201208_fuuin10

封印映像10 呪われた同窓会 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2012年(日)
収録時間:54分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

リスタート?されてからのシリーズ10作目。シリーズを追うごとにレベルダウン感が否めないのに観てしまっている感じの作品(笑)。やっぱどこかで(今度こそはと)期待しているのかな。

投稿映像に投稿者のインタビューを交えて紹介する内容。収録時間54分で5作品。本シリーズでは標準的な構成。

中身は前作からは若干持ち直してきた感じか。映像面で怖さは向上し、良い意味で予想を裏切るシーンもあった。心霊中心な内容であるが前作よりグロは高め。ただ全体的にモザイク処理が多いことと、後だしじゃんけんみたいな種明かしが気になった。

このシリーズ。あらためて振り返ると「封印」映像ではなくなってきたように思える。もう少し「封印」された理由を匂わせる内容にしてもらえると嬉しいかもです。

ではネタばれで紹介。

【概要】

  1. 鏡の住人
    [カテゴリ]オカルト
    [概要]自身の寝ている姿を映した映像。
    投稿者はフリマでスタンドミラーを購入した女性。購入後から違和感を感じるようになる。
    -鏡の中の自分が他人に思える
    -寝ていると鏡のあたりから話し声が聞こえる
    心霊研究家に相談し、就寝時の映像を撮ることに。深夜になり異様な息遣い。そして女性が苦しみ出し、布団からテーブルに置かれた鏡の前へ這いずり出す。鏡の前で何やらブツブツと口にする女性。夢遊状態で「鏡から聞こえる声」は彼女自身の声のようだ。しかし鏡を挟んだ向かい側に別の彼女の姿が浮き出してくる。
    心霊研究家によると浮き出た女性は鏡の住人とのこと。鏡により吸い取られた彼女の分身だそうだ。別人が現れる直前の鏡に映る彼女の表情は歪んでいた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]表情が歪むのはまま見受けるが、彼女の分身が現れるのはちょっと新鮮。でもそれならモザイクカットして欲しかったか。浮かび上がった分身はモザイク無しなんだし。
  2. 赤ずきんちゃん
    [カテゴリ]事件+オカルト
    [概要]ある演劇専門学校のエレベータに設置された監視カメラの映像。
    沢山の生徒が乗降する中、真っ赤な雨合羽を着た女の子が乗りこんでくる。女の子は何するでもなく個室の奥に佇み、長い髪に隠されたフードの奥の表情は覗えない。生徒達は不審に思いながらも彼女を赤ずきんちゃんと呼ぶようになり、いつしか同乗すると良いことがあると噂されるようになる。
    その日もある男子生徒の後から赤ずきんちゃんが乗ってきた。到着階に着いて扉が開く瞬間、突然赤ずきんちゃんが男性の背後に手にした刃物をつき立てる。そのまま到着階に倒れ込む男性に馬乗りになると、何度も刃物を振り下ろす赤ずきんちゃん。やがて彼女は血の付いた刃物を手に監視カメラに向かってにっこりと笑う。その顔は真っ白な中に赤い大きな口。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前段の映像(単にエレベータを乗り降りする生徒たちの映像)が無駄に長い。リアル恐怖系。監視カメラのレンズに飛び散る血のりが生々しい。
  3. カーテンの中
    [カテゴリ]心霊
    [概要]投稿者が向かいのマンションを映した映像。
    いつも窓辺に現れる女性を撮影する投稿者。時折手を振って微笑みかけてくれる彼女だが、カメラの不調の所為か白い表情が歪むことが多かった。ある日も窓辺を撮影していると、現れたのは不気味な表情をした顔。そしてその日を境に彼女は現れなくなる。不審に思った投稿者は思い切ってマンションを訪れるが応答がなかった。
    数日後(?)窓辺には警官の姿。彼女は死亡していた。マンションの管理人の話しでは、彼女の死後もロビーで彼女の姿を見かけていた。そして検視結果では死後1カ月以上経過していたが、投稿者はそれ以降に彼女を映している。
    霊能者に相談した投稿者の顔はお経の文字で埋め尽くされていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]グロはラストの投稿者の顔w
    警察が検証しているシーンはなんでモザイク処理しているのかな。
  4. 漫画喫茶F-6号室
    [カテゴリ]心霊
    [概要]幽霊が出ると噂される漫画喫茶の個室を映した映像。
    噂では若いホームレスの男性が、この個室で餓死したとされる。深夜になり部屋の前に気配を感じると投稿者。やがてパソコンのデスクトップに動画が浮かび上がる。タイトルは「遺書」。ひとりでに再生される動画。
    それはカメラを前に独白する男性の映像。ボソボソと話す男の顔の映像は醜く歪む。
    ラストに投稿者が気配を感じたとされるシーンが再掲。個室の扉の下の隙間に佇む素足。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]投稿者のどアップが見苦しいw
    前段でシーンをカットしておいて、ラストで提示⇒種明かしするのは後だしジャンケンっぽく狡いんじゃないの。あと漫画喫茶で餓死とかちょっと設定に無理があるような気もする。
  5. 呪われた同窓会
    [カテゴリ]心霊
    [概要]高校の同窓会の映像。
    幹事の元に開催メールを送っていない女性から「出席します」と返信されてきた。しかしその女性は既に死亡していた。
    賑わう同窓会の映像。庄子張りされた窓枠に浮かぶ大きな女性の顔。開催前に幹事の元にこの女性からの電話があり、留守電に録音されたのは「憶えてますか?」との声。最後に一同揃って写真撮影。その中の一人の男性の顔に重なる彼女の顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]別に呪われている訳ではないのね。留守電はともかく映像はガチっぽかった。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです
↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】