★東日本大震災で被災さ★
★れた方々の一日も早い★
★復興と、不幸にもお亡★
★くなりになられた方の★
★ご冥福を心よりお祈り★
★いたします。    ★ 

201104_noroisp1

制作年:2000年(日)
収録時間:90分

カテゴリ:ホラー/ドキュメント

【シリーズ過去ログ】(日付はblog投稿日)

  1. ほんとにあった!呪いのビデオ [2011.2.9]
  2. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE [2011.4.3]
  3. ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2 [2011.4.6]

【総括】

本作でレビュー4作目となる当シリーズ。タイトルの通り観たものに呪いがかかる、といった内容を含んでいる。そのため後日譚がいくつも出てくる。今回もその後日譚(検証の掘り下げ)がメインとなっています。
ただ順番に観ないと話が判らない訳ではなく、後日譚と共に簡単に元の映像を説明しています(当然問題の映像含む)。

詳細は「続き」としますが、項目だけあげておきます(順不同)。

  1. 本編vol.2:坊主頭の作業服を着た男の話
    ⇒反響を紹介
  2. NEW!:ストーカー調査映像の話
  3. 本編vol.5:小学校で遊ぶ子供に入り込んだ音声の話
    進展:背後の廃屋に映る人影
    進展廃屋に纏わる殺人事件
  4. 本編vol.1:ブラウン管に移り込む白い服を着た女性の話
    進展:ビデオを媒介に移動する霊?
  5. 本編vol.5:ビデオレターで歪む顔の話
    進展:本人の所在といじめの事実
  6. NEW!:ニュースに移り込んだ顔の話

【所感】

今回のメインはvol.5の背景となった廃屋であろう。ここで他作品にもでてくる霊媒師の方が登場する。ニュースに移り込んだ顔の話も、霊媒師と接触した背景を語っているだけのようにとれる。

全体的に検証経過を記しているのであろうが、結論が出ている話が無かった。尤も結論のある話か否かという前提もあるのだが、いかんせんこの単体だけ観ると消化不良感は否めない。
どれも中途半端な映像に留まってしまっているように感じた。
未見のシリーズにて完結するか不明であるが、もう少し話を絞って掘り下げても良かったのではないか。

肝心の「怖い映像」の新作は無かった。新作投稿は2つ。どちらも心霊的な怖さは少なめ。ただストーカー映像はリアルホラーな恐怖(不気味さ)を感じたが。
ビデオレターの顔が歪む話も進展したのだが、これはスタッフがどのように話を持って行きたいのか意味不明であった。不謹慎かもしれないが、完全な傍観者としてドキドキ感はありましたけど。
メインと思われる廃屋の検証映像は、映像こそ怖いものは無い(実はこの映像にも映り込んでいるのであるが別の話となる)が、何より現場の異様な雰囲気は伝わってくる。足音や食器の落ちた音とかバンバン入っているし。

混乱するため、一旦リリース時期を整理しておく。なお時期は制作年とDVDレンタルリリース日付であり、実際のVHSビデオレンタルリリースではないので注意してください。

【リリース時期】※本編とは「ほんとにあった!呪いのビデオ」を指し、またとりあえずvol.10までとします

  • [1999年制作]本編vol.1 2003/8/22
  • [1999年制作]本編vol.2 2003/8/22
  • [1999年制作]本編vol.3 2003/9/26
  • [1999年制作]本編vol.4 2003/9/26
  • [2000年制作]本編vol.5 2003/10/24
  • [2000年制作]本編vol.6 2003/10/24
  • [2000年制作]本編vol.7 2003/11/21
  • [2000年制作]本編vol.8 2003/11/21
  • [2000年制作]special#1 2004/2/6
  • [2001年制作]本編vol.9 2003/12/26
  • [2001年制作]本編vol.10 2003/12/26
  • [2001年制作]special#2 2004/2/6
  • [2002年制作]special#3 2004/2/6
  • [2003年制作]special#4 2003/8/22
  • [2003年制作]THE MOVIE#1 2003/4/25
  • [2003年制作]THE MOVIE#2 2003/11/21
  • [2004年制作]special#5 2004/7/2

 

ランキングサイトに登録中です
応援クリックをお願いします

↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

(続き)各話紹介、ネタばれ注意

話が散りばめられて紹介されているモノもあるが、ここではまとめて紹介します。順不同です。

ストーカー調査映像の話

ストーカー被害者の女性の相談を受けた探偵により撮影された映像。外出時の室内を映しているのであるが、ポイントは撮影した日には被疑者が既に死亡している点。何らかの顔が写り込んでいる。

被疑者が実際に室内を物色している映像や、被害者宅に侵入しようと試みているところを探偵にとがめられて逃げる映像がある。
心霊よりもリアルホラーな内容でした。

あと探偵さんカッコいいです。

ニュースに移り込んだ顔の話

行方不明になった女子小学生のTV報道に、一瞬顔のようなものが写り込んでいる。

スタッフが両親にビデオを観せようと家族の元を訪れるのだが、迎える両親と一緒に霊媒師が登場。霊媒師同席の元確認すると、生死はともかく何らかのメッセージを伝えたいのだ霊媒師の方。

現場を取材するスタッフに対し同行した霊媒師は霊が撮りついていると。と、ここで当時スタッフルームでラップ音が頻発しているとの事実が。心当たりと言えば、小学校に隣接した廃屋の取材だった。

以下、ストーリーは霊媒師の方と一緒に廃屋へシフトする。

なお本件の話題は最後に語られるが、特段進展するわけではない。

しかし、この事件記憶にあるな。似たような事件が沢山あるので混同しているのかもしれないが。嫌な世の中だ。

本編vol.1:ブラウン管に移り込む白い服を着た女性の話

この話の後日譚は他シリーズでも紹介されている。
ポイントは白い服を着た女性がビデオを観た者の所に移動している点。

真新しい情報としてビデオを視聴した後日、カニ鍋している女性たちの投稿映像があった。確かに件の女性だろうと思うのだが、かなり人形っぽさがあり、あまり怖さは感じられなかった。

本編vol.2:坊主頭の作業服を着た男の話

vol.2ラストに収録されている坊主頭の作業服の男の映像を観た人の不具合報告。いろいろ災難にあったと投稿されているが、中でも何かを喋っているという投稿があった。
スタッフには確認できないとしているが、音声解析していない点が残念。ここはキチンと調査して欲しかった。

というのも、僕には確かに低い音声で何か喋っているのが聞き取れましたものですから。何を喋っているかは判りませんでしたけど。

本編vol.5:ビデオレターで歪む顔の話

まぁvol.5で撮影された女子小学生の所在が不明としてあげられていたが、今回彼女の生存が確認され、かつ出演しています。

過程として中学生時代のクラスメイトが出てきますが、中学時代は至って普通の女の子であったそうです。でもって本人が出てきてビデオレターを撮影していたころはイジメに合っていたとのこと。さらにイジメの首謀者は件の投稿者。

ココからがスタッフの意図が判らないところになります。

vol.5の投稿者を含めたクラスメイト達を集めた席に、彼女を呼びます。すっごい気まずい雰囲気が映像越しに伝わってきます。全然心霊では無いのですが、観ていてドキドキしました。
イジメをした、しない、の話の中で、さらに彼女が別の女子を虐めていたといった話しまで出てきます。

最後は彼女が帰ってしまうのですが、最終的にどのようにまとめたいのかといったスタッフの意図が最後まで判りませんでした。

本編vol.5:小学校で遊ぶ子供に入り込んだ音声の話

校庭で遊ぶ子供の映像に「おとうさん」という声が入っている。その小学校の卒業生から、校庭に隣接している家に動く影が入っているとの投稿から始まる。投稿者が卒業当時は誰もいなかった廃屋のはずとのこと。

廃屋と言っても結構真新しい感じのする二階誰家屋。母屋と離れがある。敷地内に入ることもできないようなバリケードで塞がれているのだが、映像には確かに動く黒い影が。
この廃屋に対して調査を開始。調査により20年以上前に発生した殺人現場であり、それ以降誰も住んでいないことが判明。事件は長男が一家4人を殺害後、自らも首を吊って自殺したというもの。近所では有名な心霊スポットらしい。

知り合った霊媒師と一緒に深夜廃屋へ侵入。
中に入ると、足音や食器の落ちる音など、さまざまな現象が起き始める。

と、そこへ親戚であり今の家主でもある叔父さん登場。話してゆくうちに、どうやら「おとうさん」とは叔父さんらしいことが判るのだが...

ここで警察登場。

無許可で侵入を強行したようで取材はここまでとなる。
関係者であろう叔父にも、以降のコンタクトを拒否されたようで、中途半端な形で終わってしまった。

 

以上です。