定点カメラによる検証映像はありまてん。中身も心霊的な映像はほぼ無し。ワンパターンな現象は拾っているが、残りは今までの顛末の整理と今後の展開の前触れ的な内容に終始。
一応前段でこれまでの経緯が紹介されるため、ストーリー的にはシリーズ初見でも問題ないと思うが、時間が許せば観ておく方が無難。また1作目、2作目を観ている方は、登場人物が変わってくるので続編への繋がりとして観ておく必要はあると思う。いずれにせよ怖さは大したことないので(orz)安心して観てくださいwww

【ストーリー】

シリーズ1作目で家主のカップルが失踪、2作目で検証メンバのカップルが負傷してしまった「呪われた家」のその後。スタッフの元に2作目で負傷入院した工藤の弟から連絡が入る。入院先から兄と兄の彼女の2人が失踪したとのこと。工藤(弟)と霊感のあるアイドル山下若菜と共に、三度「呪われた家」の取材を開始する。

※「続き」にネタばれ

【感想】

「総括」に記載したように怖くないです。キモの定点カメラによる検証映像もないし。

まあ突っ込みどころ満載と言うかw

コトの始まりは風呂場で写された心霊写真なのに、1作目から風呂場や写真の関係が一切スルーされているし。今回では廃工場とか付近の墓地とかカルトとか話しが広がってるしwww
コレ収束するのかしら?

内容よりもどうやってまとめるのかが気になるw

アイドルタレントを用意するのはいいけど、霊能者オプションがついてくるのはどうなんだ?前回までを踏まえてアイドルとか中途半端な立ち位置のレポーターを連れ出すより、まがりなりにも「霊能者」スキルに特化した人物を登場させた方が、多少でもリアリティが出てくると思うのだが。

また工藤(弟)が似すぎている件wwwコレ一人二役した本人じゃないの???しかも前作の兄同様にキレやすい。些細なことで取り乱す姿は観ていてイラつく。実はコレが狙いなのかもしれないけど。

まだ続くんですね(溜息)。しかも今作で新たなネタがでてきたもんで、次作で終わりそうもない。ここまで観て途中で観るのを止めるのも抵抗がある。借りるしかないか(溜息×2)。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.0)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

パラノーマルサイキック 呪

201201_paracyc-ju

パラノーマルサイキック 呪 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:平尾忠信
監督:岡崎喜之
収録時間:84分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 鳥飼愛美
  • 中岡晴子
  • 加藤優季

【総括】

以前「1」を観て、近々「3」が出るようなので今更ながら「2」を観てみようかと。たしか「1」は惨敗だった記憶がある(だから「2」を観なかったはずだ)。喉元過ぎればなんとやらという感じもする。懲りずにスミマセン。

物語は前作で2人の行方不明者を出した「家」のその後をPOV形式で進行する。前作を観ていなくても問題無いと思うが、一連の流れがあるので時間が許して興味があれば「1」から観た方が良いか。

ホラー要素は全編を通して前作と同等レベル(低い)か。また前作でも感じたことだが検証シーンまでが長い。前段35分は検証に至るまでの経緯になる。これを10分に押さえれば、もそっとスッキリとした作品になると感じた。

【ストーリー】

前作で2人の行方不明者を出した問題の家のその後。前作のスタッフは(監督を除き)全員関与を拒絶、新たなメンバーで撮影に挑む。挙動不審な家屋の管理人の出現などがある中、密着取材を試みる新キャストは怪現象を体験することに。

※詳細は「続き」にネタばれ

【感想】

うーん。。。怖くない。

映像のどこに怖いと感じるポイントがあるのか微妙なとこではある。怪現象の多くは『音』にあるため、登場人物と怖さを共感しにくいのかな?怪異に遭遇した人のリアクションに違和感が残り、精神的に追い詰められる過程も急すぎて追いつけない。結果視聴者置いてけぼりで怖さを感じない。

コトの始まりは風呂場の心霊写真だけど検証映像がない。写真は冒頭で紹介される。わりと気持ち悪い。また、2階を中心として異変が起きるが、2階には定点カメラを設置しているにも関わらず、その映像が無いのも不満。

ラストは意味深に『続く』ような終わり方。まあ「3」のリリースを控えているので決着すると思っていなかったが、それにしてもスッキリとしない終わり方だ。気になるので次作も借りるつもりだけど、次で終わるのかな???てか終わって欲しいです。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓


映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】

続きを読む

劇場版 ほんとうにあった怖い話

201201_honnkowa-gekijo

劇場版 ほんとうにあった怖い話 3D(Blu-ray Disc)
クチコミを見る

制作年:2010年(日)
制作:張江肇、鈴木ワタル
監督、脚本:室井孝介
収録時間:75分

カテゴリ:ホラー

【総括】

投稿をベースにした再現映像のオムニバスホラー。全5話構成。

視聴するきっかけは、以前紹介した「立入禁止 -●REC-」のレビューにコメントを頂いたこと。本作のロケ現場と「立入禁止(ry」の現場が被るということでした。ちなみにレンタルしたDVDは「3D」仕様。3D環境のない僕にはあまり関係ないが、劇中の選出や効果は3Dを意識していたようにも感じる。

内容はまずまず。つか満足できた。ホラー要素も十分満たしていると思う。後半は流血多め。

また「モーニング娘。」の新垣里沙が出演していた。まあアイドルに疎い僕はエンドテロップでその存在を知ったのですけどw

【各話紹介】※「続き」にネタばれ

  1. 廃工場
    バイト先の先輩と2人でバイク工場を開業しようとした投稿者。先輩の知人の不動産業者から格安物件を紹介される。昼間、2人で現場を下見に行く。先輩は不穏な空気を感じて怖気づく投稿者に対して現場の撮影を指示。自らは屋内の掃除に取りかかるのだが。。。
  2. 心霊スポット
    霊感のある元カノと夜の公園(心霊スポット)を訪れる。いつの間にか2人ははぐれてしまった。投稿者が彼女の携帯に電話するも通じない。懐中電灯片手に彼氏を探して徘徊する彼女の前に。。。
  3. 誰かいる
    新居に引っ越してきた家で1人留守番する女の子の話し。夜。1人でDVDを見る。心霊作品だ。女の子はドッキリシーンで驚いてカップを落としてしまう。慌てて床を拭く彼女。なにげにカーペットをめくると血痕のようなしみを見つける。唐突にテレビの画面が乱れだし。。。
  4. 死の土壌
    有機野菜コミュを通して共同で畑を購入した女性。快晴の畑。当初賑わっていたが、日を追うごとに減り続け、ついに投稿者と男性1人、女性1人の3人になってしまった。男性を残して先に帰る女性。男性が1人で耕していると不穏な空気。掘り起こした土壌を覗きこむ男性は、そのまま引きずり込まれてしまう。。。
  5. シセン
    帰宅途中の3人の女子高生。投稿者が家庭教師から携帯に電話。話していると上からヒールが落ちてきた。見上げる投稿者。同時に血しぶきを浴びる。目の前には飛び降りてきてアスファルトに叩きつけられた血まみれの女性があった。

【感想】

オムニバス作品のため個々の作品ごとに評価は異なるが概ね面白かった。

ド派手な演出こそ無いが、地味ながらも細かい不自然さ、オーソドックスであるが恐怖を感じるツボは押さえていると思う。くるぞくるぞ、と思わせておいて来なかったりするバランスがいい感じ。来ないとハラハラ感が増すような気がするのは僕だけか?

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:☆☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

続きを読む

呪いの事件簿

201201_noroijikenbo

呪いの事件簿 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
監督:菊池宣秀
収録時間:75分

カテゴリ:ホラー

【総括】

呪いが関与された未解決事件を映像化したという作品。3つの物語を収録したオムニバスホラーだ。監督は「ほん呪」を手掛けた菊池氏。また「闇動画」の児玉監督が企画協力として参画している。3話共通して心霊系のお話。グロは控えめ。

【概要】※続きにネタばれ

  1. (File.1)振り込め詐欺の呪い
    振込詐欺を企てる3人の若い男女。ジュン(♂)、幸太(♂)、ユカ(♀)。
    あるときジュンは老女を相手に100万騙し取ることに成功する。
    半年後。その後の大きな成果(?)もなく騙し取った金も使い切った3人。仕方なしにジュンは先に成功した老婆に再度詐欺を仕掛ける。まんまと200万の振込の約束を取り付けるが、指定された口座にお金が振り込まれることは無かった。しびれを切らした幸太は老婆の家を訪れるのだが。。。
  2. (File.2)禁断のダイエットサプリ
    ダイエットサプリの通信販売を手掛ける小さな会社。社長1人、アルバイト1人で共に女性が営んでいるのだが売り上げは芳しくない。製品の効果が出ないと返品の山を抱える状況だ。売り上げの落ち込みに悩む社長は、あるときネットで人肉サプリの記事を目にする。
  3. (File.3)臓器移植の真実
    父親と娘が変死した事件。娘は胸部を刃物で刺された失血死。医師の父親は絞殺で見つかった。
    心臓病を抱えた娘を持つ父。彼は自ら開業している病院を訪れた患者の若い男性が、娘の心臓と適合することを知る。そして男性を病院へ呼び付けると。。。

【感想】

事件を主題にしているため、主人公が「悪」で幽霊が呪いと称して仇を討つような構成。勧善懲悪というか天罰というか。そういった心情が働いているのは確かで、観ていて呪われる方々に対する理不尽さはあまり感じない。むしろ幽霊サイドを応援したくなるw

一部俳優さんの演技はチョット難あり。またホラーシーンもベタだなと感じる所もあれば、突っ込みたくなる設定もある。それでも観ていて面白かった。これは脚本や演出の影響と思うが、それ以上に無差別に呪いを撒き散らすといった作品と異なり、悪役が明確なところが判りやすいためだと感じた。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★★☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ノロイ

チョット更新が滞ってしまいましたね。師走なもんで勘弁してください。
でもって本更新が今年最後になると思います。

ご訪問者のみなたま。良いお年を。

201112_noroi

ノロイ プレミアム・エディション [DVD]
クチコミを見る

制作年:2005年(日)
監督:白石晃士
収録時間:115分

カテゴリ:ホラー/フェイクドキュメント

【キャスト】

  • 小林雅文
  • 松本まりか
  • 矢野加奈
  • 堀光男
  • アンガールズ
  • 高樹マリア

【総括】

口コミでまあまあな評判があった作品。ドキュメント形式のフィクション。

心霊、超能力、そしてタイトルでもある「呪い」と、ネタとしては十分か。勿論主たる要素は「呪い」。いくつかのパートに分かれて話しが始まり、やがて一つに集約してゆくパターン。ネタの一つ一つは良いのだが、結構複雑に関係しているように思えて、観ていてまとめきれるのか不安を覚えた。

要所々々で不気味な映像は押さえられているので怖さ的にはまずまず。グロ系は動物の死骸くらいか。あまり気分の悪くなるシーンは無いと思う。

【ストーリー】

怪奇実話作家:小林雅文のドキュメンタリ映像。氏は本作制作後に家が全焼し妻が焼死してしまう。また氏自身も行方不明となる。そして制作会社に残された「ノロイ」とタイトルされたビデオには奇妙な映像がまとめられていた。本作はその映像、および、後日制作会社に送られてきた映像を収録している。

※「続き」にネタばれ

【感想】

少し欲張りすぎたんじゃないかなぁ。

心霊、カルト、そして超能力と盛りだくさん。で、終わってみるとどうもしっくりこない。ネタ振りが複雑すぎてラストの集約に手こずっている感じ。
丁寧に説明していると感じる反面、中弛みというか不要だと感じるシーンもあった。いっそ石井潤子を映像の中心に据え、70分程度でまとめたらもっと集中できたようにも思える。肝心の石井潤子の異常さ、そして、最終的に出演者の繋がりが希薄でラストも無理やり感が残った(超能力って設定は必要だったの?)。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★☆☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN