【ご挨拶?】
ご無沙汰しております。家主でございます。
早いもので前回更新から半年足らず経過してしまいました。長きに渡りブツ切り状態で放置してしまい申し訳ございませんでした。全開バリバリとはいきませんがぼちぼち再開させていただきます。
頂いたコメントには目を通させて頂いております。多くのコメントありがとうございました。コチラも徐々に返信させていただくつもりです。なお順不同になるかもですがご容赦ください。
それではリスタートです。1回目はチョット古いですが「Not Found 9」です。

201305_nf9
Not Found 9 -ネットから削除された禁断動画- [DVD] [DVD]
制作年:2012年(日)
制作:小田泰之
演出:古賀奏一郎、吉川久岳
演出補:杉本笑美
制作担当:有馬志宏
収録時間:83分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
シリーズ9作目ですね。レビューが遅れており、既に10がリリースされ、さらに11が9月に登場予定。
収録時間はチョイ長めの83分。全8チャプターで7話(前後編×1話)収録。カテゴリは事故×4、犯罪×2、心霊×1。事故、犯罪系が多く、そのためか流血系グロ映像も多め。心霊ネタが1本しか無いのは残念。エロというか変態というか、、、オエッっとなるような映像はあった。
全体的にはまずまずのスペック。メインの前後編に別れた心霊モノも映像としての怖さはあると思う。但しどれもどこかで見たような印象は否めないかな。演出補:杉本さんの暴走は今回さらに影を潜める。真剣につちのこを追っていた頃が懐かしい。
それではネタバレで紹介します。
【チャプター紹介】

  1. File:1 素人カメラマン
    [カテゴリ]事故
    [概要]吊り橋から転落死した男性が眼鏡型小型カメラで撮影した映像。
    解説しながら吊り橋を渡る撮影者。橋から川面を覗き込むが誤って柵を乗り越えてしまう。なんとか両手で橋に捕まる撮影者。通りかかった男性に助けを求めるが、男性は落ちかかっている撮影者をカメラで撮影するだけで助けようとせずそのまま立ち去る。そして力尽きた撮影者はそのまま転落。暗転。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]シチュエーションとしてあり得るのか疑問だが映像はそれなりにリアル。TTNな家主としては怖さ+1。
    あ、TTNは「T(高い)T(所が)N(苦手)」ということです。うふふ。
  2. File:2 三角関係のもつれの末に
    [カテゴリ]犯罪
    [概要]白昼観光地の駐車場で男性を挟んで争う2人の女性の映像。
    片方の女性が他方の女性を手にしたナイフで刺す。影から映していた撮影者だが、異変を感じて走りよる。倒れて血まみれの女性。オタつく男性。刺された女性の腹部から内蔵がはみ出ている(モザイク処理)。刺した女性が撮影者に気付きナイフを手にして撮影者に走りよる。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前半はまあまあありがち。はみ出た臓腑が嘘くさい。
  3. File:3 紅白モチ
    [カテゴリ]事故
    [概要]家族の餅つき映像。認知症を患うおじいちゃんが杵を手にタイミングよく餅をつく。はやし立てる家族。モチをこねていた男性(息子)が気を抜いた瞬間。男性の手に振り下ろされる杵。血まみれのモチと一緒に潰された手。家族の悲鳴。何度も杵を打下ろすおじいちゃん。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]結果がわかる映像。でも「その時」がいつくるのかドキドキ感がたまらない。個人的には頭部とかを潰されるのかと思っていた。
  4. File:4 ヤクザに電凸
    [カテゴリ]犯罪
    [概要]リアルタイムでさまざまな場所に凸撃電話しているネットの電凸映像。
    視聴者に煽られてヤクザ事務所に電話する生主。「TPP云々」とか「きゃりーぱみゅぱみゅ云々」とかどーでもいい質問をしつこく繰り返しつつ、小馬鹿にした口調で相手を煽る生主。
    2時間後。生主の家に宅配ピザ屋が。生主は頼んだ覚えが無いといいつつもお金を取り出し玄関へ。扉を開けると2人組の男が押し入り、狼狽える生主を縛り上げビニールシートに包んで連れ去る。後日生主は片目を潰されて発見されたとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]某掲示板のコピペネタの実写化かw生主の口調にイラつくw
  5. File:5 呪われた心霊写真-前後編-
    [カテゴリ]心霊
    [概要]長編。杉本劇場なのかな?
    スタッフの元に届いたメールに添付された写真。投稿者たちがたまたま通りかかった廃屋で写されたもの。写真は廃屋内でポーズをとる2人の男性の姿。彼らの背後の障子にかかる「手」が写されている。写真全体にオーブなのかほこりなのか。
    企画会議で写真の取り扱いを相談する杉本。しかし静止画ということで却下。
    2週間後。別件の取材中の杉本の元に投稿者から電話が入る。一旦断ったもののどうしても調べて欲しいとのこと。杉本が事務所で改めて写真を調べると、「手」が写っていただけの写真は、さらに障子の裏から「人影」が姿を現そうとしてる映像に変化していた。プリントアウトしようとするも何故か出力されない。古賀が印刷すると今度は全面塗りつぶされた画像が何枚も排出。慌ててコンセントを抜くがプリンターは止まらない。
    投稿者に連絡するが不通。投稿者の友人に聞くと、投稿者は手足に火傷の跡のような痣が出来て、やがて痣が全身に回り死亡したとのこと。スタッフは写真に写っているもう1人の男性、持田の家へ。扉を開けた持田の手には痣が出来ていた。持田は取材拒否。
    ロケ車に戻り、実はと話し出す杉本の手にも同じような痣が出来ていた。驚く古賀。杉本の痣を霊媒師に診てもらうと、強い怨みの念がありこの廃屋で除霊しないと駄目らしい。翌日から杉本は欠勤。廃屋の場所が分からず焦るスタッフの元に、写真を撮影した女性から連絡が入り場所が特定される。
    (後編)
    除霊の日。現れた杉本は眼帯をしている。霊媒師とスタッフは女性の案内で現地へ。道中霊媒師の体調が崩れたりするが廃屋到着。潜入すると何人か良くない死に方をしていると霊媒師。除霊の儀式の準備をしているうちに日が暮れる。
    室内にロープを張り杉本と女性と霊媒師が中に入って儀式開始。2時間経過したころ2階でバタバタと物音。スタッフが確認しに行くが特に異変はない。突然ライトが消えて暗闇。カメラを暗視モードに切り替えた瞬間。古賀の後ろに人影。そして1階から悲鳴。急いで階下に降りるスタッフ。女性が倒れており霊媒師と杉本の姿が見えない。暗闇から杉本が現れたと思ったら昏倒。霊媒師が現れもう大丈夫と宣言。杉本の痣は消え、写真から人影が消える。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]「こんな場所『たまたま』通りかかるものなのか?」といった感じの場所。いろいろネタを繋いでいるが真新しい感じは無かった。まあ全体としては怖い作りになっていると思う。
    最近杉本劇場大人しいな。もっと暴走モードの杉本が観たい。
  6. File:6 ダイエットの末に
    [カテゴリ]事故
    [概要]ダイエットを生放送で実践紹介するネット動画の映像。
    実践する生主はふくよかな女性。ベビーフードダイエット、あんぱんダイエット、リンパマッサージダイエット、飲尿ダイエット。カメラの前でさまざまなダイエットを実践。そして冷却ダイエット。身体を冷やす事で代謝促進を図るとのこと。水着を着て水の張られたお風呂に氷を入れてゆく生主。意を決して入浴。あまりの冷たさに動きが緩慢になってゆく生主。出ようとするが思うように身体が動かず湯船に転落。頭が水中に没し、やがて動かなくなる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ダイエットとはいえバクバク喰う姿が圧巻。徐々に肌の露出が多くなる映像は狙っているのか?ただ飲尿映像は気持ち悪いだけ。
  7. File:7 真剣白刃取り2010
    [カテゴリ]事故
    [概要]業務用扇風機にカッターの刃を取り付け、回転する羽を指で止める映像。
    カメラを前に3人の若い男性。羽にカッターの刃を装着し回転する羽を指で止める。
    一人目。成功。
    二人目。成功。
    三人目。背後に居た男性が回転する羽を前に躊躇する3人目を押すと、男性は顔面から突っ込んでしまう。顔面血まみれの男性。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]これもドキドキ系&痛い系。観る前は指が切断されるものかと思っていた。指切断の方がインパクトありそうだが、やはり痛い系は苦手だ。
  8. File:8 呪われた心霊写真-後編-
    5項参照

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】