201204_BLOODC

BLOOD-C 1 【完全生産限定版】 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
キャラデザ:CLAMP
監督:水島努

カテゴリ:ホラー/アニメ

【総括】

今回はチョット毛色が異なりホラー系のアニメです。
カテゴリ的にどうなの?うーん、まあホラー系なのでいいでしょう。

1クールのTVシリーズで全12話。続編(つか解決編か?)が夏に劇場公開される模様。

アニメ「BLOOD」シリーズのおさらいとして、2000年に「BLOOD The Last Vampire」が劇場公開。2005年から2006年で「BLOOD+」がTV放映(4クール、全50話)。そして本作が2011年にTV放映された。

「小夜(サヤ)」の名を持つ少女が主人公で、タイトルから連想されるように、彼女がバンパイア(バケモノ)を退治する展開は共通している。ただしバンパイアの呼び名は異なっている。劇場版ではバンパイア(たしか)、BLOOD+では「翼手(ヨクシュ)」、本作では「古きもの(フルキモノ)」と呼ばれており、ストーリ的な繋がりは無い。

【ストーリー】

主人公:更衣小夜(キサラギサヤ)は神主を父に持つ神社の巫女。メガネっ娘。昼間はかなり天然な女子高生だが、夜は父の八卦に従い「御神刀」で「古きもの」を退治する。詳細はネタばれになるので「続き」に記載。あと「古きもの」は勝手に命名した。

【感想】

実のところ本作をここで紹介するつもりはなかった。まあアニメという理由もあるが、なんせ「退屈」だったから。キャラデザはclamp氏。氏の10等身キャラとストーリーとのギャップもあって、DVD2巻目くらいで失敗だったかと後悔。惰性で毎月リリースされるDVDを観ていた感じ。しかしその「退屈」もラスト2話で帳消し。今までの「退屈」な伏線が最後に最大の盛り上がりを見せてくれる。驚くようなどんでん返しとかは無いけれど、謎解きと一緒にキャラのドロドロした内面がいい感じだ。始めの退屈感に耐えられればラストは満足いくかと思う。

小夜が手にした日本刀でバケモノを切り裂くシーンや、バケモノが人を捕食するシーンがある。シリーズを通して観ると本作が一番あざとくてグロい感じだ。特に人が襲われるシーンは流血ドバドバ、手は千切れる首はもげるで、いっそ清々しさを感じるくらい。clamp氏のキャラのためか、グロシーンほどに気持ち悪さは感じなかった。

観ていると大体2話くらいで設定環境に違和感を感じると思う。山。湖。人通りの極端に少ない道。そんな緑の多い小さな田舎町に異物でも放り込んだような高校の制服。異様に少ない生徒。綺麗に舗装された大きな道。でも車は通らない。造られたような違和感。勿論その辺りもラストへの伏線となるのだが、あたりまえのようにスルーされて進行する。
個人的には「BLOOD+」の小夜が一番しっくりくるかな。全50話っつうのが長いんだけれどw

【評価】

総合評価:★★★★☆(4.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★★☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:★★☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

(続き)ネタばれ






【登場人物】

  • 更衣小夜(キサラギサヤ):主人公、女子高生、巫女でめがねっ娘w
  • 更衣唯芳(キサラギタダヨシ): 小夜の父、神主
  • 七原文人:近所の喫茶店「ギモーヴ」のマスター、若い
  • 網埜優花(アミノユカ):ちょっと大人びた同級生
  • 求衛のの、ねね(コノエノノ、ネネ):幼い系の双子の同級生
  • 筒鳥香奈子(ツツトリカナコ):担任の化学教師
  • 鞘総逸樹(トモフサイツキ):絵に描いたような委員長
  • 時真慎一郎(トキザネシンイチロウ):クールな同級生

【各話詳細】

  1. 第一話「あまつかせ」
    更衣小夜(キサラギサヤ)登場。近所にある喫茶店「ギモーヴ」のマスター七原文人と仲が良い。通学路で何か意思を感じさせる仔犬を見かける。小夜の記憶に混乱が見られる。
    ◆古きもの:湖に浮かぶ石像
  2. 第二話「きみがため」
    小夜の学校生活を紹介。一通りメインキャスト(その名の通り)はこれで全て登場。
    ◆古きもの:山頂に咲く巨大植物
  3. 第三話「ひとはいさ」
    初めて犠牲者が出る。また古きものが初めて言葉を話す。「約定を守れ」と。
    ◆古きもの:人喰い列車
  4. 第四話「なげけとて」
    学校では町の人々の失踪事件が話題に。わずかながら小夜の記憶が蘇えろうとする。数人が古きものに喰われる。「話が違う」と呟く犠牲者。
    ◆古きもの:金の羽を持つ鳥
  5. 第五話「めぐりあひて」
    ねねとののの提案で自習時間に教室で怪談大会。香奈子の話を聞いて気を失う小夜。
    ◆古きもの:目玉だけの尼僧
  6. 第六話「かぜをいたみ」
    小夜を見舞いに神社に訪れたねね。そこに現れる古きもの。戦う小夜の目の前でねねが喰われる。翌日から小夜は御神刀を持ち歩くようになる。下校する目の前にののが現れて、ねねの行方を詰問する。その影が伸びると人を襲いだす。影はののを取り込んだまま小夜に滅せられる。
    ◆古きもの:巨大昆虫、ののの影
    ⇒6話目でメインと思われたキャストが犠牲になるのはチョット意外。人喰い描写が容赦なくなる。
  7. 第七話「うかりける」
    ねねとののを失い苦悩する小夜。その目の前に仔犬が語りかける。臨時休校となった学校。知らずに登校し居合わせた香奈子からそのことを聞く。下校途中に古きものが襲いかかる。傷だらけになりながらも退治した小夜の前に現れる時真。
    ◆古きもの:8本腕の巨大武者
  8. 第八話「よのなかよ」
    小夜の記憶がさらに蘇えってくる。学校に現れた古きもの。次々と襲われる同級生。
    ◆古きもの:他足の巨大爬虫類
    ⇒犠牲者量産。
  9. 第九話「こころにも」
    小夜は古きものを退治するがクラスメイトはほぼ全滅。神社で仔犬と会話。徐々に自分の記憶を思い出し、境遇とのギャップに疑問を感じる小夜。
    ◆古きもの:他足の巨大爬虫類(前回の続きで新登場なし)
  10. 第十話「ふくからに」
    小夜は自分の出自を思い出せないジレンマを唯芳にぶつける。古きものが現れ、倒したが気を失ってしまう。目を覚ますと脇に文人。文人からギモーヴをもらう。
    唯芳の前に文人。文人は唯芳に「あなたも用意しないと」と何かを促す。
    喫茶店で文人と話していると香奈子が現れる。香奈子は神社に保管されている古書を見たいと小夜に懇願する。香奈子に見せられた古書は「真新しく」「白紙」だった。そして目の前にののとねねが姿を現す。「茶番劇は終わりにしよう」と香奈子。
    ◆古きもの:髪の毛だけの女
    ⇒ここにきて一気に加速するような展開は好きだ。
  11. 第十一話「たれをかも」
    とまどう小夜に囁きかける香奈子。笑顔のねねとのの。さらに時真も姿を現す。全ては小夜を中心としたお芝居だったことが明かされる。但しメインキャスト以外のエキストラはキチンと殺されているとのこと。
    皆はこの芝居に参画した理由を語る。ねねとののは過去の清算と就活の一環。時真は金。香奈子は出世。
    時真が持ちこんだ古きものの血液を小夜に飲ませる。小夜の瞳が赤く燃える。記憶が急速に蘇える。古きものを倒した後、その血をすする(つか飲む)自分の姿。
    香奈子たちは早く終わらせるために組織(?)を裏切ったようだ。そこに古きものが姿を現す。逃げ出すねね、のの、時真。目の前に優花と逸樹。街全体が小夜だけのために造られたことが判る。言い争うキャスト達。文人が現れる。
    ◆古きもの:腕を持つ金色の獅子
  12. 第十二話「わすれじの」
    文人が現れて全てが明らかに。文人が捕獲した小夜。小夜と文人の賭け。
    裏切ったメインキャスト達は古きものにより惨殺。それでも戦う小夜は古きものを倒す。
    逃げ出した香奈子は唯芳の助けを求める。香奈子を抱き殺す唯芳。唯芳は古きものへ豹変(変身)する。完全に記憶を取り戻した小夜は唯芳をも倒す。
    立ち去る文人は小夜の追跡をかわすため古きものを放つ。小夜をかばった逸樹は文人の親衛隊により銃殺。町には増殖した古きものがエキストラ達を殺しまわる。文人と一緒に逃げ出した優花は、自身が都知事になる願望を告げる。小夜は増殖した古きものの本体を倒すと、ヘリに乗って脱出する文人達に飛びかかる。が、間一髪文人に頭部を撃ち抜かれて墜落。去り際文人はギモーブはエサで作っていたことを明かす。
    数日傷が癒えるのを待つと、エンドロールの中小夜は都会に向かって走り出す。
    ◆古きもの:唯芳、増殖する道化師
    ⇒情け容赦ない殺戮シーンとキャラのギャップがいい感じ。特に大量の人を袋状の手に放り込んでミキサーにかけるシーンは圧巻。
    ⇒ボスキャラ文人は1話目から最有力候補。それでもメインキャストの泥臭い理由に説得力を感じる。全てのキャラにギャップを設けていて、判っていていも面白い。
  13. 予告:劇場版BLOOD-C The Last Dark
    舞台は東京へ。。。

以上です。