201209_kage3

制作年:2012年(日)
制作:島野伸一、庄子圭
演出:木場丈
ナレーション:左京充
収録時間:51分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

ご無沙汰してます。
8月も終わり心霊モノのリリース攻勢も一段落といったところでしょうか。そんな9月の一発目です。

「影」シリーズ3作目。イマイチ「呪」シリーズとの差異が判らない。まあいいか。

全10チャプターなんだけど全体的に前振りの長い映像が多かった。また映像は小ぶりで地味目。表情が不気味だったりするだけでグロさはほぼ無し。

以下ネタばれで紹介。

【チャプター紹介】

  1. ヘリコプター
    [概要]飛行中のヘリコプター内から外の景色を映した映像。
    開け放たれた扉の縁を掴む手。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]予想通りというか凡庸。映る手も何処となく後付けされた感じ。これよりも下界を見下ろした風景が大きな顔に見えた方が不気味だった。
  2. 帰郷
    [概要]帰省中の車内からの映像。
    サイドウィンドウに車内を覗くような顔。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]前段長杉。あとノイズ酷い。表情が良く判らないのが残念。
  3. 纏いたい者
    [概要]自室で服のコーディネートを話す2人の女性の映像。
    ベランダの手すり越しに室内を覗く顔。また室内の隅に膝を抱えて蹲る人影。ちなみにタイトルの読みは「まといたいもの」。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]部屋に蹲る人影は初見で判らなかった。
  4. 要塞跡地
    [概要]心霊スポットである軍事跡地の映像。
    廃墟の窓を横切る人影。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★☆☆☆☆
    [感想]コレはガチっぽかったなぁ。さりげなく映っていていい感じだ。ただこれも無駄に前段が長い。画面の暗い映像が延々と続くのは観難くて苦痛。
  5. オーディション
    [概要]オーディションの面接映像。
    面接が終わり女性が立ち去ったあとに、椅子に座っている顔の崩れた女性の姿。電話インタビュー付き。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]フイタ。こう来たかって感じ(笑)。
  6. 廃神社
    [概要]旅先で訪れた朽ち果てた神社の映像。
    境内の地面から伸びる複数の腕。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]初見判らず。つかその後のロープ越しの人影だと思った(どうやらこの人影は同伴者のようだ)。
  7. 吊り橋
    [概要]夜の吊り橋を渡る映像。
    ライトに照らされて映る投稿者達の影から伸びる複数の腕(の影)。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]千手観音ですね。
  8. 墓場に棲まう人
    [概要]心霊スポットの墓地を訪れた映像。
    映像がノイズで乱れる中に浮かぶ逆さまの顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]携帯映像で判りにくい。心霊スポットの墓地というが心霊スポットではない墓地はあるのか?
  9. 多重人格者
    [概要]自身が多重人格と疑う妻との会話を映した映像。
    突然頭痛を訴えて豹変する妻。倒れたカメラに映る人の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]シチュ自体から疑わしい。
  10. おせんころがし
    [概要]「おせんころがし」と呼ばれる海辺の景勝地?(心霊スポット)の映像。過去に豪族の娘が身投げし、また、母子が惨殺された場所でもあるらしい。
    (豪族の娘の)供養塔の背後に着物姿の女性。
    またスタッフの現地検証で投稿映像が左右逆さまと判明。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]映像が左右逆であることを怨念に結び付けるのは苦しいでしょ。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】