201110_ijgenbasinsou1

稲川淳二 真相・恐怖の現場~禁断の地、再び~ VOL.1 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2006年(日)
収録時間:80分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【総括】

『恐怖の現場』シリーズ通算3作目。本編約80分と特典映像約12分が収録。特典映像は、稲淳の怪談ライブ映像が1話分入っている。

構成はシリーズ共通。稲淳と女性アシスタントが心霊スポットを訪れて検証する映像。今作では2か所を訪れている。シリーズの他作と比較して1か所当たりの時間が長い。その分不気味かというと、そうでもなかったりする。それなりにツボは押さえているので他作に劣ることは無い。仕上がりとしては標準的といった感じだ。女性アシのリアクションに多少イラッとする場面もあったが、まあまあ許容範囲だろう。

以下、ネタばれ進行で紹介。

【概要】(敬称略)

  1. 神の聖域!祟られた家
    沖縄県、浜辺に建つ木々に囲まれた廃屋。
    アシスタントは星ひとみと栗原里奈。
    時刻は夜。浜辺から屋内1階に潜入。2階建てなのに階上へあがる階段が無い。一旦外に出てから2階を一通り探索。今度は外に出て家屋の背後にまわる。草むらをかき分けると小さな祠。丁度屋敷の背後にあたる位置。星が体調不良で戦線脱落。屋内に戻り稲淳の怪談の後、栗原単独で検証開始。
    -発光体、音声、水音、影などが映像に入る。
    ⇒栗原さんガッツあるなぁ。好印象。
    ⇒定番の発光体やらが入っているが、全体的には大人しい印象を受けた。
  2. 呪怨!呪縛トンネル
    東京都青梅市、旧吹上トンネルと旧々吹上トンネル。
    アシスタントは二宮歩美と瑠花。
    昼間の旧吹上トンネルのロケハン(?)映像。トンネルは車こそ通れない(トンネルに続く道にポールが立てられている)が、ライトも点いており通行可能。
    ここでの稲淳の話しを簡単に紹介する。「トンネルでトラックに轢かれた老人の話し。轢かれた後、壁とトラックに挟まれ血まみれで死んだ。ある日、トラックがトンネルを通るとエンジンの騒音に混じってうめき声。そして助手席のドアを叩く音。バックミラーにトラックにつかまりドアを叩いている血まみれの老婆の姿。」
    夜。旧吹上トンネルを軽く通った後、メインの旧々吹上トンネルへ。位置関係は、吹上トンネルの上に旧吹上トンネル。さらに上に旧々吹上トンネルといった構造。暗闇にトンネルが浮かび上がる。入り口にはフェンス。金網の裂け目から侵入するとレンガ造りの壁で出来たトンネル内部。当然ライトは設置されていない。フェンスをバックに検証開始。同時にトンネル内を暗視カメラで撮影。
    -声、人影などが映像に入る。
    ⇒旧々吹上トンネルは時代を感じる造り。それだけで不気味な雰囲気はあった。しかし個人的には旧吹上トンネルの方が気持ち悪い。「旧々」の方はトンネルの姿と不気味さがマッチしており、その分「ここなら出てもおかしくない」みたいな感覚を受ける。その点「旧」は微妙に近代的なトンネルで心霊とのギャップがあるというか、少しだけズレている感覚が怖さを助長していると感じた。まあ実際に現場へ行くと、両者とも全く異なる感想を抱くとは思うが。。。

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】