201105_onititibu

鬼秩父 ~あの多重遭難事故の真相を追う~ [DVD]
クチコミを見る

制作年:2011年(日)
収録時間:67分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

【総括】

タイトルに釣られて視聴。
怖さとしては中の上といったレベル。

「心霊」モノというよりは、「怪異」「カルト」色を強く感じた作品。所謂「心霊」的な映像、要は「幽霊が映った映像」や「不可解な音が入った映像」、は皆無。その点を期待すると肩透かしを食らう可能性はある。ただし「心霊」こそ無いが、提供される映像は「不気味」。また収録時間も適正。そのため視聴後の残念感や失敗感、敗北感は無いと思う。

肝心の内容。詳細は続き(ネタばれ)とするが、さまざまな異変がばらまかれる。時間内に収束するのか疑問であったが、結論が出るエンディングでは無かった。この手の映像では仕方ないこと(過程が重要)と割り切っているので大きな不満は感じなかった。

一方サブタイトルでもある「多重遭難事故」。ストーリー全体を見渡してみたが、内容(怪異)とリンクしているように思えない。確かに現場として重なっているが、逆にそれだけとも取れてしまう。結果少数派とは思うが、「多重遭難事故」をルポルタージュ的に集中調査した内容を期待すると失敗するでしょう。

まぁガチ前提としても、シュメール人が出てくるのは予想外だったw

【概要】

前半から中盤に異変がばらまかれる。
バラマキといっても一応は時系列で出てくるので、大きな混乱は感じない。

心霊DVDの制作スタッフによるロケハン含めたメイキング映像仕立て。

街頭インタビューで秩父方面の心霊スポットを探すスタッフ。その中で中年男性が自殺の名所として秩父湖つり橋を紹介。自殺者に合わせて「鬼火」が出る。また「鬼火」を見た者に災いをもたらすとの話にスタッフは喰いつく。
夜になり早速件のつり橋をロケハン。つり橋に到着すると、橋の途中に一人の男性が佇んでいる。不審に思い声をかけるスタッフの目の前で、男は湖に身投げしてしまう。

やがてスタッフ周辺で異変が起き始めるのであった。「続き(ネタばれ)」に続く。

【所感】

「鬼火を見た者に災いが降りかかる」

これが最大のテーマだと感じた。
その災いは「何かに取り憑かれ」、取り憑かれた者は「正気を失う」といった内容。取り憑かれる怖さ。取り憑かれた者による行為の怖さは画面からも伝わってくる。そういった内容を期待するのであれば、視聴して楽しめるのではないだろうか。
詳細はネタばれに譲るが、それなりに内容を詰め込んでいるので退屈することなく観ることが出来る。ただ多重遭難事故との関連性が薄いのが残念なところ。サブタイトルに付けるのであれば、不謹慎ではあるが、もう少しこのネタで盛り上げてもいいと思う。とゆうか「真相に迫る」内容では無いと思うのだが。
作中、ディレクターのADに対する扱いはネタなのか事実なのか判断がつかないところ。かなり怒られるシーンがあって、ADに同情してしまうのは僕だけだろうか?少なくとも現場は頑張っているなぁと考えさせられたw

総括に書いたようにオチは無い(と感じた)。怪異は盛り込まれているが、ファクトのみで構成された作品。しかしシュメール人が出てくるあたりはフェイク感を強く感じずにはいられない。続きがあるのか不明だが、ネタとしては継続調査しても良い感じの終わり方だ。続きが出るようであれば、観て観たいとは思える作品であった。


ランキングサイトに登録中です

応援クリックをお願いします
↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

(続き)ネタばれ注意

【怪異の紹介】

映像順に簡単に紹介。

  1. 街頭インタビュー
    正丸トンネルのロケハンで使えそうにないと判断したスタッフが、最寄駅で心霊スポットがあるかをインタビューする。インタビューに応じた一人の中年男性(顔だしNG)から、秩父湖のつり橋にまつわる怪異を聴きだす。(特に怪異ではないが後にインタビュー自体が不可思議であることが判明するため記しておく)
  2. 秩父湖のつり橋
    自殺の名所。かつ自殺者が出ると山に鬼火が出て、その鬼火を見ると観た者に不幸が起きる。
    早速ロケハン。時刻は夜(時間不明)。つり橋を映す暗闇の中に男が現れる。不審に思って声をかけるスタッフの目の前で男が湖に飛び降りる。⇒ロケハン中断、通報
  3. AD身辺で異常(二週間後)
    ・自転車事故で右腕骨折
    ・ポストに枯れ葉が詰められる
    ・玄関に見知らぬ靴が置かれていた⇒目の前で飛び降りした男の靴と酷似
  4. クランクイン
    1項で鬼火の件を訊いた中年男性に正式インタビュー。しかし前日にアポ確認するも、当日になり捕まらない。段取りが出来ていないと怒るディレクター。実は件の中年男性が10年前から行方不明であったことが判明。また鬼火の伝承を知っている人はいない。
  5. AD実家にて
    最初から頓挫。仕方ないのでADの実家が近くにあるとのことでネタ探して実家に訪れる。
    ADママから不思議な話を聴きだすと、ADがまだ幼いころ家族でバーベキューした時に、ADが不思議な光を見たとの話し。同時期に近所の夫婦が自殺とのこと。さらに当時ADが描いた絵を持ち出してくるADママ。絵の裏には意味不明の記号が描かれており、書いたADも心当たりが無い。
  6. 救難ヘリ墜落事件(2010/7/26)
    5の取材は実は事件のあった当日であった。
  7. オーディション撮影映像(2009/11)
    時は遡り、オーディションに現れた挙動不審な男優(大友くん)の映像。いかにも挙動不審な大友君に質問していると、突然カメラのレンズが割れ、大友くんがスタッフに襲いかかる。大友くんの履歴書の趣味・特技に、ADの絵と酷似した記号が描かれていた。
  8. 大友くん宅に突撃
    隠しカメラを使うも不在。隣人に事情を聴くと、大声で呪文のようなものを唱える声がしたとのこと。結局大友くんは行方不明。
  9. 知人のディレクター⇒紹介者の劇団員
    大友くんの出自を調査。大友くんは自殺していたことが判明。また、大友くんがおかしくなった原因として秩父湖近辺でキャンプした時の映像を紹介。夜、トイレから戻ってこない大友くんを探すと、岩の上に自分の血で記号を描く大友くん発見。映像にノイズが入り、半狂乱になって友人に襲いかかる。
  10. 記号の謎
    ADが幼少時に描いた記号と大友くんが描いた記号が楔形文字と判明。意味はシュメール語で「神」もしくは「天」。
  11. つり橋ロケハン映像の異常
    ADがロケハン映像で不可解な場面を指摘。投身自殺した男性が、飛び降りる時に湖面では無く山の方を見ている。またその時ADが「光るものを見た」と告白する。
  12. 一旦整理
    ここまでのキーワードを整理する。
    ・心霊現象
    ・鬼火伝説
    ・シュメール語
    ・多重遭難事故
    ⇒秩父大滝の滝川へ取材決行
  13. 滝川取材
    ヘリ墜落現場へ向かう途中、ヘリの音が聞こえるとAD。他のスタッフには聞こえない。
    先に進むがADが調子が悪そうになり、ついにつり橋でしゃがみこむ。気遣いながらの行進で、やがて夜になってしまう。と、ADがいなくなっていることに気づくスタッフ一行。探すとロケ車前で失神しているADを発見。病院へ搬送すると、両足首骨折していることも判明。そのまま入院。なおどうやって車まで戻ったのかは本人も判らず。⇒撮影中断、撤退
  14. 鬼火を求めて
    日を改めて深夜に再トライ。多重遭難事故の撮影クルー遺体発見現場到着。別名「死人渕」。
    突然スタッフ一名が走り出す。曰く入院中のADを見かけたとのこと。
    やがて現在地が判らなくなり野宿することに。深夜、山中で叫び声。スタッフがカメラ片手に様子見に。しかし一向に戻ってこない。仕方なしに探しに行く。
    『警告テロップ 以降の映像は危険』とのこと。
  15. ラスト
    スタッフを探す映像。やがてナイフ片手に呆然と立ち尽くすスタッフを発見。
    歩み寄るといきなり襲ってくる。終わる寸前に画面がフラッシュ。画像切れる。
  16. 後日譚
    後日スタッフの持ち出したビデオカメラを回収。その中には「もうすぐ来ますよ」(⇒大友君の声?)と、その後に映像ノイズと共に一瞬の閃光
    動画サイトに投稿された映像紹介。それは秩父湖で撮影された謎の発行体。撮影日時が同一だった。なお投稿者へのコンタクトはできていないそうだ。

以上です。