201111_kotoribako

ことりばこ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
制作:張江肇、鈴木ワタル
脚本、監督:福田陽平
収録時間:83分

カテゴリ:ホラー

【キャスト】

  • 小林美幸
  • 水野真典
  • 福原舞弓
  • 高橋亜由美
  • 星名陽平
  • 田口巧輝

【総括】

呪具「ことりばこ」に纏わるエピソード。
ということもあり、そこそこ期待して観たのだが。。。

まあなんつーか。いろいろ残念な作品だった。

まず「ことりばこ」がメインじゃないと感じられた点。単なる恐怖を煽るパーツとしてしか扱っていない。これが最大の残念ポイント。
んじゃ怖いかというとそうでもない。怖かったりグロかったりするシーンはあるが、想定範囲内で印象に薄い。「ことりばこ」に囚われた人々の不気味さといったところか。うーん。やっぱり「ことりばこ」ならではの演出が欲しかったかな。

【ストーリー】

夏休みに海辺のペンションを訪れる5人の大学生たち。ペンションの管理人:戸塚は、危険だから決して裏手の神社に行かないように告げる。その夜、学生たちは肝試しに神社に行き、ある「箱」を持ち帰ってしまう。

※「続き」にチョットだけネタばれ(あまり書く気がしない)。

【感想】

全体的なイメージとして奥行きのない作品。
「ことりばこ」の活用(?)が単調で捻りも無く面白みに欠ける。つか「ことりばこ」である必然性が感じられない。確かにホラー描写は「ことりばこ」的な呪いを中心に描いているんだけど、ストーリーとして他の呪具による恐怖映像でもおkな感じ。
また、途中で伏線らしき背景が描かれているが、終わってみればそれも大した意味をなしていない。いろいろシーンを繋いではいるのだが、無駄な映像を垂れ流している感じを受けた。
印象に残ったのは胎児を取り出すところくらいかな。

まあ再視聴することはないと思う。

【評価】

総合評価:★☆☆☆☆(1.5)

  • 面白さ:★☆☆☆☆
  • ホラー度:★★☆☆☆
  • グロ度:★★☆☆☆
  • サイコ度:★★★☆☆
  • ミステリー度:★☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ






【冒頭】

「ことりばこ」の紹介テロップ。
「子取り箱」。子を産むことが出来る女性および子供に災いをなし、子孫を絶やすことを目的とした呪具であると紹介。

【登場人物】

  • 小南玲奈(♀):大学生、主人公、慎太郎に思いを寄せる
  • 篠原剛(♂):大学生、洋子の彼氏
  • 市川真由香(♀):大学生
  • 薗田洋子(♀):大学生、剛の彼女
  • 大崎慎太郎(♂):大学生、卒業を控えている
  • 戸塚吾郎(♂):ペンションの管理人

【ペンションへ】

戸塚が海辺に迎えに来るシーンから始まる。軽トラで迎えに来た戸塚は、座席に乗りきらない4人を荷台に乗せてペンションに向かう。道すがら「ゴミ処理施設建設反対」の立て札。
⇒かるく道交法違反なんじゃないすか?

【肝試し】

戸塚の注意を無視して神社に向かう5人。撮影担当の剛が神社の裏手から「ことりばこ」を持ち帰る。
⇒フィクションとはいえぎゃぁぎゃぁうっさい。一気に不快な気分にさせてくれる。
⇒これで一通り死亡フラグ立っちゃったかな。

【ことりばこ】

黒いぬめりを帯びた液体と一緒に、箱の中から女が這い出てくる。

。。。だけw

【犠牲者たち】

  • 洋子⇒死亡
    最初に「ことりばこ」の異変を体験し寝込む。いつの間にか死亡。
  • 真由香⇒死亡
    最初の犠牲者。「ことりばこ」と一緒にキッチンに閉じ込められ絶命。お腹には慎太郎との間の子供がいた。
  • 慎太郎⇒死亡
    戸塚により射殺
  • 剛⇒死亡
    同上
  • 玲奈⇒死亡
    実は玲奈は先天的に子供が産めない身体のようだ。従って「ことりばこ」の呪いは受けない。
    しかし脱出したところを村の駐在さんに見つかり射殺。

⇒結局全員死亡エンドなんだが、洋子と真由香を除き射殺ってどうなの?

【顛末】

村人全員で「ことりばこ」を隠していたってこと。なぜ隠すのか?そも、なぜ村にあるのかは不明。
戸塚は村の長老達?に洋子たちの死体を使って「ことりばこ」を強化しようと提案する。そして「ことりばこ」をゴミ処理施設の建設推進派に送りつけようと。一同笑い→意味不明な踊り。
⇒。。。なんかどうでもよくなってきたw
⇒ゴミ云々がこの程度の使い道にしかならないのか?

以上です。