チョット更新が滞ってしまいましたね。師走なもんで勘弁してください。
でもって本更新が今年最後になると思います。

ご訪問者のみなたま。良いお年を。

201112_noroi

ノロイ プレミアム・エディション [DVD]
クチコミを見る

制作年:2005年(日)
監督:白石晃士
収録時間:115分

カテゴリ:ホラー/フェイクドキュメント

【キャスト】

  • 小林雅文
  • 松本まりか
  • 矢野加奈
  • 堀光男
  • アンガールズ
  • 高樹マリア

【総括】

口コミでまあまあな評判があった作品。ドキュメント形式のフィクション。

心霊、超能力、そしてタイトルでもある「呪い」と、ネタとしては十分か。勿論主たる要素は「呪い」。いくつかのパートに分かれて話しが始まり、やがて一つに集約してゆくパターン。ネタの一つ一つは良いのだが、結構複雑に関係しているように思えて、観ていてまとめきれるのか不安を覚えた。

要所々々で不気味な映像は押さえられているので怖さ的にはまずまず。グロ系は動物の死骸くらいか。あまり気分の悪くなるシーンは無いと思う。

【ストーリー】

怪奇実話作家:小林雅文のドキュメンタリ映像。氏は本作制作後に家が全焼し妻が焼死してしまう。また氏自身も行方不明となる。そして制作会社に残された「ノロイ」とタイトルされたビデオには奇妙な映像がまとめられていた。本作はその映像、および、後日制作会社に送られてきた映像を収録している。

※「続き」にネタばれ

【感想】

少し欲張りすぎたんじゃないかなぁ。

心霊、カルト、そして超能力と盛りだくさん。で、終わってみるとどうもしっくりこない。ネタ振りが複雑すぎてラストの集約に手こずっている感じ。
丁寧に説明していると感じる反面、中弛みというか不要だと感じるシーンもあった。いっそ石井潤子を映像の中心に据え、70分程度でまとめたらもっと集中できたようにも思える。肝心の石井潤子の異常さ、そして、最終的に出演者の繋がりが希薄でラストも無理やり感が残った(超能力って設定は必要だったの?)。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★☆☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★★☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ






【東京都小金井市】

隣家から気味の悪い声が聞こえるとの情報から現地に赴く小林。問題の家に訪れるがいきなり怒鳴られて追い返されてしまう。立ち去る映像に窓から覗く子供の顔。
後日情報元の家に再訪するが、隣家は引っ越したとのこと。郵便受けには「石井潤子」宛ての葉書。そして情報をくれた親娘はその5日後に事故死してしまう。

⇒のっけから結構いい感じ。石井潤子の異常さがあとの展開を期待させてくれる。

【超能力特集番組】

子供たちを集めて超能力を検証する番組の映像。その中で矢野加奈ちゃんがズバ抜けた能力を見せる。物質化現象では水(淡水)と毛髪を物質化させてみせる。

⇒番組ゲストとして故飯島愛さんが出てた。合掌。

【心霊番組とトーク】

アンガールズと松本まりか(女優)が深夜の神社をレポートする。
霊感があるという松本は不穏な感じを察知する。彼女はその後絶叫、失神してしまう。映像には林の中を佇む白い人影。
映像が終了してトーク番組が始まる。コメンテーターとして小林と松本。そして霊能力者として堀光男が紹介される。しかし堀は登場するなり松本に襲いかかり収録は中断。

⇒堀氏の格好が突飛。

【矢野加奈】

矢野家の夕食風景。突然食器が動き出し加奈は頭を抱えて叫び出す。両親に支えられて寝室へ。食卓には千切られたスプーンがころがる。その後加奈は行方不明となる。直前に加奈に堀が接触しようとしていたことを知る小林。

【最強の霊能者】

堀の家を取材するレポーター。言動が不安定な堀は霊体ミミズがが襲ってくると語る。
加奈の失踪後に堀の元に小林が訪れる。堀は加奈の手掛かりとして地図を書く。突然取り乱す堀の映像にノイズが混じり、その中にいくつもの顔が現れる。

⇒ただの危ない人。だけど真実を知っている人。

【松本の奇行】

小林の元に松本から電話。彼女が朝起きるとテーブルに毛糸で繋がった輪が編まれていた。身に覚えのない松本。小林は彼女の部屋に定点カメラを設置する。
そこには深夜一人で起き上がる彼女の姿があった。翌日ベランダに電気コードで編まれた輪があった。さらに小さな声で「かぐたま」と話す声が収録されていた。

⇒ここら辺で設定が多すぎて観ていて混乱してきた。

【加奈の行方】

小林は堀の作成した地図をもとにあるマンションに辿りつく。そのマンションの一室を尋ねる。表札には「大沢」。ノックするが応答は無い。諦めて屋外で観ているとベランダに男が出てきた。男は手摺の鳩を鷲掴みにすると中に引っ込んでしまう。

【かぐたば】

松本の口から出た「かぐたば」という言葉。小林は民俗学者の元を訪れる。
「かぐたば」=「禍具魂」。
今はダムの底に沈んだ下鹿毛村の信仰で下陰流の呪術として出てくる言葉。
さらに地元の郷土史研究家の元を訪れる小林。そこで「鬼祭」のビデオを観る。「かぐたば」の面を被った女官(巫女)が神官(神主)に退治される。しかし「かぐたば」役の女官が突然暴れ出して祭事は中断してしまう。その巫女こそが石井潤子だった。

【石井潤子】

民俗学者から所在を聞いて石井の元を訪れる小林。家の周り一面に松本の編んだものと同様の輪っか。そこで出てきたのは小金井市の「石井潤子」その人。小林は同じように追い返される。
仕方なく近所の取材をする小林。潤子の同級生の女性にインタビューに成功するが、「かぐたば」の言葉を聞くと彼女は無言で立ち去ってしまう。
小林は東京に戻り潤子の就職先(産婦人科)の同僚に取材する。そこでは潤子が胎児を持ち帰っていたとの噂。

【集団自殺】

公園で7人がブランコに首を吊って自殺する事件が発生。自殺者の中には松本の部屋の上に住んでいる後輩(♀)。そして加奈を探して訪れたマンションの住人:大沢もいた。怯える松本は小林の家にお世話になることに。

【矢野家】

加奈が行方不明の矢野家。夫が妻を刺殺する事件が発生。

【小林家】

小林の妻と松本の食事風景(小林は不在で妻が撮っている)。突然松本が呻きだし、窓に鳥(鳩)が当たる。失神する松本。

【堀光男】

小林と松本は堀に相談する。小林が堀に潤子の映像を見せると急に彼は怯え出す。

【鬼祭の儀式】

松本の願いで下鹿毛村へ。小林は堀も同行させる。村が沈んでいるダム湖にボートをこぎ出す小林と松本。堀はダムで様子を見ている。ボートの上で儀式を再現する松本。終わった後、彼女の気分は晴れていた。

【堀の暴走】

堀の元に戻った小林と松本。挙動がおかしい堀は山の中を分け入っていく。追う小林。
既に日が落ちた山の中には大量の犬の死骸。やがて朽ちかけた鳥居が現れる。カメラがナイトショットに切り替えると鳥居の下に女の子。そして女の子に群がるように纏わりつく無数の胎児の姿。

この後堀は精神病院へ収容される。

【松本の異常】

ロケ車の中で松本が呻きだす。車を止めて様子を見ていると、いきなり叫んで飛び出してしまう。追うスタッフが倒れている松本を発見。正気を戻す松本。

【石井宅】

閑散とした村。ノックするが応答が無い。小林は居ている窓から屋内に侵入する。2階に上がると潤子が首を吊っていた。そして祭壇?の奥には冷たくなった加奈。さらに加奈に寄り添うように男の子。通報。男の子は小林宅にて保護されるが、潤子の子供では無いことが判明。

【ラスト】

小林家の火災。
復帰した松本。
と共に堀が不審死した記事。

【関係者の動向】

  • 小林⇒失踪
  • 小林(妻)⇒焼死
  • 松本⇒復活
  • 堀⇒死亡
  • 石井潤子⇒自殺
  • 矢野加奈⇒死亡
  • 男の子⇒行方不明

⇒なんで加奈なのか?単に巻き込まれただけなのか?潤子と加奈、堀と加奈との因果関係がハッキリしない。でもって「超能力」設定が活かされていない。なぜ超能力の設定を加えたのだろう?

【エピローグ】

制作会社に失踪した小林からテープが届く。そこには男の子を引き取った小林家の映像が収録されていた。
夜。病院から脱走して小林家を訪れる堀は「かぐたまは生きている」と告げる。さらに小林の制止を振り切って屋内に入り込む堀は男の子に遅いかかる。

堀に殴られてなのか頭から血を流す男の子。
その顔には「かぐたま」のお面のようだった。
そして男の子の背後に少女の姿。

小林の妻が呻きだす。堀は小林を殴り倒し、男の子を連れて家を後にする。小林の妻が自身の身体に灯油をかけて火をつける。絶叫する小林。唐突に映像が切れてお終い。

以上です。