○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

洋画

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ナイトメア・オブ・サンタクロース

201112_nmsanta

ナイトメア・オブ・サンタクロース [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(オランダ)
原題:Saint
制作:ディック・マース、トム・デ・モル
脚本、音楽、監督:ディック・マース
収録時間:88分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • フーブ・スターペル
  • エグベルト・ジャン・ウィーバー
  • キャロ・レンセン
  • バート・ルッペス

【総括】

オランダ発のクリスマスをターゲットとしたホラー。蘇えった聖ニコラスが街の人々を殺戮しまくるお話。ゾンビ系でB級っぽい香りがぷんぷんするのだが、サービス精神は行き届いていて最後まで退屈はしないと思う。勿論グロ映像有ります。

オランダには「クリスマス」に相当する祝賀祭が2回あるそうで。日本でも一般的な12/25とは別に、12/5を聖ニコラス(Sinterklaasje:シント・ニコラスと呼ぶ)の降誕祭として祝うらしい。本作はこの聖ニコラス降誕祭の様子を描いている。また聖ニコラスがサンタ・クロースの語源とする見方もあるそうだ。シントニコラス⇒シントクロース⇒サンタクロースといった感じだろうか。
オランダのクリスマスに興味がある方はコチラからどうぞ(オランダ政府観光局のページにジャンプします)。結構興味深い内容ですよ。

【ストーリー】

1492年12月5日。満月の美しい夜。岸辺に浮かぶ帆船。白馬に跨って姿を現した聖ニコラス。村にやってくるとニコラスの従者たちは村人たちに襲いかかる。人々を殺戮し子供を連れ去る。笑みを浮かべて白馬の上から見降ろす聖ニコラス。
ある夜。そんな所業に業を煮やした村人たちは、ニコラスの帆船に夜襲をかける。襲撃は成功し炎に包まれた船はニコラスと共に沈没する。

そうして満月の12月5日は聖ニコラス降誕祭であると共に、ニコラスが襲いに来るという都市伝説が出来上がったのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

ストーリー自体はチープな感じ。これは僕に聖ニコラス降誕祭に関する予備知識が無いからかもしれない。ホラーであると同時にあちこちに軽く笑える要素もあって良く作られていると思う。ホラーシーンもザクザクと殺しまくるので、いっそ爽快感みたいな感覚もあるか。一番のお気に入りは聖ニコラスが白馬(勿論ゾンビ馬)を駆ってアムステルダムの街並みの屋根を疾走するところ。どうやって登った?とか、滑らないの?とか、ちょwわろすwwとかどーでもいい感じ。他のホラー要素とか吹っ飛ぶくらいカッコイイ!!うーん。本作はこれだけで十分かな。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

デビルクエスト

201112_devilquest

デビルクエスト スペシャル・エディション [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(米)
原題:SEASON OF THE WITCH
制作:チャールズ・ローヴェン
脚本:ブラギ・シャット・Jr
監督:ドミニク・セナ
収録時間:95分

カテゴリ:ホラー/アドベンチャー

【キャスト】

  • ニコラス・ケイジ
  • ロン・パールマン
  • スティーヴン・キャンベル・ムーア
  • クレア・フォイ

【総括】

どのカテゴリにしようか悩んだ作品。ブログでは一応ホラー的な映像要素が「ある」という一点でカテゴライズした。ちなみにレンタルサイトのカテはアクション/アドベンチャー。

観るとかなりエンタメ性に富んだ仕上がり。ストーリーの深みはあまり感じないが、バトルやスリル、ハラハラドキドキさせてくれて楽しんで観ることが出来た。ホラー的な表現はある。グロ要素もある。全体の雰囲気は薄暗い雲に覆われた感じで重い。でもやっぱりアドベンチャーなのかなぁ。怖いとか気持ち悪いとかはあるけど、それ以上に「面白く」観ることができると思った。

【ストーリー】

舞台は14世紀のヨーロッパ。教会の権威が奮われ、巷では魔女狩りがなされている。騎士(ナイト)の称号を持つ英雄ベイメンは十字軍として戦場を渡り歩く。しかしベイメンは都市攻防戦で一般市民を殺害したことで教会に対する不信感が爆発し、盟友(?)フェルソンと共に十字軍を離れる。
伝染病、ペストが蔓延したヨーロッパ各地。脱走兵として追われる立場のベイメンとフェルソンは、辿りついた都市で教会に捕えられてしまう。そして枢機卿から伝染病を撲滅するために、魔女とされる女を辺境の修道院へ護送するよう強要される。

※「続き」にネタばれ

【感想】

面白い!

やっぱりメインはバトル(アクション)シーンなのだろうなぁ。ホラーは背景を語るスパイス程度の扱いにも感じるのだが、これが結構効果的に活かされている。ペスト患者や死骸の崩れた顔。冒頭では冷酷で無慈悲(ちょっと矛盾するか)な魔女狩りの様子。それらがストーリーを盛り上げてくれる感じ。

また十字軍の戦闘シーンでは300(スリー・ハンドレット)を彷彿させる映像効果。スローモーションと倍速を使ったアレ。この効果って好きだ。本作ではチョットしか出ていないけど。

邦題が「デビルクエスト」。原題だと「Season of the witch」。「魔女の季節?」。若干違和感は残るものの終わってみれば納得か。立て続けは無いが、何度か見返したい作品であった。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:☆☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★★★★☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

/ul【総括】続きを読む

デビル(2010)

201111_devil2010

デビル [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(米)
原題:Devil
制作:M.ナイト・シャマラン
脚本:ブライアン・ネルソン
監督:ジョン・エリック・ドゥードル
収録時間:80分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • クリス・メッシーナ
  • ローガン・マーシャル=グリーン
  • ジェフリー・エアンド
  • ボヤナ・ノヴァコヴィッチ

【総括】

タイトルに釣られて視聴。なんかリメイクとか聞いたことがあるような無いような。ハッキリと記憶していないまま観てみた。ちなみに監督は『シックス・センス』のM.ナイト・シャマラン。

と。予想以上に面白かった。

所謂ソリッド・シチュエーション・ホラーに部類されるかと。理由が判らないまま閉鎖空間で連続殺人が起こる。ここに悪魔的要素を取り入れた感じ。なにより時間いっぱいにイベントが詰め込まれていて視聴者を飽きさせない。映像表現としてのホラー要素、グロ要素は控えめ。サスペンス要素は高めか。なんか当たりを引いた感じで得した気分になった。

【ストーリー】

過去に妻子を交通事故(轢き逃げ)で失った刑事ボーデン。彼は飛び降り自殺の現場に駆けつける。トラックの荷台に落ちた自殺者は、屋根を凹ます勢いで落ちてきたようだ。しかし周りを見ても高いビルは無い。不審に思うボーデンは少し離れた高層ビルが事故現場とつきとめる。折しもそのビル内では男女5人がエレベーターに閉じ込められていた。

※「続き」にネタばれ

【感想】

「悪魔による審判」をテーマにしたのだろう。ただ超常現象のような悪魔的な表現は控えめ。アンチデビルであるエクソシストも出てこない。タイトルからそういった演出を期待していた分、その点は少し残念か。

しかしストーリー展開のテンポがとても良い。エレベーターに閉じ込められた5人の見知らぬ男女が次々と殺されて行く。すぐ傍で殺人が起きているのに犯人が判らない恐怖。誰が犯人で誰が次の被害者なのか?疑心暗鬼になる乗員たちが上手く表現できているのだろう。映像に引き込まれて行く。

映像特典にスタッフ(プロデューサー?)のコメントがあり、"the night chronicles"シリーズ三部作の1作目らしい。本作の続編的な繋がりは無さそうであるが、リリースされたら観てみようと思う。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:☆☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

ロシアン・ルーレット

201111_rrt

ロシアン・ルーレット [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米)
原題:13
制作:ジャネット・ビュアリング、リック・シュウォーツ
脚本:ゲラ・バブルアニ、グレッグ・プルス
監督:ゲラ・バブルアニ
収録時間:97分

カテゴリ:サスペンス

【キャスト】

  • サム・ライリー
  • ジェイソン・ステイサム
  • ミッキー・ローク
  • レイ・ウィンストン

【総括】

サスペンスモノ。ホラーではありません。でもある意味ホラー(つかオカルト?)っぽいかも。

ジェイソン・ステイサム出演作もあり視聴。主演はサム・ライリー。他はミッキー・ローク、マイケル・シャノンなど。

雰囲気は一貫してグレー。ガチガチのサスペンスというよりは人間ドラマ的な感じを受ける。ジェイソンSのアクションは無し。まあ無いだろうと思いつつチョットだけ期待して観たが。。。やっぱり無かった。

【ストーリー】

電気工のヴィンス(サム・ライリー)は父親が仕事中の事故で入院中。母親もパートに出ているが家計は苦しい。そんなおりヴィンスは仕事先で家主がトラ模様の手紙を手に「大金を手にする」話を聞くともなしに聞いてしまう。後日その客先へ赴くと、件の主が死んでしまった(麻薬による中毒死と思われ)。ヴィンスの頭に大金の話しがよぎる。彼は躊躇しつつもその手紙を盗んでしまう。
ヴィンスは持ち主に成りすまして手紙の指示に従う。行きついた先は郊外の大きな屋敷。高級車が次々と乗り付ける。そこは高額の裏カジノだった。

※「続き」はネタばれです。

【感想】

特に大きな山場を感じることなく、やるせない結末を迎えて終わる。だが退屈することは無かった。一応クライマックスがあるにはあるのだが、あえて淡々と描いているように感じた。

映像的な見所はどうしてもロシアン・ルーレットシーンに絞られる。弾装に弾を込めてシャッフル。銃口を頭に当ててトリガーを引くまでの間(マ)は、演出も含めて緊迫感が充満する。

レフリー役のマイケル・シャノンがいい感じだ。緊迫感を煽りながらも冷静かつ荘厳に進行してゲームを盛り上げてゆく。
一方ジェイソン・ステイサムは大人しい印象だった。外道な汚れ役に違和感はあまり感じないものの、どうしてもアクション系のイメージがあってイマイチ消化不良感が否めない。なんか奥歯にモノが詰まったような感じか。

にしてもミッキー・ロークは(容姿が)劣化したなぁ。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む

魔 デビルズ・オーメン

201110_ma_devilso

魔 デビルズ・オーメン [DVD]
クチコミを見る

制作年:1983年(香港)
原題:魔 The Boxer's Omen
監督:カイ・チーホン
収録時間:99分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • フィリップ・コウ
  • リン・シャオイェン
  • ワン・ロンウェイ
  • チョイ・カムコン
  • ヤン・スエ

【総括】

なんぞ面白い作品はないかしらと思っていたら目についた作品。かなり前の香港映画。タイトルから容易に想像つくようにB級ホラー。日本語吹き替えは無く、中国語+日本語字幕で視聴。まあ吹き替えでは観ない僕としては問題なし。

所謂B級ホラーなのだが、それを踏まえれば満足できる内容だった。アクションシーンも盛り込んでありエンタメ性も十分かと。ただグロい。ホラーなのでグロさも仕方ない(というかあって当然?)が、かなーりキツイ表現をしている。少なくとも食事中に観ることは控えた方がいいと思う。あと軽く濡れ場あります。

【ストーリー】

ムエタイの試合で弟を再起不能にされた主人公チャンは、ヤクザのトラブルで窮地に陥るが、突如現れた黄金の僧侶に助けられる。弟を再起不能に追い込んだタイ人の元へ向かいリベンジを伝えると、タイの寺院で黄金の僧侶に再会する。僧侶は呪いによって即身仏になれずにいることを伝え、チャンにその呪いを解くように迫る。

※「続き」にネタばれ

【感想】

B級テイスト満載。でもってそれなりの映像が満載。しかし変に媚びるわけでも無く、(当時の)持てる技術を全部ぶつけているようにも見えて好感が持てる。

それにしてもグロイ。
なんせグロイ。
血反吐ドバドバもあるにはあるが、虫とか内臓とかぬめぬめしたヤツとかの気持ち悪いグロさが満載だ。喰ったり吐いたり。んで吐いたものをまた喰ったりって。。。コレ書いているだけでも気分が悪くなる。普段からグロ系は敬遠気味な僕としては、コレだけであと1年はお腹いっぱいです(笑)。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★★
  • サイコ度:☆☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★★★☆

ランキングサイトに登録中です

応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ
続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

 
プロフィール

○○○○していって...

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN