★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★

201104_noroisp2

制作年:2001年(日)
収録時間:85分

【シリーズ過去ログ】(日付はblog投稿日)

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ [2011.2.9]
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE [2011.4.3]
  3. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2 [2011.4.6]
  4. ほんとにあった!呪いのビデオ special [2011.4.8]

【総括】

本作では13のエピソード(投稿)を収録しています。各話の概要は「続き」とします。

総じて面白くなかったです。そう感じる原因はいろいろあるので整理してみます。

  • 検証が中途半端
  • テンポが悪い
  • ネタを引っ張りすぎ
  • 僕が集中的に観過ぎている

本作では前編で85分。13episode。少し長いかとは思うが、エピソード数としてはまずまず。なのに内容が薄い。85分ではなく45分で十分な内容だと感じた。vol.1~5位やTHE MOVIEに比べて、明らかに構成が劣化してしまっている。ネタが無いためなのか、無駄に時間を費やしているように思えてならない。もう少し徹底検証して欲しい。って、同じようなコトspecialでも書いたな。

13話の内2話は、vol.1に出てきた白い服の女の話。ビデオを観た者の間で移動するという内容。この話しも引っ張りすぎ。後日譚として後からエピソードが追加されることは仕方無いにしても、もう少しやりようがあると思う。こんだけ小出しにされると、当初の恐怖が薄らいでしまう。いっそこのエピソードだけに集中して、整理した作品を作って欲しい。

またテンポが悪いと感じるのも構成によるものだと思う。
背景を伝えたいのだろうと思うのだが、肝心の映像までが長いのだ。投稿者のインタビューとか現場検証とかがほぼ各話前段に配置されている。個人的には、まず問題のビデオを見せて欲しい。その後に投稿者インタビューや現場検証、専門家による検証を盛り込めばいいし、新たな発見といった広がりが持たせられればベストだろう。specialなんだしね。
もう一つ。問題の映像をリプレイしてクローズアップするのであるが、リプレイポイントも無駄に長い。前後5秒程度で十分でしょ。

さて怖い映像としてみた場合はどうか。主観だが怖いと感じる映像は残念ながら無かった。

このシリーズを集中的に観ている所為か、この手の映像に食傷気味で、感覚が麻痺してきました。本編はvol.10まで観ているのですが、回を追うごとに内容が薄くなってきて怖いとは思えなくなってきています。special3はレンタル済みなのですが、少し観るのを控えようか悩み中です。

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

 ↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)各話紹介

#1:vol.1の白い服の女の再検証?
正直まだ引っ張るの?ですね。
進展した話として、レンタルビデオだけに映り込む女が紹介されます。当然視聴者投稿によって存在が判ったのですが、マスタテープには無い映像がレンタルビデオに映っているという話。
ビデオのラストに著作権などの「おことわり」がありますが、その直後に映っています。結構ハッキリと。
比較映像しているので判りやすいかと。それだけです。

#2:祭り
阿波踊り(?)の撮影に映り込んだ人影。
投稿者の説明がまどろっこしい。ちゃんと整理してから話して欲しい。実際の映像も判りにくい。

#3:雨道
走行中の自動車のサイドミラーに映る手。
多少気持ち悪い程度。

#4:ゲーム
TV画面に映った顔。PC98?なっつかしー。5インチFDっぽいし。
モニタの残像のように見えた。

#5:廃墟
廃病院。期待したいところ。
昼間に投降者インタビューを交えて現地へ。
侵入経路が怪しすぐるwww
また無許可なのだろうか?
あとスタッフさん。一応数珠持っています。

屋内に入りものすごい異臭がすると言うが説明なし。それだけじゃ判りません。屋上に来ると不審な物音。これもスルー。
⇒せっかくの取材なんだから、その場で起きた変な事象を判り易く説明して欲しいし、突っ込んで検証して欲しい。

件の映像は、誰もいるはずが無い場所に男の姿が映っている。
全身真っ白の男。ミイラ男みたいにハッキリと映っている。

#6:祭已(チェサ)
韓国の法事風景映像。撮影時に低い男の声「スファ」と入る。
「スファ」は祖母の名前⇒そういえば祖父の声に似ているとのこと。

#7:万博
大阪万博映像に不可解な人影。
媒体は8ミリフィルム。鉄塔の影に突然人影が現れ消える。
これはなかなか良かった。単純な分、怖さを感じた。

#8:合宿
襖の上にある木枠越しに顔らしきものが。
普通レベルか。

#9:道路
元警察官が投稿。路上に現れる人陰。
確かに走る車のヘッドライトに照らされるように下半身が浮かび上がる。

#10:白い足
人形好きな男の子。親戚宅の部屋で遊ぶ風景を撮ったビデオに白い足が映っている。
また撮影時と検証時で人形の髪の長さが違う。具体的には投稿時に比べ、検証時の人形の髪の毛が伸びている。

なぜか人形の所為になり供養する。
⇒なんで人形の所為になるのか?イマイチストーリーが飛躍してしまっているよう。またスタッフのスタンスが中立でなくなっているように思える。「心霊現象」との決めつけが強く感じ、観ていて面白くない。

後日譚として供養の後、部屋から足音が聞こえるようになったとのこと。

でもってやぁーっと問題の映像。イントロ長杉ww
襖に足首だけが歩くような映像。本編vol.4の病院のロビーを歩く足とダブる。

ちなみに、この話はたしか本編vol.10に後日譚が収録されている。男の子の友達が交通事故で亡くなってから、男の子の行動がおかしくなったとのこと。具体的には玩具の携帯電話で誰かと話すようになった。その様子も映像として収録されている。確かに夢中になって「誰か」と「何か」を話しているようだが、男の子に聞いても良く判らない回答だった。

余談であるが、人形供養と言うと「イノセンス」(攻殻機動隊)の印象が強い。TV版と異なり人形が一つのテーマ。GHOST IN THE SHELLと比べて妙に小難しいコトになっている。まあ結構好きなアニメです。

#11:結婚式
披露宴の映像に不可解な声が入る。その声は女性の声で「かえして」といっているらしい。僕には男の声で「らすたぁ」に聞こえるのだが。
声が原因で別居中だそうです。意味不明。

#12:オルガン
オルガンの練習風景。硝子戸に映り込む女性と思われる顔。
これも普通の部類か。

#13:滝、あるいは白い影
投稿された映像に、再び白い女に似ているモノが映り込んでいる。「ビデオを媒介に移動する霊」がデフォルト化されつつある。果たして投稿者は本編vol.1を観ているのか?
⇒観ていた!!!!!........w
まあ観ていても不思議じゃないよね。投稿してくるくらいだし。

実際似ているっちゃ似ているけど。それっぽい女性って似た感じになるのではないだろうか?
僕は白い服の女自体が、呪怨に出てくる這ってくる女とイメージが重なる。呪怨の映像は、怨念を持った女の霊のイメージとして強烈だったし。
作っているとは言わないが、何でもかんでも短絡的に関連付けるのは宜しくないと思います。スタッフは中立であって欲しいので、その仮説前提の作品作りは賛同できないですね。

今のところ僕の元には現れていません。

 

以上です。