201109_fuuin4

封印映像4 犬神の呪法 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:57分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【総括】

なんだかんだとブツクサ言いながらシリーズ4作目。観ました。

なんでだろう?

いったい何に引き付けられるのか?
確かに最近出回っているのホラー系作品に興味をそそられるモノが少ないのは事実。だがこのシリーズを選ぶ必要はない。思うにフェイクであるかより、怖い映像であるかがポイントなんだろう。スタッフによる追跡調査を行うところも好みだ。なにより1時間以内の作品である点は大きい。これが1作品あたり70分を超えると躊躇すると思う。

さて今作。全5話収録。シリーズ共通で投稿映像とスタッフによる追跡検証映像で構成されている。本作ではリアル恐怖(犯罪や自殺現場)を含んだ心霊系*4、カルト(呪い)系*1といった感じ。前作までと比べると若干地味目かな。特にラストの作品。「犬神の呪法」としてサブタイにもなっているが、これが大人しいため、全体が地味な印象になったのだと思う。その分作りました感は若干控えめ。また、今作もエッチなシーンがあります。ファミリーユースで気まずくならないようにご注意を。

ではネタばれ進行で各話紹介。

【概要】

  1. 恋愛の代償
    [概要]結婚式の二次会の余興として、婚前の新郎との飲み会を行った映像。アパートのベランダで夜景をバックに新婦へのメッセージを語る新郎。そのスグ背後を何かが落ちる。道路には倒れた女性の姿。飛び降り自殺のようだ。急いで階下に降りて女性を映す。そこに再びドサリとモノが落ちた音。カメラを向けると女性の隣に新郎が倒れていた。最初に飛び降りた女性は新郎の元カノだった。新郎は死亡したとのこと。
    スタッフが映像を再確認すると不思議なモノが映されていた。女性が飛び降りた直後、新郎の身体に巻きつく腕。それは飛び降りた女性の衣服と酷似していた。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]飛び降り自殺現場というリアル系に、恨みのような心霊系を絡ませてきた作品。相変わらず出来過ぎ感は否めない。何階から飛び降りたのか不明だが、死体が結構綺麗なところが不自然。また死体はともかく映像自体は控えめである。
  2. かごめかごめ
    [概要]都市伝説をやってみた系の収録映像。午前3時33分にネットで「かごめかごめ」と検索するとトップに出てくる動画があるというお話。グラビアアイドルと若手芸人が、時間になって検索するとトップに真っ赤な画面が出てきた。勝手に再生される赤い画面。さらに画面には収録カメラの映像が割り込む。バックには「かごめかごめ」の歌声が不気味に響く。アイドルが悲鳴と共に卒倒。彼女曰く、その日以来妊娠したらしい。入院中に行方不明になったとのこと。
    収録シーンを別のカメラで撮った映像(隠し撮り)。映像にノイズが混じり一瞬透けた女性の姿が映る。「かごめかごめ」って明け方に流産した女性を歌ったもの、という投稿者の話し。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]アイドルが卒倒するのだが、その表情は笑顔っぽく見えた。後日譚がチョット誇張しすぎなのでは?妊娠までいくと「なんだかなぁー」って感じが残る。
  3. 鉄道模型
    [概要]投稿者のいとこを映した映像。プラレールで遊ぶ子供(いとこ)。背後にあるTVの消えたブラウン管一面に何人もの顔。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]シンプルイズベスト。単純だけどありそう。心霊写真レベルだが、無表情な顔がコチラを見ているような映像は気持ち悪い。個人的なツボだったりする。作れそうでもあるが。。。
  4. 練炭自殺の現場
    [概要]自殺サイトの管理人による集団自殺現場の盗撮映像。盗撮した映像を死体マニアに売っていたそうだ。サイトを通して集まった4人(男性*3、女性*1)。夜になって車内で自殺を図る。それを車外から暗視カメラで盗撮する管理人。突然クラクションが鳴り車内を映すと、そこには死んだはずのメンバがコチラ(盗撮者)を見ている。驚いて逃げ出す管理人。自分の車に戻ってくると、後部座席に自殺者たちが映っている。後日撮影者も練炭自殺していた。
    映像で不審な点を挙げる。まずは目張りが全て外からされている。いったい誰が目張りをしたのか?また死体が一つ足りない。よく見ると女性がいない。行方は調査中らしい。
    [怖さ]★★★★☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]まずもって、そういうニーズがあること自体がまず不気味。特に死者が無表情にコチラを見ているところなど、単純な怖さを結構感じた。
  5. 犬神の呪法
    [概要]サブタイ作品。企画ものAVの面接映像。映画監督が嫌がる女性応募者を脱がせる。さらに暴走する監督をプロデューサーが止めに入る。どうやら女性が監督のタイプだったらしい。面接終了時に女性から監督へプレゼントを渡す。なんか風呂敷に包まれた大きな箱。どうやら面識があったようだ。女性は会場を去り、監督はニヤケながら風呂敷を解く。段ボール箱の中には犬の生首。ではなく、犬の剥製の首の中に大量の動物の血をしみこませたものだったらしい。監督は後日心不全で死亡。
    スタッフによる追跡調査。その応募者は四国出身だったらしい。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]呪法に関する深堀りはされず、結果サブタイの割にはあまり怖くない仕上がり。犬の剥製って需要あるのか?

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

【シリーズ過去ログ】