201201_yamidouga

闇動画 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:66分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

本作の監修:児玉和土氏は、「ほん呪」vol.22-41の構成・演出、また「封印映像」1-6の監修を携わった。つべにうpされていた予告編からも期待度は高い。ただハズレだったときのガッカリ感は避けたいので、過度な期待はせずに観ようと思った。

のだが。。。

いやいやこれがなかなか。
どうやら新年初頭から当たりを引いたようだ。

全部で5チャプター。収録時間が約65分。時間も適度で良い。それ以上にガチかフェイクかは置いておくとして大きなハズレがなかった。また映像としてもスペックは高い方だと感じた。

内容はオカルト(呪い)や事件絡みもあるが総じて心霊絡み。また一部にはグロ映像もあるので、苦手な方は注意した方が良い。

なお続編も企画されているようなので、リリースされたら借りて観よう。

ではネタばれ有りで紹介します。

【各話紹介】

  1. 晩夏の夜に招く者
    [分類]心霊+事件
    [概要]夜の川辺で花火を楽しむカップルの映像。石が転がる音で振り返ると白い服を着た少女のような姿が。改めて観ると姿が無く、今度は声が聞こえる。声に導かれるように河原の草木を分け入ってゆくと、そこには少女の(腐乱?)死体が転がっていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]まあ想定範囲内ではるがトップバッターとしてはまずまず。死体の映像が無ければガチっぽさがUPしたようにも思える。
  2. 通りすがりの女
    [分類]心霊
    [概要]河原で釣りとバーベキューに行こうとしている男女の映像。車内でゴカイ(釣りの餌)を取り出してはしゃぐ姿。そのうしろ。リアウィンドウ越しに道路に立つ黒い服の女の透けた姿。カメラが流れると姿が消えている。と。今度は後部座席を覗きこむ白い女の顔。また消える。最後は助手席に乗り込んでカメラを睨む女の顔。
    [怖さ]★★★★★
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]これ好きだなぁ。個人的にはツボだ。特に車外から車内を覗きこむ顔つき。判っていてもビクッとしてしまう。ラストも表情(特に目)が脳裏に張り付く。うーん。たまりまてん。
  3. 墓参り代行
    [分類]オカルト
    [概要]墓参りの代行を依頼された便利屋業者の映像。店長と投稿者の2人が山道から逸れて林の中を進む。時刻は深夜。墓参りの条件をいろいろ依頼されているようだ。しばらく進むと紙垂の付いた縄で四角く囲まれた卒塔婆が現れる。依頼者から指定された「墓参りの方法」を実行する業者。
    即ち、それぞれ四つ角に刺された鎌で縄の4辺を切る。次に4つの鎌を地面に四角形に刺す。杯に注いだ日本酒を墓前に置き、それを飲み干す。メモに書かれた祝詞を読む。最後に合掌。
    墓参りを終えるとカメラや懐中電灯の照明が一斉に消える。暗闇の中、投稿者が店長を探す。投稿者がカメラをナイトショットに切り替えるとうずくまった店長の姿。同時に画像にノイズが混じり始める。やがて店長は放心したように林の中を歩きだす。投稿者が店長を追うが、林の中からいくつもの生首が宙に浮いて迫ってきた。投稿者が車まで逃げ帰ると店長が車内で死亡していた。カメラを置いて救急連絡しようと走り出す投稿者。残されたカメラには車内を覗きこむ人の姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]解説されているが確かに儀式、呪術を思わせる。ただ首達は飛ぶのはやり過ぎか。
  4. 五目ならべ
    [分類]心霊
    [概要]五目ならべで遊ぶする子供たち。背後の壁に顔が浮き出して消える。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [グロ]☆☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]単純な分不気味に見えるかもしれない。僕は吹いてしまったがw
  5. 復讐
    [分類]事件+心霊
    [概要]清掃業者による投稿映像。あるマンションを清掃した時に映像を発見したとのこと。マンションは暴力団関係者が多く住んでいたらしい。
    妊婦の映像。なにやら男たちが彼女の了解を取ろうとしている。暴行され仕方なく了承する女性。男たちは嫌がる女性に何かの薬を飲ませる。くったりとした姿。
    続いて白装束に着替えた妊婦。手元に短刀が差し出される。薬の所為か女性は妙にハイテンション。女性は手元の短刀を抜くと自分の腹に付き立てる。しかし段取りが悪いらしく男たちが止めに入り映像が乱れる。
    次に映されたのは腹を割かれて胎児を取り出された女性の映像。男たちは死んだ女性を浴室に運ぶ。映像は部屋に残された胎児を映している。やがて胎児の周りが黒くなり、黒い塊が浴室の方へ飛んでゆく。浴室からは男たちの話声。どうやら死姦シーンを撮るらしい。浴室で男たちの悲鳴。胎児の目がぎょりと動く。
    後日投稿者が清掃時に浴室を撮った写真には、無数の小さい手形、足形が写っていた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [グロ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]リアル系な怖さを感じた。肝心の映像は怖さよりも気持ち悪さが先に立つ。まあどうにも胎児が造りものっぽく見えるのと、腹を割いた様が胎児を取り出したとは思えないように綺麗だったことが残念か。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ