201211_sinreidouga-ju2
制作年:2012年(日)
制作:島野伸一、庄子圭
演出:後藤正行
ナレーション:やいまさゆり
収録時間:60分
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)
【総括】
シリーズ2作目。「本当の心霊動画」全体(「影」シリーズ含め)としては5作目。前作「呪」は大人しめの映像だった。さて今作はどうなるのか。
全部で10チャプター。内1作品は前後編ものなので実質9作品。グロ映像なし。また前後編ものは小池壮彦氏が登場しスタッフの追跡取材が収録されている。全体的に時間配分は悪くはない。
開始早々タイトルバックに流れる水音と鐘の音はいい感じ。
なのだが。。。
うーむ。映像が地味であったり、その割に作りました感が強かったりでイマイチな仕上がりだと感じた。
あと投稿ものなので映像モザイクや音声加工がなされている。映像モザイクはまだ判るが音声の加工は必要なのだろうか?ヘリウムガスを吸い込んだような高い声は耳障りで不快なんだが。
それではネタばれで紹介。
【チャプター紹介】

  1. 消えない無念
    [概要]水没者をまつった神社の映像。
    参拝して帰ろうとする境内で、灯籠の元に膝を抱えてうずくまる人の姿。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これ生身の人間がうずくまっているだけなんじゃないの?まあ見上げるような眼差しは不気味ではあるが。。。
  2. 川面に浮かぶ怨念
    [概要]川釣りをしている映像。
    川面から黒髪の女性の頭が出る。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]頭ちっちゃw
    投稿者の女性?の声が甲高い。聞き取れないだけじゃなく非常に耳障りで苛つく。
  3. 姿のない保護者
    [概要]公園の滑り台で遊ぶ映像。
    滑り台の下に足だけが映る。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]なんか切り貼りしたような映像。上半身が滑り台で隠れているだけのようにも見える。
  4. 闇の住人たち
    [概要]心霊スポットである廃墟を訪れた映像。
    廃墟内を探索していると二階の窓を通過する2つの黒い影。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]廃工場?妙に存在感のある影だな。ただ地下室のようなものもあって割と雰囲気のある場所だと感じた。
  5. 湖畔の怪異(前後編)
    [概要]湖に架かる吊り橋の映像。
    吊り橋を挟んで反対側に浮かぶ3体の黒い影。
    (追跡取材)
    小池壮彦氏に協力を仰ぎスタッフが場所の特定を試みる。映像を見た小池氏から千葉県のM湖ではないかと推察。小池氏と共にM湖へ取材。
    M湖到着。まずM湖の近隣にある心霊スポットらしいトンネルを取材。トンネルは手彫り。しかもトンネルの途中に横穴が。スタッフがカメラを持って横穴の中へ。横穴は途中で浸水しており奥まで進むことができない。
    (後編)
    引き続き取材映像。本命の吊り橋探索。道路から山道に入ると問題の吊り橋が現れる。老朽化が酷く橋を渡ることが出来ない。脇にもう一つの吊り橋が見える。しかしその橋へ向かう道がない。
    一旦戻り再びもう一つの橋の入り口を探索。脇道(山道)を見つけて先に進むと吊り橋が現れる。どうやら投稿映像の吊り橋と同じようだ。吊り橋を渡ると手彫りのトンネル。一行はトンネルを通り先に向かうが、このまま山を越えそうなので引き返す。橋のたもとには花が添えてあった。
    撮影後。トンネルの横穴にて。浸水した水面に浮き上がる顔が映されていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]投稿映像自体は本作で一番ガチっぽかった。また取材映像は一緒に探索しているような気分で割と楽しめた。
  6. もう一人の参加者
    [概要]ビデオチャットの映像。
    カメラが上の方にぶれると、カメラを覗き込む不気味な顔が映される。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]これも実体がありそうな人影だな。多少容姿は気持ち悪いけど。
  7. 観覧車
    [概要]カップルの観覧車内の映像。
    窓の外。中空を漂う生首。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]なんだかなぁ。観覧車にしがみつくなにかを期待したんだが。
  8. ゴルフ練習
    [概要]ゴルフの打ちっぱなしの映像。
    前方(フェアウェイって言うのかな?)に佇む歪な黒い影。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]はっきりしすぎているためか、言うほど怖さを感じない。
  9. 徘徊する異端
    [概要]深夜のドライブ映像。
    トンネル内に佇む白いワンピースを着た髪の長い女性。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]女性が映された後、運転手にカメラが向けられる。その時背後(後席)から運転シートに手が伸びているのだが、この手は関係ないのか?車内は男女2名のカップルだけのような感じなのだが。
ランキングサイトに登録中です

応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】