201211_nf7
Not Found 7 -ネットから削除された禁断動画- [DVD]
クチコミを見る
制作年:2012年(日)
制作:小田泰之
演出:古賀奏一郎、吉川久岳
演出補:杉本笑美
制作担当:有馬志宏
収録時間:78分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
シリーズ7作目。ネット上で削除したとされる動画を集めた作品。ジャケ写が何気に怖い。なんか温水さんみたいだし。
全7話(前後編ものは1話としてカウント)。カテゴリは犯罪×3、心霊×2、事故×1、UMA×1といった感じ。グロ映像あります。またエロ映像も若干なのでご注意を。

前作はかなーり痛い内容。このまま変な方向に進んでしまうのか心配だったが、前作に比べやや路線が戻ってきたように感じた。あいかわらず杉本劇場は健在。しかしその内容より杉本さん自身がちょっとおかしくなってきたように感じる。古賀さんとか腫れ物に触るような雰囲気だし。
ではネタばれで紹介します。

【チャプター紹介】

  1. File:1 顔面金タワシ
    [カテゴリ]犯罪
    [概要]夫が浮気した妻に制裁を下す映像。
    ソファに縛られた女性。呻きながら逃れようとする妻に対して台所から金タワシを手に近寄る夫。抵抗する(暴れる)妻の顔に金タワシをかけてゆく。顔面血まみれになる妻。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]のっけから痛い系ですかぁ。んでも金タワシをかけるシーンが遠目&モザイク映像なのでグロさ痛さはさほど感じない。モザ無し顔面アップだったら正視できないかも。
  2. File:2 傷口から…
    [カテゴリ]事故
    [概要]キャンプで手に傷を負った友人の映像。
    手首の包帯を外すと血塗れた傷口。傷口から白い膿みのような液体が溢れる。爪切りで傷口をまさぐると中から寄生虫が出てくる(モザイク)。テロップにはあまりに大量の寄生虫がでてきたため腕を切断したとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]2はつめも痛い系。つかグロい系。傷口から虫とか勘弁して欲しい。。。とか思いつつ見てしまうw
  3. File:4 ドラッグパーティー
    (File:3は前後編もののためラストで紹介)
    [カテゴリ]犯罪
    [概要]雑誌記者が都内で開かれたドラッグパーティーの様子を隠し撮りした映像。
    突然ラリッたメンバーが他のメンバーの顔に食らいつく。慌てて部屋を飛び出す記者。マンションの外に飛び出すと、路面には先ほど襲っていた男性が倒れていた(幻覚作用で飛び降りた)。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]脱法ハーブもの。2段オチ。でもちょっと弱いかな。
  4. File:5 犬に育てられた女
    [カテゴリ]UMA
    [概要]スタッフのロケ中に起きた出来事。ロケ車内で打合せをしている一同。しかし杉本さんだけはそっちのけでパソコンを見ている。聞くと未確認生物サイトを見ているとのこと。
    杉本「犬に育てられた女の人か居る」
    古賀「犬に育てられた女の人か居るんだw」
    杉本「古賀さん知らないんですかww」
    本件を取材することに。茨城県にいるとの情報から現地で聞き込みすると、育児放棄した母親に変わり犬が育てた女性がいるとの情報を得る。話を聞いて涙ぐむ杉本さん。自宅を聞いて凸。
    道中スーパーに駆け込む杉本さん。
    古賀「(杉本が)変だよね」
    杉本さんが戻ってくると手にはお土産としてドックフードwww
    古賀「アプローチズレてね」
    自宅到着。しばらく家の前で様子を見ていると母親とおぼしき女性が姿を現して出かけてゆく。その隙に家の中を探るスタッフ。扉(サッシ)の窓から覗くと四つん這いで這い回る女性の姿。杉本が音を立てると窓ガラスに飛びついて吠える女性。扉は開いていた。開けると吠えて威嚇する女性。古賀さんがなだめながら手を出す。恐る恐る臭いを嗅いでおとなしくなる。頭をなでる古賀さん。
    杉本「人懐っこいですねw」
    杉本さんが買ってきたドッグフードを手に差し出すと、突然襲いかかる女性。慌ててロケ車まで逃げる一行。
    古賀「なんで突然襲ってきたのか?」
    吉川「そいえば杉本さん猫飼ってなかった?」
    杉本「猫飼っている」
    古賀「聞いてないよ」「猫飼ってちゃダメだ」「(杉本)凸してる割に詰めが甘くない?」
    取材中断。改めて調査するみたい。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]杉本劇場ですw会話の雰囲気が笑えるww
    杉本さんてば、ツチノコとかUMA好きなんですね。しかしお土産にドッグフードとか。杉本さん暴走通り越して覚醒したんじゃないのw
  5. File:6 盗撮ウィルス
    [カテゴリ]犯罪
    [概要]「報復完了」とコメントされた削除動画の映像。
    スタッフがこの映像を知っているという人を取材。レイプ映像だったようだ。女性の部屋を宅配便と偽った男たちが侵入しレイプする。映像を入手したスタッフが観ているとおかしな点に気付く。それはあらかじめ部屋にカメラを設置しておく必要がある映像だった。専門家に取材。パソコンのWEBカメラで撮影された映像ではないかとのこと。ウィルスに感染するとPCを遠隔操作されて撮影されたのだ。
    調査を進めると暴行された女性の隠し撮り映像が大量に見つかる。どうやら女性は街で見かけた障碍者を馬鹿にしたツイートをして炎上していたことが判明する。映像はその報復行為だった。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これまた時事ネタですね。
  6. File:7 金庫の中身は…
    [カテゴリ]心霊
    [概要]スタッフの元に届けられたビデオテープ。奇妙なものが映っているので調べて欲しいとのこと。テープを見ると古びた金庫を開けようとしている映像。やがて開けようとしていた男性が悶絶して血を吐いて倒れる。撮影者が立ち去ろうと映像が乱れた瞬間、遠目に立っている男の姿。
    テープの送り主に取材。金庫はあるが鍵が無くて開かないため、鍵師に開けてもらうことに。なんとか鍵を開けると中には粉末状のものが入っていた。
    取材映像を確認すると部屋のソファの後ろに青白い男の顔。また粉末を分析すると骨を焼いた灰であることが判明する。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これは無駄な遊びが無くて割と面白かった。
  7. File:3&8 怪奇!カメラに記録されたおぞましい過去(前後編)
    [カテゴリ]心霊+犯罪
    [概要]スタッフの元に心霊スポットを扱ったサイト「怨念研究所」が閉鎖された理由を調べて欲しいとの依頼がメールされる。このサイトでは心霊スポット探索映像を公開していた。
    サイトの管理人(の1人)を探り当て取材。管理人の曽田氏。閉鎖理由はもう1人の管理人であり発起人の守谷氏が電車へ飛び込み自殺したためと語る。曽田氏はこの自殺に不審を抱いていた。守谷氏が自殺する直前に心霊映像を撮ったと連絡があり、会う約束をしていたのだ。あまり多くを語りたがらない曽田氏は早々に退散する。曽田氏を追いかけて映像の所在を確認すると、守谷氏が自殺したときに破壊されたと。映像のバックアップがなされてることを期待して守谷氏の自宅へ。守谷氏の部屋で自殺前日に撮影された映像を発見。その場で映像を確認(パソコンの画面に映し出された映像)。
    暗闇の中、廃墟らしき場所を徘徊する撮影者(守谷氏)。映像が不自然に終わる。見るとテープが切れていた。曽田氏が持ち帰り修復。一方この場所を雑誌で見たことがあると言う曽田氏に確認して、スタッフはその地へ向かう。
    (後編)
    日も暮れて山道を進む一行。やがて廃墟が姿を現す。中に入ると劇場跡のようだ。火災があった様子で荒れている。調べていると誰か来た気配。不法投棄などがあって見回りにきた近所の男性。聞くと投稿映像の記録された日に女性が殺される事件があったとのこと。守谷氏が犯人ではと疑うスタッフ。撤収。
    曽田氏からテープ修復完了の連絡を受け曽田氏の自宅を訪問。投稿映像全編が映される。
    闇の中廃墟を回る守谷氏。脱ぎ捨てられた新しい靴と荷物の入ったバックパック。誰か居るのかと疑いながら探索を進めると、今度は携帯が落ちている。「やべえ」と毒づいて携帯を捨てる守谷氏。さらに奥に進むと女性が倒れていた。女性は口から泡を吹いて呻いている。唐突に懐中電灯が消え音声にノイズ。映像が乱れる。撮影者は逃げたようだ。
    映像を細かく調べると懐中電灯が壊れ、一瞬明かりがついた瞬間、人の顔が映し出されていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]本作メインなんだろうがイマイチだった。
    検証に時間を割いている割には映像のインパクトが薄くあっさりと終わってしまう。この映像と撮影者の自殺の関連性が感じられない。管理人のおじさんも単に出てきただけでストーリーに絡まない。まあ現実はそんなもんかもしれないが、場所はそれなりに雰囲気があっただけに残念に思う。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】