201109_yama2

本当は聞きたくない!山の怖い話 その二 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
脚本:鈴木謙一
監督:塩崎遵
収録時間:59分

カテゴリ:ホラー

【シリーズ過去ログ】

【キャスト】

  • 田中晶
  • 吉谷彩子
  • 藤川俊生

【総括】

「その1」が思っていたより楽しめたので、引き続き「その2」を観ました。コチラも全5話、約60分。山を舞台に、たまたま遭遇した恐怖体験を描いたオムニバスホラー作品。

肝心の中身は。。。

「その1」と同じくらいに怖いと感じる内容だった。

短時間なので背景設定の考慮は低目。シチュエーションと映像の怖さの観点から視聴したが、ホラー作品としての及第点はいっていると思う。サクサク話しが進むので、見ていて飽きることは無いと思う。

「その1」比較ではグロ要素が高かった。また「その1」「その2」とどちらかを選択するのであれば僅差で「その2」の方が面白いかな。

【各話紹介】

ラストは「続き」にネタばれです。

  1. パワースポット
    女子大生2人がゼミのレポートのためにハンディカメラでパワースポットを取材している話し。一通りの有名な場所に物足りなさを感じていたので、宿の女将さんに聞いた、地元で知る人ぞ知る神秘的な穴場:お石様へ行くことに。石段を登ってお石様へ向かう2人。やがて分かれ道に突き当たる。「見れば判る」と聞いていた目印は倒れた石仏だった。聞いた通り左側の道に進んでゆく2人。と、再び分かれ道。そして傍らにやはり石仏。2人は気味悪いと思いながらも進んでゆくのだが。。。
    [怖さ]★★★☆☆
    [感想]山道で迷うこと自体がリアルに恐怖を感じる。意味深な石仏やビックリ要素(これは僕だけかもしれない)があったので怖さ+1とした。
  2. 神社
    夜。神社前に車が止まり車中から若い男女4人(男女2人づつ)が出てくる。この神社には午前3時になると赤ちゃんの泣き声が聞こえるという噂があるらしい。それを確かめようと訪れた4人。要は肝試し。境内に到着して午前3時を待つ。そろそろ午前3時という時に、1人の男性が迷いながらも噂には続きがあると話しだす。毎晩決まって午前3時に泣き声が聞こえる理由。それは狂った母親がこの神社に赤ん坊を捨てに来たのだが、捨てた時に赤ん坊が泣きだしたので首を絞めて殺したとの話。そして母親もこの神社で焼身自殺とのことだった。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [感想]山の話とはちょっとちがうかな。たまたま神社が山にあっただけだろう。それでも暗い神社でする怪談は結構臨場感があった。
  3. トイレ
    登山する一人の男性。どこからか鈴の音が聞こえる。見渡すが誰もいない。歩きだすと、また鈴の音。今度は鈴をつけ赤いリュックを背負い赤い服を着た男が追い越してゆく。声をかけても無言。赤い服の男を追うように登って行く男性。ようやく山小屋に到着。バンガロー形式だ。山小屋の管理人?に今日は誰も泊まる人はいないと言われる。男性は赤い服の男がいたはずと尋ねるが、「そんな人はいない」「先のキャンプ地に向かったのだろう」と管理人。一休みして見渡すとバンガローの一つに赤いリュックを発見。鈴が付いている。「いるじゃないか」と男性。
    テーブルに「思い出ノート」を見つけてページをめくる。中には「トイレから変な音がする」との書き込みがあった。男性はトイレに行ってみるが、個室の一つが釘で打ちつけられて閉鎖されていた。夜になって食事をしているとドンドンと叩く音が聞こえてきた。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [感想]ありそうな話。シチュエーションが怖い感じか。
  4. 通学路
    女子高生4人が田畑に囲まれた道を帰宅している。1人、また1人と別れてゆき、自転車かえる女の子。途中で近所の男子高校生の自転車が放置されている。不思議に思っていると、道脇の林の中から男の子が出てきた。手にはビニールに入れたキノコを持っている。「ばあちゃんに頼まれた」と男の子。
    日が変わり、女の子の近所(帰り道)にある烏山が心霊スポットだという話題に。曰く「天狗が出る」、「殺人犯の霊が出る」、果ては「殺人犯の顔をした人面犬が出る」など。1人になり自転車で帰路につくが、烏山の麓でチェーンが外れてしまう。普段は自転車で烏山を迂回する女の子だが、仕方なく烏山を越える小道に入ってゆくのだった。
    [怖さ]★☆☆☆☆
    [感想]こちらもシチュエーションが怖いだけか。田んぼに立つ案山子が不気味だった。
  5. 単独登頂
    ごつごつした岩場を登ってゆく男性。彼の手のハンディカメラによる映像。外国の山らしい。しかも霊峰で7700メートルある山だ。山頂まで残り700メートル地点でアタックキャンプを設営する。
    -テント:朝。朝食を食べながらアタックに備える。
    -テント:翌朝アタックをかける。感極まっている様子。
    -岩場:アタック中。腰かけておにぎりを食べる姿。
    -テント:アタック失敗。ぐったりしてカメラを前に一人反省する姿。途中足が動かなくなったとのこと。翌日の再アタックする。
    -岩場:一瞬だけ吹雪の映像。
    -テント:また失敗。いつも同じあたりで引き返す状況になる。目前の山頂にたどり着けないという姿。
    [怖さ]★★★★☆
    [感想]極限状態に置かれた姿。異常な行動に出るところが不気味。その1から見ていて一番怖いと思った作品。グロ注意。あと。判らないのだが7000メートル超の岩場に腰かけて握り飯を食べるって出来るのか?

【感想】

「その1」同様に小粒ながらも引き締まった内容だった。一部ハッキリしない所があるモノの、山に纏わる怪談として怖い作品だと感じた。時間も丁度いい感じ。当初思っていたよりも「当たり」だと感じる内容だった。またドッキリ系が結構あった。特にラストの「単独登頂」はグロさも合わせていい感じに仕上がっていると思う。続編があるのか不明だが、出るようならば観ようと思います。

【評価】

総合評価:★★★☆☆(3.5)

  • 面白さ:★★★☆☆
  • ホラー度:★★★☆☆
  • グロ度:★★★☆☆
  • サイコ度:★★☆☆☆
  • ミステリー度:☆☆☆☆☆
  • サスペンス度:☆☆☆☆☆
  • アクション度:☆☆☆☆☆

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ






【ラスト】

  1. パワースポット
    宿の女将さんに言われた通り、目印の分かれ道を左に進む2人。その先は一本道と聞いていたが、再び分かれ道に出る。とりあえず直進方向に進む2人。道すがら見覚えのある赤い短冊が脇の草木に吊るされている。おかしいと思いつつも進んでゆくと倒れた石仏があった。最初の分かれ道に出てしまった。怖くなり引き返す二人。不気味さが漂い会話が無くなる。戻ったはずが見覚えのない山道に入ってしまう。明らかに異常。カメラにうろたえる姿を映す。完全に迷ったようだ。
    すると小道から誰かが来た。警官だ。戻る道を聞くと、1人が先を急かして警官から逃げるように立ち去る。急かした理由を聞くと、警官に耳が無かった。カメラで映像を確認すると、警官の耳はつぶれていた。悲鳴を上げる2人。石仏が映されて、その耳は無かった。
    ⇒場違いな警官の出現にビックリしてしまった。自分でもなんでビクッとしたのか判らない。また迷い込んだ山道は、「その1」に収録された「ハイキング」と同じような小道だ。
  2. 神社
    噂の続きを話し終えた男性は突然笑い出す。怖がらせるために作った嘘だったと暴露。しかし1人の女性の様子がおかしい。怯えて「私たち囲まれている」という。嘘を言った男性がデジカメで撮影すると、フラッシュになにかが浮かび上がる。驚いて再び撮影。今度は複数の黒い影がハッキリ見えた。悲鳴をあげて逃げる4人。残されたデジカメの液晶画面に何にもの透けた人の姿が写る。
    ⇒映像としての怖さはあまり感じられない。
  3. トイレ
    音を頼りに探してみると、場所はトイレからだ。男性は怖くなって戻ってくる。「思い出ノート」を再び見てみると、この話しに関係があるかもしれないとURLが書かれていた。携帯でアクセス。そこには山小屋のトイレで首を切って自殺した事件が書かれていた。怖がりながらも再度トイレの前に行くと、釘で閉ざされた個室の内側から激しく扉を叩いている。扉の下から血が流れ出し、叩かれて釘が外れ扉が開くと赤い服を着た男が立っている。男性の悲鳴。
    翌朝憔悴したまま下山する男性。男性を見送る山小屋の管理人。溜息をついて、再びトイレの扉に釘を打つ。
    ⇒管理人の所在が不明なところが気持ち悪い。管理人自身がこの世のものではないのか。それとも毎回開けられる扉を知っていて閉じるのか。
  4. 通学路
    日が落ちて暗い山道。気が付くと鼻血が出ている。怖くて足元だけを見て早足に歩くと目の前の人にぶつかる。それは幼馴染の男の子だった。一緒に山道を帰路につく。背後で獣の唸り声がしたままフェードアウト。
    ⇒うーん。深読みするなら、山道で幼馴染が居たことが不気味ではあるが。
  5. 単独登頂
    -テント:呆然とする姿。何か聞こえると言い、テントの周りを気にし出す。
    -テント:憔悴した様子。「あいつ」がずっと監視している。眠れない。動けない。
    -テント:体中をかきむしる姿。映像にノイズが入り絶叫する。
    -テント:自分の手を食べている。
    -テント:映像にノイズ。突然笑い出す。
    -テント:ぐったりと倒れている男。手元のサングラスに映っているのは自分の顔?その顔がカメラに向かって飛び出してきて。
    ⇒自分の手を食べるシーンはグロかった。「あいつ」の存在がハッキリしないのが心残り。

以上です。