201109_norosin3

投稿されてきた!呪いの心霊映像3 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
監督:佐々木良夫
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(投稿系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

シリーズ3作目でつ。1作目は「ジュンちゃんの部屋」、2作目は小粒の作品中心で、シリーズ通してある程度のクオリティを維持していると思う。3作目となりどうなるのか?過度な期待は慎みつつ観てみました。

結果は全体として1作目、2作目よりは地味かな。心霊写真的というか。その分多少はガチっぽさがでているかと思う。

全8話。約60分。チャプター数は2作目と同じ。配分はいい感じだと思う。これ以上長いとだらけぞうだし、短いと判らないしといった感じだ。ただ本作では8話目がメインのようで、約20分割いている。

それではネタばれ進行で紹介します。

【各話紹介】

  1. 合戦
    [概要]夜の公園でカップルを暗視カメラで盗撮したと思われる映像。カップルを追う撮影者。突然目の前に首のない白い着物を着た人がカメラに向かって手を伸ばしてくる。公園は昔合戦場だったとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]シチュエーション込み(暗い公園、合戦の跡地)で怖いかな。ハッキリしすぎなところが胡散臭いけど。あー。あと。ダメ。盗撮。絶対。
  2. いとこの思い出
    [概要]8ミリフィルム。映写中にフィルムが燃える。画面がオレンジ色に染まり、その中に男が叫ぶような顔が浮かぶ。その後、映っているいとこは病死。その両親も事故死。家は火事で全焼したとのこと。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★★☆☆
    [感想]微妙。あまり映像自体の怖さは感じられない。
  3. 渚にて
    [概要]海岸(岩場)親子連れを撮影したもの。カメラに歩み寄ってくる半透明の足。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]初見で判らず。地味ながらありそうで嫌な感じの映像。
  4. 不用品回収
    [概要]取り壊しビルの整理をしていた時に拾ったビデオ。一人で演劇の練習をしている女性の映像。突然頭を抱えて倒れ、絶叫しながら悶絶する女性。画面が途切れる。一転してドアを映した映像。暗視カメラのようだ。ドアゆっくり開く。開いた隙間から大きな女の横顔。ゆっくりコチラを向く。
    スタッフ取材あり。映像に出ている女性は病死したとのこと。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★★
    [感想]カルトを絡ませた映像。ドアがゆっくり開くところまでは良かったんだが、その後の巨大な顔の映像はチョット。。。いかにも加工しましたという感じで白けてしまった。
    取材では途中からスタッフの音声まで変換されている。イミフ。
    また背景として宗教団体の存在を強調している。団体が販売していた水を飲んだ人が自殺したとか。これは現段階ではこじつけすぎるかな。
  5. 406号室
    [概要]投稿者はAV業者。ラブホで女性と一緒の所を撮影している。女性の指さす鏡の上から女性の巨大な顔。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ビックリ系。女性、幽霊というより妖怪系なのでは?まあそれはそれで嫌いじゃないかも。
  6. 霊山
    [概要]ケーブルカーに乗っているトキの映像。窓の外に逆さまの白い人の顔。一緒に行った女性は行方不明。
    [怖さ]★★☆☆☆
    [フェイク度]★★☆☆☆
    [感想]ちいさいおじさんだ。もしくは宇宙人?ロープウェイと連呼しているが、明らかにケーブルカー。関係ないが、行方不明オチ(あえてこう呼ぶ)ってかなり聞くけど、そんなに行方不明になるのかな?
  7. ロッカールーム
    [概要]クラブの監視カメラ映像。ロッカールームを映している。映像が明滅すると、いくつものロッカーと扉が独りでに開閉しだす。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★☆☆☆☆
    [感想]ポルダーガイスト来たー。個人的に本作で一番気に行った作品。映像そのものは地味で特別怖いとは感じないが、まさに心霊現象ですって感じがある。赤いシャンデリアが血が滴っているように見える。
  8. ひとりかくれんぼ 赤い部屋
    [概要]やってみた系で約20分と本作のメイン。ちょっとしたストーリー仕立てだ。冒頭は投稿者インタビューを中心とした状況説明。
    投稿者は儀式に使ったぬいぐるみを持ってきている。また儀式を実施した後輩は部屋から出ないようになった。その後輩から儀式に使ったぬいぐるみを持ってきて欲しいとの連絡があった。投稿者がスタッフに「後輩の元へぬいぐるみを持って行って欲しい」と依頼。スタッフが後輩の彼女と一緒にアパートを訪れるが、後輩は部屋に閉じこもったままぬいぐるみだけ置いて帰るように言う。仕方なくスタッフはぬいぐるみを置いて一旦退却。。。しようとしたら部屋のドアが開き、スグにぬいぐるみを部屋の中に持ち込まれてしまう。その後応答が無くなり、スタッフは張り込み開始。変化が無く諦めていたときに、唐突に部屋の電気が付くと続けて男の悲鳴。部屋に駆けつけるスタッフ。彼女の持っている合いカギで突入。部屋にはだれもいない。行方不明。通報したようで現在も調査中らしい。と、ここまで前置き。
    問題の投稿映像。ひとりかくれんぼの終了儀式をする後輩の背後に立ちあがる長髪の人?その姿は軽く透けている。映像がジャムったようにおかしくなる。
    [怖さ]★★★☆☆
    [フェイク度]★★★★☆
    [感想]前置きが長い分ちょっと期待はずれ。しかし「ひとりかくれんぼ」って人気ですね。人形やテレビ、塩水など身近なもので安易にできるからなんだろうか?

ランキングサイトに登録中です
応援クリックして頂けると嬉しいです

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ