○○○○していってねのblog

主に好きなホラー系DVDのレビューを掲載しています。 生粋のホラーというよりも、心霊、サイコ、サスペンス系に偏る傾向があります。 その他に音楽、ぬこ、漫画もたまに載せています。 お題目は個人的嗜好に偏っていますが、中身は極力客観視しているつもりです^^;

洋画

ご訪問ありがとうございます。
100万PV突破!しました〜(´∀`)。
文才無く不定期更新ですが、コメでも残していただけると嬉しいです。

ホーボー・ウィズ・ショットガン

201204_hobo

ホーボー・ウィズ・ショットガン [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(カナダ)
原題:HOBO WITH A SHOTGUN
制作:ニヴ・フィッチマン
脚本、監督:ジェイソン・アイズナ
収録時間:86分

カテゴリ:バイオレンス

【キャスト】

  • ルトガー・ハウアー
  • グレゴリー・スミス
  • モリー・ダンズワース
  • ニック・ベイトマン

【総括】

好きな俳優さんであるルトガー・ハウアーの最新作。予告編を観てからリリースを心待ちにしていた作品。ブログカテゴリにちょっと迷ったが、スプラッタ要素を考慮して「ホラー」とした。どちらにしてもB級テイスト。

話は単純。ルトガー・ハウアー扮するホーボーがショットガンを手に街の悪党たちを殺しまくるという勧善懲悪もの。殺戮シーンがメインなのでグロは高めだが、若干コメディタッチであり、また、どこかカラッとしていて気持ち悪さはあまり感じなかった。まあ流血まみれなので苦手な方は控えた方がよろしいかと(R18+だし)。なおwikiによると「ホーボー(Hobo)」とは「渡り鳥労働者」とあった。=「ホームレス」ではない。また「ショットガン」は「散弾銃」とは別に「車の助手席」という意味もあるようだ。

【ストーリー】

主人公:ホーボーが汽車のコンテナに乗り舞台であるシン・シティに降り立つところから始まる。そこはドレイク親子が支配し、白昼堂々強盗、暴行、誘拐、殺人が横行する無法地帯。

最初は見て見ぬふりをしていたホーボー(名無し)だったが、アビーを助けたことを契機にショットガンを手にドレイク達に立ち向かう。

※「続き」にネタばれ

【感想】

前半は悪党による残虐シーンで後半はホーボーによる悪党殲滅シーンといった構成。不謹慎であるが、まあとにかくいろんな手段で殺しまくる。ストーリーは後半に移るにつれてコメディ要素が濃くなってくる。勧善懲悪なのでスカッとする反面、手段がグログロなところをどう感じるかがポイントか。個人的にはスッキリ感の方が強かった。

ヒール役がモヒカンだったり鋲付きジャケットを着てたりして「何時の時代だよw」と笑ってしまう。判り易いだろうが安易すぎるのでは。極めつけは地獄の使者(笑)。「これってコメディなんだ」と思った。スリックとアイバンの爽やかさもクレイジーなんだけどインパクトはイマイチかな。ドレイクはまずまずな感じだった。
ルトガー・ハウアーが好きなんで観た部分が多分にある。役どころのハマり具合はちょっと残念か。これはブレードランナーやナイトホークなどの知的なヒールってイメージの所為だと思う。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★★★★★
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★★☆☆

⇒採点甘めです。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

75 セブンティファイブ

201202_75

75 ~セブンティファイブ~ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2007年(米)
原題:7eventy 5ive
制作:ワイクリフ・ジョン
脚本、監督:ブライアン・フックス、デオン・テイラー
収録時間:95分

カテゴリ:ホラー/サスペンス

【キャスト】

  • ルトガー・ハウアー
  • ジャド・タイラー
  • ブライアン・フックス

【総括】

スプラッターホラー作品。ルトガー・ハウアー繋がりで観てみた。

凶器は主に斧。所々映像表現がチープな場面もあるが、サスペンス要素もあって楽しめた。まあこの手の作品にはありがちなように、当然のごとく次から次へと殺されまくります。犠牲者のの名前もイチイチ覚えてられません。

主演はルトガー・ハウアーみたいだが露出は極端に少ない。いや。コレ普通に主演じゃないでしょ(笑)。彼の新作『ホーボー・ウィズ・ショットガン』(4/13レンタルリリース予定)はチョット楽しみにしているんですけど。

【ストーリー】

「75」とは無作為に電話した相手と75秒以上繋がっていればおkと言うゲーム。
このゲームをやっていた子供たちの家に殺人鬼が現れ両親たちを惨殺される。犯人は捕まっていない。
10年後。大学生となった彼らは、パーティの余興として「75」をやる。偶然かけた電話はお仕事中の殺人鬼にかかってしまう。

※「続き」にネタばれ

【感想】

ホラーとしてそれなりに楽しめた作品。

趣旨は「犯人は誰?」なんだろう。クローズドサークルで次々に起きる殺人。斧を手にした殺人鬼に怯えて逃げるが、むなしくも捕まり殺される。

視聴者に対し一応の手掛かりは少しずつ提示されるのだが、やっぱり判りにくい。登場人物の把握が難しく、それによりミステリアスな感じを出しているようにも感じる。少し狡いかも。特に少年期と現在との人物の一致が困難。スプラッターでもありザクザク殺されてゆくのだけれど、何故彼が殺されるのかが判らないまま進んでしまう。理由なく殺されているのか否かが判らないのだ。ここら辺がイマイチ盛り上がりに欠ける部分かもしれない。

またルトガー・ハウアーの役どころに不満。叩き上げの刑事役で事件に執着するが、犯人に出し抜かれるだけの間抜けな役回りに終始する。彼特有のサイコな面も控えめで、いろんなレビューに書かれている通り単なる一脇役でしかない。これが非常に残念。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★★☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

ムカデ人間

201202_mukade

ムカデ人間 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(蘭/英)
原題:The Human Centipede(First Sequence)
制作:トム・シックス、イローナ・シックス
脚本、監督:トム・シックス
収録時間:89分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • ディーター・ラーザー
  • 北村昭博
  • アシュリー・C・ウィリアムス
  • アシュリン・イェニー

【総括】

イギリス、オーストラリアで公開禁止(予告より)となった問題作w
まんまB級ホラー。

流血とかいろいろグロ要素が満載(笑)。お食事中とか直後とかはお勧めできないか。

収録されていた予告編を観るに、本作は「ムカデ人間」シリーズ3部作の第1作だそうだ。公開未定だそうだがリリースされたら観てみたいと思う。

【ストーリー】

引退後も世界的権威を持つ外科医のハイター博士はムカデ人間の創造を切望する。

ドイツを訪れた女性旅行客、リンジーとジェニーの2人は、道に迷いハイター博士の家に辿りつく。博士は彼女らと他の男性を拉致してムカデ人間を創造する。

※「続き」にネタばれ

【感想】

こりゃ公開禁止にされてもしょうがないな。

とオモイマシタ。

「グロ」というより、なんかこー「人間の尊厳」みたいなものが貶められている点がひっかかったんだろーなー。コレ。

物語の前半は静かな立ち上がりでチョット退屈。またムカデ人間の創造(手術)シーンはあまり無い。その分、後半はムカデ人間と博士との交流(?なのか躾なのか)に時間を割いている。エンタメとしてのバランスはちょっと悪いかもしれない。が、それはそれ。B級ホラーとして割り切る。

主演のハイター博士の狂気も派手目で丁度いい感じに仕上がっていると感じた。博士の狂気がつきぬけていて逆に笑える。

あと日本人俳優の北村昭博さんが出演している(これは触れておくべきだろう)。役どころも結構重要。日本人を起用した理由、意味は不明。所々言葉の言い回しに違和感があったものの、総じて感情移入し易く助かった。

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★★★★★
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

※発想が好印象で総合+0.5

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

インシディアス

201202_INSIDIOUS

インシディアス [DVD]
クチコミを見る

制作年:2010年(米)
原題:INSIDIOUS
制作:オーレン・ペリ、ジェイソン・ブラム
脚本:リー・ワネル
監督:ジェームズ・ワン
収録時間:103分
カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • パトリック・ウィルソン
  • ローズ・バーン
  • タイ・シンプキンス
  • リン・シェイ
  • リー・ワネル

【総括】

パラノーマル・アクティビティの監督と、SAWの監督のコンビによるホラー作品で期待して視聴。洋画ホラーとしてはあまりない心霊作品なんだろう。ただ「悪魔」のキーワードは出てくるし、ヒールは悪魔チックな異形で、邦画の心霊作品とは異なった感じ。良くも悪くもエンタメ的な仕上がりだと感じた。まあ本作に限らず洋画ホラーの心霊作品では、何に恐怖を感じるかの点で微妙なズレを感じてしまう。ここら辺は文化的(あるいは宗教的)な背景の相違があるためだろう。

【ストーリー】

新居(といっても中古だろう)に引っ越してきたランバート一家。荷物の整理もつかないまま、妻のルネは身辺では些細な異変を感じ取る。ある日長男ダルトンが梯子を踏み外し怪我をする。彼は翌朝から意識不明となり、家族を襲う怪異は徐々に大きくなってきた。

※「続き」にネタばれ

【感想】

うーん。
期待値が高かっただけに不満が残る感じだ。心霊なのだろうけど、どこか悪魔的な表現があったり。恐怖を煽る効果も真新しい感じはしない。邦画ホラーを観ているからそう感じるのか?特に霊能力者が機械を持ち出すのは最もそういった感覚に捕らわれた所。古くはヘルハウス、ゴーストバスターズを思い出した。ただイベント(怖いシーン)は小まめに挟んでいて、飽きるということは無いと思う。

予告として「決して後ろを向いてはならない」とのキャッチコピーだが、あまり深い意味は無いようだ。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:☆☆☆☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:★☆☆☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

続きを読む

ラスト・アサシン

201201_lastassasin

ラスト・アサシン [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(仏)
原題:Requiem pour une tueuse
制作:アラン・テルジアン
脚本、監督:ジェローメ・ル・グリ
収録時間:92分

カテゴリ:サスペンス

【キャスト】

  • メラニー・ロラン
  • クロヴィス・コルニアック
  • チェッキー・カリョ
  • ジャン=クロード・ドレフュス

【総括】

紹介記事にアクションスリラーと書かれていたのでレンタル。ジャケ写もいい感じだし、「ソルト」とか「ニキータ」、あるいはスリラーとあるからゾンビは無いにしても「バイオハザード」っぽいのかと勝手に思っていたんだけど、飛んでも8分歩いて15分といったところでしょうかw

少なくとも「ソルト」等のアクションシーンを期待するとダメ。当然ホラー的な要素も皆無。サスペンスも中途半端で消化不良気味。何が「サスペンス」なのかが良く判らない感じ。

まあメラニー・ロランは綺麗でした。彼女が好きな方は観てもよかろうと思います。

【ストーリー】

娘のために足を洗う決意をする凄腕の暗殺者:リュクレス。最後の仕事として富豪が主催する音楽祭に歌手として潜り込む。依頼主は某大手石油会社。ターゲットは石油会社の事業の妨げとなる人物で音楽祭に歌手(バス)として参加している。

リュクレスは機会を伺いながらターゲットに近づくのだが。。。

※「続き」にネタばれ

【感想】

つまらん。

スリラーどころかアクションも満足になく、gdgdな雰囲気の中、主人公の女性暗殺者が(良く判らない理由で)苦悩しながら足を洗う過程の映像を垂れ流した内容だった。せめてもう少しまともなアクションシーンでもあれば盛り上がりもあったろうに。

さて。サスペンス要素はどこにあるのか?
おそらく主人公と共に潜り込んでいるはずの「もう1人の暗殺者」は誰なのかなのだろう。これが映像を通すと判りにくい。何か切迫感のような雰囲気があるのだが、それが何なのか映像を通して伝わってこないというか、出演者だけがハラハラしてて視聴者置き去りというか。

何よりいただけないのが「決して失敗しない凄腕の暗殺者」というわりには言動が非常にお粗末。素人の監視(カメラとかじゃなくガン見)に全く気付かなかったり、簡単に殺されかけたりと、とにかくとても「凄腕」とは思えないのだ。暗殺シーンも行き当たりばったりで危なっかしい。まあ「直面した危機を臨機応変に回避して任務を遂行する」と言えば聞こえがいいのだが、肝心のアクションが地味なので印象に残らない。

唯一良かったのはぬこが可愛かったことだけとかw

視聴後のスッキリ感も無く、二度と観ることは無いでしょう。

【評価】

総合評価:☆☆☆☆☆(0.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:☆☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

続きを読む
記事検索
ランキングサイト
人気ブログランキングへ
タグクラウド
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ご訪問ありがとうございます♪

プロフィール

○○○○していって...

Amazonライブリンク
楽天市場
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN