201210_nagurikomi-toukaidou
怪談新耳袋 殴り込み!劇場版[東海道編] [DVD]
クチコミを見る
制作年:2012年(日)
監督:青木勝紀
収録時間:110分(特典映像含む)
カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)
【総括】
ようやく借りることが出来た当シリーズ最新2部作のうちの東海道編。2ヶ月ばかり遅れての紹介です。どーもすみません(汗怪談新耳袋(書籍)で紹介される心霊スポットへ新耳Gメンなるおさーん達が訪れて、ヘタレな、、、ガチンコな体当たり検証するというもの。久しぶりなので新耳Gメン6人と1体をエンドクレジットから簡単に紹介(順不同、敬称略)。

  • 田野辺尚人(キャップ)
  • ギンティ小林(ライター兼体当たり担当)
  • 青木勝紀(本作監督、3代目)
  • 後藤剛(映像制作会社シャイカー社長)
  • 市川力夫(バイト)
  • 山口幸彦(制作)
  • はち(市松人形、♀w)
本編約95分+特典映像約14分。さすが劇場版と唱うだけのボリュームだぁ。全6チャプターに特典が1チャプター。時間の割にチャプター数が少なく感じるかんもしれないいが、「検証系」作品なのでこんなもんとスルーする。
北海道編を観ていないので何とも言えないのだが。。。

うーん。なんかパワーダウンしてないか?
違うな。マンネリというか新鮮みが無いというか。。。
おふざけパートもなんか皆さん楽しんじゃっている感が強いし。もうちょっと真摯に向き合ってくれないと、反動であるヘタレ映像も共感できない感じ。心霊スポットよりもその場で行う「挑発」行為がメインになってる感じだ。
またオブザーバ(テロップでは企画協力)である木原浩勝氏と中山一朗氏はちょっとだけしか出てこない。書籍との連動面を考えると、もう少し露出する機会は増やして欲しいかな。あとゲストを招くのは良いと思うが、個人的にはラップはもう勘弁(なんでラップなのか内心納得できていない)。
ちなみにもう1作の「北海道編」は、まだ借りることが出来ないorz
観たらうpしようと思います。
それではネタバレ進行で紹介。
【概要】

  1. 殴り込みファイル001:夜のホラースタジオ
    出発点は都内の某スタジオ。このスタジオでは女の声が聞こえる等の噂が絶えないらしい。
    件のスタジオに入って打合せをする新耳Gメン。その最中に人の声と階上を歩く足音。止まる一同。そこにチャイム。絶叫してビビるメンバ。チャイムはセキュリティのアラート(なんで警告が鳴ったのかは不明)。怖くて電気を付けることに。
    一同が今回訪れる予定地の資料映像を観ているとスタジオの扉の外から物音。みんなで扉を開けてエレベーターホールへ。誰もいない。唐突に力夫さんが驚く。その姿にツラレて他のメンバがびびる。映像を確認すると誰もいないスタジオ内から「はぁぁ」という声が入っていた。
    神聖かまってちゃんのマネージャ:劔樹人さんとメンバ(キーボード):monoさんが参戦。2人のことを「生け贄」と言い放つ山口さん。劔さんはともかくmonoさんは画期的恐がりで、話を聞くのも嫌らしい。
    ミッションスタート。照明を落としたスタジオに今まで殴り込みで収録することができた「幽霊の声」が入っているサンプラーを置いて神経衰弱ならぬ心霊衰弱(サンプラーには8種の音声が16のボタンに録音されており、ボタンを押して同じ音声が出るまでその場で繰り返す)。
    そしてmonoさんの番になるが、1人は絶対無理として土下座して許しを請う。検討した結果、目隠しした力夫さんと二人三脚でスタジオへ。転びながらもミッションクリアするmonoさん達。階上へ戻ろうとエレベーターホール(ここも暗い)に戻るのだが、ギンティ氏がエレベーターのボタンを全階押して到着を遅くする。キレて罵詈雑言を放つmono氏の背後。誰もいないスタジオに「あぁぁぁぁぁ」との声が入っていた。
    ラストは劔さん。エレベーターでスタジオへ降りる劔さんを見届けて、他のメンバは劔さんを脅かそうとスタジオの裏口に向かう。劔さんが速攻で心霊衰弱をクリアしたため失敗だったが、裏口に向かう途中で謎の声が入っていた。
    ⇒ いろいろ異常な音声を拾っていてつまらなくはない。
    ⇒神聖かまってちゃんが出てくる訳だが、知っている人は結構ウケると思う。でも知らない人にとっては微妙な感じじゃないかな?
    ⇒この場所って「北野誠のおまえら(ry」で百物語やった場所じゃないのかな。階段の配置なんか見覚えがあるのだが。
    ⇒本作でもデスジャンケンやってる。相変わらず負けた人が突撃するのだが、コンセプトとして勝った人に突撃して欲しいと思うんですけど。
    ⇒あと悪戯心も変わってないなぁ。いい年したおっさん達がはしゃぐ姿に安心する反面、新鮮味が無いとも思ってしまった。
  2. 殴り込みファイル002:地中に眠る死者たち
    東京都のT山公園(戸山公園かしら?)。
    小塩隆之氏が解説。この地は80年代にその場所を開発しようとしたところ無数の人骨が出てきた。また戦時中に人体実験を主務とした731部隊の施設があったとのこと。
    夜の公園に到着。小塩氏と共にラップグループ:SRシンレイノラッパーZが参戦。メンバーはダースレイダー(ラップ担当)、DJオショウ(DJ担当)、ペッティングボーイ(ビートボックス担当)、森ボーイ(ブレイクダンス担当⇒力夫さんでしょ)の4人組。彼らは心霊スポットに行きラップを通して幽霊とコンタクトを取ろうとしている。どーやらまじめにやっている方達のようだ。オショウさんが巨大ミミズの群れにビビるところは可愛い。。。くないね。
    ミッションはギンティさんがロボの扮装して公園にある山の頂上で開会のラップを行うというもの。特別不思議なことも起きていない。(まあ面白くも何ともないので途中省略。)
    次はフリースタイルこっくりさん。こっくりさんにおける幽霊との交信をラップ調にやるんだそうだ。(苦笑、すまねえw)メンバはギンティさん、オショウさん、ペッティング(ryさんの3人。10円玉が動き出す。(なんかシラケちゃったんで途中省略。)(なんかいろいろ文字を伝えてきているんだけど以下略。)最後は鎮魂ラップで締め。
    ⇒前作でも山の牧場+ラップってあったな。
    ⇒本作中一番のハズレ。正直このチャプターは結果も出せていないこともあり退屈だった。やってる方は楽しそうだが観ていて苦痛。ラップが好きな方は別の感想を持つのかもしれないけど、こんなのほんとにスクリーンに流したのか?ネット動画のやってみたレベルだと思うのだが。どうせ出るならmonoさんみたいに自ら体当たりでやって欲しいぞ。
  3. 殴り込みファイル003:禁断の果実
    場所は静岡県のH穴洞窟。土着信仰の聖地とのこと。
    暗闇の中鳥居が現れる。洞窟の前に立ち入り禁止の看板とロープ。スチール写真を撮影すると白い靄が映り込む。神聖な場所なんで神聖な感じで挑むべく、洞窟内でヒーローショーをやることに。ヒーローはスーパーX。沖縄編で廃墟で行ったヒーローショーで力夫さんが変身したヤツ。
    じゃんけんでヒーローは力夫さんに。ただスーパーXのコスは前方視界が悪く、現場の足場が悪いため、ギンティさんがブリーフマンとして気温マイナス5度の中参戦。
    洞窟内で変身する2人。カメラのレンズが曇りブリーフで拭う力夫さん。その姿で洞窟内の祭壇で本作の成功を祈願する。突然力夫さんがハッとする。「みかんが!」と取り乱す二人は急いで後にする。どうやら元から落ちていた「みかん」に驚いたようで一同爆笑。
    撮影後、洞窟内の定点カメラに「さっき」との音声が入っていた。
    ⇒お笑いパートなんだろうが、なんかはしゃぎ過ぎっていうかチャラケ過ぎっていうか。。。(前作から)しばらく観なかった所為か、こんなんだったけ?
  4. 殴り込みファイル004:霊山からの物体X
    愛知県豊橋市のI巻山。(「豊橋市」と「巻山」でググると「伊古部町原山」と出てきた。)
    まずは地元出身、映画プロデューサーM氏の談話。M氏が映画撮影にあたり、監督と共にI巻山のI巻神社へお参りに行った時の話。社を前に写真を撮ったらスライム状の物体が写り込んだ。ちなみに写真は気持ち悪くてすぐに削除したそうだ(残念!)。また地元ではI巻山は幽霊やUFOの目撃が多いとのこと。
    夜になりI巻神社へ。M氏と同じシチュエーションとするため、2人組で社の前で写真を撮ることに。ギンティさんと田野辺さんの撮影時に「ふぅー」という音声が入る。田野辺さんが境内の石塔に光を見たと言うが写真に異常はなかった。境内で写したスチール写真に赤い塊が写る。また社を映した定点カメラには一瞬2つの光が映った。
    ⇒みなさんマジメモード。
    ⇒小さな異変だけであまりヘタレな映像では無い反面ガチっぽかった。
  5. 殴り込みファイル005:デスレース2012
    同じく愛知県のI巻山の麓の旧H坂トンネル。(こちらも「I巻山」「坂トンネル」でググったら「旧本坂トンネル」と出てきた。)
    再びM氏登場。道路に女性の顔面が半分埋まっているのを目撃した体験があるそうだ。
    夜。まず全員でトンネル内へ。後藤さんが足音が聞こえたと言うが映像には入っていない。あと出口で背中を押されたというギンティさん。
    ミッションはデスレース。使用する車は幼児用の車「マシン美獣」。動力は自分の足。これで一人ずつトンネルを抜ける。トンネルは約300mと思いのほか長い。いい年した新耳Gメンは皆さん息も絶え絶え。苦労した割に成果(心霊映像)なし。しかしデスレースの準備で定点カメラの映像に「はぁ」と音声が入っていた。
    ⇒おさーんのドアップ連発w
    ⇒その表情は怖さに震えているというより疲労困憊といった感じだ。
    ⇒怖そうな場所なんだけど、それを感じさせない映像w
  6. 殴り込みラストファイル:天空の祈り
    再びI巻山へ。ここでは山頂でUFOを撮影使用を試みる。
    I巻山の山頂でおっさん達一同が上空を見上げる映像。一向に出てこないUFOに諦めかけたその時。後藤さんが彼方に光点を発見。色めき立って後藤さんの指差す方向を見る。皆の見る中やがて光点は消える。かろうじて光点を捕えた映像には、雲の中に光点が現れ、変な動きをしたあと消えた。
    ⇒UFOっぽいです。
    ⇒皆さん嬉しそう。よかったね。
  7. 殴り込み特典ファイル:お堂の地下に潜入せよ!
    愛知県、豊田市の公園内にあるR堂。
    現地に向かう車内が線香臭くなる。
    夜。公園に到着直後にどこからか人声。スチール写真に赤い靄が写される。お堂に到着。床の鉄板を持ち上げると地下室が。地下室の中にはタバコが並べられている(供えられている?)。
    ミッションは地下室内でタバコを一服すること。当然対象者は喫煙者に限られる。ギンティさんが一服し終えるが外のみんなはしばらく放置。なお本番中に異変は無かったが、地下室内に定点カメラを設置している時、立ち上る薄い光点が映り込む。
    ⇒社の前に狛犬ではなく普通の飼い犬の石像はある意味異様。
    ⇒地下室と言うことで期待したが、結構人の出入りがある場所のように見えた。
ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓
【シリーズ過去ログ】