201111_rrt

ロシアン・ルーレット [DVD]
クチコミを見る

制作年:2009年(米)
原題:13
制作:ジャネット・ビュアリング、リック・シュウォーツ
脚本:ゲラ・バブルアニ、グレッグ・プルス
監督:ゲラ・バブルアニ
収録時間:97分

カテゴリ:サスペンス

【キャスト】

  • サム・ライリー
  • ジェイソン・ステイサム
  • ミッキー・ローク
  • レイ・ウィンストン

【総括】

サスペンスモノ。ホラーではありません。でもある意味ホラー(つかオカルト?)っぽいかも。

ジェイソン・ステイサム出演作もあり視聴。主演はサム・ライリー。他はミッキー・ローク、マイケル・シャノンなど。

雰囲気は一貫してグレー。ガチガチのサスペンスというよりは人間ドラマ的な感じを受ける。ジェイソンSのアクションは無し。まあ無いだろうと思いつつチョットだけ期待して観たが。。。やっぱり無かった。

【ストーリー】

電気工のヴィンス(サム・ライリー)は父親が仕事中の事故で入院中。母親もパートに出ているが家計は苦しい。そんなおりヴィンスは仕事先で家主がトラ模様の手紙を手に「大金を手にする」話を聞くともなしに聞いてしまう。後日その客先へ赴くと、件の主が死んでしまった(麻薬による中毒死と思われ)。ヴィンスの頭に大金の話しがよぎる。彼は躊躇しつつもその手紙を盗んでしまう。
ヴィンスは持ち主に成りすまして手紙の指示に従う。行きついた先は郊外の大きな屋敷。高級車が次々と乗り付ける。そこは高額の裏カジノだった。

※「続き」はネタばれです。

【感想】

特に大きな山場を感じることなく、やるせない結末を迎えて終わる。だが退屈することは無かった。一応クライマックスがあるにはあるのだが、あえて淡々と描いているように感じた。

映像的な見所はどうしてもロシアン・ルーレットシーンに絞られる。弾装に弾を込めてシャッフル。銃口を頭に当ててトリガーを引くまでの間(マ)は、演出も含めて緊迫感が充満する。

レフリー役のマイケル・シャノンがいい感じだ。緊迫感を煽りながらも冷静かつ荘厳に進行してゲームを盛り上げてゆく。
一方ジェイソン・ステイサムは大人しい印象だった。外道な汚れ役に違和感はあまり感じないものの、どうしてもアクション系のイメージがあってイマイチ消化不良感が否めない。なんか奥歯にモノが詰まったような感じか。

にしてもミッキー・ロークは(容姿が)劣化したなぁ。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.0)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★☆☆☆☆
  • グロ度:★☆☆☆☆
  • サイコ度:★☆☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:★★★☆☆
  • アクション度:★☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ






【主な登場人物】

  • ヴィンス:サム・ライリー
    プレイヤー13番、電気工
  • ジャスパー:ジェイソン・ステイサム
    ギャンブラー、ロナルドの実弟
  • ロナルド:レイ・ウィンストン
    プレイヤー6番、病人(余命ない?)
  • パトリック:ミッキー・ローク
    プレイヤー17番、囚人
  • ヘンリー:マイケル・シャノン
    ゲームレフリー

【ゲーム概要】

1人のギャンブラーが1人のプレーヤーの主となる。
ギャンブラーは自分のプレイヤーに大金をかける。
ロシアン・ルーレットなので6連装のリボルバー(拳銃)を使用。
プレイヤー達は輪になりレフリーの宣言で一斉にシリンダーを回す。
十分シャッフルさせた後、各々銃口を前のプレイヤーの頭にあてがう。
部屋に吊るされた電燈が点いたら引き金を引く。
生き残れば勝ち。次のゲームに進む。
自分のプレイヤーが負けたギャンブラーは他のプレイヤーに賭けることが出来るが、取り分は主のギャンブラーとの交渉になる。
プレイヤーが最後の一人になるまで続けられる。

⇒普通(?)のロシアン・ルーレットと異なり、銃口が他人に向けられるところが興味深い。
自分の生死は背後にいる他人に委ねられることになり、自分がシリンダーを回した結果が前にいる他人の生死を決定づけることになる。当然自分も生き残るし、前の他人も生き残ることはあるかもしれない。しかしゲームはただ一人になるまで続けられるから、生き残るためには最低一回は他人を射殺する(=殺人を犯す)ことが強いられる。
また電燈が点いたらトリガーを引く条件なので、自分の頭につきつけられた拳銃が「アタリ(弾が射出される状態)」であったとしても、自分の後ろのそのまた後のプレイヤーが「アタリ」で、かつ、自分の後より先に発砲していれば助かることになる。
⇒なんかフライングしてしまいそうで怖い。つかよくフライングしないな。

【1stゲーム】

弾は1発装填。生き残る確率は5/6。
電燈ON⇒一斉発砲。

ヴィンス(13番)は生き残るが引き金を引くことが出来なかった。レフリーに脅されトリガーを引くが不発。ロナルド(6番)、パトリック(17番)共に生存。

⇒引き金を引く決断の重さが伝わってくる。逆に前のプレイヤーも恐怖が長引いてたまらなかっただろう。

【2ndゲーム】

弾は2発装填。生き残る確率は2/3。
電燈ON⇒一斉発砲。

ヴィンスは生存するが直後の男が死ぬ。手には発砲前(アタリ)の拳銃。ヴィンス自身の拳銃は「ハズレ」。ロナルド(6番)、パトリック(17番)共に生存。
撃たれた16番がむくりと起き上がる。ドクターが診察し続行不能を言い渡すとスタッフが射殺。

【3rdゲーム】

ラストゲーム。弾は3発装填。生き残る確率は1/2。
電燈ON⇒一斉発砲。

ヴィンス自身の拳銃は「ハズレ」。生存者は5名。ヴィンス(13番)、ロナルド(6番)、パトリック(17番)共に生存。

3rdゲームで決着がつかなかったので、サドンデスのデュエル(決闘)となる。くじ引きで2名に絞られる。ギャンブラーのくじ引きでヴィンス(13番)とロナルド(6番)が決闘へ。パトリック(17番)は放免となる。

【決闘1st】

弾は3発装填。生き残る確率は1/2。
プレイヤーが向きあい。お互いの額に銃口を突き付る。
電燈ON⇒一斉発砲。

2人とも「ハズレ」。

【決闘2nd】

弾は4発装填。生き残る確率は1/3。
電燈ON⇒一斉発砲。銃声。

ロナルドは撃ち抜かれて死亡。ウィナーはヴィンス。賞金は185万ドル。

【ヴィンスとジャスパー】

大金を手にしていることが不安になったヴィンスは、手元に少額を残し残りを家に発送する。途中の雑貨屋で妹の欲しがっていた耳の黒い羊の人形を見つけ購入。カバンに押し込み列車に乗り込むヴィンス。偶然それを見かけたジャスパーは、ヴィンスを負うように乗り込む。

ジャスパーはヴィンスと同じ車両に乗り込むと、降りようとしたヴィンスを射殺してカバンを奪って逃げる。

血まみれのヴィンス。
羊の人形の入ったカバンを手に逃走するジャスパー。

終劇。

⇒大金を手にしても呆然としているヴィンス。どこか感情を欠損したような感じだ。

以上です。