201105_kinsidouga7

放送禁止検証動画FILE Vol.7 本当の恐怖はあなたのすぐ横にある。。。 [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:60分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント(検証系)

【シリーズ過去ログ】

【総括】

前作Vol.6はまさかの総集編orz
気分を戻し新作を期待しての視聴。サブタイトルがvol.4とかぶるのはご愛敬。

と。その前にvol.5までのおさらいです。当シリーズで個人的に「怖い」「不思議」「不気味」と感じられたシーンです。

  • [vol.1]ひたすら舞い続ける紙垂(シデ)
  • [vol.2]朽ち果てた廃病院ロケハン
  • [vol.5]白い壁に浮かぶ人影
  • [vol.5]廃病院の声

今作はすっかりレギュラーレポーターとなった足立かりん嬢と、ゲストで小泉千秋嬢のお二人によるレポート。小林嬢は霊感が在るそうな。

全体としては怖さはあまり感じられない。ただ映像(音声)に不可思議なものを捉えているので、作品としては及第点かと思う。

以下ネタばれ進行で紹介します。

【概要】

  1. パワースポット
    このシリーズでデフォとなりつつある、まずパワースポットへ。時間は昼。滝なのですが場所は不明。現場に向かう道中はレポーター二人のガールズトークが若干あり。滝壺付近にある大きな岩がピンポイントのパワースポットで、岩の上に立つと温かいとレポーター。当然不思議なことはありません。
  2. りゾートホテルの成れの果て(まま)
    場所不明。タイトルの「リ」が何故かひらがな。誤植なのか、ワザとなのか不明。時間は昼。かりん嬢によるレポート。廃墟であるのだが、落書きなどは一切なく逆に不気味。霊的な怖さよりも、建築物としての構造上の異常さが気になる。部屋の間取りが変わっているのだ。とまあかりん嬢とカメラ(ディレクター?)さんが話してます。不可思議な事象はなし。
  3. 戦慄のCハウス
    替って小林嬢によるレポート。場所不明。時間は昼。宿泊施設も備えている。コチラも落書きなどが無く構造物としての破壊のみ。各フロアを巡るといくつか生活臭のある部屋がある。こういった廃墟って霊的な恐怖と同じく、リアルな怖さ(逃亡犯が隠れているとか)がありますね。と、小林嬢が歯痛を訴える。虫歯では無く、どうやら霊的なものを感じ取ると身体に不調をきたす体質らしい。特に異常は無く、最後に地下に造られたホール(ディスコ...古い!!...と言っていた)へ。ここでレポーターとスタッフの会話に混じって「」のような音が入る。何を言っているのか判らないが、かすかにマイクで音を拾っている。また小林嬢が人影にようなものを見たと言うが、映像で捉えてはいない。
  4. 忘れられた場所
    コチラも廃墟と化した宿泊施設。場所不明で時間は昼。レポーターは女性二人。どうやら20年以上前に自然災害で営業出来なくなったままの場所らしい。小林嬢がやはり体調不良(歯痛)を訴える。各部屋をまわるレポーター(+スタッフ)。長い廊下で二人のレポーターを映していると、一瞬二人の背後の離れた場所(廊下)にの姿が。「あれっ?」「今人居たよな?」と僕。そのまま観ていると、カメラが一度横に流れ再び二人のレポーターを捉えたときには居なくなっていた。「は?」と思って一旦映像停止。巻戻って再確認するとやっぱり人がいる。スタッフなのか?スタッフにしては離れたところに不自然(俯き加減で呆然と立っている感じ)に立っているし。付近の部屋に入ったから居なくなったのか?と何度か再生を繰り返してみるが、作品はフォーカスすることなくスルーしてるし。気になる。後で問い合わせてみようかしら?などと思いながら、他に不思議なこと無くチャプター終了。
  5. 怨念深い塚の話
    場所不明。時間は夜。畑の真ん中にある石造りの塚。小林嬢とカメラ(ディレクター)氏の二人で現場へ。ポラを何枚か撮るが特に異常なし。二人が戻った後、入れ替わりにかりん嬢一人でカメラ片手に現場へ。こちらも変なことはありませんでした。
  6. 撮影後記
    最後に不可思議な映像として紹介されます。「忘れられた場所」に現れた男の姿です。やっぱりスタッフではなかったようで、フォーカスされた映像はピントが合っておらずボケた表情ながらもコチラ(カメラ)を上目づかいに見ているような感じが強く不気味。フェイクの可能性も否定できない(やろうと思えば出来る)が、このシリーズって「無いものは無い」と徹底している印象が強いので、素直にガチ映像として観ました。

【所感】

全体の感想としては中くらいか。

いくつか不思議な映像はあるものの、映像を通して場所としての怖さを感じる所は少なかった。ほぼ日中帯のレポートである点が影響していると思う。各場所とも暗くなってから行くと、全然違った映像になったのではないか。その点では夜間の映像が無いのは残念。このシリーズって結構女性レポーターに気を使ってますよね。確かに怖いと共に物理的に危険な場所もあるので仕方ないかと思う反面、それでも作品としては夜間の映像を欲してしまいます。

今作ではカメラ片手に同行しているディレクター(?)氏の音声が小さい。氏の語り(もしくはレポーターとの会話)も、この作品の面白い所と思っているので、レポーターと同等のマイクを使用して欲しいと思った。

訪問先は全て場所不明。勿論有名な心霊スポット(パワースポット)だと思うが、僕が場所を特定できる所は無かった。なぜ場所を公表できないのか?それなりの理由はあるのだろうが、シリーズを通しての残念な部分でもある。

レギュラーとなった(?)足立かりん嬢も嫌味を感じさせないキャラクターがGOOD。蛇足だが髪型が変わった。うーん。前の方が個人的には良かったかな。どうでもいいですねw

一応今作の不思議な映像。

  • [vol.7]Cハウスの声
  • [vol.7]廃墟の男

をシリーズ通して追加とします。

次作も6末に出るようで期待してます。

ランキングサイトに登録中です 
応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ