201302_onryo-yaku
制作年:2013年(日)
制作:庄子圭、島野伸一
演出:鍋田雅之
収録時間:76分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
ハッピー・バレンタイン!
いや。言ってみただけです。すみません。
ナビゲーターのキャラクターにもずいぶん見慣れた今日この頃。シリーズ最新作の厄篇でございます。割と安定した作品を紹介していると思う。大当たりも無いがヒドイ外れも多くない感じ。
本作では76分で全13話。投稿映像×12本、再現映像×1本。投稿映像を観せた後、ラストに再現映像を持ってくる構成は最近のシリーズ共通。心霊オンリー。グロ映像は無しだけど1作だけグロ評価を付けている。これは「ゲテモノ喰い」ネタ含みだから。エロ系もなし。
総じて地味系の投稿動画を収録している。そのためガチ高めな作品がいくつか入っている。やっぱり大当たりは無かったけど、まあ酷い作品も無かったというところかな。従ってなのか怖さ面も弱い。印象に残る作品は無かった。
ではネタバレ進行で紹介。
【チャプター紹介】

  1. 和式トイレ
    [概要]自宅のトイレを映した映像。
    和式トイレを珍しがる子供。背後の磨りガラス越しに中を覗くような顔。さらに洗面台の鏡に写る壁にも顔。この子の母親はこの子が生まれてすぐに亡くなっているとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]地味な分ありそうな映像。ガラス越しの顔だけなら単なる覗きともとれるところを、2発目の壁の顔で心霊映像と印象付ける感じ。
  2. 緑のトンネル
    [概要]心霊スポットのトンネルの映像。
    夜。カメラを手にトンネルに入る投稿者。トンネルの壁に浮かび上がるいくつもの顔。このトンネル工事の際に人柱となった方たちの慰霊碑が近くにあるそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なんか切り貼りした写真みたいで現実感が無い。
  3. 降霊術遊び
    [概要]友人たちと降霊術で遊んでいる映像。
    こっくりさんの亜流なのか?キッチンで文字の書かれた紙の上に数人のげんこつを重ねている。霊が呼び出しに応じたのかげんこつが動き出す。はしゃぎながら質問する投稿者たち。突然停電。数秒後に復電すると背後のキッチンシンクに生首。さらに生首がごろりと落ちる。取り乱す投稿者たち。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]わろた。なにかに引っ張られるように落ちる生首は、霊体とは思えない妙な存在感がある。
  4. 花火大会
    [概要]花火大会を河原で観戦している映像。
    人ごみにまぎれて突然現れる顔が透けた女性の姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]初見判らず。単純に切り貼りしたような感じではない。あと花火がきれいです。
  5. 育ちざかり
    [概要]家で娘を映した映像。
    母親とボールで遊ぶ女の子。壁に向けてボールを投げていると突然女の子の足が異常に伸びる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]タイトル通り成長期なのかな?wお母さんの太ももがまぶしいです><)bwww
  6. 不審者
    [概要]投稿者宅の監視カメラの映像。
    夜。ガラス戸から自宅の中を伺う男の姿。男の上にガラス戸から生えてくる白い人影のようなもの。男が気付き慌てて逃去ると同時に影も引っ込む。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]今回は何気に意表を突く展開が多いな。不審者に「何してんの?」と聞いているみたいな構図が笑える。あと不審者怖い。
  7. 遊具
    [概要]公園で遊ぶ子供の映像。
    母親と一緒に遊具で遊ぶ子供。遊具の下に現れるぶらぶら揺れる足。専門家曰く病死した子供の霊だそうだ。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]怖さは感じない。遠近感を考えるとかなり大きな足。専門家が子供の霊とかいっているそうだが見た感じ大人の足に見える。足はカメラの前を子供が遮ると現れ、再び遮ると消える。いつも感じるけど手品を見ているみたい。
  8. 闇ソーメン
    [概要]友人たちと闇ソーメンをしている映像。
    参加している男性が食べる背後に浮かぶ顔。1年前に友人が死亡しているそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]目の落ち凹んだ顔は不気味。映像では細かくて何を食べているのか見分けがつかないが、ゴキブリとか虫とか入っているらしい(なんでグロ+2)w食べ物を粗末にしちゃいけませんよ。ちゃんと残さず食べなさいね。
  9. 海底トンネル
    [概要]人気の無いトンネルの映像。
    誰もいない長いトンネルを歩く投稿者。後ろを振り返っても人影がない。何度か振り返ると突然現れたボールで遊ぶ女の子。このトンネルでは過去に女の子が行方不明になっており、未だ見つかっていないそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]若干背景から浮いたような女の子の姿に違和感。身長も頭身が不自然。足が地面にめり込んでる感じ。でもノスタルジックで割と好きなタイプの映像。
  10. 車窓
    [概要]電車内から外の景色を映した映像。
    車窓から流れる夜景を撮影する投稿者。寝ているのか舟を漕いでいる前席の女性。彼女の後頭部が顔になる。専門家曰く寝ている女性に怨みを抱いた生霊らしい。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]表情は気持ち悪い。
  11. 合宿の夜
    [概要]合宿の夜に屋外で花火をする映像。
    手にした花火を掲げる男性。その背後の暗闇から駆け寄ってくる首の無い子供の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]妙に鮮明な子供の姿だけど、あってもおかしくないかも。
  12. すっぴん
    [概要]彼女がメイクを落としている姿を映した映像。
    メイクを落とし終わり振り返る彼女。その背後の洗面台?から伸び出す人影。驚く彼氏。彼女の祖母が火事で亡くなっているそうだ。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]洗面台から生えてくるのは斬新。しかしあまり記憶に残らない映像。
  13. 再現映像:ドア
    [概要]投稿されてきた体験を映像化した再現映像。
    自宅でくつろいでいる女性。すると2階でドアを叩く音。2階では彼女の姉のキリコ?が部屋の中でへたり込んでいる。廊下にはキリコの彼氏であるショウタが立っている。キリコに向かいドア越しに「明けてくれ」とドアを叩くショウタ。キリコは泣きながらショウタが交通事故で死んでいる事を告げる。
    妹(投稿者)が2階に上がってくる。
    キリコに向かって謝るショウタ。ショウタは彼が死んでいると言うキリコに対して、彼自身が起こした事故によりキリコを死なせてしまったという。(自分が死んでいる事を)否定するキリコに彼女が事故後の記憶を持たないことを指摘するショウタ。それでも(死んでいる事を)認めないキリコにドアを開ければ全て判ると言うショウタ。キリコはドアを開ける事を決意する。キリコの手がおそるおそるドアノブを掴む。
    思い切ってドアを開けると。。。
    「妹」が誰もいない部屋に入ってくる。彼女(妹)の背後に足。振り向くが誰もいない。時々この部屋から話し声が聞こえると独白する妹。姉(キリコ)と姉の彼氏(ショウタ)の2人が共に交通事故で死んでしまったと語る。やがてドアを閉める妹。廊下には透けたショウタ。部屋の中にはドアの影に立ちすくむキリコの姿。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [感想]軽くデジャブ。生きていると思わせて実は生者と死者が逆だったってパターン。このシリーズの他の再現映像でも紹介している。本作ではそれに捻りを加えて両方死んでましたというオチ。最初から2人とも死んでいるんだろうなと思っていたらその通りだった。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】

スピンオフシリーズ