201209_kowaidouga-kaikin2

制作年:2012年(日)
制作:庄子圭、島野伸一、住倉カオス
ナレーション:遠藤浩
収録時間:51分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

住倉カオスさんをナビゲーターとして投稿映像を集めたシリーズ「限定解禁」パート2です。

パート1ではあまり怖さを煽る映像が少なかった。パート2も同じようなスペックと思いつつ視聴。

心霊オンリーで全7作品。やっぱりなのか映像自体は地味目が多く怖さはあまり感じられなかった。その分フェイク感は少ない。グロもほぼ無し。ちょっと物足りなさを感じる内容だった。

以下にネタばれ進行で紹介。

【各話紹介】

  1. (限定解禁FILE_01)悪意の配達人
    [概要]自宅の郵便配達受けにゴミを投げ込まれている投稿者が証拠映像として隠し撮りした映像。
    ポストの中とポストを外から俯瞰できる位置にカメラを設置。ポストの中からの映像にゴミを押し入れる手と中を覗きこむ不気味な顔が映される。しかし外の映像にそれらしき人影は無く、代わりにポストの中を蠢く手が映されていた。投稿者が異変を感じて駆け寄るとポストにゴミが。開かれたポストの扉に反射する3つの顔のようなもの。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ度]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]ポストの外の映像に比べてポスト内の映像がリアルすぎる。異変を感じた投稿者がポストに駆け寄るのだが、ポスト内の映像では外から来たのに対して、屋内から駆けつけている不自然感。いっそポスト内の映像は無い方が不気味だったかもしれん。
  2. (限定解禁FILE_02)天井裏の生首
    [概要]水道工事の報告用に撮影した映像。
    浴室の天井から水漏れを訴える住人。カメラで天井裏を覗くと柱の陰に落ち武者のような生首。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ度]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]どこかで観たようなシチュ。でもって前振り長杉。のわりに予想通りの映像。今の季節だと天井裏の生首よりスズメバチの巣があったほうが怖いと思ってしまう。
  3. (限定解禁FILE_03)迫りくる下級霊
    [概要]夜のドライブ映像。雨の山道を走る車。前方から小さな2つの光が通り過ぎる。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [グロ度]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]タイトル煽りすぎ。「迫りくる」じゃなくて「横を通り過ぎる」の方が正解だろう。下級霊かどうかも怪しい。ただ映像はガチっぽかった。
  4. (限定解禁FILE_04)レンズに映った悪魔の姿
    [概要]来日した外人観光客が撮影した映像。
    ホテルへの帰り道を迷いながらも楽しんでいる外人さん。路地に迷い込むと小さな鳥居。不思議に思ったのか鳥居をくぐり祠を撮影する。祠の後ろに人の顔。また反射した光が髑髏のように映る。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ度]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★☆☆☆☆
    [感想]反射した光はハレーションだと思う。住倉さんが日本と外国との心霊に関する思いの違いに軽く触れている。これは同意。それぞれの国の信仰や風土に合った心霊観(?)があると思う。そも外人さん(特に欧米人)は「肝試し」のような風習はあるのだろうか?
  5. (限定解禁FILE_05)ライブチャットの目撃者
    [概要]ネットを使ったビデオチャットの映像。
    カメラの前で色っぽい仕草をする女性。女性が着替えのためカメラから外れると、背後のゼブラ模様(??)の中に黒点が現れ、やがてそこに眼が開かれる。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ度]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]判りにくいな。
  6. (限定解禁FILE_06)処刑場の地縛霊
    [概要]住倉さんの元に届いた映像。
    家族団欒の映像。玄関でノックの音。玄関へ行くが誰もいないとリビングに戻ってくる父親。リビングの扉の擦りガラスにコチラを覗くような人影。スグに父親が扉の向こうを確認するが誰もいない。映像を逆さにすると人の顔に見える。なお昔はこの場所は処刑場だったとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ度]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]心霊写真レベルで地味。まあコレなら(ガチで)アリかなと思える。
  7. (限定解禁FILE_07)ネット生中継に映った死者の霊
    [概要]住倉さんが主催?する「百万人の怖い話」の企画で、ニコ生で青木ヶ原樹海を探索した時の映像。
    青木ヶ原樹海。過去に実際に首吊り自殺者を発見(映像あり)しており、今回その場所へ赴くという企画。
    雨の降る夜。住倉さんは樹海の外に駐車した車内でモニタ。突撃班は阿佐美UMA(♂)さんとタカコ(♀)さんの2人+カメラさん。雨で足元の悪い中を現場へ向かう3人。レポーターのタカコさんの背後。木の後ろに佇むスーツ姿の人影。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ度]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]フルモザで首吊り映像が紹介されるが。。。うーん。どこか浮世離れしている映像に見えるんですよね。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】